過去ログ[4]

過去ログ:
ワード検索: 条件: 表示:


[2854] 間違ったルート 投稿者:カント 投稿日:2017/03/14(Tue) 17:47
「バリエーションチーム」、弥山尾根登攀 が 別山バットレス中央陵になったのは?
[Res: 2854] 別山バットレス中央稜完登 投稿者:いちみる 投稿日:2017/03/14(Tue) 20:52
伯耆大山のバリエーションルートは弥山尾根を登る予定でしたが、ガスのため、取り付きを間違いました(>_<)
でもそれが幸いして、別山バットレス中央稜を完登することができました。
リード、サポートして下さってありがとうございました。
1元谷小屋を笑顔で出発
2こんなはずじゃなかった!?雪壁を登る
3途中の写真を撮る余裕もなく、緊張の吊尾根を渡る
4さらに続く。ザイルなしで雪壁を登る
5山頂から見たメンバー きわどい・・
6元谷を下山してほっ。登ったルートを見上げ自分で自分をほめました。
写真お借りしました。
[Res: 2854] Re: 間違ったルート 投稿者:カント 投稿日:2017/03/15(Wed) 06:51
お疲れ様でした。
さすが山岳会というような山行でしたね!

下界が見えてよかったのか?どうか?

弥山尾根の軌跡を持っていましたので差し上げておけばよかったですね。
[Res: 2854] Re: 間違ったルート 投稿者:Mamechan 投稿日:2017/03/15(Wed) 09:11
ご指摘ありがとうございます。
間違った理由は
1.GPSのログをダウンロードして持参していたが、確認を怠った。
2.人気のルートでトレースがあはずだと思っていたが無かった。
3.他の登山者に確認しなかった。
4.ガスが引くのを待たずに登攀した。
全て私の責任ですので、後程謝罪文を送付します。

[2846] 伯耆大山雪山 投稿者:カント 投稿日:2017/03/13(Mon) 20:17
恒例の伯耆大山雪山登山に行ってきました。
バリエーションチームは別山バットレス中央陵を苦労して登り、本隊は宝珠尾根を象ヶ鼻、三鈷峰を往復しました。
午前中 稜線上はガスが掛かっていましたが、午後からは青空が見え元谷に降りてきたころは雪を被った主稜線が真っ青な空に映えて素早しい景色を見ることが出来ました。
その日は緑荘で1次会・2次会・3次会と賑わい、翌日 出雲大社に寄って久留米に戻ってきました。K田リーダーお世話になりました。

写真をアップしています。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-668.html

・本日の軌跡
・早朝5時、バリエーションチームが出発します。
・本隊は6時前出発準備をします。
・6時、駐車場を出発しました。
・参道を進んで行きます。
・大神山神社を通過します。
・雪道を進んで行きます。
・宝珠尾根に取り付きました。
・下宝珠越に登り上がりました。
[Res: 2846] Re: 伯耆大山雪山 投稿者:カント 投稿日:2017/03/13(Mon) 20:19
・尾根道を進んで行きます。
・樹氷がいい感じです。
・雪尾根を越えて進みます。
・時々シリセード
・緊張するところを通過します。
・絶景です。
・雪が深くなってきました。
・こぶを越えて!
・勝間ケルン辺りを通過しています。
[Res: 2846] Re: 伯耆大山雪山 投稿者:カント 投稿日:2017/03/13(Mon) 20:20
・ユートピア小屋が見えてきました。青空が出てきました。
・ユートピア小屋下に登り上がりました。
・ユートピア小屋は凍っています。
・象ヶ鼻を越えていきます。正面に目標の「天狗ヶ峰」が見えています。
・象ヶ鼻先は踏み跡がなく、途中で引き返しました。この直後遭難事故がありました。
・ユートピア小屋に戻り昼食を取りました。
・昼食後「三鈷峰」に向かいます。
・エビのシッポが長く伸びています。
・主稜線が見えてきました。
[Res: 2846] Re: 伯耆大山雪山 投稿者:カント 投稿日:2017/03/13(Mon) 20:21
・三鈷峰直下
・三鈷峰山頂写真
・帰路、谷をシリセードで下って行きます。上空に事故対応のヘリが飛んでいます。
・真っ新な斜面を下って行きます。
・元谷に降りてきました。稜線が青空にくっきり
・16時ごろ、大山寺に戻ってきました。
・翌朝、弥山をバックに集合写真
・帰路、出雲大社に寄りました。
・平成の大遷宮が終わり、きれいな社殿になっていました。
[Res: 2846] Re: 伯耆大山雪山 投稿者:ヨッシー 投稿日:2017/03/13(Mon) 22:45
リーダーのK田さんお疲れさまでした。
カントさん早速の掲示板アップ有り難う御座います。
写真を追加します。
写真1. やっと晴れてきた青空をバックに樹氷が
写真2. 宝珠尾根より三鈷峰方向を望む
写真3. 勝間ケルンにて
写真4. 烏山が見えます
写真5. 天狗峰・弥山を目指す登山者
写真6. 元谷の斜面にて(転がって来た雪玉がバウムクーヘンみたいに)
写真7. 出雲大社にて(河津桜)
スマホで撮った写真です。
[Res: 2846] Re: 伯耆大山雪山 投稿者:ミッチー 投稿日:2017/03/14(Tue) 01:50
リーダーのK田さん、いろいろ教えていただきありがとうございました。
今回パノラマカメラで撮影してきましたのでyoutube にてアップしました。下のURLをご確認ください。
対応PCブラウザはChrome,FireFox,Safari,Edge です。IE11では仕様によりパノラマとしては動きません。
スマホはyoutubeアプリを別途インストールしてそちらで閲覧することでパノラマ動画を楽しむことができます。
・宝珠尾根
https://www.youtube.com/watch?v=O8RsGxBw1Qg
・宝珠尾根 part2
https://www.youtube.com/watch?v=Oc4ueKsNbzc
・ユートピアから象ヶ鼻
https://www.youtube.com/watch?v=3BIOHZZ3cZQ
・三鈷峰
https://www.youtube.com/watch?v=pithX8cmhUA

パノラマ写真もありますが、編集が追いついていません。また追ってアップ致します。
今回使用した機材は Nikon Keymission360 です。
[Res: 2846] Re: 伯耆大山雪山 投稿者:カント 投稿日:2017/03/14(Tue) 09:41
360度動画、いいですね!
よくわかります。

見方が分からない人もいるかもしれませんね!
[Res: 2846] Re: 伯耆大山雪山 投稿者:ミッチー 投稿日:2017/03/15(Wed) 01:35
カントさん、ありがとうございます!
とりあえず、googlevr 機能を使い、パノラマ写真を埋め込みました。
動画はyoutubeの助けを借りましたが写真は山岳会のサーバー内に入っています。PCのブラウザはほぼ対応しておりました。スマホもそのまま閲覧可能です。PCで閲覧する場合はマウスで移動してください。スマホで見る方が楽しいかもしれません。右下に全画面表示ボタンがあります。
http://kac90.sakura.ne.jp/pano/pano17.html
http://kac90.sakura.ne.jp/pano/pano25.html
http://kac90.sakura.ne.jp/pano/pano27.html
http://kac90.sakura.ne.jp/pano/pano43.html
http://kac90.sakura.ne.jp/pano/pano49.html
http://kac90.sakura.ne.jp/pano/pano53.html
http://kac90.sakura.ne.jp/pano/pano60.html
http://kac90.sakura.ne.jp/pano/pano64.html
http://kac90.sakura.ne.jp/pano/pano75.html
http://kac90.sakura.ne.jp/pano/pano79.html
http://kac90.sakura.ne.jp/pano/pano87.html
パノラマカメラ、練習なしで撮影したのが悔やまれます。質問や生データが欲しい方はご連絡くださいませ。

[2832] 筑山協合同登山(由布岳) 投稿者:カント 投稿日:2017/03/05(Sun) 22:50
筑山協合同登山で由布岳に行ってきました。総勢42名のパーティーでした。(KAC23名)
午前中は青空も出て 山肌がくっきり見え、九重山系の山々も確認できました。
山頂は冷たい風が吹いて、風を避け昼食を取りました。
午後より野焼きが本格的に行われ、登山道周辺は真っ黒な山肌に変わりました。
七色の風で入湯し、吉井経由で18時頃久留米に戻ってきました。

・本日の軌跡
・バスで筑後山の会、KAC、吉井山の会、と周り、総勢42名になりました。
・吉井の河原に…桜が咲いています。
・つぼみ混在でいい感じです。
・由布岳正面登山口に着きました。
・由布岳山頂がくっきり見えています。
・登山準備をしました。
・9:30分、出発しました。
・快適な登山道です。
[Res: 2832] Re: 筑山協合同登山(由布岳) 投稿者:カント 投稿日:2017/03/05(Sun) 22:51
・ゆっくり登って行きます。
・下界がくっきり見えています。
・マタエが見えてきました。
・11:37分、マタエを通過しました。
・由布岳東峰に向かいました。
・野焼きが始まっています。
・12:00分、由布岳山頂に着きました。
・集合写真
・遅れてきた人
[Res: 2832] Re: 筑山協合同登山(由布岳) 投稿者:カント 投稿日:2017/03/05(Sun) 22:53
・飯盛ヶ城を越えようと思っていましたが、下山中、飯盛ヶ城の野焼きが始まりました、
・往路を戻って行きました。
・降りてきました。
・野焼きの後を通過します。
・横はまだ野焼きが続いています。
・登山口が見えてきました。
・飯盛ヶ城が燃えています。
・14:18分、登山口に戻ってきました。
・入浴した「七色の風」より野焼きを眺めることが出来ました。

[2816] 難所ヶ滝(大つらら)鑑賞・宝満山登山 投稿者:新人N 投稿日:2017/02/20(Mon) 15:47
僭越ながら新人のNが先日の山行をレポートします。
2月19日、会山行で難所ヶ滝大つらら鑑賞&宝満山登山しました。
先週の大寒波で育った大つららも、木曜日・金曜日の4月並みの暖かい天気の影響ですっかり溶け落ちていることだろう・・・と思いながらも一応アイゼンはリュックにしまい込み、宇美町の昭和の森キャンプ場(一本松公園)へむかいます。

冷え込んで大つららが見事に成長しているときには昭和の森キャンプ場(一本松公園)駐車場も満車になり苦労するとのことですが、今回はあまり車は多くなく、1番上の駐車場が一杯ですぐ下の2番めの駐車場に駐車しました。トイレなど済まして出発。道は凍っていなくて、すれ違う人も少なく、スムーズに登ることができ、途中更衣調整などで小休止をしながらも1時間15分ほどで難所ヶ滝大つららに到着しました。単なる湿った岩肌を見るだけになるのかも・・・と覚悟していたのですが、幸い岩肌には白く氷がへばりついていて溶けた水が滴り落ちている様子が見えました。

ここからは会山行らしく縦走路に登り上がり宝満山山頂へ向かいます。山頂は暖かく気温は12℃、ほかの登山者も少ないことから、山頂でひなたぼっこしながらお昼ごはんです。昼休憩がおわるとキャンプセンターで用を足して、うさぎ道を下り、昭和の森キャンプ場(一本松公園)へ下山しました。予定より1時間以上早い下山で、帰りに小郡の天満の湯で温まり、本日の山行は終了となりました。

はじめて宝満山に登ったのが、昨年の2月21日、ほぼ1年前です。はじめてのときはソロで正面参道→山頂→行者道、今回は会山行で難所ヶ滝→山頂→うさぎ道 と単純比較はできませんが、筋肉痛に悩まされずに済んでいます。この1年の成長を実感した山行となりました。

※集合写真を持ちあわせておりませんので、お持ちの方はアップしていただくか私に送っていただけると幸いです

@朝8:05昭和の森キャンプ場(一本松公園)をスタート
A小休止し衣服調整しています。
B難所ヶ滝(大つらら)への分岐です。今日は左へ曲がります。まっすぐ進むと縦走路に登り上がります。
C9:20難所ヶ滝(大つらら)です。かろうじて氷が白くへばりついてくれていました。
D難所ヶ滝(大つらら)からの急登を登り上がったところで小休止。ここからは縦走路までなだらかな道が続きます。
E縦走路を宝満山にむかって進みます。
F宝満山山頂直下の岩場を登ります。
G10:50 宝満山山頂はよいお天気です。
H英彦山 嘉穂アルプス(馬見山・屏山・古処山)がみえます。
[Res: 2816] Re: 難所ヶ滝(大つらら)鑑賞・宝満山登山 投稿者:新人N 投稿日:2017/02/20(Mon) 15:49
続きです。

@遠く、雲の上に くじゅう連山が浮かび上がっています。
A下山は安全に はしごをおります。
Bいつかは歩いてみたい羅漢めぐり
C13:45出発地点に戻ってきました。今回の山行の軌跡です。

以上です。最後になりましたが、リーダーのSさん お疲れさまでした。
[Res: 2816] Re: 難所ヶ滝(大つらら)鑑賞・宝満山登山 投稿者:新人N 投稿日:2017/03/01(Wed) 21:22
集合写真です。

[2823] 仰烏帽子山(福寿草鑑賞) 投稿者:新人N 投稿日:2017/02/27(Mon) 16:31
僭越ながら、新人のNが先日の仰烏帽子山登山(福寿草鑑賞)をレポートします。

2月26日 総勢17名、バスで久留米を出発し、仰烏帽子山を目指します。第二登山口の駐車スペースは乗用車用はほぼ満車状態でしたが、幸い大型車用のスペースは空いていていました。福寿草の花は陽があたると開く性質があるので、まずは仰烏帽子山山頂を目指し、下山途中に群生地で福寿草鑑賞します。福寿草開花シーズンということで登山者が多くたくさんの個人やグループとすれ違いました。石灰岩の岩の影にひっそりと咲く花を愛でることができ幸せな気持ちで時が経つのを忘れるほどです。残雪があれば申し分なかったのですが、贅沢はいえません。帰りは五木温泉 夢唄 で入浴し、疲れた体を癒やして夢見心地で久留米に帰り着きました。

急遽CLを引き受けてくださったというUさん お疲れさまでした。

楽しい山行の様子と福寿草の写真をアップします。

まずは山行の様子から
[Res: 2823] Re: 仰烏帽子山(福寿草鑑賞) 投稿者:新人N 投稿日:2017/02/27(Mon) 16:35
つづきです。
[Res: 2823] Re: 仰烏帽子山(福寿草鑑賞) 投稿者:新人N 投稿日:2017/02/27(Mon) 16:39
さらに、つづきです。
[Res: 2823] Re: 仰烏帽子山(福寿草鑑賞) 投稿者:新人N 投稿日:2017/02/27(Mon) 16:40
福寿草の写真です。
[Res: 2823] Re: 仰烏帽子山(福寿草鑑賞) 投稿者:新人N 投稿日:2017/02/27(Mon) 17:08
今回の軌跡と標高グラフです。
[Res: 2823] Re: 仰烏帽子山(福寿草鑑賞) 投稿者:ウッチ 投稿日:2017/03/01(Wed) 11:59
頭でっかちの福寿草が何とも愛らしかったですね。
Nさん、たくさんの写真とレポート有難うございました。

[2821] 速報 久住山 アイゼン訓練 投稿者:Mamechan 投稿日:2017/02/26(Sun) 19:06
本日、久住山アイゼン訓練に参加しましたので、レポートします。

牧ノ戸峠登山口は、ご覧の通り雪無し(T ^ T)先々週の寒波のなごり雪もなし\(//∇//)\
アイゼン訓練なんて全然ムリと諦めてました。
西稜尾根はメンバーを選抜し(怖いもの見たさチーム(≧∇≦))藪漕ぎで難儀しましたがᕦ(ò_óˇ)ᕤなんとか無事登頂\(^ω^)/
久住山頂で一般登山道チームと合流しました。
[Res: 2821] Re: 速報 久住山 アイゼン訓練 投稿者:Mamechan 投稿日:2017/02/26(Sun) 19:10
下山路は星生山経由で牧ノ戸峠へ。
途中に適度な雪壁を発見(@_@)
思いがけなく雪訓できましたW(`0`)W
H野リーダー、参加者の皆さまお疲れ様でした\(^o^)/
[Res: 2821] 久住山 アイゼン訓練(写真追加) 投稿者:ヨッシー 投稿日:2017/02/27(Mon) 22:02
写真追加します。
写真1. 樹氷が奇麗です
写真2. 登山道も凍っています
写真3. 霜柱が沢山
写真4. 樹氷と凍った登山道を歩いています
写真5. 樹氷をアップ
写真6. 鞍部の水たまりでしょうか凍っています
写真7. 樹氷と凍った登山道を歩いています
写真8. 樹氷をバックに

[2828] 脊振山・金山登山マップ 投稿者:ura 投稿日:2017/02/27(Mon) 20:40
晴れた日には久留米から山頂が見えて馴染み深い脊振山ですが、地理的な条件から
これまでの山行はほとんど佐賀側から短時間で稜線に上がってピークを目指すスタイルでした。

脊振、金山の福岡側の登山道を調べてみると大変魅力的なルートが数多くあります。
そこで今回一気に脊振、金山の福岡側のルートを踏破したいと思いました。

ネット上でルートマップを探したのですがあまり有効なものが見つからなかったので、自分で作成しました。
相当な労力と日数を要しましたが、ほぼ満足のできるルートマップが出来ました。

これをもとに計画を実行する予定です。よろしければご利用下さい。
先週土曜日に第一弾を実施しました。

PCはこちら
http://www.asophoto.com/2017/0225sehuri/index.html
スマホはこちら
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1073656.html

もし関心のある方がおられましたら連絡下さい。
印刷保存される場合は下記リンクのPDFファイルをご利用下さい。

[2818] 岩宇土山(福寿草) 投稿者:カント 投稿日:2017/02/22(Wed) 07:17
シーズンを迎え久連子(くれこ)白崩平の福寿草を愛でに行ってきました。
福寿草は快晴の青空にパラボラをいっぱいに広げていました。

来年この時期(2/18日)、今回のコースで 同行のTさんリーダーの山行が予定されています。お楽しみに!
[Res: 2818] Re: 岩宇土山(福寿草) 投稿者:カント 投稿日:2017/02/22(Wed) 07:19
No2の画像
[Res: 2818] Re: 岩宇土山(福寿草) 投稿者:カント 投稿日:2017/02/22(Wed) 07:20
No3の画像

[2815] 新会員募集ポスター 投稿者:カント 投稿日:2017/02/17(Fri) 09:26
久留米リサーチ・パーク ロビーに A3サイズで 掲載しました。

[2811] 芸北スノーハイク 投稿者:Mamechan 投稿日:2017/02/13(Mon) 09:57
昨日の芸北スノーハイクをレポートします。

朝5時に沖食堂を出発。大寒波・ドカ雪で難儀しながらも、なんとか深入山最寄りのIC降車致しましたが、雪の影響で道路が大渋滞!あちこち事故も起きているみたいで、登山口までたどり着けず、六日市までUターン。羅漢山登頂を試みました。
1.7:50 中国自動車道朝倉パーキング
2.戸河内191号線バイパス 大渋滞にあい遭えなく引返すことに
3.気を取り直しらかん高原キャンプ場に到着
4.12時52分 より登山開始
5.ラッセル大好き!
6.スノーハイク初参加
7.ラッセル番長!
8.余裕しゃくしゃく
9.余裕しゃくしゃくしゃく
[Res: 2811] Re: 芸北スノーハイク 投稿者:Mamechan 投稿日:2017/02/13(Mon) 10:07
10.ラッセル泥棒と言わないで
11.山頂よこ見晴台到着
12.山頂標識、山頂は吹雪いてました
13.下山開始した途端、青空が
14.新雪は楽しい
15.タカGさんも楽しそう
16.初参加の皆さんにマスクマンさん
17.らかん高原
18.ラッセル番長2
[Res: 2811] Re: 芸北スノーハイク 投稿者:カント 投稿日:2017/02/13(Mon) 19:40
豆ちゃん、運転、リーダー、お世話になりました。写真を追加しておきます。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-664.html

・本日の軌跡
・中国道はチェーン規制されています。
・深入山に向かいましたが、超渋滞で届きませんでした。
・らかん高原より羅漢山に向かいました。
・ワカン、スノーシューを装着します。
・たっぷりの雪道を出発します。
・青空が見えています。
・楽しい雪山です。
・真っ白な雪です。
[Res: 2811] Re: 芸北スノーハイク 投稿者:カント 投稿日:2017/02/13(Mon) 19:41
・膝まで雪があります。
・余裕です。
・ワカンの効果が良くわかります。
・山頂の展望台に着きました。
・山口県第3の標高の山 羅漢山山頂。ふぶいています。
・ふぶいたり、晴れたりです。
・樹氷のトンネル
・トレースのない雪道を下山します。
・らかん高原に戻ってきました。

[2810] 英彦山(四王寺滝) 投稿者:ヨッシー 投稿日:2017/02/10(Fri) 13:25
リーダーのUraさん・参加の皆さんお疲れ様でした。
滝は残念でしたが雪は予想していなかったので最高の1日でした。
写真を追加します。
写真1. 玉屋神社と般若岩
写真2. 般若岩の下の水場(岩の間から水が染み出ている)
写真3. 水場の紹介文(日本三大霊水と書かれている。玉屋神社の謂われ?)
写真4. 登山道脇の不動明王像(2m程の高さの岩の上に)
写真5. 衣ヶ池
写真6. 下山中の雪模様
写真7. 側を流れる汐井川の雪景色

[2807] 英彦山四王寺の滝〜南岳 投稿者:ura 投稿日:2017/02/10(Fri) 13:08
2月9日、英彦山四王寺の滝〜南岳

14名で雪の英彦山に行ってきました。
前日からうまい具合に寒波が訪れ、予想以上の積雪があり、
綺麗な景色と雪山歩きを楽しむことが出来ました。

1)ルート図
2)英彦山大権現から出発する
3)泉蔵坊にて
4)玉屋神社で安全祈願
5)四王寺の滝入口へショートカット
6)四王寺谷を上がる
7)四王寺の滝は全く氷結なし
8)四王寺の滝でアイゼンをつけて南岳へ直登する
9)岩場を越える
[Res: 2807] Re: 英彦山四王寺の滝〜南岳 投稿者:ura 投稿日:2017/02/10(Fri) 13:12
1)シャクナゲの密集地をくぐる
2)笹につかまって急登
3)南岳への尾根道
4)5)最後の上りが少々厳しい
5)登りはきついが景色は最高
6)7)南岳山頂直下の稜線に出る。霧氷のトンネル。
8)南岳の旧展望所で食事
9)南岳山頂で集合写真
[Res: 2807] Re: 英彦山四王寺の滝〜南岳 投稿者:ura 投稿日:2017/02/10(Fri) 13:19
1) 南岳山頂で集合写真
2)下山開始
3)岩場の鎖が埋まっている
4)5)6)雪の岩場を下る
7)風の通り道ではえびの尻尾が成長している
8)鬼杉へ下山
9)大南林道を下って英彦山大権現に到着
ご参加の皆様お疲れ様でした。雪の英彦山、面白かったですね!

[2805] 総会 投稿者:赤とんぼ 投稿日:2017/02/07(Tue) 21:39
2月5日(日)久留米山岳会の平成29年度総会がブリジストン会館で行われました。
1 総会開会の辞 
2 会長挨拶   
3 議長選出   
4 平成28年度事業報告 
5 平成29年度事業計画
6 新人努力賞表彰 第3位○島氏
7    〃    第1位○田氏(第2位○上氏) 
8 懇親会も乾杯音頭 ○瀬氏
9 乾杯
 
 
[Res: 2805] Re: 総会 投稿者:赤とんぼ 投稿日:2017/02/07(Tue) 22:06
10 山岳会踊り子(昨年入会の新人さん達)
11 笑顔がいっぱい
12 ○○さんものりのり、宴会場ものりのり。
13 一致団結新人凄い。有難うございました・
14 記念写真

[2800] 快晴の三俣山 投稿者:カント 投稿日:2017/02/03(Fri) 22:40
熊本地震の後 規制されていた登山道が通れるとの事で三俣山に行ってきました。
登山道はガチガチに凍っており、稜線上は強風が吹いて凍えましたが、雲一つない快晴で 遠くまで景色を見通すことが出来 素晴らしい山行でした。
平日で登山者も少なく、各ピーク共に私たちが一番乗りで 快適に歩くことが出来、13時前には大曲駐車場に下山できました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-663.html

・本日の軌跡
・大曲より入山します。
・霜柱で真っ白です。
・硫黄道路は大きな岩が落ちてきています。
・すがもり越に向かいます。太陽が出てきました。
・快晴の天気です。
・すかもり越より登って行きます。
・三俣山西峰に向かいます。
・本峰向かう途中 根子岳見えています。
[Res: 2800] Re: 快晴の三俣山 投稿者:カント 投稿日:2017/02/03(Fri) 22:41
・三俣山本峰山頂
・本峰より大鍋、由布岳等の絶景が見れました。
・南峰に向かいます。
・W峰山頂よりの絶景
・すがもり越に降りていきます。大船山がくっきり見えています。
・一日中 青空でした。
・12時前に降りてきました。すがもり小屋で昼食
・昼食後下山します。
・13時前に大曲に戻ってきました。

[2798] 発心山 投稿者:ura 投稿日:2017/02/02(Thu) 20:53
好天に誘われて発心山に登りました。
山頂から見えた山:釈迦御前、普賢岳、多良岳、九千部、三郡、古処、英彦山。

1)発心山頂の蒼空
2)発心山頂から筑後平野と九千部山&脊振山頂部。
3)何度も、発心山は登りましたが青い博多湾が見えたのは初めて。
4)発心山頂からのパノラマ写真。九千部、三郡、古処山。
5)下山して帰路、筑後川と耳納連山。
6)筑後川と古処山系。
7)堤防道路越の耳納連山。

[2796] 宇土内谷アイスクライミング 投稿者:ヨッシー 投稿日:2017/01/31(Tue) 20:01
1月29日に宇土内谷(延岡市)・三段の滝にてアイスクライミングを行いました。
メンバーは8名で私を含めて3人が初挑戦です。
久留米を4時五十分に出発し、高速利用にて御舟インターで降り、登山口へ8時30分到着。途中気温が高いので(高千穂市内で+5℃)今日は大崩山登山かなと思っていたら予想に反し、滝が凍っていて絶好の日和です。
先客で車が2台駐車しています。少ないなと思いながら進むと手前の大滝付近で12台程駐車していました。大滝では大勢が準備・登攀中でした。
三段の滝へは9時40分到着。ここでも先客がいましたが一組3名で登っていました。
早速準備をし、10時登攀開始。こちらにも別の組が10名近く来られました。
小雨が落ちて来始めたので12時30分終了・下山開始。12時50分昼食。13時30分登山口到着。途中「高千穂の湯」に入り、久留米には19時30分帰着。
写真1. 三段の滝へ向かって
写真2. 滝が凍っています
写真3. 大滝への登攀社の車(登山口よりだいぶ奥に入っています)
写真4. 大滝の登攀者たち
写真5. 同上
写真6. 三段の滝(移っているのは一番下の部分)
写真7. 準備中のM塚さんと先客
写真8. 登攀中のO川さん、M塚さん(後の人が登れるようザイルを張っています)
写真9. 集合写真

初めてでバイルの打込みの力加減が解らず随分打ち込んでしまいました。抜こうとすると中々抜けず、アイゼンの前爪で氷壁に立ちこみしているのでふくらはぎがプルプルと震えっぱなしでしたが、楽しい体験でした。
リーダーのO川さん、M塚さん・M下さん車の運転・サポートとありがとうございました。
各人の登攀中の写真が撮れていないので参加者の方で撮ってあれば追加ください。
[Res: 2796] Re: 宇土内谷アイスクライミング 投稿者:Mamechan 投稿日:2017/02/01(Wed) 09:31
追加写真お送りします。

[2793] 七ツ岳 投稿者:ura 投稿日:2017/01/30(Mon) 15:56
五島、二日目は七ツ岳。
本日は交差縦走を計画しているので
レンタカー3台で12名全員、七嶽神社上部登山口まで行き、
1台を残して他の2台に4名が乗車して七ツ岳登山口公園に向いました。

1) コース地図
2) 七ツ岳登山口公園には数台可能な駐車場と清潔なトイレと水汲み場があります。
3) 循環式で水が常時流れています。
4) 出だしは木製の階段で急登します
5) いったん僅かに下って上り返します
6) 次第に展望が開けてきました
7) 山頂手前に2箇所岩場があります
[Res: 2793] Re: 七ツ岳 投稿者:ura 投稿日:2017/01/30(Mon) 15:58
10) 空が広がって
11) 山頂到着です
12) 記念写真を撮りました
13) 山頂から玉之浦方面の展望
14) これから尾根縦走の始まりです
16) これから向う岩峰、後ろの山は父ヶ岳
17) 展望の良い尾根の縦走
18) 顕著なピークが見えます
[Res: 2793] Re: 七ツ岳 投稿者:ura 投稿日:2017/01/30(Mon) 15:59
19) 私たちが一つのピークに達したとき、前方のピークから人影と声が聞こえてきました。
大声でエールを交換しました。
20) ここで出会って車のキーを交換しました
21) 調べて見ると父ヶ岳まで縦走路がありました。
本日は途中の鞍部から七嶽神社に下ります。
22) 展望の良いピークを下る
23) 巨木コースと健脚コースに分かれていますが、
どちらも先の七嶽神社奥殿で合流します。
24) 七嶽神社奥殿
25) 「玉の浦」という幻の椿があったそうです
26) 七嶽神社奥殿の石段を下る
石段を下りきった地点が登山口
27) 16:50福江港発のフェリー万葉で帰路に着きました。
久留米には予定通り10時に到着しました。

[2788] 福万山 投稿者:いちみる 投稿日:2017/01/29(Sun) 19:47
会山行で福万山に行ってきました。
最終的に17名の参加でした。
計画では、雪山体験を山行目標としていたのですが、数日前からの気温の上昇で雪はなく、降水確率も高く、不安いっぱいでの決行でした。
幸い雨に遭うことなく、山頂からは360度の景色を堪能することができ、まずまずの結果だったのではないかと、勝手な解釈をしています。
リーダー代行?O田さん始め、参加されたみなさん、ありがとうございました。
晴れ女健在でした(*^^)v
・M井さんの号令のもと、準備体操
・しばらく平坦な道を歩く
・中腹は雪が残り、踏みしめながら歩く
・北側に広大な日出生台
・山頂が見えてきました
・福万山からの見どころのひとつ由布岳が山頂まで見えています
・演習中かな?
・風を避けてのんびり昼食
・道の駅で酒のつまみを物色、青空に映える由布岳
[Res: 2788] Re: 福万山 投稿者:カント 投稿日:2017/01/30(Mon) 06:04
いちみるさん、お疲れ様でした。
写真を追加しておきます。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-662.html

・本日の軌跡
・スポーツセンターで登山準備
・8:40分、出発しました。
・この時点では由布岳にはガスが掛かっています。
・雪が残る登山道を慎重に進んで行きます。
・笹畑を快適に登って行きます。
・下界が見え始めました。
・由布岳、福万山が見え始めました。
・10:50分、福万山到着、この時青空になりました。
[Res: 2788] Re: 福万山 投稿者:カント 投稿日:2017/01/30(Mon) 06:05
・お疲れ様でした。
・山頂写真
・風を避けて昼食を取りました。
・復路はゴルフ場に降りていきました。
・12時過ぎゴルフ場登山口に下山、お世話係お疲れ様でした。
・別荘群を通過します。
・遊歩道に入りました。
・沢を越えます。
・12:40分頃 到着

[2786] 鬼岳(351m五島) 投稿者:ura 投稿日:2017/01/28(Sat) 19:24
五島の山を初めて歩いてきました。
平日会山行でメンバーは12名。長崎までは車2台に分乗して移動。
現地ではレンタカー3台を利用しました。かんたんな山なので観光旅行みたいな山行でした

[2780] 九重耐寒訓練(大船山) 投稿者:カント 投稿日:2017/01/23(Mon) 16:22
冬の九重に耐寒訓練に行ってきました。総勢は14名でした。
土曜日から寒波が訪れ、九重は雪山になっていました。
今回は吉部登山口から入山し、往路は暮雨の滝を経由し坊ヶツル〜大船山と登り、復路は坊ヶツルより大船林道を経由し吉部に戻ってきました。
坊ヶツル および「段原〜大船山山頂」間は吹き曝しで 小雪交じりの強風が吹き 厳しいコンディションでしたが 何とか大船山山頂を往復することが出来ました。
昨夜から降り続くサラサラで真っ白な雪の登山道は美しく 新雪の雪景色を楽しみながら歩くことが出来ました。
15:3.0分過ぎの下山と普段より少し遅めの日程でしたが 19時30分過ぎには久留米に戻ってくることが出来ました。リーダーのA司さん お疲れ様でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-661.html

・本日の軌跡
・九重高原に近づくにつれ雪道になってきました。
・吉部駐車場より入山します。
・吉部登山口
・急登の前でアイゼンを装着します。
・しばらく登って行きます。
・若干2名、暮雨の滝に立ち寄りました。
・小雪交じりの強風が吹く坊ヶツルを通過します。
・避難小屋で一休み
[Res: 2780] Re: 九重耐寒訓練(大船山) 投稿者:カント 投稿日:2017/01/23(Mon) 16:23
・大船山に取り付きます。
・樹氷のトンネル
・エビのシッポが伸びています。
・段原に到着
・周りは凍っています。強風がすごい!
・雪が深くなってきました。
・樹林帯は風が停まっています。
・岩場の登り
・岩にもエビのシッポがびっしり
[Res: 2780] Re: 九重耐寒訓練(大船山) 投稿者:カント 投稿日:2017/01/23(Mon) 16:24
・大船山山頂到着
・一瞬晴れ間が出てきました。
・山頂写真
・凍った御池
・運よくガスが晴れ、絶景が見えました。
・風を避け昼食を取りました。
・樹氷のトンネルを下って行きます。
・強風の段原通過
・雪道は歩きやすく快適です。
[Res: 2780] Re: 九重耐寒訓練(大船山) 投稿者:カント 投稿日:2017/01/23(Mon) 16:25
・ガスが晴れ、下界が見えています。
・避難小屋に戻ってきました。
・少し休憩し、坊ヶツルを戻って行きます。
・青空が見えました。平治岳がくっきり見えています。
・鳴子橋を渡り、大船林道を下って行きます。
・雪遊び、人型
・雪遊び、人型アフター
・鳴子川沿いに下って行きます。
・吉部到着

[2777] 忘れ物 投稿者:Mamechan 投稿日:2017/01/23(Mon) 07:25
昨日の耐寒訓練お疲れ様でした。AKA氏リーダー他、参加メンバー皆様お疲れ様でした。

Mame号車のトランクにLowe alpine袋の忘れ物がありました。来月の総会に持参しますので、忘れた方は私までお申出下さい。

以上、よろしくお願いします。
[Res: 2777] Re: 忘れ物 投稿者:カント 投稿日:2017/01/23(Mon) 13:56
雨具のズボンの袋でしょうか? 帰宅して確認しないとわかりませんが たぶん私のです。

所で、ストックのキャップが落ちて無かったでしょうか?

いずれにせよ総会で! ご迷惑かけます。
[Res: 2777] Re: 忘れ物 投稿者:カント 投稿日:2017/01/23(Mon) 16:18
雨具ズボンの袋ありました。私のではありません。

[2775] 石鎚山登山 1. 投稿者:ヨッシー 投稿日:2017/01/22(Sun) 15:10
21日石鎚山に登りました(ツアー)。前後の移動日は平地で雨に遭いましたが、登山当日は9時頃迄は薄曇りでその後は快晴となり絶好の登山日和でした。
2000m付近の当初の予想は−11℃、風速14mだったのが直前予想で−7℃、風速7mと随分穏やかになりました。雪質は新雪でさらさらとしていて握りしめても雪玉は出来ませんでした。積雪は約30cm強、例年より少ない状態でした。
人数が12人と多く、又不慣れな人もいたので1時間程遅く頂上に着いたので天狗峰には登れませんでしたが青空に白い雪が映える良い登山でした。
予定の行動は歩行距離7.5km、歩行時間8時間、高低差 上883m、下883mでした。
写真1. 小倉〜松山のフェリー
写真2. 石鎚山登山口ロープウエー駅より石鎚山方向を望む
写真3. 奥前神寺
写真4. 石鎚神社成就社へむけて
写真5. 石鎚神社成就社
写真6. 石鎚山頂上・天狗峰を望む
写真7. 同上
写真8. 石鎚山頂上碑・神社横
写真9. 石鎚神社
[Res: 2775] Re: 石鎚山登山 2. 投稿者:ヨッシー 投稿日:2017/01/22(Sun) 15:30
続きでその他の写真を掲載します。
写真1. 青空に霧氷
写真2. 三ノ鎖付近
写真3. 石鎚神社(三ノ鎖付近より)
写真4. 天狗峰(神社より)
写真5. 木についた樹氷(頂上よりの下りにて)
写真6. 冠岳方向を望む(下山路にて)
写真7. 天狗峰(正面より)
写真8. 天狗峰を背景に

[2770] 涌蓋山新年登山 投稿者:カント 投稿日:2017/01/16(Mon) 06:44
今年最初の会山行 新年登山は涌蓋山に登りました。参加者は25名でした。
一目山登山口より入山し、ミソコブシ山〜涌蓋越〜涌蓋山と登り、山頂で昼食後 復路はひぜん湯登山口に降りてきました。
この日 涌蓋山に登ったのは私達パーティーのみで 新雪の踏み跡のない登山道にトレースを付けながら進んで行きました。
小雪の舞う冬空でしたが 周りは凍っておりアイゼンの刃が効いて快適な登山でした。
帰りに宝泉寺温泉「山の湯」で汗を流し 17時30分前に久留米に戻ってきました。
M下さん、お世話になりました。体調を改善して又 復帰してください。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-660.html

・本日の軌跡
・一旦長者原のビジターセンターに行き、登山準備をしました。
・登山口に向かいます。
・一目山登山口より入山しました。
・一目山はパスしました。
・新雪の踏み跡のない登山道は快適です。
・周りは凍っています。
・ミソコブシ山に登って行きます。
・ミソコブシ山山頂
[Res: 2770] Re: 涌蓋山新年登山 投稿者:カント 投稿日:2017/01/16(Mon) 06:46
・草原を進んで行きます。
・涌蓋越より涌蓋山に取り付きます。
・雪が深くなってきました・
・芸術的な樹氷
・凍った登山道を登って行きました。
・女岳で休憩
・樹氷の間を進んで行きます。
・モンスターが現れ出しました。
・最後の登り
[Res: 2770] Re: 涌蓋山新年登山 投稿者:カント 投稿日:2017/01/16(Mon) 06:47
・涌蓋山山頂写真
・山頂で昼食を取りました。
・一瞬の青空
・明るくなりました。
・下山します。
・ひぜん湯への下りは雪が溶けかかり滑ります。
・九重の峰々
・ひぜん湯登山口に降りてきました。
・公共駐車場でバスに合流しました。
[Res: 2770] Re: 涌蓋山新年登山 投稿者:新人N 投稿日:2017/01/18(Wed) 15:35
雪の結晶です。

[2773] 宝満山・難所ヶ滝 投稿者:ヨッシー 投稿日:2017/01/16(Mon) 14:25
冷え込みが続いたので滝が凍っているかなと思い見に行きました。
7時40分過ぎに登山開始。
正面道を登り宝満山の頂上に一旦上がり、三郡山方向に縦走路を進み途中から河原谷を下り、滝へ向かいます。
二号目辺りから道端に雪がうっすらと残っています。
内林道終点(3合目手前)のところで標識の上に小さな雪だるまが。登り口の岩の上には落とし物の簡易アイゼンがありました。このタイプのものはなくす事が多いですね。
高度を上げて行くと雪が増えてきましたが昨日の残雪で踏み固められ、夜からの冷え込みで凍っていて滑りやすくなっています。
頂上直下の御手水鉢が凍っています。滝の氷具合に期待が膨らみます。
頂上から約40分で難所ヶ滝に到着です。
凍ってはいますが氷は白く濁って(空気の泡?)います。透明感がありません。
幅ももう少しあればという感じです。迫力ある氷瀑になるにはもう少し冷え込みが続かないとダメみたいです。
写真1. 全景
写真2. 氷瀑部分のアップ
写真3. 少し角度を変えて

[2768] 宝満山登り初め 投稿者:ヨッシー 投稿日:2017/01/04(Wed) 12:08
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。
昨年二十九日に登り納めをして以来、家でぶらぶらしていて天気予報を見たら今日は朝から晴れマークが一日中出ていたので日の出を見ようと急に思い立ち宝満山に登りました。
6時10分過ぎに駐車スペースに車を止めて準備をしていると常連の早朝組がもう下りて来ていました。登山口を23分に出発するまでに車二台と三人の下山者に会いました。
早い人は3時か4時位から登り始めるとの事。
頂上に着くまでに四人、頂上では日の出を見ようと十四、五名の方がいました。
私もカメラを取り出し待機。
6時23分予定通り太陽が昇りました。
撮影した一部を掲載します。
写真1. 日の出前
写真2. 日の出
写真3. 日の出を待っていた人達
写真4. 二千回達成記念
[Res: 2768] Re: 宝満山登り初め 投稿者:いちみる 投稿日:2017/01/04(Wed) 20:09
ヨッシーさん、2000回登頂達成おめでとうございます。
まさに「継続は力なり」見習います。
日の出前の写真は宝満山からとは思えないような色彩豊かな情景ですね。
素敵です。

[2767] 耳納連山(漱石の道) 投稿者:カント 投稿日:2017/01/03(Tue) 17:51
ここ何年か、登り初めは「漱石の道」を歩いています。
本日(1/3日)  耳納連山(漱石の道)を歩いてきました。
私達が設置した道標、山頂標識を確認してきました。異常はありませんでした。
午前中、下界はガスが掛かり町の全景を見渡すことは出来ませんでした。

・本日の軌跡
・発心公園入口
・登山口
・尾根コース表示
・7合目道標
・発心山山頂標識。
・グライダー山山頂、下界はガスが掛かっていました。
・兜山道標
・兜山山頂標識

[2765] 明けましておめでとうございます。 投稿者:カント@企画 投稿日:2017/01/01(Sun) 07:56
明けましておめでとうございます。

5時過ぎ、西鉄久留米付近をうろうろしてきました。
さすがに人手は多いです。

今年も楽しい山行を盛りだくさん用意しています。
総会時に紹介します。楽しみにしてください!

写真はわが家からの今年の日の出です。高良山と成田さんの間から出てきました。(7:37分頃)
[Res: 2765] Re: 明けましておめでとうございます。 投稿者:新人N 投稿日:2017/01/03(Tue) 09:27
高良山(久留米森林つつじ公園)からの初日の出です。
今年もよろしくお願いします。

[2762] 金峰山(一ノ岳・二ノ岳・三ノ岳) 投稿者:カント 投稿日:2016/12/26(Mon) 20:48
今年の忘年登山は金峰山・一ノ岳、二ノ岳・三ノ岳を縦走しました。参加者は21名でした。
金峰山のさるすべり登山口より入山し山頂を越え、仁王像方向に降りてきました。
二ノ岳登山口まではバスで移動し、二ノ岳、三ノ岳を越え、三ノ岳公民館に降りてきました。
本日はクリスマスでN山サンタさんよりクリスマスプレゼントを頂き、快晴の空の下、和気あいあいと楽しく縦走することが出来ました。
縦走路からは熊本市内、阿蘇、雲仙普賢岳、等を見渡すことが出来ました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-657.html

・本日の軌跡
・さるすべり登山口で登山準備をしました。
・金峰山神社の鳥居を潜って登って行きます。
・さるすべり登山道と交差しながら自然歩道を登って行きました。
・金峰山山頂には神社あります。
・雲仙普賢岳が霞んで見えています。
・山頂を横切って降りていきます。
・北回り登山道を降りていきました。
・仁王像に降りてきました。
[Res: 2762] Re: 金峰山(一ノ岳・二ノ岳・三ノ岳) 投稿者:カント 投稿日:2016/12/26(Mon) 20:49
・今から向かう二ノ岳、三ノ岳が見えています。
・二ノ岳登山道にバス移動しました。
・N山サンタさんよりプレゼントを頂きました。
・リーダーお疲れ様でした。
・二ノ岳登山口より再度登って行きます。
・最適な登山道
・登山道は整備されています。
・山頂直下は急登になりました。
・二ノ岳山頂、サンタ仕様で記念写真。バックは三ノ岳
[Res: 2762] Re: 金峰山(一ノ岳・二ノ岳・三ノ岳) 投稿者:カント 投稿日:2016/12/26(Mon) 20:50
・昼食を取りました。
・一旦下ります。
・三ノ岳に向かいます。
・三の岳三角点
・展望台より絶景を楽しみます。
・記念写真
・三ノ岳観音を経由し降りていきます。
・木立の登山道は快適です。
・三ノ岳公民館に降りてきました。

[2758] 九重雪山 投稿者:カント 投稿日:2016/12/20(Tue) 11:53
17〜18日の九重湯沢台・大船山山行のスナップ写真を下記にアップしています。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-656.html

[2755] 九重雪山登山2 投稿者:カント 投稿日:2016/12/19(Mon) 23:13
2日目
・三俣山モルゲンロート
・周りは凍っています。山荘を出発
・平治岳山頂が朝日で光っています。
・三俣山が光っています。
・坊がつるを横切ります。
・大船山に取り付きました。
・登りはアイゼンを装着していません。
・阿蘇は見えています。
・段原到着
[Res: 2755] Re: 九重雪山登山2 投稿者:カント 投稿日:2016/12/19(Mon) 23:14
・後続隊到着
・由布岳がくっきり見えています。
・最後の登り
・大船山山頂
・山頂写真
・御池は完全氷結していません。
・絶景を堪能して下って行きます。
・段原通過
・振り返れば大船山
[Res: 2755] Re: 九重雪山登山2 投稿者:カント 投稿日:2016/12/19(Mon) 23:15
・アセビに林を下って行きます。
・坊がつる到着
・避難小屋前で昼食を取りました。
・坊がつるを後にします。
・鳴子川を渡ります。
・暮雨の滝方向に進んで行きました。
・吉部に下りずに真っ直ぐに進みます。(湯沢に下る山男)さんが下った道と思います。
・登山道を下って行きます。
・湯沢の駐車場所に到着

[2752] 九重雪山登山1 投稿者:カント 投稿日:2016/12/19(Mon) 22:38
九重のマイナールート「湯沢台」に一泊どまりで行ってきました。参加者は12名でした。
1日目は湯沢駐車場より林道経由で「湯沢台」横に登りあがり、下湯沢台〜上湯沢台〜偽ピーク〜見晴ヶ丘とピークを越え、雨ケ池経由で「坊がつる」に降りてきました。
久しぶりに(80周年記念山行以来)「法華院山荘」で一泊し、翌朝 凍った大船山に登りました。
下山後 暮雨の滝経由で 昔「湯沢に下る山男」さん が通ったであろう登山道で湯沢に戻ってきました。
そこそこ雪が積もっており、快晴の天気の下 九重の山々はもちろん 阿蘇、由布岳、祖母連山、英彦山、宝満、三郡、四国の山々、などくっきり見えて 絶景が堪能できました。

1日目
・今回の軌跡
・湯沢の駐車場所から出発します。
・林道より登って行きます。
・下湯沢台に登り上がりました。
・雪道を進んで行きます。
・上湯沢台山頂
・平治岳が見えてきました。
・大船山も見えだしました。
・藪の中を下って行きます。
[Res: 2752] Re: 九重雪山登山1 投稿者:カント 投稿日:2016/12/19(Mon) 22:39
・ピークをいくつか超えて進みました。
・三俣山が見えだしました。
・ツルの中を横切ります。
・気持ちの良い登山道です。
・見晴らしが丘に着きました。
・山頂写真
・丘の上から絶景です。平治岳、大船山
・雨ヶ池
・坊がつるが見えています。
[Res: 2752] Re: 九重雪山登山1 投稿者:カント 投稿日:2016/12/19(Mon) 22:40
・雨ヶ池に向かいます。
・雨ヶ池のベンチで休憩
・坊がつるに到着
・法華院温泉に向かいます。
・青空に大船山
・法華院山荘到着
・本日はここで宿泊します。
・温泉に入り早速一杯飲みます。
・夕食を美味しくいただきました。

[2750] 牛頸山〜天拝山縦走 投稿者:カント 投稿日:2016/12/11(Sun) 20:05
総勢23名で牛頸山〜天拝山を縦走しました。
基本的には公共の乗り物を利用し、西鉄下大利駅よりバスで牛頸ダム横の南山手団地に移動し、水辺公園の牛頸登山口より入山しました。
牛頸山〜三市町境界山〜黒金山〜大佐野山と進み、昼食後 天拝山に向かいました。天拝山で解散後、私たちはJR二日市駅より久留米に戻ってきました。
一日中いい天気で空気も冷たく、快適に歩くことが出来ました。
T地リーダー、大所帯でお疲れ様でした。

・本日の軌跡
・下大利駅まで電車を利用
・バスで牛頸ダムに移動
・牛頸山登山口より入山
・牛頸山山頂
・福岡市内が良く見えています。
・気持ちの良い縦走路歩きます。
・アップダウンを繰り返します。
・よく整備された登山道です。
[Res: 2750] Re: 牛頸山〜天拝山縦走 投稿者:カント 投稿日:2016/12/11(Sun) 20:06
・黒金山山頂写真
・大佐野山で昼食を取りました。
・縦走路が続いています。
・一登り
・天拝山の竹林を進んで行きます。
・天拝山山頂写真
・公園に降りてきました。
・名残の紅葉
・JR二日市駅より久留米に戻ってきました。

[2747] 筑山協 山岳写真展 投稿者:ura 投稿日:2016/12/05(Mon) 15:04
Mamechanさん、写真展速報ありがとうございます。

12月4日(日)、久留米市役所3Fで筑山協 山岳写真展が開催されました。
今年は久留米山岳会の担当でしたが、あいにくの雨にもかかわらず多数の方がご来場になりました。
来場者は43名でそのうち久留米山岳会は25名でした。
出展作品は62点で当会からは5名の方が入賞されました。

入賞作品はホームページの山岳写真展にアップしましたのでどうぞご覧ください。
写真展の様子と夕方から開催された忘年会の写真をまとめて並べます。

[2746] 写真展速報 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/12/04(Sun) 14:29
本日写真展が厳かに行われ、見事、KACのカントさんがグランプリに選ばれました。
また、KACから特選、奨励賞等多数選ばれました。
受賞者の皆様おめでとうございました。

[2745] 市民ハイキング ドローン 投稿者:いちみる 投稿日:2016/11/29(Tue) 20:44
YouTubeに市民ハイキングの映像がアップされましたね。
会、初の試み、臨場感があって良いですねぇ〜
Mさんありがとうございます。
記念行事にも活躍できそうですね。
今後ともよろしくお願いします。

[2742] 田原山(鋸山)登山 1 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/11/25(Fri) 22:52
11月25日(金)に会山行で参加者19名で田原山(鋸山)に登リました。天気の谷間で今日だけ晴れという絶好の登山日和でした。
7時に出発し登山口駐車場へは九時半過ぎに到着。準備・体操を行い10時頃に登山開始。大観峰へは11時過ぎに到着。景色を楽しみ、八方岳へは12時少し前に着き、景色を見ながらのんびりと食事・集合写真撮影。下りは30分程で下山口・駐車場へ。
少し移動して「風の郷」でゆっくり入浴し、16時半過ぎに久留米へ帰着。
田原山(鋸山)は542mと低い山ですが岩場の登り下りがあったり、やせ尾根の歩行と変化のある山です。又、地元で良く整備(案内板・ロープ・鎖・足場設置等)がされていてとても気持ちのよい山行でした。
リーダーのN塚さん、安全運転して頂いたH口さん、0方さん、T尾さん、お疲れさまでした。
本日の登山コースは登山口⇒囲観音分岐⇒大観峰⇒八方岳岳⇒行者尾根⇒磨崖仏手前の分岐⇒登山口へ戻る周回コースです。
写真1. 本日のコース図
写真2. 駐車場の紅葉木
写真3. 同上
写真4. 同上(駐車場から登山口へ移動中)
写真5. 登山口
写真6. 登り始めの青々とした林の中
写真7.木の年輪(間隔の狭い方が北、広いのは南側) 日当りの差でこんなに間隔が変わるものなんですね
写真8. 囲観音分岐
写真9. 後ろを振り返ると由布岳が見えます(残念ながら頂上付近は雲の中)
[Res: 2742] Re: 田原山(鋸山)登山 2 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/11/26(Sat) 09:21
写真1. 囲観音と大観峰との分岐点
写真2. 帰り道の岩峰群と紅葉
写真3. 振り返ると由布岳
写真4. もう少しで尾根に上がります
写真5. 南尾根直下
写真6. 南尾根にて
写真7. 岩肌に岩松が群生しています(岩松というだけあって岩場一体が大群落地でした)
写真8. 八方岳へ向かう岩場にて
写真9. 紅葉(本日一番の赤色でした)
[Res: 2742] Re: 田原山(鋸山)登山 3 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/11/26(Sat) 09:41
写真1. 大観峰へ向かう岩場にて(良く整備されていて危険個所にはロープ・鎖・足場が設置されています)
写真2. 大観峰にて(オジさん4人組?)
写真3. 大観峰直下(八方岳へ向かいます)
写真4. 岩場のアップダウンが続きます
写真5. 大観峰を縦走路より振り返る
写真6. 八方岳方向
写真7. 紅葉も残っています
写真8. 無名岩付近
写真9. 無名岩にて集合写真

[2737] 山行報告 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/11/24(Thu) 19:28
ホームページ管理員様、管理大変ですが今後とも宜しくお願いしますm(_ _)m

また、掲示板UPして頂く常連の皆様、山行の貴重な情報源にされている方も多いと思います。今後とも宜しくお願いしますm(_ _)m

[2732] 福万山登山 投稿者:カント 投稿日:2016/11/23(Wed) 20:46
1月に会山行が計画されている由布高原の「福万山」に行ってきました。
1月は雪でピストンになるかもしれませんが、今回は周回コースを歩いてきました。
山頂はガスが掛かり由布岳の雄姿は望めませんでしたが、登山道は紅葉真っ盛りで快適に歩くことが出来ました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-652.html

・本日の軌跡
・湯布院スポーツセンターより入山
・紅葉ロードです
・整備された登山道を進んで行きます。
・急登も歩きやすく快適です。
・福万山山頂
・復路は黄葉した笹薮をゴルフ場に降りていきました。
・由布岳山頂もガスが掛かっています。
・見事な黄葉
[Res: 2732] Re: 福万山登山 投稿者:カント 投稿日:2016/11/23(Wed) 20:47
・ゴルフ場登山口に降りてきました。
・遊歩道を戻って行きます。
・渡渉場所
・往路合流点で昼食
・紅葉グラデーション
・虫食いい紅葉
・真っ赤なドウダン
・下山後、コーヒータイム
・七色の風より由布岳

[2730] 中摩殿畑山会山行 投稿者:ura 投稿日:2016/11/20(Sun) 20:19
2016年11月20日 中摩殿畑山会山行
会員18名にて耶馬溪の中摩殿畑山を歩いてきました。
当初予定の登山口より更に奥まで車で進入したために標高差300mほどの簡単登山になりました。

1)登山口にて各人準備体操
2)出発
3)上の林道に到着
4)林道下山口の目印ケルン
5)落ち葉一杯の雰囲気の良い林道を5分ほど歩きます
6)林道から登山道をさらに登ります
7)足元のカラフルな落ち葉
8)山頂が見えてきました
9)山頂到着
[Res: 2730] Re: 中摩殿畑山会山行 投稿者:ura 投稿日:2016/11/20(Sun) 20:21
10)早い時間でしたが山頂で食事
11)英彦山や鷹ノ巣山が望めます
12)諫早からはるばるご来訪の元気な70代団体の方に撮ってもらいました
13)下山注意
14)本日も先頭のMさんの植物解説、きのこ解説付きでした
15)大量きのこゲットのOさん
16)お昼過ぎに下山完了。
もりざね温泉入湯後、かかし祭りを車窓から見学、いいちこ工場見学に行くも紅葉祭りと重なって満車のためパス。
うきはの道の駅で買い物をして4時過ぎに競技場に到着しました。
リーダーのNさんみかん美味しかったです。皆様お疲れ様でした。

[2727] 韓国岳〜大浪池周回 投稿者:カント 投稿日:2016/11/14(Mon) 05:12
有志を誘って霧島に行ってきました。
えびの高原より韓国岳〜大浪池周回〜えびの高原と歩いてきました。
韓国岳の山頂はガスが掛かって景色はよく見えませんでしたが全体的には快晴の天気で快適に大浪池を周回してきました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-651.html
[Res: 2727] Re: 韓国岳〜大浪池周回 投稿者:カント 投稿日:2016/11/14(Mon) 05:15
大浪池の周りを周回。紅葉していました。

[2725] 平家山登山(紅葉観賞) 1 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/11/13(Sun) 13:03
11月11日(金)に脊梁山地の平家山(1496.5m)・後平家山1560m)に会員22名で上りました。
前日は雨でしたが天気予報(回復方向で午後からは晴れ)を信じ、競技場を5時45分に出発。最初は曇っていましたが熊本を過ぎる頃には晴れ間も覗きだし、天候的には一安心。
二本杉辺りから平家山に近づくにつれ紅葉が山の斜面に見え始めまし期待も膨らみます。
8時35分に登山口に着き、準備を済ませ登山開始です。
写真1. 林道終点より登山口へ
写真2. 登山口(すぐ渡渉です。丸木橋は落ちています。)
写真3. 渡渉(皆さん慎重に渡っています)
写真4. 急斜面の九十九折を上っていきます。
写真5. 焼けこげた杉(三年程前の山火事の跡です)
写真6. 焼け跡の中からカエデの赤ちゃんが色づいていました
写真7. 落葉の中を歩いて行きます
写真8. 待望の紅葉が見えました(落葉が多いようです)
写真9. 青空をバックに紅葉
[Res: 2725] Re: 平家山登山(紅葉観賞) 2 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/11/13(Sun) 13:44
10時50分平家山(1496.5m)に到着。集合写真を撮り、後平家山(1560m)を目指します。稜線上の紅葉を期待していたのですが、落葉しています。紅葉の名残がパラパラとあります。ちょっと残念です。12時10分後平家山に到着。まだ時間があるのでビューポイントを目指して移動します。状況が変わらないので目の前に紅葉の残っていた所で昼食タイム。気温は5度位ですが風も少しあり、田部終わって早々に下山することに。
登山口近くまで下りてくると紅葉が再び見えだしました。
駐車ポイントに14時時13分着。14時25分に入浴予定の佐俣の湯を目指して出発。
車窓からの山の斜面の紅葉がとても奇麗でした。
競技場へは18時20分到着。
高速と下りてからの市内の渋滞を運転頂いた方の機転で最小時間で回避で来ました。
先頭でリードして頂いたMさん、安全運転をして頂いたMさん、T尾さん、M井さん、O
方さんありがとうございました。
写真1. 平家山頂上にて集合写真
写真2. 枯れた大きな木に猿の腰掛けの仲間がたくさんついていました
写真3. 登山道の落葉の中にコケの塊が
写真4. 後平家山にて集合写真
写真5. コケの中の紅葉
写真6. 紅葉の前で昼食
写真7. 下山口近くの紅葉
写真8. 同上
写真9. 本日の軌跡(歩行距離7.6km,歩行時間5時間20分:休憩を含む)

[2722] 九重縦走 投稿者:カント 投稿日:2016/11/07(Mon) 22:15
会員27名で九重南登山道を歩いてきました。
花公園横の南登山道登山口より入山し、登山口〜猪鹿狼寺跡〜神明水〜久住山〜久住分れ〜西千里ヶ浜〜扇ヶ鼻〜岩井川〜瀬ノ本登山口と縦走しました。
登山道は色付き始めており、快晴の空の下 冷たい風が吹いて 爽やかな山行でしたが、歩行距離が11.5kmに達し 南登山道上部はクロボクの土が滑り筋力を使い かなりハードな行程でした。
M崎リーダーお疲れ様でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-650.html

・本日の軌跡
・南登山道入口で登山準備をします。久住山がくっきりと見えています。
・南登山道を登って行きます。
・快晴です。
・アセビの木のトンネル。
・雰囲気の良い登山道です。
・木々が色付き始めています。
・明るい森です。
・紅葉1
[Res: 2722] Re: 九重縦走 投稿者:カント 投稿日:2016/11/07(Mon) 22:16
・紅葉2
・広い台地に登り上がりました。久住山が近くなってきました。
・落ち葉の道
・急登になりました。
・神明水に登り上がりました。
・久住山に向かいます。
・久住山山頂写真
・山頂で昼食を取りました。
・昼食後下って行きます。
[Res: 2722] Re: 九重縦走 投稿者:カント 投稿日:2016/11/07(Mon) 22:17
・久住分れに向かいます。
・星生崎の横を通過
・扇ヶ鼻に向かいました。
・扇ヶ鼻山頂
・山頂を越えていきます。
・瀬の本に下って行きます。
・岩井川より扇ヶ鼻がくっきりと見えています。
・林道を進んで行きます。
・瀬の本に降りてきました。

[2715] 市民ハイキング速報 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/10/30(Sun) 15:25
お疲れ様です

無事下山しました
[Res: 2715] Re: 市民ハイキング速報 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/10/30(Sun) 15:32
速報2
[Res: 2715] Re: 市民ハイキング速報 投稿者:ミッチー 投稿日:2016/11/01(Tue) 22:53
遅くなりました。
ドローンの画像です。
動画は今しばらくお待ちくださいませ。
[Res: 2715] Re: 市民ハイキング速報 投稿者:ミッチー 投稿日:2016/11/01(Tue) 23:00
画像付いてなかったので再度送信・・・orz
[Res: 2715] Re: 市民ハイキング速報 投稿者:ミッチー 投稿日:2016/11/01(Tue) 23:03
またしくじりました・・・orz

[2709] 市民ハイキング試登 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/10/25(Tue) 17:48
10月23日に担当メンバーと市民ハイキング試登の冠ヶ岳に行きました。
自宅を出るときは朝焼けが見られましたが、阿蘇に近づくにつれ雨が降り出し、登山口に到着する頃には完全な雨。雨具を着用してからの登山となりました。
1.入山開始!
2.地蔵峠にて
3.若干紅葉してました
4.俵山との分岐点
5.集合写真
昼食は下山してから温泉にて取りました。

登山道とアクセス・温泉の確認はできましたが、全く景色は見られませんでした。参加者の皆様お疲れ様でした。

[2705] 祖母山登山 投稿者:カント 投稿日:2016/10/22(Sat) 09:54
計画では小屋泊まりの祖母山半縦走でしたが、天気が崩れており、比較的予報の良い金曜日に 祖母山の日帰り山行に行くことにしました。
出来るだけ行程を短縮するため、北谷登山口より 登りは風穴経由で山頂を目指し、下りは国観峠経由で降りてきました。
小雨が降ったり止んだりでしたが、大降りにはならず 私は雨具の必要はありませんでした。
比較的周りの景色はよく見え 雲海に浮かぶ阿蘇五岳や九重連山を眺めることが出来ました。山頂付近はそこそこに紅葉しており景色を楽しみながら満足いく山行でした。
帰りに阿蘇の瑠璃温泉(@200円でした。)で汗を流し、17:30分頃久留米に戻ってきました。T田リーダーとてもいい山行でお世話になりました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-648.html

・本日の軌跡
・8:40分頃 北谷登山口に着きました。
・登りは風穴コース、下りは国観平コースを周回します。
・8:50分、出発しました。
・沢を渡ります。
・岩登りの訓練の成果は?
・沢を登って行きます。
・滑らないように!
・9:50分、風穴通過
[Res: 2705] Re: 祖母山登山 投稿者:カント 投稿日:2016/10/22(Sat) 09:55
・登るにつれ 紅葉してきました。
・木の根っこをつかまえて!
・展望台で休憩、リンゴかな?
・悪路は続きます。
・雲海に阿蘇根子岳、高岳が浮かんでいます。
・絶景です。
・傾山方向の縦走路稜線が見えています。
・祖母山山頂が見え始めました。
・雲海に浮かんで障子尾根、傾山が見えています。
[Res: 2705] Re: 祖母山登山 投稿者:カント 投稿日:2016/10/22(Sat) 09:55
・11:05分、祖母山山頂に着きました。山頂写真。
・雨は大したことは無く、山頂で昼食を取りました。(〜11:35分)
・雲海に九重連山
・雲海に阿蘇五岳
・天気が崩れる前に下ります。
・滑る登山道を慎重に
・12:17分、国観峠を通過しました。
・ガスが掛かってきました。
・14:06分、北谷登山口に戻ってきました。天気が崩れる前に下山できました。

[2700] 裏英彦山周回 投稿者:カント 投稿日:2016/10/16(Sun) 21:42
16日は朝から小雨が降っていましたが、山行を決行しました。参加者は19名でした。
豊前坊より薬師峠〜裏英彦山道〜ケルン谷〜南岳〜中岳広場 と進み、昼食後北西尾根〜スキー場〜豊前坊と周回しました。
稜線上はガスが掛かり、強風が吹いていましたが、雨はほとんど降らず それなりに充実した登山でした。14時過ぎ 下山した時はすっかり天気は回復していました。
お世話係りのH上さん、T下さん、お疲れ様でした。

・本日の軌跡
・豊前坊で準備運動
・9時過ぎ出発します。
・薬師峠に向かいました。
・裏英彦山道に入りました。
・登って行きます。
・岩の間を進みます。
・苔むした岩場を通過
・慎重に降りていきます
[Res: 2700] Re: 裏英彦山周回 投稿者:カント 投稿日:2016/10/16(Sun) 21:43
・10:20分、ケルンの谷到着
・南岳に向かいます。
・急登になりました。
・南岳の下に登り上がりました。
・南岳で山頂写真
・中岳の奥宮を通過
・強風を避け、中岳広場で昼食
・中岳標柱で記念写真
・北西尾根を下って行きました。
[Res: 2700] Re: 裏英彦山周回 投稿者:カント 投稿日:2016/10/16(Sun) 21:44
・ガスが掛かっています。
・倒木の間を
・梯子場
・紅葉が始まっています。
・北西尾根を下って行きます。
・観察路に出合いました。
・スキー場に降りてきました。
・遊歩道を進んで行きます。
・13:40分 豊前坊に戻ってきました
[Res: 2700] Re: 裏英彦山周回 投稿者:ちょちょ 投稿日:2016/10/17(Mon) 13:38
よいアドバイスうけ、大変有意義な山行でした。
写真ダウンロードしました。
ありがとうございました。
ヤマップもアップしています。

[2697] 北アルプス(雲の平縦走) 投稿者:カント 投稿日:2016/10/10(Mon) 12:13
会員7名で北アルプス雲の平縦走に行ってきました。
折立登山口より入山し、薬師岳〜雲の平〜鷲羽岳〜三俣蓮華岳〜双六岳と縦走し、新穂高温泉に降りてきました。
台風が薬師沢小屋で通過しましたが 行程には影響せず、台風一過の晴天でアルプスの絶景を堪能することが出来ました。
笠ヶ岳を周回する予定でしたが 強風が吹き 天気が崩れ、翌日も回復しないため 一日早く降りてきました。
詳細は後日 ブログで紹介します。

・今回の軌跡
・10/4日朝、富山駅に到着
・折立登山口より入山します。
・薬師岳を望みながら昼食
・10/5日早朝、薬師岳に登りました。(太郎平小屋は私達7名だけでした。)
・薬師岳山頂
・10/6日、台風通過後、薬師沢小屋を出発します。(、薬師沢小屋も私達7名だけでした。)
・梯子場を通過
・雲ノ平に登り上がりました。黒部五郎岳が雄大です。
[Res: 2697] Re: 北アルプス(雲の平縦走) 投稿者:カント 投稿日:2016/10/10(Mon) 12:14
・雲ノ平山荘の向こうに水晶岳
・アルプス庭園より雲ノ平を見下ろします。
・夕食は「石狩鍋」でした。
・10/7日、雲の平山荘を出発。(宿泊は私達7名を含め12名でした。)
・朝は冷えています。霜柱、水たまりは凍っていました。)
・祖父岳(じじだけ)山頂より、槍ヶ岳を望む。
・鷲羽岳に登って行きます。
・鷲羽岳山頂
・鷲羽岳山頂よりの絶景
[Res: 2697] Re: 北アルプス(雲の平縦走) 投稿者:カント 投稿日:2016/10/10(Mon) 12:16
・今から向かう山々が見えています・
・紅葉はいまいちでした。
・鷲羽岳を下山、青空です。
・三俣山荘が見えています。
・表銀座方向
・鷲羽岳を振り返ります。
・三俣蓮華岳山頂
・双六岳を通過しました。
・10/8日、天気が崩れた為 笠ヶ岳はあきらめ新穂高温泉に下山。

[2693] 比叡山岩登り 投稿者:いちみる 投稿日:2016/10/02(Sun) 23:07
A司リーダーの下、12人の大所帯で比叡山の岩登りに行ってきました。
晴天に恵まれ、岩を楽しんできました。
本チャンが初めての方もいましたが、テンションをかけることなく登って、
楽しかったと言ってもらえたことは、何よりでした。
リーダー、参加されたみなさん、ありがとうございました。
写真のある方はアップお願いします。
1 TAカンテルートは、O川さんリードでスタート
2 快晴の中、続きます。
3 余裕のKさん
4 1スラスーパーを登ったヤングチーム
5 TAカンテを登ったチームアダルト
6 同じくチーム女子会
7 同じくチーム加齢臭
8 登り切って満足のメンバーたち 
[Res: 2693] Re: 比叡山岩登り 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/10/03(Mon) 17:41
リードクライマーのイチミル姉さん、早速のUPありがとうございます。

こちらは1スラSPを登攀するパナ子さんとHanaさんの写真をUPします。二人とも軽快な身のこなしで楽しく登ることができました。
お疲れ様でした。

イチミル姉さん、次回もリードよろしくお願いしますm(_ _)m
[Res: 2693] Re: 比叡山岩登り 投稿者:ぱなちゃん 投稿日:2016/10/04(Tue) 04:13
写真アップします

1 「落ちる気がしない」と華麗にリードのMamechan
2 歩くようにスイスイ、さすがです
3 花ちゃん余裕のカメラ目線
4 ちょっと苦戦しています
5 長い手足を生かして登りあがりました
6 必死に登っていて気が付いたら・・・ニードルが
7 この木は、下の展望台から見えていたやつかな?
8 TA組み〜つけた(*^^*) 
9 下山途中、なぜか可愛らしいおじさん達

[2688] 岩登り講習会 投稿者:トトロ  投稿日:2016/09/26(Mon) 23:28
岩登り講習会に参加させて頂きました。ご参加の皆様お疲れ様でした。

昨年&今年入会された新人さん5名の方が参加され多感にチャレンジ!意欲的に頑張ってありました。
少し汗ばむ陽気でしたが、すっきり秋晴れで岩登り日和りとなりました(^^♪
午前中の”道端エリア”は、貸切状態、午後からの”八女津姫も”ほぼ貸切で、登り放題!
充実した一日過ごせました\(^o^)/
     詳細はリーダーさん宜しくお願いします。

1   準備体操!色んなポーズで身体をほぐします。
23  道端エリア登攀スタート。
4   懸垂下降の練習、バッチリです。
5   大先輩の模範登攀ありがとうございます。
678 八女津姫はちょっぴり高く距離も長めで。
9   もうちょい頑張って!
[Res: 2688] Re: 岩登り講習会 投稿者:フクちゃん 投稿日:2016/09/27(Tue) 21:36
遅くなりました。岩登り講習会を25日(日)に日向神で実施しました。午前中は道端エリアにおいて初級の岩登りと懸垂下降の練習を実施しました。午後からはダム下の八女津姫で少し長い距離の岩登りをしました。両方は岩肌がちょっと違うのでいい練習になったと思います。お疲れ様でした。とりあえず写真をアップします。
[Res: 2688] Re: 岩登り講習会 投稿者:フクちゃん 投稿日:2016/09/27(Tue) 21:41
続き
[Res: 2688] Re: 岩登り講習会 投稿者:フクちゃん 投稿日:2016/09/27(Tue) 21:43
続き

[2684] AKA氏結婚式 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/09/10(Sat) 17:55
幸せな気持ちにさせて頂きました。

お幸せに
[Res: 2684] Re: AKA氏結婚式 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/09/10(Sat) 18:36
追加
[Res: 2684] Re: AKA氏結婚式 投稿者:aka 投稿日:2016/09/12(Mon) 07:42
お越しいただいた皆様ありがとうございました
会員皆様から祝電をいただき大変うれしかったです
ありがとうございました

F本さんの乾杯、親族友人にかなり好評でした
ありがとうございます

[2683] 〜佐々木博氏捜索〜 投稿者:ぱなちゃん 投稿日:2016/09/06(Tue) 16:40
詳しくは会員専用掲示板でご確認ください。

[2678] 「三日月山〜立花山」山行 投稿者:カント 投稿日:2016/08/24(Wed) 06:36
福岡市東区、新宮町、久山町の境界に位置する立花山(367.1m)と三日月山(272m)に行ってきました。16名の参加者でした。
長谷(ながたに)ダム登山口より入山し、三日月山〜立花山と縦走し、松尾山、白岳と周回した後 往路を長谷ダム登山口に戻ってきました。
登山道は殆ど木立の中の道でしたが、強烈な暑さで大汗をかいての山行でした。しかし尾根道の縦走路は落ち葉の登山道で歩きやすく快適に歩くことが出来ました。
また、三日月山山頂、立花山山頂からは福岡市の街並みや海ノ中道、志賀島などが見えており絶景を堪能することが出来ました。O森リーダーお疲れ様でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-631.html

・本日の軌跡
・長谷ダム横の三日月湖
・ダム横の駐車場に着きました。
・長谷ダム登山口より入山しました。
・ジグザグに登って行きます。
・尾根道は歩きやすく快適です。
・三日月山に着きました。
・絶景をバックに
・秋です! 赤とんぼ
[Res: 2678] Re: 「三日月山〜立花山」山行 投稿者:カント 投稿日:2016/08/24(Wed) 06:37
・大クス原生林に向かいました。
・クスの原生林の間を進んで行きます。
・立花山大クス
・立花山山頂
・福岡市内をバックに 山頂写真。
・白岳山頂で昼食を取りました。
・一旦、大権現登山口に下山します。
・下原登山口より再度登り返しました。
・稜線に登り上がり往路を戻ってきました。

[2674] 鉾岳沢登り 1 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/08/22(Mon) 10:19
8月21日に鉾岳(延岡市北川町、大崩山の3k南)の沢に入りました。天候は晴れ。5時にO食堂駐車場出発。
高速を久留米-御船インター間で利用し、鹿川キャンプ場へ8時半頃に到着。各自準備をし、9時前に入渓。駐車場に「水量多し注意」の看板がありましたが正反対の状態でした。7月頃の雨の多かった時の注意事項だったようです。
沢は水が少なかった為に上りやすかった反面、逆に上りにくくなった部分とが入り交じった状態でした。
この沢は大きな岩が多く、ナメの多い沢です。
12時半過ぎに終了点に到達し、食事後O川さんお薦めのビューポイントへ案内して頂き、鉾岳の雄鉾・雌鉾の頂上岩場(中々に雄大な岩塊です)を目の前に見る事が出来ました。
3時前に駐車場に戻り、冷やしていたスイカをみんなで美味しく頂き、帰路へ。
途中入浴し、19時40分頃に久留米帰着。途中一般道の片側交互通行による渋滞と高速道の御船インターと益城熊本空港インター間の一車線対面交通によるものとで30、40分程遅くなりました。
写真を3回に分けて掲載します。
写真1. 本日の軌跡
写真2. 各自準備運動
写真3. 入渓地点
写真4. より8は上っている状況
写真9. 一休み(沢登りなのに暑くて喉が渇きます)
[Res: 2674] Re: 鉾岳沢登り 2 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/08/22(Mon) 10:30
写真の続きを掲載します。
写真6は少し解りづらいですがパナさんが滝の下に入り大となって、O方さんの登りをサポートしています。
写真7はナメの登りです(少し上の方で滑って登りづらくなっています)。
[Res: 2674] Re: 鉾岳沢登り 3 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/08/22(Mon) 10:58
写真1より3、5より7は上っている状況
写真4. は高巻きのため渓流脇の斜面を登攀中
写真8. 終了地点
写真9. 集合写真
[Res: 2674] Re: 鉾岳沢登り 1 投稿者:かっぱ2号 投稿日:2016/08/22(Mon) 21:35
ヨッシーさん、早速のアップありがとうございます。
思いがけず水量が少なく、また崩落のため岩で沢が埋まっていて、
予想のつかない沢登りになりましたが、
みんなでわいわいと楽しく登れたのが何よりでした。
果敢に登ろうと頑張っているみなさんの姿が印象的な山行でした(*^^)v、

[2665] クマガ谷左俣沢 沢登り 1 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/08/08(Mon) 18:46
8月7日(先発組は6日移動)にクマガ谷の沢登りを総勢16名にて行いました。
当日は二班に別れ別々の沢を登りました。推量は例年に比べ少ないようです。ナメの多い沢です。又、流木も多かったです。
纏めはパナさんが投稿されると思いますので私の撮った2班分のみ投稿します。
1から3まで27枚写真投稿します。
写真1. O川さんより本日の注意事項の伝達
写真2. 入渓地点
写真3. より9 沢登り途中の皆さん
[Res: 2665] Re: クマガ谷左俣沢 沢登り 2 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/08/08(Mon) 18:53
10から18枚目までを投稿します。
[Res: 2665] Re: クマガ谷左俣沢 沢登り 3 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/08/08(Mon) 19:00
19から27枚目を投稿します。
[Res: 2665] うるしわ谷&川上本谷 沢登り 投稿者:ゆり 投稿日:2016/08/08(Mon) 20:27
ばなちゃんのナメ滝滑りの動画です。
[Res: 2665] Re: クマガ谷左俣沢 沢登り 1 投稿者:おっぴぃ 投稿日:2016/08/09(Tue) 05:13
ヨッシーさん早速のアップありがとうございます*˙﹀˙*)ノ"

リーダーのO川さんお疲れさまでした!

諸先輩方。。いろいろとアドバイスありがとうございました(*´ω`*)
流木もたくさんありその中を歩いたり多いな石の間を登ったりと平地では体験できなぃ経験を出来て良かったです!


今年初☆沢登りとなりましたが。。また一段と沢の魅力に引き込まれてしまぃました!

自然の岩の滑り台などなど。。サイコーでした♡
水も気持ちよくてマイナスイオン浴びまくるかことができました!

一緒に沢山行されたみなさんお疲れさまでした!

[2657] 南アルプス南部縦走 1 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/08/06(Sat) 22:00
7月28日より8月4日の7泊8日の日程にて南アルプス南部の荒川三山、赤石岳、聖岳、光岳をツアーにて縦走しました。
行程は下記の通りです。
1日目 移動 福岡空港⇒静岡空港へバス移動にて畑薙(はたなぎ)ダム経由椹島(サワラジマ)へ 椹島ロッジ宿泊 天候晴れ
2日目 椹島ロッジ⇒蕨段(ワラビダン)⇒駒鳥池⇒千枚小屋 天候晴れ
3日目 千枚小屋⇒千枚岳(2880m)⇒丸山(3032m)⇒悪沢岳(東岳3141m)⇒中岳(3083m)⇒前岳(3068m) 荒川小屋 天候晴れ
4日目 荒川小屋⇒大聖寺平⇒小赤石岳(3081m)⇒赤石岳(3120m)⇒百間平⇒百間洞山の家 天候晴れ
5日目 百間洞山の家⇒大沢岳(2819m)⇒中盛丸山(2897m)⇒小兎岳(2738m)⇒兎岳(2799m)⇒聖岳(3013m)⇒奥聖岳(2978m)⇒前聖岳(2982m)⇒小聖岳(2662m)⇒聖平小屋 天候晴れのち曇り
6日目 聖平小屋⇒南岳(2702m)⇒上河内岳(2803m)⇒茶臼岳(2604m)⇒仁多岳(2524m)⇒易老岳(2354m)⇒光小屋 天候曇りのち雨
7日目 光小屋⇒光岳(2591m)⇒光岩⇒イザルガ岳(2540m)⇒易老岳⇒茶臼岳⇒茶臼小屋 天候曇りのち雨
8日目 茶臼小屋⇒横窪峠⇒ヤレヤレ峠⇒畑薙大吊橋⇒バス移動・入浴後静岡空港⇒福岡空港 天候晴れ
5日目より天候が崩れ始めて、聖岳頂上に立った時は曇っていて視界が無い状態でした。この日以降午前中はぎりぎり曇りで午後は雨の日が続きました。
印象深かったのは6日目の光小屋手前の静高平への登りにさしかかったときに雨が強くなり登山路(周りより低くなっていて石がごろごろしている)に雨が大量に流れ込み川状態になり、さらに雷がなりだして30分程大急ぎで登り小屋に駆け込み難を避けた事、晴れている時はとても景色が良く山や花が奇麗でした。
歩行ルートと1日目の写真を投稿します。
2日目以降は写真の整理が出来次第投稿します。
写真1. 歩行ルート
写真2. 椹島への林道へ入る為の届け
写真3. マムシ注意の看板が
写真4. 熊注意の看板も
写真5. 宿舎の椹島ロッジ
写真6. 登山ルートの案内板が敷地内に
写真7. 敷地内に所有者の東海パルプの記念館があります(山域の大半を所有しています)
[Res: 2657] Re: 南アルプス南部縦走 2 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/08/07(Sun) 21:20
2日目(縦走初日) 今日は千枚小屋までを歩きます。
写真1. 朝食
写真2. 朝食をしっかりと食べ元気一杯です。気持ちも高まります。
写真3. 吊り橋を渡ります。
写真4. 落葉でふかふかの林の中を進みます。
写真5. 見晴し台より小赤石岳方向を望む。
写真6. 駒鳥池(雨が少なかったのでしょうか水位が随分低いです。)
写真7. 千枚小屋
写真8. 出入り口正面にぐっとくる看板が
写真9. 夜食
[Res: 2657] Re: 南アルプス南部縦走 3 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/08/07(Sun) 21:39
3日目(縦走2日目) 今日は荒川小屋までを歩きます。
写真1. 朝焼けの富士山
写真2. 朝食
写真3. 青空に南アルプスの山々が映えます
写真4. 千枚岳頂上にて
写真5. 丸山頂上にて
写真6. 荒川東岳頂上にて
写真7. 荒川中岳頂上にて
写真8. 荒川小屋の外に出発(通過)時間の目安表が掲示されています
写真9. 夜食
[Res: 2657] Re: 南アルプス南部縦走 4 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/08/07(Sun) 22:05
4日目(縦走3日目) 今日は赤石岳へ登り百間洞山の家までを歩きます。
写真1. 朝食
写真2. がれ場のトラバース(がれ場は南アルプスの特徴)。
写真3. 中央アルプスの山々が見えます。
写真4. 小赤石岳頂上にて。
写真5. 赤石岳頂上にて。
写真6. 元の赤石岳本峰(頂上には山岳信仰名残の祠があります。手前多数の尖った石は剣に見立てて奉納された物です)。
写真7. 赤石岳避難小屋にてコーヒータイム(山小屋の奥さんがハーモニカの演奏をしてくれました)。
写真8. 百間洞山の家
写真9. 夜食(トンカツです!!町の食堂の物と遜色ありません。肉厚で美味しかった!)
[Res: 2657] Re: 南アルプス南部縦走 5 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/08/08(Mon) 16:10
5日目(縦走4日目) 今日は聖岳へ登り聖平小屋までを歩きます。
写真1. 大沢岳頂上にて
写真2. 中盛丸山頂上にて
写真3. 雷鳥が姿を見せました(雷鳥が姿を見せると雨や雷の前兆とか言いますが......)。
写真4. 小兎岳頂上にて。
写真5. 兎岳頂上にて。
写真6. 聖岳頂上にて(案の定天気が崩れかけています)。
写真7. 奥聖岳頂上にて(この跡雨が降り始めました)。
写真8. 聖平小屋に到着するとウエルカムドリンクならぬフルーツパーラーが準備されていました。
写真9. 夜食
[Res: 2657] Re: 南アルプス南部縦走 6 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/08/08(Mon) 17:05
6日目(縦走5日目) 当初予定は南岳・上河内岳を登り茶臼小屋までを歩く予定でしたが7日目が長時間歩く事になる為、変更して光岳まで足を伸ばし光小山泊まりとしました。
が、光小屋手前の静高平へ至る登りにさしかかった所で強い雨と雷にあい光小屋までとしました。
普通は何でも無い登山路が川となり時間とともにその流れが強まっていく事の怖さ、避ける物の無い所での雷の怖さを感じさせられました。
さらに追い打ちをかけたのが光小屋に電話して部屋は空いているとの事だったので予約無しで行ったところ3時過ぎに到着した所、予約無しの人に食事提供は出来ないと夕食・朝食共に提供をを断られました。手持ちの食料でしのげましたがここの小屋は要注意です。
ちなみに当日の宿泊者は我々以外には3名のみでした。
写真1. 朝食
写真2. 南岳頂上にて
写真3. 空には雨雲が、谷筋には水蒸気が。
写真4. 上河内岳頂上にて
写真5. 茶臼に向かう途中で文様のある不思議な岩が。
写真6. 今日も雷鳥が姿を見せました。
写真7. 茶臼岳頂上にて。
写真8. 仁田岳頂上にて。
写真9. 易老岳頂上にて
[Res: 2657] Re: 南アルプス南部縦走 7 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/08/08(Mon) 17:28
7日目(縦走6日目) 今日は光岳へ登り茶臼小屋までを歩きます。一番歩行時間の短い楽な日です。
写真1. 光岩にて
写真2. 光岳頂上にて(木が茂り展望は全くありません)。
写真3. イザルガ岳頂上にて(360度展望のある所ですが曇っていて良く見えません)。
写真4. 茶臼小屋到着(ヘリで運ばれた食料等が広場にありました)。
写真5. 夕食(刺身という事で期待したのですが解凍で身が水っぽく、柔らかくて食感はとても...........)。
[Res: 2657] Re: 南アルプス南部縦走 8 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/08/08(Mon) 18:03
8日目(縦走7日目) 今日が最終日です。茶臼小屋より横窪峠・ヤレヤレ峠・畑薙大吊橋を経て帰宅です。
途中に木橋や吊り橋が出てきますがちょっと怖い物が多かったです。
累積標高登り12,725m、累積標高下り13,000m、累積歩行距離80kmの山行でした。
途中で出会った花の写真はおって投稿します。
写真1. 朝焼けの富士山
写真2. 歩き出すと谷間に雲の川が出来ていました。
写真3. 木製のちょっと不安な橋
写真4. 足下がちょっと不安な吊り橋(足下は渓流が水かさを増して流れています。横板もちょっと......)
写真5.歩行板・横板共に不安な吊り橋
写真6. 歩行板が不安な吊り橋
写真7. ヤレヤレ峠
写真8. 畑薙大吊橋(全長181m,高さ20m)
写真9. 同上(反対方向から)

[2654] 井原山(キツネノカミソリ) 投稿者:カント 投稿日:2016/07/31(Sun) 23:24
井原山のキツネノカミソリのシーズンを迎え水無鍾乳洞から山頂を往復しました。
水無鍾乳洞付近のキツネノカミソリは終盤を迎えていましたが、一番上の群落はいい時期を迎えていました。
さすがにシーズンで登山者が多く 登山道の離合に時間が掛かりましたが、先頭が良いペースで進み 予定時間より早い時間で下山できました。
登山道は蒸し暑く大汗をかきましたが、花を愛でながら快適に歩くことが出来ました。
帰りにやまびこの湯で入湯し17時前に久留米に戻ってきました。
リーダーのI津さん、お世話になりました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-629.html

・本日の軌跡
・水無鍾乳洞駐車場の先に駐車しました。
・まず水無鍾乳洞に立ち寄りました。
・キツネノカミソリを愛でながら水無川に沿って登って行きました。
・キツネノカミソリ
[Res: 2654] Re: 井原山(キツネノカミソリ) 投稿者:カント 投稿日:2016/07/31(Sun) 23:25
・キツネノカミソリ
・通称「日本庭園」で休憩
・急登を登って行きます。
・離合が大変です。
・登り上がりました。コオニユリの花が咲いています。
・山頂が見てきました。
・山頂写真
・登山者が多くすぐに引き返します。
[Res: 2654] Re: 井原山(キツネノカミソリ) 投稿者:カント 投稿日:2016/07/31(Sun) 23:26
・急坂を下って行きます。離合が大変です。
・日本庭園で昼食を取りました。
・キツネノカミソリの群落の間を戻って行きます。
・少し盛りを過ぎていますが、十分にきれいです。
・下って行きます。
・沢沿いに咲くオオキツネさん
・水無鍾乳洞に戻ってきました。
・U嶋さんからの差し入れのスイカを沢で冷やしていました。
・美味しくいただきました。ご馳走様でした。

[2651] 御前岳-釈迦岳オオキツネノカミソリ 投稿者:新人N 投稿日:2016/07/28(Thu) 21:44
誠に僭越ながら新人のNが先日の御前岳〜釈迦岳山行をアップさせていただきます。2016年7月24日福岡県標高第二位の御前岳1209mと最高峰の釈迦岳1229.5mに男性7名、女性5名の計12名で登りました。今回の山行ではオオキツネノカミソリの鑑賞を目的としております。
@A幸先良く杣の里渓流公園登山口付近からみることができ、期待に胸か膨らみます。
BC沢沿いに登っているうちは涼しげでした。風が無く、沢から外れると汗が滝のように落ちる状況で、ゆっくり登って行きます。
D御前岳て記念撮影を行い尾根沿いに釈迦岳へ向かいます。(あいにく記念撮影の写真を持ち合わせておりません。どなたかアップいただけると幸いです。)
EFお釈迦様のある釈迦岳山頂は狭いので隣の気象レーダーのある普賢岳で昼食をとります。
G下山途中の矢部越付近のオオキツネノカミソリ群落地では一面に上品で可憐なオレンジの花が咲いており、とても癒やされます。
H八ッ滝に立ち寄り、気温24℃で気持ちよく涼んで登山口へ戻ります。
予報では大気が不安定で午後からの夕立も予想されるような天候でしたが、幸い雨に降られることもなく、無事下山。黒木まで戻りグリーンピア八女で入浴後解散となりました。
[Res: 2651] Re: 御前岳-釈迦岳オオキツネノカミソリ 投稿者:新人N 投稿日:2016/07/28(Thu) 23:12
軌跡です。
[Res: 2651] Re: 御前岳-釈迦岳オオキツネノカミソリ 投稿者:ura 投稿日:2016/07/29(Fri) 10:06
新人Nさん、山行アップ、ありがとうございます。
新人さんの書き込み、大歓迎です。
会山行でも個人山行でも、どんどん書き込んで山行を共有しましょう!

[2645] 今季初沢登り 車谷 投稿者:ぱなちゃん 投稿日:2016/07/25(Mon) 07:10
7/24 今年の初沢登り【車谷】に行ってきました。男性5名女性10名の計15名と大所帯でしたが、ケガもなく楽しく登ることができました。
初めて沢登りを体験された3名の方達、登っている途中で8月になってからの計画にワクワクされていました。
初回の沢登りでは、夜に反省会があるということで下山のスピードは、普段に比べると早く、あっという間に駐車場に到着しました。
下山後冷やしておいた、U嶋さんから差し入れのスイカを美味しくいただきました。疲れきっていた体が元気になりました、本当にありがとうございました。
大人数を昼夜まとめていただいたリーダーさん、そしてサポートしてくださった頼もしい男性方ありがとうございました。また、沢登りの楽しさに目覚めたみなさん、一緒の時間をありがとうございました。
夜は、反省会に14名参加(ゲストさん2名)美味しいお食事でお酒がすすみました。もちろん、飲み放題の食い放題でした。みんなよく飲むし食べるし、しゃべるしと気付けば3時間!!
リーダー、参加されたみなさんお疲れ様でした(*^^*)


・初めて顔を合わせる方もいるので、自己紹介
・男性5名・女性9名 計14名 さあ出発です!!
・溺れてないですよ (1)楽しんでいま〜す
・溺れてないですよ (2)犬かきで泳いでいます
・不安そうな表情から心の声が聞こえてきます「ここ登るの?」
・安心してください! 危ない場面では、おたすけ紐がでてきます
・沢登り初体験の3人、2年目の方達☆とても良い笑顔です
・沢登り久しぶりですが、長い手足を活かして楽勝のM先輩
・さすがリーダー、自力で登り余裕の笑顔
[Res: 2645] Re: 今季初沢登り 車谷 投稿者:ぱなちゃん 投稿日:2016/07/25(Mon) 07:39
・元気なうちに集合写真撮りま〜す♡まだ、元気いっぱいの笑顔です
・ゆりさん、水しぶきをみながら何やら思案中かな?
・流れに負けないで・・・(1)チャレンジ2年目
・流れに負けないで・・・(2)頑張ってます
・少し疲れてきたのかな、でも「安心してください」前後でサポート
・ここで終了でーす、少し疲れた顔の集合写真
・U嶋さんからいただいたスイカ、とても美味しかったです
・まさか、ここでスイカが・・・ 新人さんびっくりしてました
・初回沢登り恒例 ♡ 反省会の様子です、沢山の方が集まりました
[Res: 2645] Re: 今季初沢登り 車谷 投稿者:かっぱ2号 投稿日:2016/07/25(Mon) 22:07
ぱなちゃん、早々のアップありがとうございます。
皆さんの楽しそうな表情や頑張っている姿が、とても生き生きと写っていますね(*^^)v
初めて参加された方々は果敢にチャレンジされていて、
2年目の方々はじっくりと考えながら登っていてと、
沢をしっかり楽しんでいましたね。
サポートして下さった皆さん、ありがとうございました。
U嶋さん、すいかごちそうさまでした。
恒例の反省会!?もたくさんの方に参加していただき、感謝感謝です。
8月のおいしいとこどり沢登り、初の試みはとっても良さげ (^_-)-☆
心が動きます。

[2648] 尾瀬三山縦走 投稿者:カント 投稿日:2016/07/27(Wed) 06:05
7月19日〜22日に掛け、尾瀬三山「会津駒ヶ岳〜燧ケ岳〜至仏山」を縦走してきました。4日間の行程を少しずつアップしています。
4日間共にいい天気で 標高1500m〜2000mの高層湿原を快適に歩いてきました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-624.html

[2644] 古処山屏山縦走 投稿者:本ちゃん 投稿日:2016/07/18(Mon) 15:20
17日、古処山と屏山に登りました。男女15名の参加がありました。ご参加の皆さんありがとうございました。天気が心配されて中止ではないかと思われていた方もございました。梅雨末期は天気予報が猫の目の様に変わり、ひたすら回復を期待しました。前日に急に17日の日曜の天気は曇りのち晴れと出ましたので決行を決めました。前日の夜も当日の朝もにわか雨が降りました。しかし天気予報どおり当日は、曇りのち晴れでカッパを着ることもなく登ることができました。渓流は激流か滝の様に水量が増しておりました。そんな渓流を何回か渡りました。ツゲの原生林が今回の目玉でしたが、キツネノカミソリが咲き始めており古処山7〜8合目あたりから小さな群生を見ることができました。疲れが癒される花々でした。
屏山で昼食をとり、帰途はツゲ原生林の中を下り紅葉谷経由で九州自然歩道にもどり15時秋月キャンプ場跡駐車場に無事に着きました。たいへんお疲れ様でした。ご報告まで。

[2640] 鳥屋山山行 投稿者:カント 投稿日:2016/07/10(Sun) 19:11
以前より雨の予報で心配されましたが、奇跡的に天気は回復し「曇り/晴れ」の天気になりました。18名のメンバーで鳥屋山に行ってきました。
本日は午前中で登山を終え、合宿施設「たかき清流館」で会食する予定になっています。
8:20分、鳥屋山登山口より入山し、キャンプ場〜鳥屋山〜奥の院を往復し、登山口には11:20分に降りてきました。
下山後、「たかき清流館」に移動し、シャワー後、お食事処「つくし」に予約しておいた豪華なお弁当を頂きました。
一日中いい天気で10時過ぎには晴れ間も出て下界の景色も良く見えていました。
近場の山をゆっくり登り、お弁当付きの山行も中々いいものでした。
CL、SL のN崎さん、M田さん、お世話になりました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-622.html

・本日の軌跡
・登山口まで車で移動し8:20分入山しました。
・キャンプ場を通過します。
・滝の横を登って行きます。
・登山道に入りました。
・沢沿いに登って行きます。
・沢を横切ります。この先に…がいました。
・お地蔵さんが次々と出てきます。
・4合目を通過
[Res: 2640] Re: 鳥屋山山行 投稿者:カント 投稿日:2016/07/10(Sun) 19:12
・急登になりました。
・鳥屋山山頂に着きました。
・山頂写真
・山頂を通過し「奥の院」に向かいます。
・アップダウンを繰り返します。
・感じの良い尾根道です。
・お地蔵さんの横を通過します。
・「奥の院」に着きました。
・往路を引き返します。
[Res: 2640] Re: 鳥屋山山行 投稿者:カント 投稿日:2016/07/10(Sun) 19:14
・鳥屋山に戻ってきました。
・ガスが晴れ、下界が見えています。
・竹林の間を引き返します。
・キャンプ場に戻ってきました。
・水量が多く、いい感じの滝です。
・登山口に戻ります。
・11:20分、登山口に着きました。
・「たかき清流館」に移動します。
・シャワーを掛かり、予約していたお弁当で会食です。
[Res: 2640] Re: 鳥屋山山行 投稿者:おっぴぃ 投稿日:2016/07/10(Sun) 20:58
カントさん早速のアップありがとうございます(*´ω`*)

リーダーのN崎さんサブのM田さんお世話おかけいたしました!

雨も降ることなくちょうど良ぃ会山行となりました!
わたし自身なんと!1年ぶりの山行となり。。もっと体力をつけなぃとと。。思いました(>_<)

あと、清流館のお食事♡おいしかったです!

[2638] 久住縦走 1 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/07/04(Mon) 15:34
7月3日に久住縦走に行ってきました。
元の計画は鳴子山のオオヤマレンゲ観賞を目的とした登山の予定でしたが、先般の熊本地方地震により入山禁止のため急遽目的地を変更して実施されました。目的も梅雨時で足場も悪いので山頂を目指さず新緑やコース途中の花々の観賞へ変更です。
コースは男池より入山し、大戸越・坊ガツル(法華院温泉)・雨ヶ池越を経て長者原へと下りました。総勢23名で6時に競技場を出発し、9時男池登山口、12時坊ガツル(法華院温泉)で食事15時長者原、花山酔にて入浴後18時競技場へ帰着。
天気予報では雨マークは無かったのですが登山開始間もなく雨が。
新緑と苔むした登山道を縦走します。大戸越迄はひたすら登りです。雨で湿度が高いのと気温も高いのでレインウエアを着ると中が蒸れてムシムシします。雨がやんで脱いだ時はほっとしました。
縦走中にはギンリョウソウの仲間やヤマアジサイ、変わった所ではミズトンボという蘭の仲間が坊ガツルに咲いていました。
久住名物の黒い土は強い雨の影響でか表層部分は流されて下の固い部分が露出していました。
集合写真は撮っていませんが途中のスナップと花の写真を投稿します。
[Res: 2638] Re: 久住縦走 2 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/07/04(Mon) 15:36
花の写真の続きを投稿します。

[2635] 臨時の岩登り講習会(新人のみ) 投稿者:フクちゃん 投稿日:2016/07/03(Sun) 17:02
2016.07.03(日)  臨時の岩登り講習会(新人のみ)を日向神キャンプ場近くの擁壁で行いました。リーダーはpanaさん、新人はN島さん、K武さん、T尾さん、M上さん、U田さんの5名。スタッフは私、A司さん、いちみるさん、トトロさん、まりちゃんの5名です。当初岩装備品の説明と使い方、ハーネスの付け方、エイト結びの練習、自己確保から懸垂下降の準備と要領を下で練習して、いざ本番へ。擁壁登りは三点支持の基本を確実に実施して、懸垂下降は姿勢と右手の使い方の要領を注意しながら練習しました。最初は危なっかしい場面もありましたが最後の方は要領を掴んだのか皆んなうまくなっていました。今日の天気は雨が降ったり止んだりの気まぐれ天気でしたが途中12時頃に大雨になり即退散しました。参加された皆さんお疲れ様でした。
[Res: 2635] Re: 臨時の岩登り講習会(新人のみ) 投稿者:フクちゃん 投稿日:2016/07/03(Sun) 17:07
パート2
[Res: 2635] Re: 臨時の岩登り講習会(新人のみ) 投稿者:ゆり 投稿日:2016/07/03(Sun) 21:55
本日はご指導有難うございました!
私が撮った写真もアップさせていただきます。

[2631] 三郡山(だごしゃん道) 投稿者:カント 投稿日:2016/06/26(Sun) 22:37
昭和の森より「だごしゃん道」で 三郡縦走路〜三郡山と登り上がりました。
山頂で昼食を取り 下りは縦走路を若杉山方向に進み、「内ヶ畑ルート」で昭和の森に戻ってきました。
「だごしゃん道」は沢沿いに登って行きますが、概ねきっちりした登山道で沢風が吹いて快適に登ることが出来ました。
稜線上も爽やかな風が吹いており、落ち葉の登山道は歩きやすく予定より早い時間に下山できました。
梅雨の中休みか、一日中、いい天気で 午後からは青空も見えていました。
お世話係りのK村さん、行き届いた段取り、有難うございました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-619.html

・本日の軌跡
・昭和の森駐車場で登山準備をします。
・縦走路稜線に向かい入山します。
・川の水が多くなっています。
・往路は「だごじゃん道」を登りました。
・沢沿いに登って行きます。
・踏み跡ははっきりついています。
・岩を越えて進んで行きます。2まい
[Res: 2631] Re: 三郡山(だごしゃん道) 投稿者:カント 投稿日:2016/06/26(Sun) 22:38
・岩の間を登って行きます。
・大滝を通過します。
・急登になりました。
・稜線に登り上がりました。
・頭巾山山頂
・三郡山に着きました。
・山頂で昼食を取ります。
・山頂写真
・縦走路を若杉方向に進んで行きます。
[Res: 2631] Re: 三郡山(だごしゃん道) 投稿者:カント 投稿日:2016/06/26(Sun) 22:40
・「やまぼうし」は終盤を迎えています。
・「やまぼうし」の花びらの絨毯です。
・「内ヶ畑ルート」を下りました。
・昭和の森キャンプ場に降りてきました。水浴びをしています。
・駐車場に戻ってきました。
・山ツツジ
・イチヤクソウ
・うつぼぐさ
・オカトラノオ
[Res: 2631] Re: 三郡山(だごしゃん道) 投稿者:コッコ 投稿日:2016/06/29(Wed) 12:30
山行お疲れ様でした。
今回は、初のサブリーダーとして参加させてもらいました。山行前からの試登・計画書の作成・発表などにも関わることができました。また当日は、リーダーからの指導や根まわし、先輩方からのフォロー、メンバーの協力のおかげで、リーダー代行としての役割も体験させてもらいました。今までは、山のことしか見えていなかったのですが、メンバーのメンバーシップやチームワークのすごさに感動しました!ありがとうございました!!

[2630] 高良山(キヌガサタケ) 投稿者:カント 投稿日:2016/06/21(Tue) 19:59
昨晩は久留米では地区の寄っては避難勧告が出ていましたが、早朝は天気も回復し日も差してきました。
そこで、少し前(6/18日)M山会長より高良山のキヌガサタケが出始めたとの情報を受けていましたので、偵察に行ってきました。
北面コースは出始めています。南面コースはまだ兆候は見られませんでした。
アジサイ園のアジサイは終盤を迎えていますが、まだ見頃の株もありました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-618.html

・北面コースの物で、出た直後と思われる。(白のレース)
・南面コースに出るものと同じ物(黄色のレースで別の場所で撮影)
・アジサイ園のアジサイは雨上がりでいい感じでした。

[2629] 英彦山(オオヤマレンゲ) 投稿者:カント 投稿日:2016/06/18(Sat) 20:09
6月18日は快晴の予報で英彦山に行ってきました。
豊前坊〜北岳〜中岳〜南岳〜行者堂〜ボッカ道〜観察路〜スキー場〜豊前坊と周回しました。
お目当ての「オオヤマレンゲ」まだ見頃の株もあり、ヒコサンヒメシャラもまだ咲いていました。
一日中、青空のいい天気で、由布岳、九重連山、阿蘇涅槃像が見えていました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-617.html

・北岳方向より中岳
・九重の峰々
・南岳方向から中岳
・北西尾根
・オオヤマレンゲ 3まい
・ヒコサンヒメシャラ
・ハンカイソウ

[2628] 井原山山頂から 投稿者:Ura 投稿日:2016/06/18(Sat) 10:21
ヤマボウシや山ツツジがきれいです。

[2627] 九重散策 投稿者:カント 投稿日:2016/06/15(Wed) 10:13
14日(火)、瀬の本登山口より 岩井川〜扇ヶ鼻〜星生山を往復しました。
扇ヶ鼻のミヤマキリシマは既に終盤を迎えています。「パッと見」はまだきれいです。
ドウダンツツジの花も終盤を迎え、花が落下していました。
晴れたり、曇ったり、ガスが掛かったり、の天気でしたが 山頂付近は空気が冷たく、爽やかな山行でした。

写真は扇ヶ鼻北斜面、星生山南斜面のミヤマキリシマ群落、
ツクシドウダン、シロドウダン
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-616.html

[2621] 経ヶ岳 投稿者:Ura 投稿日:2016/06/11(Sat) 12:04
1076m、山頂到着しました。
[Res: 2621] Re: 経ヶ岳 投稿者:Ura 投稿日:2016/06/11(Sat) 15:27
画像追加します。
[Res: 2621] Re: 経ヶ岳 投稿者:hnda 投稿日:2016/06/12(Sun) 23:59 <HOME>
経が岳の山頂に着いた時の感動と、下山したときの充実感は、最高でした。

[2623] 経ヶ岳〜釜伏山周回 投稿者:カント 投稿日:2016/06/12(Sun) 17:55
当初6月12日に計画していた山行計画を天候の都合で11日に前倒ししました。参加者は18名でした。
佐賀県側の平谷キャンプ場から経ヶ岳に登り、「つげ尾〜釜伏山〜狸だまり」と縦走路を歩き、狸だまり先より林道に降り、林道経由で平谷に帰ってきました。一日中 いい天気で木立のトンネルの登山道は日差しを遮り快適に歩くことが出来ました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-615.html

・本日の軌跡
・平谷トンネル手前より入山します。
・登山口で準備運動。
・沢沿いに登って行きます。
・馬の背で休憩
・天然林の間の登山道を登って行きます。
・岩場が出てきました。
・岩場の登り
・千年樫を通過
[Res: 2623] Re: 経ヶ岳〜釜伏山周回 投稿者:カント 投稿日:2016/06/12(Sun) 17:56
・慎重に岩場をトラバースします。
・平谷越に登り上がりました。
・長い岩場を登って行きます。
・三点支持で
・経ヶ岳山頂写真
・経ヶ岳山頂で昼食を取りました。
・下りも急坂です。
・つげ尾に降りてきました。
・木立の縦走路は快適です。
[Res: 2623] Re: 経ヶ岳〜釜伏山周回 投稿者:カント 投稿日:2016/06/12(Sun) 17:58
・石ゴロゴロの下り
・アップダウンを繰り返します。
・狸だまり通過
・狸だまり先より沢沿いに下って行きました
・林道を戻って行きます。
・平谷駐車場が見えてきました。
・駐車場到着
・スイカズラ(金銀花)
・ウツボグサ

[2617] 蛤岳 投稿者:ura 投稿日:2016/06/08(Wed) 19:53
梅雨時の低山山行で蒸し暑さが気になったのですが、以外に涼しくて沢沿いの登山道も雰囲気が良く、高低差が無いので疲れることも無く大変良い山行でした。またイチゴがたくさんあって食べ放題で持参した大量の水もほとんど飲まずに余裕で山行を終了しました。リーダーのT下さん、大変お疲れ様でした。おかげで楽しい山行が出来ました。本日の行動時間5時間、距離10.2km、登山口からの標高差293mでした。

[2602] 第7座、甲武信岳2475m。 投稿者:Ura 投稿日:2016/05/25(Wed) 18:43
2時、起床。4時、出発。14時下山。登山口からの標高差1330m。距離16km。気合いを入れて登りました。
[Res: 2602] Re: 第8座、両神山1723m。 投稿者:Ura 投稿日:2016/05/26(Thu) 17:52
今日は本当に疲れました。
ヘロヘロで登山口に戻りました。
登山口からの標高差、1040m、距離11.6km、行動時間8:30でした。
[Res: 2602] Re: 第9座、黒斑山(浅間山)。 投稿者:Ura 投稿日:2016/05/28(Sat) 15:29
活火山で入山規制がでている山なのでドキドキしながら登る。幸い
ヘルメットはザックに入れたままでした。昨日の雨で視界が良く、北アルプス、八ヶ岳、富士山、最近登った金峰山、甲武信岳など、またこれから登る妙見、火打など見飽きることがありませんでした。
[Res: 2602] Re: 第10座、四阿山2354m。 投稿者:Ura 投稿日:2016/05/29(Sun) 16:43
天候に恵まれて
思いもよらず絶景を堪能出来ました。距離11.5km、行動時間8時間。
[Res: 2602] Re: 第11座、草津白根山2165m 投稿者:Ura 投稿日:2016/05/30(Mon) 19:50
火山活動の盛んな山なので、厳重な監視体制が敷かれていておかげでコース変更を余儀なくされた。
雨後のガスはとれずただ歩いただけだった。
ただ熊本出身のご夫婦と
一緒に回った。
[Res: 2602] Re: 第12座、高妻山2353m 投稿者:Ura 投稿日:2016/06/01(Wed) 09:29
前日の雨があがり清々しい朝。
本日の高妻山は感動の多い山でした。初めてシラネアオイに出会えた事、残雪のアルプスに間近に出会えた事、高妻山のピラミダスな山容を最高の条件で撮影出来た事など。
おかげで400枚以上写真撮影していました。本日の行動時間10時間、距離14.3kmでした。
[Res: 2602] Re: 第13座、火打山2462m。 投稿者:Ura 投稿日:2016/06/03(Fri) 10:14
登りはじめは、小雨からミゾレ、更に湿雪になり先が思いやられましたが、しだいに天気が良くなってきました。本日の行動時間12時間、距離18kmでした。本日も500枚近く撮影したので2時間ほどは撮影時間がプラスされていると思います。
[Res: 2602] Re: 第14座、妙高山2454m。 投稿者:Ura 投稿日:2016/06/05(Sun) 08:38
今回、遠征登山の最後の山。
1日休養を入れて体調ばっちり、お天気も晴れ。朝4:10出発、8:20、山頂到着。本日の行動時間、9時間、距離、11.4km、登山口からの標高差1320m。火山活動中の焼山の噴煙とジェット機のような噴気音が印象的でした。

[2614] 平治岳(東尾根コース) ミヤマキリシマ観賞 1 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/06/03(Fri) 22:43
2日に平治岳へ東尾根コースより総勢5名にて登りました。
天気予報は晴れとの事でしたが競技場出発・登山開始時は少し曇っていました。
6時出発、7時50分登山開始。11時には平治岳頂上へ。
写真1. 男池の駐車場(平日ですがほぼ満車状態です。)
写真2. 男池方向へ登山開始
写真3. 倒木(最近と思われますが随分大きな木が倒れていました。)
写真4. 東尾根コースへ(分岐のテープを少し過ぎた所に案内板が)
写真5. 急登の始まりです
写真6. 春蟬の抜け殻(森の中は蝉の鳴き声が聞こえました。)
写真7. 三俣山をバックに
写真8. 由布岳をバックに
写真9. 頂上方向を仰ぎ見る
[Res: 2614] Re: 平治岳(東尾根コース) ミヤマキリシマ観賞 2 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/06/03(Fri) 23:04
頂上を少し下った所でPanaさんご夫婦にばったり。
天気にも恵まれて良い1日でした。
写真1. 平治岳をバックにPanaさんご夫婦
写真2. 平治岳をバックに
写真3. ミヤマキリシマの花の間を
写真4. 下山途中で出会った石抱きの大木
写真5.  ? (Mさんに教えて頂いたのですが.......)
写真6. コバイケイソウ
写真7.  ? (Mさんに教えて頂いたのですが.......)

[2610] 平治岳(ミヤマキリシマ) 投稿者:カント 投稿日:2016/06/01(Wed) 05:29
平治岳に行ってきました。
快晴の天気で、ミヤマキリシマも花・蕾混在のいい状態でした。
今年の九重は良いようです。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-614.html

・男池より入山
・気持ちの良い森です。
・平治岳北峰山頂
・花の間を!
・蕾混在で花に勢いがあります。
・定番の坊がつる・三俣
・山はピンクに!
・花の絨毯です。
・花の中で昼食
[Res: 2610] Re: 平治岳(ミヤマキリシマ) 投稿者:カント 投稿日:2016/06/01(Wed) 05:31
・PM2.5の影響で霞んでいます。
・南峰に向かいます。
・南峰の上から
・展望台〜北峰斜面
・南峰で集合写真
・大戸越に降りてきました。
・男池のパワースポット「ブナの木」
・サイハイラン
・バイケイソウ

[2604] 宝満山(猫谷川新道コース)登山 1. 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/05/27(Fri) 18:27
5月27日(金)に宝満山の猫谷川新道コースを登り、大谷尾根を下るコースで登山を行いました。総勢21名で平日登山としては大所帯でした。
7時30分に競技場を出発し、猫谷川の登山口を目指しました。
途中パラパラッと雨が落ちてきましたが登山口に着く前にはやみました。
道路は若干渋滞がありましたが8時30分頃につき、準備体操を行い8時50分に登山開始。
沢伝いに徒渉したり、岩場を乗り越えて登っていきました。
曇っていて、又、沢伝いなので暑さを感じる事も無く、林の中に歩を進めていきます。
途中休憩をはさみながら釣舟岩に着き、穴の中をくぐり、岩上にて記念写真。
次にキャンプ場を経由して頂上を目指しました。
11時5分キャンプ場到着。平日というのに十数人程の登山者の方がおられました。
頂上にて昼食・記念撮影。12時前に下山を開始し、1時30分に登山口着。
満天の湯にてお風呂に入り競技場へは4時少し前に戻ってきました。
昼前には晴れ間も出て来て快適な登山でした。
リーダーのS原さん、終止リード頂いたMさん、参加者の皆さんお疲れさまでした。
写真1. 本日のルート
写真2. 猫谷川新道登山口
写真3. 登山開始
写真4. 最初の徒渉
写真5. 夫婦滝と高巻
写真6. 鎖場の通過
写真7. ちょっと一服
写真8. 対岸の岩に浮いた文様(顔?)
写真9. 鎖場の通過
[Res: 2604] Re: 宝満山(猫谷川新道コース)登山 2. 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/05/27(Fri) 18:41
次の写真を投稿します。
写真1. 炭焼き窯の跡(登山中何度も見かけました)
写真2. 庭石荘付近
写真3. キャンプセンター方向への分岐
写真4. 釣舟岩の穴潜り入り口付近(中は天井が低い)
写真5. 釣舟岩穴潜り後の狭い岩の通過
写真6. 釣舟岩より頂上を望む
写真7. 釣舟岩上にて
写真8. キャンプセンターにて
写真9. 集合写真(宝満山頂上にて)
[Res: 2604] Re: 宝満山(猫谷川新道コース)登山 3. 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/05/27(Fri) 18:48
登山途中で出会った花。
袖すり岩より少し下った所に石斛(せっこく:蘭科)の花が咲いていたので写真を撮ったのですがピンぼけしていたのでアップは取りやめました。

[2590] 第一座、天城山1406m 投稿者:Ura 投稿日:2016/05/18(Wed) 18:08
トウゴクミツバツツジと富士山。
快晴に恵まれて爽やかな登山でした。
距離8.6km、行動時間4.20
[Res: 2590] Re: 第2座、丹沢山1567m 投稿者:Ura 投稿日:2016/05/20(Fri) 05:52
第二座、丹沢山。標高差1400m程の登りはひさしぶりで
しかも階段が多く膝がガクガク。シロヤシロツツジを初めて見ました。
距離20km、行動時間9:00
[Res: 2590] Re: 第三座、大菩薩嶺、2057m 投稿者:Ura 投稿日:2016/05/20(Fri) 11:31
今日は簡単登山で10時に終了。
距離8.2km、行動時間4:00
[Res: 2590] Re: 第4座、雲取山2017m 投稿者:Ura 投稿日:2016/05/21(Sat) 13:58
朝4時過ぎスタート。
登山口からの標高差1200m、距離21km、行動時間8:15でした。
[Res: 2590] Re: 第五座、みずがき山2230m 投稿者:Ura 投稿日:2016/05/22(Sun) 14:01
今日も快晴。
みずがき山は大崩山に感じが良く似た岩山。見た目ほど難しくはありません。爽やかな風と、新緑と、青空。変化のあるコース。山頂からの絶景。素晴らしい山てした。
距離5.9km、行動時間6:00。
[Res: 2590] Re: 第6座、金峰山2599m。 投稿者:Ura 投稿日:2016/05/23(Mon) 19:20
良い山でした。昨日登ったみずがき山を上からながめます。距離12.1km、行動時間8時間30分。

[2597] 尺岳(赤松尾根) 投稿者:カント 投稿日:2016/05/21(Sat) 06:31
尺岳 赤松尾根を歩いてきました。
赤松尾根は急登もありますが、足場もよく、木立のトンネルを快適に歩くことが出来ました。一日中快晴のいい天気でした。
本日のコースは尺岳山頂を除き、すべて木立の中でした。

・本日の軌跡
・直方竜王峡から出発します。
・天気も良く爽やかです。
・赤松尾根の取付
・木立のトンネルを登ってきます。
・歩きやすい道です。
・最後の急登
・竜王越で縦走路に出合いました。
・尺岳平に到着
[Res: 2597] Re: 尺岳(赤松尾根) 投稿者:カント 投稿日:2016/05/21(Sat) 06:32
・尺岳に向かいます。
・尺岳山頂
・バックに皿倉山が見えています。
・金剛山の稜線
・尺岳平で昼食を取りました。
・帰りは沢コースを下りました。
・沢沿いの道です。
・竹の屏風はいい感じです。
・竜王峡に戻ってきました。

[2585] 平尾台(ラクダ山) 投稿者:カント 投稿日:2016/05/15(Sun) 20:33
平尾台の南側山域のラクダ山に行ってきました。総勢20名でした。
平尾台自然観察センターより南側に向かいラクダ山を往復した後、三笠台〜大かんの台〜風神山〜不動山〜天狗岩〜桶が辻〜周防台〜中峠〜キス岩〜自然観察センターと周回しました。
平尾台は草原で木陰がなく、直射日光の圧力で大汗をかき、又歩行距離は13.3kmと かなりハードな山行となりました。
お世話係りのT下さん、I上花ちゃん、お疲れ様でした。

・本日の軌跡
・平尾台自然観察センターより出発します。
・ラクダ山登山口より入山しました。
・正面にラクダ山が見えてきました。
・ラクダ山山頂
・光水鍾乳洞に寄りました。
・三笠台山頂
・大かんの台山頂
・気持ちの良い草原を進んで行きます。
[Res: 2585] Re: 平尾台(ラクダ山) 投稿者:カント 投稿日:2016/05/15(Sun) 20:34
・正面に今から向かう天狗岩が見えています。
・貝殻山方向に降りていきました。
・山野草

後は誰かがアップしてください。
[Res: 2585] Re: 平尾台(ラクダ山) 投稿者:カント 投稿日:2016/05/16(Mon) 05:24
見やすいように持ち上げておきます。

[2587] 平尾台(ラクダ山) 続き1 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/05/15(Sun) 22:17
カントさんの続きを投稿します。
・風神山を経て不動山へ(道標のみ撮影)。
・堂金山の道標
・貝殻山を経て天狗山へ向かいます。
・天狗岩頂上に立つI上さんA山さん
・桶ヶ辻( パラグライダーの聖地)で一休み
・本日最後のピーク周防台にて記念撮影
自然観察センターへ向かう途中で
・ライオン岩
・根性の木(石灰岩の穴の中から木が生えています)
・キス岩
[Res: 2587] Re: 平尾台(ラクダ山) 続き2 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/05/15(Sun) 22:20
野草の続きです。

[2584]  花、山、「のぼろ」、写真好き大集合!! 投稿者:いちみる 投稿日:2016/05/09(Mon) 21:56
とのテーマで、好日山荘パルコ店で机上講習が行われ、たまたま仕事の休みと重なったので参加しました。
花の情報30分、写真の撮り方30分、質疑応答30分のスケジュールでした。
今まで花を撮る時、図鑑みたいな写真しか撮れないなぁ〜と感じていましたが、
視点を変えるとそうじゃないと目からうろこでした。
とはいえ短時間の講習、それを参考に自分の目で見て撮ることが一番ですね。
会山行で中止になった黒岩山〜泉水山をこれからの季節のおすすめとしきりに言われていましたよ。
U田さん、リベンジいかがですか?
K野さん企画ありがとうございました。

[2583] 体験登山(発心山2) 投稿者:ぱな子 投稿日:2016/05/09(Mon) 16:24
体験の方4名(前回体験の方1名) 会員5名で発心山を登りました。
なんと前回体験された方が職場で体験登山のことを話すと「登ったことはないけど体験してみたい」と紹介していただきました。

体験登山2回目もお天気が良く、気持ちよく登ることができました。
山頂では、心地よいあたたかさに会員さんはお昼寝タイムでした。

 1 自己紹介1 今日のサポートメンバーです。
 2 自己紹介2 体験の皆さま。
 3 ヨッシーさん先頭で出発で〜す・
 4 暑くなってきたので、早めの水分補給。
 5 以前は「横岩コース」の道標がたっていました。
 6 みんな〜滑りやすいから気をつけてね。
 7 頂上下の車道で車を救出、山男は力持ちです。
 8 集合写真 珍しい〜大先輩が写っています。
 9 下山開始、この景色それぞれカメラにおさめていました。

体験登山に参加された皆様、入会お待ちしています。
また、サポート隊の皆さまありがとうございました!!

[2579] 燕岳登山(1) 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/05/06(Fri) 21:51
5月1日より3日までの予定にてツアーで燕岳に登りました。
初日は移動日で福岡空港より中部国際空港へ。待機していたバスで中央道を走ります。途中車窓より雪を被った中央アルプス、南アルプスの山々がみえます。燕岳麓の有明荘手前でニホンザルを見かけました。有明荘へ到着し、明日に備え準備。通常7人部屋を3人で占領。下山後の入浴・食事もここで行います。着替えの服もここにデポします。
準備が終わって時計を見るとまだ3時過ぎなので付近をぶらぶらと登山口まで様子見に行く事に。川は雪解け水が勢い良く流れています。こちらはいま桜が満開のようです。歩を進めると「日本秘湯を守る会」提灯が下がった中房温泉や趣のある建物がありました。
登山中の写真は次の(2)へ
[Res: 2579] Re: 燕岳登山(1) 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/05/06(Fri) 22:51
2日目 いよいよ登山開始です。今日は1日中晴れの予報です。
登山口へ。雪はありません。20分程歩くと登山道に雪が。圧雪・ザラメ状態の雪です。
合戦小屋に着きました。3日程前のSNS写真では屋根に雪があったのですが.........。稜線に出ると目の前に槍ヶ岳が見えます。頂上に向かって歩くと途中に燕山荘が小さく見えています。燕山荘に到着。テン場ではテント設営中の人達が。槍ヶ岳をバックに記念撮影。次は燕岳をバックに。最後に燕山荘を正面から撮影。
燕岳頂上へは(3)へ
[Res: 2579] Re: 燕岳登山(3) 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/05/06(Fri) 23:18
2日目 山荘より燕岳頂上へ向かって
メインのザックをデポして出発前に記念撮影。山荘より頂上へ向かう途中には岩が浸食されて不思議な形をしています。イルカと槍ヶ岳のコラボ写真。次は眼鏡岩。頂上にて北峰をバックに記念撮影。黒部五郎岳・焼岳・鹿島槍ヶ岳等々のアルプスの山々が眼前に広がっています。小屋に戻り夕食後恒例のアルプスホルンの演奏を聴く。
3日目
いよいよ帰る日になりました。天気予報では午後から雨。
早朝やや曇り気味で雲間からやっと太陽が顔を出しました。
朝食後下山開始。下りの稜線より小屋の方を見ると見ると青空が見えました。
今回アイゼンは山荘直下の急登より着用し、下りは第2ベンチまで使用しました。
春山は天候の変化が激しく真冬用から春先までの服を準備していましたが今回は残雪期(秋程度)の服装で済みました。下山中は天気が下り坂のため時折強い風が吹き、一瞬体が持っていかれそうになる事がありました。前日も天気が悪く視界が無く、又テン泊の人は雪かきに追われたそうです。
[Res: 2579] Re: 燕岳登山(4) 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/05/06(Fri) 23:26
山行中に出会った花をアップします。
今回は天候に恵まれた山行でした。前後の日、山は雨や風が強く登山には適しない状態でした。

[2578] 体験登山(発心山) 投稿者:トトロ 投稿日:2016/05/01(Sun) 20:04
体験登山に5名の方が参加され会員5名と一緒に発心山に登りました。

お天気も良く山登り日和、新緑と小鳥のさえずりと時折り吹く
心地よい風に癒され、楽しいお喋りと和やかな雰囲気の中、
皆で楽しく登る事が出来ました。体験登山にご参加の皆さんお疲れ様でした。
またご一緒出来る日を楽しみにしています\(^o^)/

サポート隊の皆さん、協力ありがとうございました。

1 JR草野駅到着、発心公園に向かいます。
2 初めまして(^O^)話をしながら農道を進みます。
3 M山会長、M浦副会長と合流、サポート宜しくお願いします。
4 自己紹介をして、体験登山出発で〜す。
5 新緑の中を進みます。
6 最後の急登!あと少しがんばりましょ!!
7 本日、体験登山にご参加の皆さん。
8 筑後平野が見えてきました。ヤッホ〜
9 全員集合してハイ・チーズ(^^♪

[2575] ガイド協会より 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/04/22(Fri) 19:51
会員の皆さんは、会員専用掲示板をご覧ください
[Res: 2575] 体験登山の変更のお知らせ 投稿者:新人担当係 投稿日:2016/04/23(Sat) 02:32
別件ですみませんが便乗させて頂きます。
新人募集の体験登山の実施日が変更になりましたので、
会員専用掲示板をご覧ください。

[2576] 新人募集説明会 投稿者:新人担当係 投稿日:2016/04/23(Sat) 02:20
H28年度新人募集説明会を22日えーるピアにて行いました。。

10名の方がご参加下さり、ほとんどの方が体験登山にも
ご参加頂けるとの事でした。
新しい仲間の輪が広がっていけたらと思います。

当日サポートして頂いた委員と新人の皆様、
ポスター口コミ等で事前に宣伝して頂きました会員の皆様、
ご協力ありがとうございました。

1 会場のえーるピア
2 こちらの階段へ
3 やじるしの方へ進むと!
4 こちらが会場となってます。
5 受付をどうぞ(^O^)
6 会長挨拶 ”ようこそいらっしゃいました”
7 プロジェクターにて山岳会紹介
8 新人さんのわくわくドキドキ体験談 
9 入会お待ちしております。 
 

[2572] 九州オルレ八女 投稿者:yotto 投稿日:2016/04/19(Tue) 16:47
九州オルレ八女コースに参加しました。
U嶋リーダー以下19名の参加でした。
到着点の近くの福島高校前バス停より、西鉄バスと堀川バスを乗り継いで山の井公園よりスタートしました。
童男山古墳に行き、筑山協でよくお世話になる「ふれあいの家南筑後」のそばを通り、犬尾城址展望所から雄大な茶園をのんびりと歩きました。
丸山塚古墳の八重桜の下で昼食し、終点の岩戸山古墳で集合写真を撮り、岩戸山歴史文化交流館を見学し散会となりました。
U嶋リーダー、ご苦労様でした。参加された皆様お疲れ様でした。
[Res: 2572] Re: 九州オルレ八女 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/04/21(Thu) 16:28
リーダーお疲れさまでした。
オルレは韓国発祥で「オルレ」は韓国語で「歩く」という意味だそうです。
今回の「八女コース」の特徴は八女古墳群と八女を代表する「八女中央大茶園」等のお茶畑を歩く八女の自然を楽しめる風光明媚なコースです。代表的な古墳は国指定の「岩戸山古墳」、八女古墳群最後の歴代墓の「童男山古墳」。
九州オルレはこの他にも16カ所程あるそうです(高良山にもあります)。
・古墳郡の道路標示板
・童男山古墳の紹介板
・童男山古墳
・内部に安置されていた仏像?
・茶畑の丘陵地帯を歩く
・お茶の若葉
・「丸山塚古墳」の桜の下で昼食
・「乗場古墳」
[Res: 2572] Re: 九州オルレ八女(2) 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/04/21(Thu) 16:50
道端に色々と花が咲いていました。
一部をアップします。
名前はMさんに聞いたのですが写真を纏める頃にはあやふやになってしまい、省略します。
他にもあったのですがYAMAP分のアップ方法が解りませんでした。

[2571] 年会費 未納の方へ 投稿者:会長 投稿日:2016/04/12(Tue) 10:24
会員の皆様には日頃より、会の運営にご協力頂き有難うございます。
さて 平成28年度の年会費を未納入の方は、会員専用掲示板に振り込み先を表示していますので、お振込みの程宜しくお願いします。
もちろん、例会時に直接、会計担当にお支払頂いても結構です。

[2569] 初心者岩登り講習会 投稿者:ぱな子 投稿日:2016/04/11(Mon) 10:15
4/10 日向神エリアで初心者岩登り講習がありました。
参加者は、14名でした。
午前は、主に懸垂下降の練習
午後は、八女津媛に移動し岩登りを楽しみました。
リーダーA司さんお疲れ様でした。
それからS大先輩色々ご指導ありがとうございました。
F隊長、集合写真お願いします。

・M会長とO方さん余裕のカメラ目線
・A柳さんは、八女津媛がお好き♡
・A山さん、積極的に登っていました
・初心者と思えないスイスイ…笑顔でポーズT木さん
・登りながらカメラをみつけてピース
・よ〜くさがすと見えてきます、真剣なHろ子さん
・T尾さん、岩登り楽しんでますね
・新人T村さんは、岩登りにはまったかな
・上から見たらこんな感じ
[Res: 2569] Re: 初心者岩登り講習会 投稿者:赤とんぼ 投稿日:2016/04/11(Mon) 20:02
ぱな子さん早々の掲示板有難うございます。集合写真で〜す。みんないい顔してますね。楽しく収穫あった岩講習でしたね。私が撮った写真はブログに上げます。

[2566] お詫びと訂正 投稿者:内田や 投稿日:2016/04/07(Thu) 21:41
こんばんわ
[Res: 2566] Re: お詫びと訂正 投稿者:内田や 投稿日:2016/04/07(Thu) 21:56
4月17日の会山行の件では大変ご迷惑をおかけしました。

二転三転しますが、本日出発時間と場所を変更しています。
参加される皆様には電話で訂正させていただきます。

例会だよりとは変わっていますので、お間違えないようお願いいたします。

[2565] 久留米山岳会山祭り(清掃登山) 投稿者:ura 投稿日:2016/04/04(Mon) 15:03
2016年4月3日久留米山岳会山祭り(清掃登山)

今年も恒例の山祭り(清掃登山)が59名の参加者で実施されました。
吉見岳コース、後谷コース、参道・奥の院コースの登山口に分かれて
ごみを拾いながら兜山を目指しました。
10時30分から会長の挨拶後、神事、記念撮影を行いました。
さらに先月新しく設置した兜山の山頂標識の御祓を行いました。
その後、直会に入って新人紹介後、親睦の宴で大いに盛り上がりました。
お世話下さいました皆様、大変お疲れ様でした。

1)玉串奉奠
2)記念写真
3)兜山山頂標識の御祓い
4)新しい兜山山頂標識の前で記念撮影
5)直会に入って新人紹介
6)吞み足りない面々は森林公園で二次会、そして・・・

[2563] 春山登山の注意 投稿者:会長 投稿日:2016/03/31(Thu) 20:01
スポーツ庁から「連休登山の事故防止について」の通達が、久留米市スポーツ課より通知が有りました。
春山登山を計画されている方は、是非一読され参考にして頂き、くれぐれも事故のないよう、安全登山に心がけて下さい。
新人募集の下の欄に掲載されてありますので、必要な方はダウンロードしてください。

[2562] 新人会員募集ポスター 投稿者:ura 投稿日:2016/03/29(Tue) 20:31
会員の皆様、こんばんは。
今年も新人募集開催の時期になりました。

下記の通り立派な案内ポスターが出来ましたので
会員の皆様におかれましても宜しければ地域、職場、知人への配布をお願いします。

画像右上のプリンターマークから印刷できます。

[2558] 三角岳〜天翔台 投稿者:カント 投稿日:2016/03/27(Sun) 20:58
三角半島の先端の三角岳〜天翔台に行ってきました。
総勢34名の大所帯の山行でしたが、早朝から天気も回復し一日中快晴の天気で、稜線上は冷たい風が吹いて快適な登山でした。
三角岳は406mと低い山ですが、稜線上から天草の絶景を望むことが出来、素晴らしい景色を堪能出来ました。
帰りに不知火温泉で入湯し、16:30分過ぎに久留米に戻ってきました。リーダーのT地さん、お疲れ様でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-606.html

・本日の軌跡
・三角港横の三角支所より出発します。
・本日は3名の新人のテスト山行でした。
・登山準備をします。
・9:15分、出発します。
・登山口に向かいます。
・登山口より九州自然歩道に入って行きます。
・快適な登山道です。
・展望の良い所で休憩
[Res: 2558] Re: 三角岳〜天翔台 投稿者:カント 投稿日:2016/03/27(Sun) 20:59
・天然林の木立の中を進んで行きます。
・展望が開けました。
・雲竜台に立ち寄りました。
・1号橋が見えています。
・11時前に三角岳に着きました。
・三角港を見下ろすことが出来ます。
・集合写真
・山頂で早いお昼を食べました。
・絶景を見下ろすことが出来ます。
[Res: 2558] Re: 三角岳〜天翔台 投稿者:カント 投稿日:2016/03/27(Sun) 21:00
・昼食後、絶景を見ながら下って行きます。
・露岩を下って行きます。
・天祥台に立ち寄りました。
・絶景を見下ろすことが出来ます。
・三角港が間近に見えています。
・山桜越しに天草の海
・三角港に下って行きました。
・急坂を下って行きました。
・13:20分、三角支所に戻ってきました。
[Res: 2558] Re: 三角岳〜天翔台 投稿者:トトロ 投稿日:2016/03/27(Sun) 22:06
カントさん早々のアップありがとうございます(^O^)
リーダーのT地さん細やかなご配慮ありがとうございました。

参加された皆さんの温かい雰囲気の中で\(^o^)/
テスト山行の3名の皆さんも安心して登ることが出来た事と思います。
新しい仲間の輪が広がっていけますように☆

[2553] 宗像四塚縦走 投稿者:カント 投稿日:2016/03/21(Mon) 10:33
公共の乗り物を利用し、宗像四塚縦走に行ってきました。参加者は14名でした。
宗像四塚縦走は 城山(じょうやま 369m)〜金山北岳(かなやまきただけ 317m)〜孔大寺山(こだいしやま 499m)〜湯川山(ゆがわやま 471m)と四つの低山を越えて行きますが 「低山と侮る事無かれ」 行程中17ヶ所の大小のアップダウンがあり、累積標高差は「±1400m」近くになり、なめて掛かるとえらい目に会うことになります。
久留米よりJRで教育大前に移動し、8:45分 城山登山口より入山しました。
城山〜金山〜孔大寺山と縦走し、孔大寺山で昼食を取り、残りの湯川山を越え、16:10分湯川山登山口に下山しました。昼食30分を挟んで7時間25分の行程でした。
快晴の天気で縦走路は冷たい風が吹いて長時間の縦走にはいい天候ではなかったかなと思われます。落伍者もなく、全員元気に縦走でき、18時過ぎに久留米に戻ってきました。皆さんお疲れ様でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-605.html

・本日の軌跡
・久留米発6:33分の快速に乗ります。
・教育大前には8:09分に着きました。
・駅前より城山が見えています。
・城山登山口に向かいます。
・城山登山口で登山準備をし、8:45分入山しました。
・ゆっくり登って行きます。
・一つ目のピーク 城山
・木立の中の縦走路です。
[Res: 2553] Re: 宗像四塚縦走 投稿者:カント 投稿日:2016/03/21(Mon) 10:34
・鞍部 石峠で休憩
・金山南岳通過
・二つ目のピーク金山北岳
・急坂を下って行きます。
・地蔵峠で車道を横切ります。
・ここからの登りは急坂で大変です。
・三つ目のピーク孔大寺山(こだいしやま)
・山頂で昼食を取りました。
・登れば下りがあります。急坂です。
[Res: 2553] Re: 宗像四塚縦走 投稿者:カント 投稿日:2016/03/21(Mon) 10:35
・垂見峠で国道495号を横切ります。
・最後のピーク湯川山に向かいます。
・ここも急登です。
・登り上がりました。
・地島が見えています。
・四つ目のピーク湯川山
・16:10分、湯川山登山口に降りてきました。
・バス停に向かう途中、湯川山が見えています。
・元末(もとうら)バス停(16:40分発)よりJR東郷駅に向かいました。

[2551] 兜山山頂標識設営 投稿者:カント 投稿日:2016/03/19(Sat) 15:47
私たち久留米山岳会は毎年4月に兜山キャンプ場で一年の登山の安全を祈願し「山祭り神事」を行っています。
お世話になっている兜山にはきっちりとした山頂標識がない為 兜山を管理している久留米市と共同で、兜山の山頂標識を新調することにしました。
本日有志が集まって山頂標識を設営しました。
準備してきた山頂標識ポールを固定し、山頂に続く遊歩道の整備を行いました。
午前中で作業は終了し、女性陣に用意して頂いた暖かい豚汁とお弁当を頂きました。
立派な山頂標識が出来ましたので 4月の「山祭り」には皆さんにお披露目できます。

・9時に兜山キャンプ場に集まりました・
・会長より本日の作業の説明がありました。
・H口さんのところで作成した山頂ポールが持ち込まれました。
・山頂の祠の横に標識を設営しました。
・穴を掘り、ポールを固定します。
・きっちり水準だして真っ直ぐに固定しました。
・表の表示
・裏の表示
・遊歩道の整備を行い、見通しが良くなりました。
[Res: 2551] Re: 兜山山頂標識設営 投稿者:カント 投稿日:2016/03/19(Sat) 15:49
・山頂の下草も刈りました。
・東斜面の下草刈り。ツバキの木が浮き出てきました。
・設置終了
・広場の地図に山頂の表示を追加しました。看板もキレイに水洗いしました。
・豚汁 二鍋用意して頂きました。ごちそうさま!
・午前中で作業が終了し、皆で昼食。
・暖かい豚汁、美味しくいただきました。
・最後に記念写真を撮りました。
・完成した山頂表示

[2545] 伯耆大山(宝珠尾根) 投稿者:カント 投稿日:2016/03/14(Mon) 21:21
恒例の伯耆大山雪山登攀に行ってきました。
今回は「別山バットレス」登攀組と「宝珠尾根」登攀組とに分かれて登りました。
「宝珠尾根」登攀組は宝珠尾根を登り ユートピア小屋から象ヶ鼻〜1636P〜天狗ヶ峰と進む予定でしたが、前日降った新雪が往く手を阻みラッセルに時間が掛かった為、無理をせず上宝珠越に登った所で昼食を取り、そのまま「砂すべり」横の谷をシリセードで降りてきました。
後は元谷の踏み跡のない真っ新な雪道を楽しみながら大山寺に戻ってきました。
上宝珠越の前で青空になり、真っ白な雪と大山北壁の稜線がくっきり見えて素晴らしい景色を見ることが出来大満足な山行でした。
定宿の「緑荘」で別山バットレス」登攀組と合流し、夜はいつものように大宴会でした。
翌日帰路、松江城を見学し夕方久留米に戻ってきました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-602.html

・本日の軌跡
・早朝5時頃より登山準備をします。
・6時出発しました。
・大山寺駐在所で登山届を出します。
・大神山神社通過
・宝珠尾根登山口に向かいます。
・宝珠尾根を登って行きました。私たちが最初で踏み跡はありません。
・尾根に登り上がりました。
・素晴らしい樹氷です。
[Res: 2545] Re: 伯耆大山(宝珠尾根) 投稿者:カント 投稿日:2016/03/14(Mon) 21:23
・真っ白な雪道を進んで行きます。
・別世界にいるようです。
・尾根道を登って行きます。気持ちいい!
・青空になり主稜線が見えてきました。感激!
・三鈷峰も見えています。
・雪の芸術
・こんな景色はめったに出会えませんよ!
・リーダーの岳人さん
・主稜線がくっきり
[Res: 2545] Re: 伯耆大山(宝珠尾根) 投稿者:カント 投稿日:2016/03/14(Mon) 21:24
・本当に雪が真っ白です。
・「別山バットレス中央稜」が見えています。無線で連絡を取りました。
・上宝珠越でお昼になりました。ここまでにしましょう!
・昼食後、シリセードで谷を下ります。
・新雪で足が埋まります。
・中々滑りません。
・ワカンを装着しました。
・元谷を下って行きます。
・快適な下りです。
[管理者修正]
[Res: 2545] Re: 伯耆大山(宝珠尾根) 投稿者:カント 投稿日:2016/03/14(Mon) 21:25
・途中で滑落停止訓練をしました。
・踏み跡のない雪道は快適です。
・童心に帰って雪遊び
・宝珠尾根登山口に戻ってきました。
・大神山神社で無事帰還のお礼参り
・参道を下って行きました。
・雪がかなり解けています。
・緑荘で汗を流し大宴会の始まりです。次々とお酒が出てきます。
・夕食後も宴会は永遠と続いていたようです。私は付き合いきれません。
[Res: 2545] Re: 伯耆大山(宝珠尾根) 投稿者:カント 投稿日:2016/03/15(Tue) 05:36
・翌朝の弥山
・弓ヶ浜が静かです。
・駐車場より稜線がくっきり
・二組の集合写真
・帰路、松江城に寄りました。
・松江城からの伯耆大山
・国宝「松江城」
・内部を見学しました。
・天主閣より松江市内、宍道湖に浮かぶ「嫁ヶ島」が見えています。

[2543] kackackac 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/03/14(Mon) 17:56
お疲れ様です。

毎年恒例の3月伯耆大山遠征のご報告をいたします。
総勢13名で2班に分かれて宝珠尾根と別山バットレス中央稜を登りました。
1.早朝4時50分 小雪の舞う中を駐車場出発。
2.6時15分 元谷避難小屋を通過。先行パーティーのトレースを拝借。
3.別山が近づいてきました。
4.取付までの雪壁の雪質が悪く、安全のためザイルで確保しました。
5.H野ーM塚、F本ーM下に分かれて登攀。
ガスが晴れて素晴らしい景色を堪能。
[Res: 2543] Re: kackackac 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/03/14(Mon) 18:03
1.痩せ尾根を通過するM下さん。
2.吊尾根の状況。登攀困難と判断し、懸垂でまきました。
3.最後の登り。
4.12時20分、弥山9合目に到着。
5.下山や夏山登山道にて、6合目の避難小屋の状況。雪は少ないですね。
夏山登山道は素晴らしい霧氷が見られました。

[2539] 筑山協合同登山(青野山) 投稿者:カント 投稿日:2016/03/06(Sun) 21:41
筑山協合同登山で九重「青野山(あおやさん)」に行ってきました。
青野山は九重ICのすぐ横にある山です。青野山は筑山協の第1回目の合同登山場所との事で35年ぶりの登山でした。
今回は山頂は踏まず、青野山の神様を祭ってある祠を経由し、見晴らしの良い展望所を周回しました。
天気予報は雨の予報でしたが終日 穏やかな天気で天候が崩れることはありませんでした。
40名の大部隊でしたが他の登山者には誰にも会わず快適な登山でした。
担当の「吉井山の会」の皆様 お世話になりました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-601.html

・本日の軌跡
・筑後を経由し、8時に久留米競技場を出発しました。
・うきはで「吉井山の会」が合流します。巨瀬川の河原に早咲きの桜が咲いています。
・吉井山の会 T会長の挨拶
・10:24分、青野山登山口に着きました。
・準備運動
・10:33分出発します。少し進むと正面に「青野山」が見えてきました。
・林道を登って行きます。
・林道を逸れ、祠に向かいます。
[Res: 2539] Re: 筑山協合同登山(青野山) 投稿者:カント 投稿日:2016/03/06(Sun) 21:42
・急登です。
・柱状節理の岩屋に着きました。神様を祭っています。
・さらに上にも
・神様が祭られています。
・洞窟の前で休憩
・岩場をトラバースして進んで行きます。
・お助けロープが出されています。
・足場の悪い斜面を登って行きました。
・尾根に登り上がりました。
[Res: 2539] Re: 筑山協合同登山(青野山) 投稿者:カント 投稿日:2016/03/06(Sun) 21:43
・尾根沿いに登って行きます。
・展望所に着きました。昼食休憩
・見晴らしの良い岩場で
・九重連峰の峰々が見えています。
・集合写真
・雑木林の間を下って行きます。
・林道を戻りました。
・正面に「小倉岳」が見えています。
・14:09分、駐車場所に戻ってきました。

[2538] 春だより 投稿者:いちみる 投稿日:2016/03/04(Fri) 20:52
山に関係ないカキコですが・・・
陽気に誘われて春を見つけに行ってきました。
久留米市吉木に河津桜が咲いているところがあります。
早咲きの桜は満開で、今週末までが見ごろのようです。
周辺では梅やつばきも満開でした。

[2537] 背振山スノーハイク 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/02/28(Sun) 21:24
少し時間が経ってしまいましたが先日(18日)背振山に登りました。
ルートは田中集落の登山口〜背振山頂〜唐人の舞〜矢筈峠〜登山口に戻るルートです。
平日なので登りでは誰にも会いません。頂上直下の駐車場にも車が1台止まっているだけの静かな登山を楽しめました。
写真1. 登山口にて
写真2. 徒渉中
写真3. 登山道(参道)両脇の杉の巨木
写真4. 倒木を越えて
写真5. 背振山頂上直下(ガスっています)
写真6. 背振山頂にて
写真7. 雪のトンネル(唐人の舞に向かう途中にて)
写真8. 唐人の舞より背振山頂を望む
写真9. 唐人の舞積雪状況

[2536] 雪の宝満山 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/02/28(Sun) 20:50
26日に宝満山に登りました。
前日は雨だったので基山付近で引き返しましたが、今朝山の方を見ると白かったので期待して登りました。
登山口付近から薄く雪があり期待が持てそうです。
常連さんたに状況を聞いてみると
24日の夜から25日の朝にかけて平野部では雨だったが山は雪となり階段が見えなくなる位降り頂上付近は20cmくらい積もったとの事。
カメラを忘れたので携帯で写真を撮りましたが、頂上についた時バッテリー切れで残念ながら頂上の写真を取り損ねてしまいました。
頂上は風で飛ばされたのか思いのほか雪は少なかったです。
1日経っていたので雪の下には氷が張っていたのでアイゼン着用での登山となりました。
27日にも登りましたがコンディションはほぼ同じでやや雪が溶けた分氷が厚くなっていたようでした。
写真1. 3合目水場付近 
写真2. 百段がんぎを下から望む
写真3. 西院跡
写真4. 8合目手前より古処山方向を望む(枝には霧氷がついていました)
写真5. 8合目手前付近の登山道
写真6. 8合目上のトラバース部
写真7. 8合目
写真8. 袖摺り岩
写真9. 馬蹄石

[2533] 仰烏帽子山(福寿草) 投稿者:カント 投稿日:2016/02/26(Fri) 10:38
有志で仰烏帽子山に福寿草を愛でに行ってきました。
第2登山口前の林道が土砂崩れで通行できなくなっていた為 元井谷登山口(第1登山口)から入山しました。元井谷は荒れています。
福寿草は盛りを過ぎた株も多くみられましたが午後は太陽が顔を出してきたためパラボラをいっぱいに広げて十分に花を楽しむことが出来ました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-600.html
・本日の軌跡
・仰烏帽子山山頂
・兎群石山に立ち寄りました。
・仏石に登っています。
・福寿草
・荒れた元井谷

[2523] 2月14日会山行英彦山 投稿者:ura 投稿日:2016/02/14(Sun) 18:46
2月14日会山行英彦山
前日大雨が降ったためにコースを変更して実施。
四王寺滝から南岳直登は止めて、通常の南岳登山道を登って
帰りは予定通り北西尾根を下りました。

本日は気温は高めにもかかわらず風が強いため、
体感温度はかなり低く寒かったのは予想外でした。
ガスって寒かったので最初から合羽着用でしたが
雨に会わなかったのは幸いでした。

1)別所駐車場8:40スタート
2)奉幣殿
3)四王寺滝入口を見送る
4)南岳登山道を登る
5)材木石で集合写真
6)11:05南岳
7)11:55中岳で食事後北西尾根を下る
8)雪解け後で滑りやすかった
9)13:00別所駐車場着、シャクナゲ荘で入湯後、バサラで買い物をして4時過ぎには久留米到着でした。
[Res: 2523] Re: 2月14日会山行英彦山 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/02/14(Sun) 19:51
uraさん早速のアップありがとうございます。
今日は終止先頭で案内ありがとうございました。
私が撮った分を少し追加させていただきます。
写真1. ミツマタの花が咲いていました。(正面階段の途中にて)
写真2. 正面階段登攀中
写真3. 奉幣殿(本殿)
写真4.杉の倒木( 四王寺滝分岐を過ぎた所にて) 幹周り一抱え以上もある倒木が登山中あちこちで倒れていた
写真5. 南岳に登る途中の鎖場にて(慌てず三点確保で一歩一歩確実に)
写真6.南岳の祠裏にあった地蔵さん

[2525] 恐羅漢山 速報 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/02/21(Sun) 20:14
本日芸北地方の恐羅漢山に登って雪を楽しんできました。

皆さん楽しそうでした
[Res: 2525] Re: 恐羅漢山 速報 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/02/21(Sun) 21:37
追加です
[Res: 2525] Re: 恐羅漢山 速報 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/02/21(Sun) 22:23
お疲れ様でした。今日は天気にも 恵まれ楽しめました。相乗りで恐縮ですが1班の分を追加します。
写真1. 恐羅漢山付近の道路状況(期待が持てそうな雰囲気です)
写真2. 駐車場にて準備をしているメンバー
写真3. 山に入る1班(O方さんいつもザックがパンパン)
写真4. 何を撮っているのかな
写真5. 青空をバックにM下さんとM浦さん
写真6. 1班の四人(A木山とO方さんはさんは何をしているのかな?)
写真7. 青空をバックに白く輝いていた木
写真8. 2、3班 頂上はもう目の前ですよ
写真9. 下りは人の歩いていない所を探して歩いてます
[Res: 2525] Re: 恐羅漢山 速報 投稿者:赤とんぼ 投稿日:2016/02/22(Mon) 23:33
出遅れました。3班(ざんぱんではありません、残飯)の班長です。3班の皆さんお待たせしました。各班更新早いな〜。細部は私のブログに約1週間後にたっぷり載せます。

[2528] 恐羅漢山スノーハイク(第2弾) 投稿者:カント 投稿日:2016/02/22(Mon) 21:14
広島県、島根県の県境に位置し、両県の最高峰である「恐羅漢山」に行ってきました。参加者は18名でした。
恐羅漢スキー場横の「牛小屋登山口」より入山し、夏焼峠〜夏焼の丘〜早手のキビレ〜恐羅漢山と進みました。
山頂で昼食を取った後、通常は立山尾根を登山口に戻ってくる周回ルートが一般的なのですが、冬場でスキー場が開設されているため 賑やかなところは避け、雪道を楽しみながら往路を戻ってきました。
一日中いい天気で前日降ったと思われる新雪が真っ白で、新雪を踏みしめながら雪山を満喫してきました。
思いのほか、快適で楽しい登山です。来年はチャレンジしてみませんか!
M下リーダー お疲れ様でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-599.html

・本日の軌跡
・中国道 六日市付近は山が白くなっています。
・吉和PA付近は雪タイヤ規制されています。
・林道を恐羅漢スキー場に向かいます。
・スキー場駐車場で登山準備
・牛小屋登山口より入山
・スキー所の横を登って行きます。
・ワカン装着、優しい先輩です!
・真っ白な新雪を踏みしめて登って行きます。
[Res: 2528] Re: 恐羅漢山スノーハイク(第2弾) 投稿者:カント 投稿日:2016/02/22(Mon) 21:15
・沢通過
・快適に登って行きます。
・青空が見えてきました。
・夏焼峠で折り返し登って行きます。
・本日の女性9名 
・本日の女性9名
・斜面を登って行きます。
・霧氷の森通過
・周りが凍っています。
[Res: 2528] Re: 恐羅漢山スノーハイク(第2弾) 投稿者:カント 投稿日:2016/02/22(Mon) 21:16
・踏み跡のない斜面
・快適な登山道です。
・凍った木
・芸術的な造形美
・最後の斜面
・周りが見えだしました。
・山頂直下
・山頂
・山頂写真
[Res: 2528] Re: 恐羅漢山スノーハイク(第2弾) 投稿者:カント 投稿日:2016/02/22(Mon) 21:17
・山頂で昼食を取りました。
・絶景を眺めることが出来ます。
・下山
・良い景色
・樹氷の森通過
・楽しいスノーハイク
・往路を戻ります。
・登山口でワカンを外します。
・駐車場到着、お疲れ様でした。

[2519] 梅林寺開花情報 投稿者:ura 投稿日:2016/02/10(Wed) 09:58
昨日、見てきました。
日当たりの良い場所ではかなり開花している株もあります。
全体的には1分〜2分咲きくらい。
今にも開きそうなつぼみも良い感じです。
[Res: 2519] Re: 梅林寺開花情報 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/02/12(Fri) 19:26
素晴らしい写真ですね〜

今度撮影方法を教えて下さいm(__)m

[2517] 平成28年度総会 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/02/07(Sun) 21:17
こんばんは

本日久留米山岳会の総会が開催されましたのでレポートします。
1.まずは開会の挨拶のあとの会長挨拶
2.会員数の7割が出席と素晴らしい出席率でした。
3.来期の計画をプレゼンするカントさん。
4.今年の新人努力賞表彰。1位はO方さんでした。おめでとうございます。
5.バッヂ貸与は5名でした。
6.閉会の挨拶はURAさん。
7.懇親会の挨拶をするH津名誉会員。
8.今年も怪しい余興、モジモジ君
9.万歳三唱はポリスマンてんでした。

皆さまお疲れ様でした(^o^)/
[Res: 2517] Re: 平成28年度総会 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/02/08(Mon) 07:42
追加します

[2508] 宇土内アイスクライミング 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/01/31(Sun) 20:38
こんばんは。
本日宇土内アイスクライミングに参加しましたのでレポートします。
朝5時に久留米を出発。御船IC経由で宇土内谷登山口に到着。
1.準備をして登り始めるメンバー
2.先を急ぐリーダー。
3.三段の滝に到着。一週間前の寒波がウソのよう。見るも無残に崩壊している氷。
4.落胆の色が隠せないメンバー
5.そこへ、延岡のゆるキャラの”のぼるくん”が宇土内へ。三段の滝で記念撮影するとか。みんなで記念撮影を。
6.のぼるくんにパワーをもらい大崩登山に目的変更。
7.アイスを忘れて稜線を登るメンバー
8.展望台で景色を堪能
9.遠くワクヅカが見えます。
[Res: 2508] Re: 宇土内アイスクライミング 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/01/31(Sun) 20:42
10.大崩山頂での記念撮影。クマザサが枯れているおかげで、景色が少し見えました。
11.展望台でメンバーを待つリーダー
12.木の上でポーズをきめるF本先生
13.無事に大崩登山口に
14.なぜかはしゃぐメンバー

残念ながらアイスはできませんでしたが、それなりに登山を楽しめました。
メンバーの皆様お疲れ様でした。
[Res: 2508] Re: 宇土内アイスクライミング 投稿者: 投稿日:2016/02/01(Mon) 19:34
早速のアップありがとうございます。
アイスは本当に残念でしたね(ToT)けれど見晴らしも良く、憧れの大崩山!に初登頂できて大満足でした。
リーダーにメンバーの皆さん、お世話になりました(^o^)

[2515] 九重 耐寒訓練 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/02/01(Mon) 12:03
大寒波が押し寄せて来ている1月23、24日に予定通り耐寒訓練を九重にて行いました。23日の日中はまだ騒いでいるような天候の大きな崩れは感じられませんでした。吉部より坊ガツルを経て大船山を目指して登ります。雪は思ったより積もっていません。坊ガツル迄は10〜15cm位でしょうか。大船山の登りになるとだんだん雪が深くなってきました。新雪でフカフカしていて気持ちよく足が進みます。アイゼンは登り下りとも不要でした。御池はカチカチに凍っていました。予定していた坊ガツルでのテント泊はとりやめて高度の低い瀬の本付近まで下りて実施しました。夜はテントで鍋を囲んで歓談。25日は登山はやめて久留米へ帰る事としました。途中の道路で表示されていた温度は−11度でした。随分と寒い中でテン泊したようですが、皆体調は上々。F本氏の安全運転で無事帰着。リーダーのH野さん、おいしい鍋を準備頂いた女性陣、安全運手のF本さん、ありがとうございました。
集合写真等詳細はは別途掲載されるかと思います。
取り急ぎアップしました。

[2512] 雲仙普賢岳会山行 投稿者:ura 投稿日:2016/02/01(Mon) 11:41
ヨッシーさん、早速のアップ、ありがとうございます。
こちらもただ今まとめましたので続きます。

1月31日雲仙普賢岳会山行
仁田峠9:05〜9:35展望台9:40〜10:15国見岳10:20〜10:45紅葉茶屋〜11:20霧氷沢〜11:30山頂下普賢神社で食事11:50〜11:55普賢岳山頂12:10〜12:30紅葉茶屋〜13:10仁田峠

1)参加者は30名の大人数、久しぶりの大型バスでの山行。10名ずつ3班に分けて登る。
2)Mさん先頭で先ずは妙見岳へ
3)途中の展望台からの雲仙温泉方面の景色
4)妙見神社
5)国見岳へ向う
6)平成新山と普賢岳
7)気温が高いので霧氷は無理かと思っていたが、北側の斜面に僅かながら付いている
8)振り返り眺める
9)岩場を登る
[Res: 2512] Re: 雲仙普賢岳会山行 投稿者:ura 投稿日:2016/02/01(Mon) 11:43
10)岩場を登る
11)妙見岳
12)山頂まで急登が続く
13)国見岳山頂到着。山頂は狭いので入れ替え制にする。
14)国見岳を下山する
15)岩場を下る
16)鬼人谷方面の通行規制は解除されていたが予定どおり山頂直登コースを取る。
17)山頂直下から霧氷沢へ向う
18)名前の通り霧氷の付きやすい場所だ
[Res: 2512] Re: 雲仙普賢岳会山行 投稿者:ura 投稿日:2016/02/01(Mon) 11:46
19)霧氷沢
20)普賢岳山頂集合写真1
21)普賢岳山頂集合写真2
22)食事中
23)食事中
24)紅葉茶屋からあざみ谷コースで帰る
25)冬枯れのあざみ谷
26)仁田峠展望所にて
27)全員無事下山。温泉は古地獄温泉青雲荘外湯。ひなびた良い温泉でした。
初リーダーのT田さん、参加された皆様、お疲れ様でした。

[2511] 雲仙普賢岳 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/02/01(Mon) 11:14
1月31日に雲仙普賢岳へ樹氷を期待して登りました。今回は何と三十人の大所帯で、三班に分けてのグループ登山になりました。長崎道に入った直後はバスのフロントガラスに小雨が打ち付けていてちょっと不安になりましたが、佐賀県を出る頃には上がったようで一安心です。今回は道路事情により仁多峠より普賢岳に登ります。駐車場には八時半頃につきました。ロープウエイが動いており、ほどなく一般の観光客の方達が下りて来て我々が準備しているのをみて「羨ましいですね、お気をつけて」と声をかけていかれました。
今日の登山ルートは登山口よりロープーウエイ沿いに妙見岳・神社〜国見岳から普賢岳〜あざみ谷から登山口へ戻る周遊コースです。予定時間より若干遅れてのスタートでしたが予定より40分異常早く戻ってきました。樹氷は妙見岳付近より徐々に見られ始め、国見岳周辺が一番見事でした。やや曇りがちの天気でしたが、崩れる事は無く林の中を歩くと風もなく良い登山日和でした。温泉は「小地獄温泉」へ入りました。硫黄臭のあるちょっと熱め(40〜45度)のお湯ですが乳白色の良いお湯でした。班行動でしたので写真は三班の集合写真を含む物を掲載しました。
写真1. 仁多峠登山口より登山開始
写真2. コープウエー駅展望台より駐車場・雲仙ゴルフコースを望む
写真3. 樹氷がみえてきました
写真4. 樹氷(樹氷の赤ちゃん?)
写真5. 平成新山
写真6. 樹氷(国見峠付近にて)
写真7. 樹氷(国見峠付近にて)
写真8. 国見岳より普賢岳へ向かう途中
写真9. 普賢岳頂上 三班集合写真

[2507] 九重雪山歩き 投稿者:ura 投稿日:2016/01/28(Thu) 12:31
大寒波の後、今日しか無いと思い立ち4時過ぎ出発。
四季彩ロードが雪は薄いものの逆にバリバリに凍った部分があって慎重に運転する。
牧ノ戸はマイナス4度。山全体にガスがかかっている。
7時から15時まで雪山歩きと撮影に没頭、500枚ほど撮影。
本日居合わせた登山者の表情が皆嬉しげで良い時間が過ごせました。

1)文字の見えない標識
2)星生崎あたりからガスの中から時折太陽が見え始める
3)久住分れ付近まで来るとガスが晴れ、天狗ヶ城が青空にすっきりと屹立。
4)先ずは久住山に向う。居合わせたカラフルな登山者を画面に取り込む。
5)三俣山、天狗ヶ城、中岳、そろい踏み
6)標識と星生山
7)強風の天狗ヶ城山頂から御池を見おろす
8)強風の中岳山頂から大船山方面のパノラマ写真
9)氷結の御池

[2506] 英彦山四王寺滝 投稿者:ura 投稿日:2016/01/26(Tue) 19:45
昨日25日、四王寺滝を再訪しました。
期待通りの完璧に近い氷結状況でした。

[2504] 英彦山四王寺滝 投稿者:ura 投稿日:2016/01/21(Thu) 10:04
昨日、英彦山四王寺滝の様子を見てきました。
冷え込みでかなり良い感じになっていました。
今週末の寒波でもう一段見事になるのではないかと期待しています。

[2499] 阿蘇赤谷氷瀑登攀 投稿者:Mamechan 投稿日:2016/01/19(Tue) 09:58
1月17日(日)阿蘇赤谷氷瀑登攀に参加しましたのでレポートします。

夜明け前の薄暗い中、総勢8名で陸上競技場を出発しました。熊本ICを降りるころは綺麗な朝日が見れていましたが、仙酔峡の駐車場に到着すると鷲ヶ峰の上部はガスが出ていました。
1.仙酔峡滝の現状。氷は無くガッカリ。暖冬の影響か、氷瀑は期待できないか?
2.鷲ヶ峰も雪は見られず。
3.関門に到着し登攀具を装着。氷を期待し登攀開始。F1は氷無し。平成24年7月の集中豪雨の影響か、部分的に崩壊しており少し登りやすくなっていた。
4.F2はベルグラ状態。
5.念のためアイゼンを装着し登攀。
6.F3 奇跡的に氷あり。みんなで記念撮影。
7.ふくちゃん登攀。BDのアイゼンは効きますネ〜
8.F3終了、小雪が雨に変わり、たまらずカンスノツルを下山。
9.16時にようやく下山。一部ヤブコギもあり内容の濃い山行となりました。
参加者の皆様、お疲れ様でした。
[Res: 2499] Re: 阿蘇赤谷氷瀑登攀 投稿者:いちみる 投稿日:2016/01/19(Tue) 21:47
早速のアップありがとうございます。
アイスクライミングはないと思って参加したのですが、
思いがけずミニアイスを楽しめましたね。
ただ下山時は火山灰まみれで悲惨な状況・・・
冬装備を無雪期に使うとひどいことになると学習しました。
みなさん、帰ってからの洗濯や手入れが大変だったと思います。
リーダー、参加されたみなさん、充実の一日をありがとうございました。

[2500] 宝満山 雪山?登山 投稿者:ヨッシー 投稿日:2016/01/19(Tue) 17:31
本日(1月19日)宝満山に登ってきました。
昨夜からの雪を期待しての登山です。
路面凍結と通勤の交通渋滞を避けるため遅めに出発(タイヤは今日に備えて昨日スタッドレスに交換済)。
9時45分登山開始。
5合目付近で常連さんに会ったので、頂上付近の様子を聞くと「積雪が少ないのと強風のため頂上付近は積雪が無い」の事。
期待していたのでがっかり。とりあえず気を取り直して登る事に。
10時3分頂上到着。
情報通り雪が無い。風が強い。誰もいない。曇っていて展望も無い。寒いのでとっとと下りる事にする。
お参りをして、アイゼンをつけて下山開始。
途中、雪を期待しての2グループとすれ違う。
11時45分登山口へ到着。
今日の悪天候にも関わらず20名程に出会った。
写真1. 正面道登山口
写真2. 百段ガンギ
写真3. 中宮跡
写真4. 8合目付近の木に積もった雪 
写真5. 袖摺り岩
写真6.  頂上直下の御手水鉢  寒さで水が完全に凍っています
写真7. 竃門神社上宮
写真8. 頂上の温度 氷点下7度位
写真9. チェーンアイゼン  薄い雪や凍結等のミックスした所では刃が短くて便利でした

[2496] 洲藻白嶽、有明山 投稿者:ura 投稿日:2016/01/18(Mon) 15:04
1月14日洲藻白嶽、15日有明山

1)博多埠頭からジェットフォイルに乗り込む。
2)洋上から糸島の可也山を望む。
3)対馬の厳原港に到着後、レンタカーで洲藻白嶽登山口に向う。
4)山頂の岩峰鞍部に登りあがる。
5)鞍部に出ると急に寒くなり一枚着込む。
6)洲藻白嶽西峰
7)西峰に登りあがる
8)洲藻白嶽西峰ピークにて
9)洲藻白嶽西峰ピークにて
[Res: 2496] Re: 洲藻白嶽、有明山 投稿者:ura 投稿日:2016/01/18(Mon) 15:06
1)洲藻白嶽西峰ピークにて
2)東峰を登るO方さん
3)夕映えの海
4)民宿「くろいわ荘」にて
5)民宿「くろいわ荘」にて
6)民宿「くろいわ荘」にて
7)有明山の登山口の八幡宮にて
8)八幡宮の石段から登り始める
9)有明山山頂にて
[Res: 2496] Re: 洲藻白嶽、有明山 投稿者:ura 投稿日:2016/01/18(Mon) 15:07
1)有明山山頂にて
2)二の丸城跡にて
3)厳原港に向って下る
4)八幡宮の登山口に到着
5)帰路はフェリーを利用する。
6)所要時間は約5時間。ザイルワークの講習会開催中。
7)博多埠頭に無事到着。リーダーのI田さん、綿密な計画をありがとうございました。またご参加の皆様お疲れ様でした。

[2491] 基山~天拝山縦走 投稿者:カント 投稿日:2015/12/21(Mon) 06:14
今年の「忘年登山」は基山〜天拝山を縦走しました。参加者は24名でした。
公共の乗り物を利用し、基山駅に集合 基山駅〜水門〜史跡めぐりコース〜基山〜天拝湖〜筑紫野市総合公園〜天拝山〜天拝公園〜JR二日市駅と縦走しました。
天気予報では「晴れ後夕方より雨」の予報でしたが下山するまで天気は持ち、冷たい風が吹いてロングコースを歩くには最適な天候でした。
基山や天拝山の山頂からは少し霞んでいましたが下界を見渡すことが出来ました。
16Kmの歩行でしたが遅れる人もなく、今年の山行を締めくくることが出来ました。
S原リーダー、お疲れ様でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-592.html

・本日の軌跡
・8時頃 基山駅に集合しました。
・8:10分過ぎ、出発します。
・途中、基山(きざん)がくっきり見えています。
・ゆっくり登って行きます。
・水門はきれいに整備されていました。
・史跡めぐりコースを登って行きました・
・登り上がりました。
・10:20分、基山山頂に着きました。
[Res: 2491] Re: 基山~天拝山縦走 投稿者:カント 投稿日:2015/12/21(Mon) 06:15
・山頂写真
・草スキー場を降りていきます。
・九州自然歩道を天拝湖に向かいます。
・11:27分、基山登山口を通過しました。
・皐月ゴルフ場の横を登って行きます。
・12:00分、天拝湖の横の筑紫野市総合公園に着きました。
・12:40分まで昼食休憩でした。
・公園の上の施設に登ってみました。
・公園を見下ろすことが出来ます。
[Res: 2491] Re: 基山~天拝山縦走 投稿者:カント 投稿日:2015/12/21(Mon) 06:17
・鮮やかな色の「山茶花」
・昼食後、天拝山に向かいます。
・気持ちの良い竹林を登って行きます。
・13:45分、天拝山に着きました。
・宝満山〜若杉山縦走路を見渡すことが出来ます。
・下りは「天神さまの径」を下りました。
・自然林の登山道は快適です。
・公園横に降りてきました。
・14:52分、JR二日市駅に到着しました。14:58分の列車に間に合いました。

[2489] 叶岳・高祖山・かねつき山周回 投稿者:カント 投稿日:2015/12/13(Sun) 21:36
福岡市の近郊で地元の登山者にも人気の高い高祖山(たかすやま)山域に行ってきました。
叶岳駐車場より叶岳登山口〜叶岳〜高地山〜高祖山〜かねつき山〜かねつき山登山口〜叶岳駐車場と周回しました。
登り始めは小雨が降っていましたが 雨は直に止み、かねつき山の山頂では青空も見られました。
「高祖山」や「かねつき山」山頂からは糸島半島の「可也山」や博多湾の能古島等が見えていました。
13:30分過ぎには下山し、帰路 福岡市の「ふくの湯」で入湯し16:30分頃には久留米に戻ってきました。リーダーのM田さん お世話になりました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-591.html

・本日の軌跡
・叶岳駐車場、小雨が降っています。
・叶岳登山口
・ゆっくり登って行きました。
・叶岳山頂
・高地山山頂
・歩きやすい登山道です。
・登山道はきれいに整備されています。
・雨は止みました。
[Res: 2489] Re: 叶岳・高祖山・かねつき山周回 投稿者:カント 投稿日:2015/12/13(Sun) 21:37
・高祖山に着きました。
・高祖山山頂写真。
・高祖山で昼食を取りました。
・倒木の横を通過
・尾根道を進んで行きます。
・かねつき山山頂
・可也山が見えています。
・急坂を下り切り、植林の間を進んで行きます。
・出発点に戻ってきました。

[2481] 諦めない佐々木さん捜索 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/11/30(Mon) 22:11
11月22日(日)〜23日(月) 有志8名で諦めない佐々木さん捜索に行って来た。今回はもっとも迷いやすく、会ではまだ足を踏み入れてない所の銚子笠と時雨岳を重点に捜索することにしました。1日目は小雨が降ったり止んだりの斜面捜索10`の捜索でした。2日目も曇り空何時降り出すか分からない様子の中捜索しました。残念ながら手掛かり無しで悔しいおもいで帰路に着きました。
・白鳥山と時雨岳の間の林道に車を駐車して銚子笠方向へ前進
・五家荘の山々風景
・途中罠に架かったいのししが暴れていた
・目的の捜索地点へ前進
・稜線の目的地到着し右斜面は1組、左斜面は2組で捜索開始
・倒木を乗り越えたりくぐり抜けたりの大変な捜索
・獣道があっちもこっちもあり細い登山道と勘違いをしやすい
・各人の間隔を10m〜20mにして隣を見失わない様に進む
・銚子笠に到着し昼食
[Res: 2481] Re: 諦めない佐々木さん捜索 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/11/30(Mon) 22:28
・珍しい巨大ヒメシャラ横木にて集合写真
・時雨岳にて集合写真みんな疲れてます
・途中の山とススキのある風景
・初日の捜索終了しヤマメ荘(ここの主は去年の捜索に初日から参加していただきその後もアドバイスをいただいた)に到着し内風呂と露天風呂ある温泉で疲れを取る
・夕食の一覧
・勿論ヤマメあり、他に山菜天ぷら、ヤマメのせごし付いてます
・朝食、ヤマメ付き
・ヤマメ荘の全景
・ヤマメ荘の若旦那と美人女将のツーショットでお見送りです
[Res: 2481] Re: 諦めない佐々木さん捜索 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/11/30(Mon) 22:45
・2日目は時雨の西側椎葉方面を昨日と同じく斜面を間隔をおいて捜索
・稜線まで上がり次の捜索地点へ向かう
・途中のすばらしい風景で疲れた身体を癒してくれる
・稜線の右と左の斜面を捜索開始
・捜索目的地終了地点を折り返す
・稜線に上がって昼食。おにぎり弁当いただきます
・しゃりばてしない様に完全喫食。バテタ身体に活力となる
・さぁ捜索開始。あとひと踏ん張り
・最終の集合場所に集まり再度2組に分かれて捜索しながら下山した
[Res: 2481] Re: 諦めない佐々木さん捜索 投稿者:いちみる 投稿日:2015/12/01(Tue) 21:42
捜索の詳細をアップしていただきありがとうございます。
手がかりなく残念でしたが、
佐々木さんのお陰でヤマメ料理とお酒を美味しくいただけたと感謝しながら2日間を過ごしました。
2回目の冬を越しますが、春になったらまた出向いて行きましょう。
有志のみなさん、今後ともよろしくお願いします。

[2468] 『野口健』氏無料講演会 投稿者:ura 投稿日:2015/11/13(Fri) 13:41
タイトルの件につきまして以下の案内がありましたので
掲示板にて広報します。

*************************************

第20回タカミヤ・マリバー環境保護シンポジウム
基調講演に、アルピニストの『野口健』氏をお呼びします。

■日時    : 平成27年12月5日(土) 13:00〜16:20
■場所    : 北九州国際会議場 メインホール(福岡県北九州市小倉北区浅野3-9-30)
■基調講演 : アルピニスト  野口健 氏
■テーマ   : 「富士山から日本を変える」
■入場    : 無料
■問い合わせ
 タカミヤ・マリバー環境保護財団事務局
 http://www.takamiyamariver.or.jp/
 093-661-3194 西森・大浦

ご不明な点がございましたら、なんなりと西森までご連絡くださいませ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * * * * * * * * * * * * *
(公財)タカミヤ・マリバー環境保護財団事務局 西森 誠
805-8539 北九州市八幡東区前田企業団地1-1
直通TEL:093-661-3194 FAX:093-671-9811
E-mail : nisimori@takamiya.co.jp
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * * * * * * * * * * * * *
[Res: 2468] Re: 『野口健』氏無料講演会 投稿者:西森誠 投稿日:2015/11/27(Fri) 09:52 <HOME>
管理人 様

シンポジウムのご案内有難うございました。
なお、当日は、シンポジウム終了後、書籍販売がございますが、その際に野口さんも一緒に同席いただける予定でございます。
取り急ぎ、お知らせいたします。

[2476] 四王寺山 土塁一周 投稿者:カント 投稿日:2015/11/22(Sun) 20:15
近場の山、四王寺山に行ってきました。参加者は12名でした。
今回は大宰府政庁址より大石垣を経由し大野城の土塁に登り上がり、反時計回りで「焼米ヶ原〜大原山〜鮎返りの滝〜百關ホ垣〜野外音楽堂〜大城山〜焼米ヶ原」と土塁を一周しました。
下山は岩屋城を経由し大宰府政庁に降りる計画でしたが、どうしても太宰府天満宮参道で買い物をしたいとの 皆さんの強い要望で九州自然歩道を太宰府天満宮に降りることにしました。
天満宮参道で念願の買い物をし、太宰府駅で解散となりました。
一日中 いい天気で空気も冷たく 歩くには最適な気候で 快適に土塁を一周することが出来ました。念願の買い物も出来、大満足の山行でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-587.html

・本日の軌跡
・四王寺山散策地図
・大野城土塁概念図
・本日は公共の乗り物を利用しました。
・都府楼前駅に着きました。
・大宰府政庁址より出発します。
・都府楼碑の向こうに四王寺山が見えています。
・登りは大石垣を経由します。
・復旧された大石垣
[Res: 2476] Re: 四王寺山 土塁一周 投稿者:カント 投稿日:2015/11/22(Sun) 20:16
・土塁に登り上がり礎石群の横を通過します。
・大原山山頂
・快適な登山道です。
・一旦、土塁の中に降りていきます。
・鮎返りの滝
・百間石垣に向かいます。
・急登です。
・再度 土塁に登り上がりました。
・野外音楽堂で昼食を取りました。
[Res: 2476] Re: 四王寺山 土塁一周 投稿者:カント 投稿日:2015/11/22(Sun) 20:18
・山茶花が鮮やかです。
・大城山山頂
・展望台より福岡市の街が一望できます。
・下山は水瓶山を経由します。
・連歌屋に降りていきます。
・天満宮横に降りてきました。
・念願の買い物
・揚子江の「豚まん」をゲットしました。
・太宰府駅で解散

[2469] 篠栗・鉾立山登山 投稿者:カント 投稿日:2015/11/16(Mon) 06:42
JRを利用し篠栗の畝原山・鉾立山・管嶽に行ってきました。参加者は12名。
当初の計画では城戸南蔵院駅から筑前山手駅までの周回コースでしたが登山道のコンディションが悪いことが予想されたため、筑前山手駅からのピストンに変更されました。
車道、林道歩きがかなりあり、歩行距離は20.4kmになりましたが、稜線上は木立の気持ちの良い登山道で快適に歩くことが出来ました。
計画より早く下山でき、15時24分のJRに間に合い 久留米には17時前に到着しました。
お世話係りのHさん、Nさん、入念な試登を含め お世話になりました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-586.html

・本日の軌跡
・JRを利用し8時前に筑前山手駅に到着
・鳴淵ダムに向かいます。
・まだ新しいダムです。
・鳴淵ダム到着
・静かな湖面です。
・ダムを横切ります。
・五塔の滝で休憩
・五塔の滝
[Res: 2469] Re: 篠栗・鉾立山登山 投稿者:カント 投稿日:2015/11/16(Mon) 06:44
・林道に入ります。
・畝原山へ急登を進んで行きます。
・回りの紅葉は目に入ってないかも!
・もうすぐ登り切ります。
・畝原山山頂
・ここより快適な縦走路です。
・15分で鉾立山に到着
・鉾立山山頂
・早く到着したため有志のみ、管嶽に向かいます。
[Res: 2469] Re: 篠栗・鉾立山登山 投稿者:カント 投稿日:2015/11/16(Mon) 06:45
・管嶽分岐
・管嶽山頂
・山頂で昼食を取りました。
・往路を戻ります。落ち葉の登山道
・五塔の滝通過
・鳴淵ダム通過。青空です。
・43番札所、明石寺通過
・筑前山手駅に戻ってきました。
・15時24分発のJRで久留米に戻りました。
[Res: 2469] Re: 篠栗・鉾立山登山 投稿者:カント 投稿日:2015/11/16(Mon) 06:57
次回の山行はこの様なコースが良いかも!
[Res: 2469] Re: 篠栗・鉾立山登山 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/11/16(Mon) 22:37
早速のアッブありがとうございます。
このルートも良いですね。
菅嶽〜猫峠〜三ツ頭山〜横峠〜陣ヶ田尾〜飯盛山を歩く本来のコースも日が長くなる時期に良いかもしれません。かなり歩きごたえがあると思いますが。
[Res: 2469] Re: 篠栗・鉾立山登山 投稿者: 投稿日:2015/11/17(Tue) 21:37
参加された皆さん、お疲れ様でした。
今回は歩行距離が20キロと今までの過去最高を記録し、よく歩いたなぁと満足感でいっぱいでした。また途中の遍路道や滝も面白かったです。
リーダーのHさん、Nさんお世話になりました(^o^)

[2473] カントさんの提案 投稿者:本ちゃん 投稿日:2015/11/16(Mon) 11:39
お疲れさまでした、皆さん。
カントさんの次回へのルート提案に賛成です。

[2463] 根子岳東峰 投稿者:ウッチ 投稿日:2015/11/02(Mon) 19:27
11月1日総勢26名で紅葉観賞に根子岳東峰に行きました。
お天気は薄曇りでしたが、遠く黒岳や祖母山を望むことができ、期待していた紅葉もまだ待っていてくれました。
参加された皆様、楽しい1日をありがとうございました。
 1)道の駅くぎので靴をはきかえ準備体操。
 2)登山道入り口。
 3)登山届をだします。
 4)紅葉は終盤ですが、いい雰囲気があります。
 5)目的の地獄谷紅葉。イイネ。
 6)山頂で記念写真。皆さん余裕の笑顔。
 7)昼食。この後大勢の登山者で混雑し、そそくさと下山。
 8)登ってきた道も上からみると素晴らしい紅葉です。
 9)青空色のリンドウ
[Res: 2463] Re: 根子岳東峰 投稿者:本ちゃん 投稿日:2015/11/05(Thu) 08:47
リーダーのご尽力ありがとうございました。
雨ならあの坂ばかりの山道はツルツルで大変でしたが、幸いにもいい天気に恵まれました。325号を通らず根子岳のへの近道も新しい発見でした。お世話でした。

[2466] 宝満山から本日のご来光 投稿者:ura 投稿日:2015/11/04(Wed) 17:33
好天に誘われ宝満山から三郡山を早朝登山してきました。
上宮裏手の岩場からのご来光です。

三郡山頂部ではドーム東側の建物が取り壊されていました。

[2464] 岳滅鬼山縦走 投稿者:カント 投稿日:2015/11/03(Tue) 20:44
公共の乗り物を利用し、「しゃくなげ荘〜岳滅鬼峠〜岳滅鬼山〜浅間山〜筑前岩屋駅」と縦走しました。
快晴の青空で紅葉が青空に映えて素晴らしい景色を見ることが出来ました。
11/3日は豊前坊で神事が行われており 多くの登山者が英彦山に向かっていましたが岳滅鬼山縦走路は登山者が殆どなく静かな登山道を楽しむことが出来ました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-584.html
[Res: 2464] Re: 岳滅鬼山縦走 投稿者:カント 投稿日:2015/11/03(Tue) 20:46
続き,No2

[2460] 131回市民ハイキング福智山 投稿者:ura 投稿日:2015/10/26(Mon) 10:58
131回市民ハイキング福智山
10月25日、参加者57名、天候快晴
リーダー、スタッフ、山岳会メンバー、皆様のご協力をいただき
無事に終了することが出来ました。
山頂からは360度の大展望、真っ青な秋空の下、心身ともにリフレッシュできたのではないでしょうか。
途中、リタイアーする人もなく、怪我もなく全員、登頂、下山しました。
ありがとうございました。
[Res: 2460] Re: 131回市民ハイキング福智山 投稿者:ura 投稿日:2015/10/26(Mon) 11:01
続き
[Res: 2460] Re: 131回市民ハイキング福智山 投稿者:ura 投稿日:2015/10/26(Mon) 11:02
続き

[2448] 屋久島登山 投稿者:ウッチ 投稿日:2015/10/17(Sat) 23:06
こんばんわ。
10月12日(月)〜16日(金)、メンバー5名で屋久島の5座を登ってきました。天気に恵まれ、屋久島の不思議を満喫。感動と充実感の5日間でした。毎晩の宴会、そして早朝起床、本当に皆さんタフです。
1日目、4:30久留米出発。車とともに1日1便の屋久島行きフェリーに乗り込む。ヤクスギランドを観光し、淀川登山口で車中泊。夕食はキムチ鍋を御馳走になりました。
1)フェリーのデッキから桜島を眺める。
2)自然林が美しいヤクスギランド。
3)仏陀杉。
4)5)自然の造形。
6)駐車場から遠望。つきでた角は太忠岳の天柱石。
7)紀元杉。
[Res: 2448] Re: 屋久島登山 投稿者:ウッチ 投稿日:2015/10/17(Sat) 23:19
2日目、九州最高峰の宮之浦岳と黒味岳。
1)4:30淀川登山口出発。(写真は前日)
2)花之江河の白骨樹。青空に映えます。
3)4)黒味岳山頂。
5)6)絶妙なバランス感覚。
7)翁岳。頂上を競っているような岩たち。誰か積んだ?。
8)宮之浦岳山頂。
9)メタボなヤクジカ。
[Res: 2448] Re: 屋久島登山 投稿者:ウッチ 投稿日:2015/10/17(Sat) 23:26
3日目、険しかったモッチョム岳。
1)登山口。
2)いろいろ絡んでみんな家族。
3)4)5)急登の連続のなか、こんな屋久杉がいっぱい。
6)神山展望台から望むモッチョム岳。ここから細尾根が続いた。
7)8)山頂からの展望。尾之間の集落。後方には花崗岩の巨大なスラブ。
[Res: 2448] Re: 屋久島登山 投稿者:ウッチ 投稿日:2015/10/17(Sat) 23:34
4日目、太忠岳。苔の森と天柱石が印象的な山。
1)蛇紋杉。
2)どうなっているの?
3)こんな感じの登山道。
4)トトロのおなかにタッチ。
5)岩の間をくぐる。
6)天柱石。
7)昼食。
8)絵になる杉。
9)シダ
[Res: 2448] Re: 屋久島登山 投稿者:ウッチ 投稿日:2015/10/17(Sat) 23:38
10)コケ。
11)いい感じ。
12)13)老木の中で。
[Res: 2448] Re: 屋久島登山 投稿者:ウッチ 投稿日:2015/10/17(Sat) 23:49
5日目、愛子岳。標高差1000mは厳しく、写真を撮る余裕がなかった。
1)4:30登山口出発。登山道でご来光。
2)山頂から見下ろす。
3)フェリーに乗って4時間、鹿児島到着。ちょうど夕日がみえた。
21:20久留米着。皆さまお疲れ様でした。

追記:リーダーのO方さんには、今回の山行を快く引き受けてくださり感謝いたします。計画から車の運転、宿の手配、車中泊での食事の準備などなど本当に御世話になりました。連日のピストン登山が自分にできるか心配しましたが、皆様に元気づけられ達成できました。ありがとうございました。

[2447] 佐々木さん捜索 投稿者:ぱなちゃん 投稿日:2015/10/14(Wed) 16:23
詳細は会員掲示板を確認してください。

[2446] 鉾岳岩登り 投稿者:Mamechan 投稿日:2015/10/13(Tue) 08:34
おはようございます。
少し遅れましたが、10月11日に鉾岳岩登りのレポートをします。

朝5:00 総勢7名でOK食堂を出発。前夜の雨で岩が濡れて登れないか心配でしたが、とりあえず現場に行ってみることにしました。
8:30 鹿川キャンプ場駐車場到着。延岡市に入ると降雨の影響は見られず、参加者の期待が膨らみました。その後準備を整え
9:35 取りつきに到着。岩は濡れてなく登攀可能と判断。2班に分かれて登攀開始しました。
写真3.A班 福ちゃん1ピッチ目をリード。
写真4.B班 5ピッチ目、PANA子さん中央バンドをトラバース中。ビレイするPANAさん。
写真5.7ピッチ目、本日の終了点。風と寒さで山頂を諦め懸垂にて下山しました。
写真6.3ピッチ目の懸垂下降中の福ちゃん。
写真7.下降地点、鉾岳滝にて記念撮影するPANA夫婦。
写真8.16:05 鹿川キャンプ場に到着。鉾岳をバックに記念撮影。
まとめ
雨の影響は殆ど見られませんでしたが、風が強く気温低下により7ピッチが終了した時点で撤退となりました。
次回は完登できるよう願います。

[2444] 大船山・東尾根(紅葉観賞登山) 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/10/12(Mon) 09:39
10月11日に大船山に紅葉観賞登山へ行きました。
夜中の一時過ぎに強い雨が降り、目が覚めて今日の山行がどうなる不安になりました。
本日のコースは今泉登山口~風穴分岐~御池~大船山山頂~段原~大戸越~ソババッケ~男池駐車場です。総勢18名。欠席1名。リーダーF上さん、サブリーダーN山さん。
いつも通り競技場を出発し、登山口へ着きましたがまだ薄曇りです。天気予報の午後からの回復に期待して登ります。
登山口につくと先客で一杯です。我々を乗せたマイクロバスはおろした後にUターンできる場所までバックで後退です。Mさんが誘導されました。
高度の低い所では全く紅葉は見られません。花を探しながら登っていると珍しい物がありました。ツチアケビです。割ってみると中には茶色の小さなツブツブが一杯入っていました。
高度を上げていくと落ち葉がだんだんと紅葉に変わってきました。
紅葉に期待が膨らみます。新人さんたちも快調に登っています。
御池近くになると紅葉が増えてきました。気づくと青空ものぞいています。
御池を見下ろせる所にきました。下の方を見ると御池の周りは紅葉で見事です。ひとしきり写真を撮り、下へ下りていきます。池の周りは目当てにきた人がたくさんいます。
我々も仲間入りし、写真撮影です。紅葉を愛でながら食事を済ませ頂上へと向かいます。
上からの御池や斜面の紅葉が見事です。頂上で記念撮影をし、下山しました。
ベストのタイミングで御池の紅葉を見る事ができ、満足の1日でした。
リーダーのF上さん、サブリーダーN山さん、バスの誘導・登山での先導して頂いたMさんありがとうございました。
風が吹くと冷たく、体感温度も下がるのでウインドブレーカーや暖かいダウン等を持っておきましょう。暖かい飲食物があるのも良いですね。
写真 1.登山口付近
写真 2.林の中を登っています
写真 3.土アケビ
写真 4.落ち葉に紅葉が増えてきました
写真 5.紅葉がふえてきました 御池に後一息
写真 6.紅葉がふえてきました 御池に後一息
写真 7.御池手前の所より
写真 8.頂上直下よりの御池
写真 9.頂上での記念写真
[Res: 2444] Re: 大船山・東尾根(紅葉観賞登山) 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/10/12(Mon) 10:45
紅葉の写真と登山中に出会った花の写真を追加します。

[2426] 131回市民ハイキングの件 投稿者:市民ハイキング担当 投稿日:2015/09/24(Thu) 09:55
会員の皆様におかれましては御承知のとおり、10月25日、福智山で市民ハイキングが実施されます。

リーダー及び担当メンバーの方には既に活動を開始して頂いている次第ですが、メンバー以外の会員の方々にもご協力を是非お願いいたします。

ホームページのダウンロードの項目からポスター、山行計画書、募集要項をダウンロードできるようにしましたので、友人、地域、職場などでPRを宜しくお願いします。
[Res: 2426] Re: 131回市民ハイキングの件 投稿者:カント 投稿日:2015/09/28(Mon) 04:59
持ちあげます。
[Res: 2426] Re: 131回市民ハイキングの件 投稿者:カント 投稿日:2015/10/10(Sat) 04:39
再度持ち上げます。

[2439] 日向神ダムの岩登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/10/05(Mon) 22:41
2015.10.04(日) 日向神ダムの岩場のサンセットエリアを登ってきました。総勢14名と大所帯だでした。リーダーはT田君。日向神のキャンプ場の駐車場はすでに満車状態で各エリアも何組かのバーディが取り付いていました。今年岩登り始めた新人さんがほぼ半数の為とりあえずサンセットエリアで復習を兼、感覚をつかみハナタテか八女津姫を予定したが、トップとビレイヤーの人数を考えたらちょっと不安があり断念、サンセットエリアで3ルート(ひまわり、八女茶のチャチャチャ、登ハンの頭)を確保して全員が3ルートに挑戦することにした。新人さんには結構難所だったがみんな挑戦的でした。苦戦してやっと登れた人は達成感を味わい、苦戦して途中で断念した人は悔しい思いを味わったが最後はみんな満足感に浸りあっと言う間に時は過ぎて、1日の岩登りが終わりました。お疲れ様でした。
1 八女茶のチャチャチャルートにトップロープよろしくです。T田君。
2 岩講習の復習です。
3 O方さんヤル気満々、八女茶のチャチャチャ最初に挑戦です。
4 次、花ちゃん登ります。苦戦中。
5 続いてA司君行きます。同じく苦戦してます。
6 T田君、我々のルートでは物足りなく難しい別ルートを登ってます。
7 博ちゃんひまわりルートに挑戦したが苦戦中
8 まりちゃん八女茶のチャチャチャに登ってます。
9 いちみるさんひまわりルートを何も考えずスイスイと登り上がる。
[Res: 2439] Re: 日向神ダムの岩登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/10/05(Mon) 22:44
1 祐ちゃんひまわりルートに挑戦してます
2 祐ちゃん結構身軽です。岩登り向いてるかも。 
3 博ちゃん八女茶のチャチャチャに挑戦し手ががり足ががり探してます
4 葉ちゃんはひまわりルートに挑戦して苦戦です
5 0方さん凄いですね、あの歳で(失礼)ひまわり登り上がりました
6 いちみるさん八女茶のチャチャチャ何事もなく登り詰めました。手足に吸盤が付いているそうな?
7 さっちゃんひまわりガンバだよ
8 T尾さんもひまわりに挑戦中
9 あらっヘル無しの花ちゃん自信持って登る?
[Res: 2439] Re: 日向神ダムの岩登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/10/05(Mon) 22:47
1 Panaさん八女茶のチャチャチャに以外にも時間かかる
2 まりちゃんひまわりルートに挑戦、手掛かり探すが?
3 和ちゃん八女茶のチャチャチャ最初の登りに苦戦中
4 やっと出ました吾輩のへっぴりごし登り
5 和ちゃんはひまわりを苦戦しながらも登り切りました
6 手前のA司くんひまわり挑戦、真中のT田くんとんでもないルートに挑戦中、さっちゃんは八女茶のチャチャチャに挑戦中
7 さっちゃん八女茶のチャチャチャ苦戦してますガンバ
8 葉ちゃんひまわり登れなかったので悔しく再度挑戦する
9 集合写真。みんないい顔してます。
登攀の頭ルートは各ルートをずーっとビレイヤーしていたので写真撮れませんでした。参加者のみなさんお疲れ様でした。また岩登り行きましょう。
[Res: 2439] Re: 日向神ダムの岩登り 投稿者:いちみる 投稿日:2015/10/07(Wed) 21:41
早速のアップありがとうございます。
みなさんの頑張っている姿、苦戦している姿、頼もしいですね。
このエリアを体験できたのは、T田さんがリーダーでトップロープを引いてくれたおかげです。
今まで会で行ったことのないエリアだったので、新鮮で士気が高まりました。
これからも楽しく安全に岩に登りましょう。

[2435] 矢岳山行(ミカエリソウ) 投稿者:カント 投稿日:2015/10/05(Mon) 05:57
霧島の矢岳に行ってきました。総勢16名でした。(2名欠席)
昨年も計画していましたが雨で流れています。
今年は皇子原登山口より谷超えコースを矢岳〜龍王山〜炭化木〜Y字分岐と進み、高千穂河原まで縦走しました。
快晴の天気で高千穂峰を始め霧島の峰々がくっきり見えていました。
ミカエリソウは残念ながら終盤を迎えており、花びらが落下し始めていました。
しかし、霧島の森は気持ちよく 森林浴を楽しみながら快適に歩くことが出来ました。
帰りに「えびの高原荘」で入湯し、18時過ぎには久留米に戻ってきました。H多リーダーお疲れ様でした。


・本日の軌跡
・9時過ぎ皇子原登山口より入山します。高千穂峰がくっきり見えています。
・森の中を進んで行きます。
・谷超えコースに入りました。
・谷に降りていきます・
・渡渉点に降りてきました。枯れ沢です。
・ここより登って行きます。
・登山道にミカエリソウの群落がありますが、終盤を迎えていました。
・ミカエリソウ2
[Res: 2435] Re: 矢岳山行(ミカエリソウ) 投稿者:カント 投稿日:2015/10/05(Mon) 05:58
・ミカエリソウ3
・矢岳山頂写真。
・登山道にツクシコウモリソウの群落があります。
・葉がコウモリの形をしています。
・中岳〜新燃岳〜獅子戸岳〜韓国岳の縦走路が見えています。
・高千穂の峰もくっきり
・ススキ畑を通過します。
・青空です。
・ススキ越しに高千穂の峰
[Res: 2435] Re: 矢岳山行(ミカエリソウ) 投稿者:カント 投稿日:2015/10/05(Mon) 06:02
・龍王山山頂
・降りていきます。
・谷に降りてきました。
・炭化木があります。
・写真が取れず、昨年の写真です。
・荒れた沢に着きました。
・対岸の日陰で昼食です。
・先を進み、Y字分岐より高千穂河原に向かいました。
・気持ちの良い森です。
[Res: 2435] Re: 矢岳山行(ミカエリソウ) 投稿者:カント 投稿日:2015/10/05(Mon) 06:03
・中岳が見えています。この辺りの松は火山ガスで枯れています。
・高千穂の峰が変わった形で見えています。
・ミヤマキリシマの群落を通過します。帰り花
・高千穂の峰登山口を通過します。集合写真
・13:50分、高千穂河原に到着しました。
・屋久島が世界遺産になり、この辺りは「霧島錦江湾国立公園」と名前が変わっています。
・高千穂の峰がくっきり!
・バスの合流しました。
・帰りにエビの高原荘で入浴。韓国岳がくっきり!

[2428] 阿蘇南外輪山(地蔵峠〜清水峠) 投稿者:カント 投稿日:2015/09/27(Sun) 22:20
ススキのシーズンを迎え、阿蘇南外輪山に行ってきました。総勢17名でした。(2名欠席)
昨年同時期 俵山〜地蔵峠を縦走していますのでその続きです。
地蔵峠駐車場を8時15分に出発し、地蔵峠〜大矢岳〜大矢野岳〜駒返峠〜多津山峠(昼食)〜天神峠〜高千穂野〜清水峠 と縦走し、清水峠には14時40分に下山しました。
帰りに久木野温泉で入湯し、久留米には17時30分に戻ってきました。
一日中、霞んでいましたが、登山道は歩きやすく、また秋の山野草がいろいろ咲いていましたので花を愛でながら、快適に縦走することが出来ました。
CLのK子さん、SLのTさん、お疲れ様でした。

・本日の軌跡
・地蔵峠駐車場より入山します。
・地蔵峠に向かいます。
・地蔵峠は霞んでいました。
・縦走路を進んで行きます。
・ススキの穂が出ています。
・気持ちの良い縦走路です。
・露で濡れた笹薮を進んでいます。
・大矢岳山頂
[Res: 2428] Re: 阿蘇南外輪山(地蔵峠〜清水峠) 投稿者:カント 投稿日:2015/09/27(Sun) 22:22
・落ち葉の道は快適です。
・大矢野岳
・アセビの林
・駒返峠(こまがえりとうげ)に着きました。
・多津山峠で昼食1
・多津山峠で昼食2
・高千穂野の登りの階段
・高千穂野山頂写真
・下りの階段は大変でした。
[Res: 2428] Re: 阿蘇南外輪山(地蔵峠〜清水峠) 投稿者:カント 投稿日:2015/09/27(Sun) 22:23
・後ろ向きに降りると楽との事
・ススキの林
・下界が見えています。
・清水峠に下りていきます。
・清水峠到着
・エビ色のススキ
・山野草
[Res: 2428] Re: 阿蘇南外輪山(地蔵峠〜清水峠) 投稿者:カント 投稿日:2015/09/27(Sun) 22:24
・山野草
[Res: 2428] Re: 阿蘇南外輪山(地蔵峠〜清水峠) 投稿者:カント 投稿日:2015/09/28(Mon) 04:51
・2年間の軌跡

[2425] 女子会テント泊2日目 投稿者:いちみる 投稿日:2015/09/23(Wed) 09:39
1.今日も快晴、大船山に登ります。
2.九重連山がすっきり見渡せます。
3.雲海に浮かぶ由布岳、こんな素晴らしい雲海に出会えるのはテント泊して早立ちできたからでしょう。
4.大船山山頂到着。私以外は昨日と服が変わっています。さすが女子会です。
5.雲海に浮かぶ根子岳、右に流れているのは噴煙です。
6.御池に下りてみました、少し紅葉が始まっています。
7.山頂に戻りアルファ米と卵スープの朝食をとって、段原に下りてきました。
8.下山してテント撤収、どこまでも元気な笑顔。
9.暮雨の滝を見に行き、吉部に無事に着きました。帰りは渋滞していて温泉も入らずに戻りました。時間配分がうまくできずご迷惑をかけました。往復運転して下さったT下さんありがとうございました。
参加されたみなさん、楽しい時間をありがとうございました。「やればできる」ものですね。これを機にテント泊にハマるかな?
2回目を計画したいと思いますので、どなたでも参加して下さい。
[Res: 2425] Re: 女子会テント泊2日目 投稿者: 投稿日:2015/09/24(Thu) 21:54
いちみるさん早々のアップありがとうございます。
天気にも恵まれ、夜は鍋に満天の星空、見たこともない雲海とテント泊ならではの楽しみを存分に満喫させて頂きました。貴重な経験をさせて頂きありがとうございます。
私は荷物も少なかったのですが、皆さんはテントを担いでもあの元気で体力と経験の差も実感しました(^_^; 今回の経験を今後に活かしていければと思います。
皆さん大変お世話になりました(^o^)

[2424] 女子会テント泊に行ってきました。 投稿者:いちみる 投稿日:2015/09/23(Wed) 09:18
9月21〜22日初の女子会テント泊に4名で行ってきました。
1.吉部から入山、沢沿いの樹林帯を気持ちよく登ります。
2.女子会頑張って担ぎます。
3.坊がづるのテン場、連休中はさすがにいっぱいです。
4.快適さを求めて法華院温泉のテン場に移動、入山料\300
5.テントを3張設営してひと安心。
6.秋晴れの空、平治岳へ向かいます。
7.習性でしょうか?岩があると登りたくなります。
8.平治岳からの眺めは最高です。
9.温泉に入ってさっぱり、あとは鍋を囲んで飲むだけです。そして満天の星に抱かれながら就寝。

[2422] 岩登り講習会 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/09/21(Mon) 13:22
2015.09.20(日) 岩登り講習会を日向神ダム上のキャンプ場付近の岩場(擁壁、道端エリア)で実施しました。参加者は新人さん(5名)、2回目4名、スタッフ9名(飛び入り2名)含め18名でした。午前中は道路脇の擁壁を利用しての基本姿勢の三点支持登りと懸垂下降等の練習しました。午後からは道端エリアで実践の岩登り、新人さんは初めての岩場を経験され挑戦的で収穫も多かったと思います。時程もほぼ予定通り進みました参加者の皆さんスタッフ含めお疲れ様でした。
1 手前は擁壁を登るT尾さんと奥は懸垂下降をする和ちゃん。Panaさんといちみるさんは上でセルフビレイの仕方や懸垂下降のセット点検等をして戴いてます 
2 3点支持を守り擁壁を登るさっちゃん
3 左がちぃちゃん、右が博ちゃん挑戦 
4 裕ちゃん頑張ってます  
5 左が葉ちゃん、右が0部さん登攀。大先輩のS原さん助っ人で来て戴きました
6 道端エリアへ移動して昼食タイム 
7 昼食タイムの中、ファミリー壁に挑戦するT田くん
8 ルート(グリコのおまけ)かなぁ
9 昼食摂って元気が出たぞ〜と登る左の裕ちゃんと右のさっちゃん
[Res: 2422] Re: 岩登り講習会 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/09/21(Mon) 14:57
1 スラブ壁の右ルート(ビレイは広場で)を登って懸垂下降するT尾さん。私は上でセルフビレイ、懸垂下降の準備点検をしました。
2 l 村さん懸垂下降準備よし、下降。 
3 左のルート(楽園の道)を登るまりちゃん。真中のルート(いらっしゃいませ)を登る博ちゃん
4 大先輩のS原さんにビレイしてもらい登攀する和ちゃん
5 左のルートは葉ちゃんと右は博ちゃん挑戦中
6 左のルートは花ちゃんと右はT村さん挑戦中
7 左のルートは和ちゃんと右は0部さん挑戦中
8 右のルートを登攀して懸垂下降する裕ちゃん
9 集合写真
新人さん等の感想です。
・ 岩登りは初めてなので高い所が不安でしたが何とか大丈夫でした
・ 登り方を教えて貰ったので結構登ることが出来ました
・ 今回登れないルートがあったので次回リベンジしたい
・ 2回目ですが1回目よりスムーズに登れました
・ 手掛かり足掛かりはあつても登るのが大変でした。次回は体重減らして挑戦します
・ 初めての岩登りでしたが楽しく登ることが出来ました
最後に岩・沢を楽しむためには体力、技術そして経験が必要です。せひ挑戦してみてください。
 大先輩のS原さんお礼も言わずにすみません。大変勉強になりました、お世話になりました。良かったら次回もよろしくお願いします。

[2416] 内住峡から三郡山へ 投稿者:ura 投稿日:2015/09/10(Thu) 12:31
停滞中の秋雨前線が台風に刺激されて、天気予報が次第に悪化してきた。
しかし大降りにはなりそうも無い。
少雨は覚悟の上、山行実施決定。

駐車地8:50〜内住橋9:10〜上内住橋9:35〜縦走路11:15
〜12:20三郡山12:40〜14:35内住橋〜14:50駐車地

1)登山口の内住橋へ向う林道でがけ崩れが発生していた。
人力で除去を試みたが木の株が岩を挟み込んでいて動かない。
車を置いて歩き始める。
2)内住峡を下にみつつ林道を更に歩く。
ここでもがけ崩れが発生している。
3)最初の渡渉
4)沢コースに入る
5)雨に濡れて滑りやすい岩場
6)綺麗な沢
7)高巻きも簡単では無い
8)茂り放題の夏草を分けて進む。
[Res: 2416] Re: 内住峡から三郡山へ 投稿者:ura 投稿日:2015/09/10(Thu) 12:39
1)変化のある沢の風景に心癒される
2)ここは左右の沢の合流点。
3)目印のケルン
4)本日のメンバーは15名。雨にもかかわらず全員出席。
5)内住林道に飛び出る。林道を右手に100mほど歩いた地点から再び沢に入る。
6)アケボノソウ
7)沢に入る入口は樹木が繁茂してちょっと目にはわかりにくい。
8)滝を登る
9)この地点から沢を離れて右手の尾根に向う。良く見れば赤テープがある。
[Res: 2416] Re: 内住峡から三郡山へ 投稿者:ura 投稿日:2015/09/10(Thu) 12:43
1)急登
2)縦走路到着。
3)三郡山へ
4)三郡山山頂にて。雨滴でレンズが曇っているようだ。
5)幸い、風は無いので山頂で食事を摂る。少々寒い。
あったかい食べ物が欲しくなる季節になってきた。
6)山頂のオミナエシ。毎年咲いているようだ。
7)感じの良い自然林の中を下る
8)最後の渡渉点。滑りやすい岩のため何人か沢にはまったようです。
9)雨の中ながら楽しい山歩きでした。
温泉は最近定番になった小郡の「満天の湯」。
汗を流してさっぱりして帰路に着く。
[Res: 2416] お疲れ様でした 投稿者:コッコ 投稿日:2015/09/12(Sat) 17:20
リーダーのUさん、計画ありがとうございました。
Mさん、Oさん、M井さん、安全運転ありがとうございました。
とても楽しく、学びの多い山行でした。
 沢の渡り方や岩の上り方など教えていただき、前半は少しきついなーと思っていたのですが、コツがつかめたのか、後半は楽に登ることができました。いつもは、翌日筋肉痛になっていたのですが、今回は、全く筋肉痛がなく、翌日も元気に仕事ができました。
 雨天の登山を体験したことで、自分の装備の不備や、衣類の選択や予備の必要性を実感することができました。また、使うことはないだろうと思っていた、水筒のお湯が冷えた体に大活躍してくれました。今回の学び、次回に活かしたいと思います。ありがとうございました。

[2406] 祝子川本流ゴルジュ沢登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/08/24(Mon) 23:06
2015.08.22(土)〜23(日)天候に恵まれ祝子川本流ゴルジュ沢登りに4名で行って来ました。昨年は雨で流れ会山行は2年ぶりです。祝子川本流ゴルジュは白い花崗岩のゴルジュ、淵、滝、釜、巨岩、トユ状の水路、30pの吹き出し滝、2条8m滝、両岸は100m以上の大スラブそして岩壁は浸食作用でみごとに削られ素晴らしい造形を造っている美渓です。最高の1日でした。リーダーのT田さんお疲れ様でした。
・湧塚分岐から入渓0710
・巨石にナメ滝に釜、素晴らしい景色だ
・撮る方ですがN上さんに撮っていただきました。
・足の立たない淵は泳ぎます
・岩場をくぐると、なにこれ?巨岩に青空に向かって直径1m50pの穴が。T田君ブリッジで登り上がる。勿論我々は無理です
・泳ぎの得意なT田くんまずは偵察にゆく
・巨石はN上さんの背を借ります
・ボルダリングを楽しむT田君
・岩の芸術、素晴らしい造形
[Res: 2406] Re: 祝子川本流ゴルジュ沢登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/08/24(Mon) 23:08
・泳ぐ人、岩を登る人。泳ぐと体が冷えて寒いです。
・集合写真撮るのに12秒で間に合わず中途半端な吾輩です
・泳いで向こう岸の岩に取り付いたN上さん
・さぁこれからゴルジュの始まりです
・核心部の始まり大岩、巨岩、大釜、スラブ状が現れてくる
・先ずは大岩渡り、慎重に
・2条8mの滝越えに挑戦するT田くん
・3回目の挑戦でようやく取り付きに到着したがボルトが錆びて細く不安だったため直登を断念
・少し戻って右岸側のスラブの残地ボルトを利用して人工で越える
[Res: 2406] Re: 祝子川本流ゴルジュ沢登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/08/24(Mon) 23:09
・滝を高巻きして25mの懸垂で沢床へ下りるPanaさん
・花崗岩大ゴルジュ、両岸は高さ100m以上の切り立った岩、長淵を1人づつ泳いで進む
・次の長淵も泳ぐ。寒く体が冷え切っているので泳ぎたくないがしょうがない。泳ぎ終わると難所の一つ30pの吹き出し滝が待っていた
・またまた難所に挑戦するT田くんガンバ。3年前の時と滝の流れが違ったいた
・あれ、Panaさん足元のザイル流されてるよ?ぞ〜。T田くん油断してザイルが外れたみたい。ひぇ〜。次はだれがリードすると。もちろんPanaさんです
・T田くん淵を泳いで人間ブリッジ、両岸はぬめっている
・チョックストーンをくぐって右手にボルト発見し人工で登る
・いよいよ最後の穏やかな渓相に水路状の長淵
・美人の湯で疲れをとる
コースタイム
22日(土)1930沖食出発〜2345目的地大崩登山口着〜0045就寝。
23日(日)0520起床〜0600出発〜0610登山口〜0630大崩山荘〜0710湧塚分岐入渓〜0845,2条8m滝〜0915高巻き〜1150三里河原入口〜1250湧塚分岐〜1325登山口〜1350美人の湯1430〜1845沖食到着
[Res: 2406] Re: 祝子川本流ゴルジュ沢登り 投稿者:T田 投稿日:2015/08/28(Fri) 14:05
参加者のみなさんお疲れ様でした。
[Res: 2406] Re: 祝子川本流ゴルジュ沢登り 投稿者:T田 投稿日:2015/08/28(Fri) 14:09
続き

[2403] 女史会やりました(*^_^*) 投稿者:いちみる 投稿日:2015/08/23(Sun) 08:31
岩・沢志向のメンバーで女史会をやりました。
大いに飲んで、山談義に花が咲き、女史だけでテント泊しようと話は盛り上がりました。
既婚者はたったの3人。
次は山+恋バナができるようにしたいものです(*^_^*)
二次会はショットバーで・・
[Res: 2403] Re: 女史会やりました(*^_^*) 投稿者:トトロ 投稿日:2015/08/23(Sun) 20:19
いちみるちゃん(^O^)ホヤホヤのアップ☆
楽しい時間が甦ってきます。2次会も盛り上がった事でしょう。
元気パワ〜全開、飲んで喋ってまた飲んで!!

岩沢思向の女子仲間が増えて、頼もしくなりましたね\(^o^)/
幹事のN山さんお世話かけました。山が好き☆自然が好き☆そして
そこに集う仲間が好き☆これからも宜しくお願いしま〜す。
[Res: 2403] Re: 女史会やりました(*^_^*) 投稿者: 投稿日:2015/08/24(Mon) 23:28
参加させて頂き、ありがとうございました。
沢山飲んで、山の話やその他もろもろ女史会大満喫でした。
幹事のN山さん、お世話になりました(^o^)
これからがまた楽しみです(*^-^*)

[2405] 八方ヶ岳山行 投稿者:カント 投稿日:2015/08/24(Mon) 06:24
総勢16名で「八方ヶ岳」へ行ってきました。
天気も良く山頂からは阿蘇涅槃像、九重連山、等の山々が見えていました。
山頂以外は木立の登山道で直射日光を受けることはありませんが、まだまだ蒸し暑く 大汗をかいての山行でした。
登山道には秋の山野草が咲き始めMさんにいろいろ教えてもらい 花を愛でながら歩くことが出来ました。
帰りに「菊鹿温泉 花富亭」で入湯し、16時30分前には久留米に戻ってきました。
お世話係りの T尾さん、H口さん、お疲れ様でした。

・本日の軌跡
・8:26分、矢谷橋登山口から入山します。
・沢沿いに登って行きました。
・9:24分、穴川越で休憩
・10:28分、八方ヶ岳山頂に到着
・阿蘇涅槃像が見えています。
・山頂写真
・山頂は日陰がなく、少し下の木陰で昼食
・帰りは「カニのハサミ岩」方向に周回しました。

http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-567.html

[2400] 浮嶽へ!! 投稿者:kazu 投稿日:2015/08/17(Mon) 01:20
・快調!一気に浮嶽へレッツGO
・ひぇ〜急登!ちょっと休みましょう!
・浮嶽山頂にてハイポーズ!(画像悪くてゴメンナサイ)
・十坊山岩石にて3姉妹ピース!
[Res: 2400] Re: 浮嶽へ!! 投稿者:井村 正二郎 投稿日:2015/08/18(Tue) 15:59
リーダーお疲れ様でした。
kぽの時期としては最高のコンデイションで山行ができて本当によかったです。また、一緒に楽しい登山をしたいですね。
[Res: 2400] Re: 浮嶽へ!! 投稿者:コッコ 投稿日:2015/08/19(Wed) 00:08
山行に参加された皆様お疲れ様でした。
今回も、いろんな植物に出合え楽しかったです。
十坊山では、思いがけない岩石があり、だんご3姉妹?いやいや、美人3姉妹で記念撮影していただきありがとうございました。
また、よろしくお願いします。

[2399] 十坊山〜浮嶽 投稿者:kazu 投稿日:2015/08/17(Mon) 00:52
8月16日(日)十坊山〜浮嶽へと縦走してきました。前線の影響で雨が懸念されましたが参加された会員皆様の日頃の善行が幸いし、曇天のなか心地よい汗を流すことが出来ました。皆様お疲れ様でした。
・十坊山登山道到着
・準備万端みんなでポーズ
・どんどん登っていきます
・ちょっと一息休憩、鉢巻きおじさん花講義に一同大満足
・これが花ミョウガ・・・ウムウム
・こちらが草ミョウガ・・・なるほど
・そしてヤブラン・・・可憐だなア〜
・もう着いたバイ!
・十坊山にてハイチーズ!

[2393] 川上本谷沢登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/08/12(Wed) 22:18
2015.08.08(土)〜09(日) 川上本谷の沢登りに10名で行ってきました。二日とも天候に恵まれ沢登り日和で最高でした。川上本谷は奥岳渓谷の中では良く知られ一度は入渓したい沢のようです。沢はナメと清流と原生林が美しいのが特徴。入渓して順調に沢を遡行していましたがスリウス谷を過ぎてしばらく遡行すると大きな岩がゴロゴロと行く手を阻んでいた。おそらく5月か6月の豪雨で岩峰が崩れたのでしよう。崩れた岩は刃物のように鋭く安定してなく浮き石、浮き岩でまだ新しいように思えた。これ以上は危険とリーダーの判断でここから沢下りに変更しました。牛嶋さんからいただいた甘く冷え冷えスイカで無事下山の乾杯をししまた。参加された皆さんお疲れ様でした。特にリーダーのPanaさんお疲れ様でした。
・前日は先発隊6名は久留米を1時に出発し現地偵察して広場到着(尾平鉱山跡手前の広場)が6時頃。まずはビールで乾杯して岳人さんからの差し入れのお酒(一升瓶)をみんなでいただきほろ酔いに
・06:40尾平鉱山跡から入りしばらく登山道を歩いて入渓
・入渓地点からしばらく遡行すると大きな岩と岩の間に橋が架かっておりその下を進む
・大きな岩の隙間をくぐる
・先頭はリーダーのPanaさん、全員を引っ張ります
・ナメ滝と釜。登れそうにないので右巻きする
・花ちゃん緩やかなナメ滝で滑り台
・遊びずきな0方さんつづきます
・滝壺はエメラルドブルーで透明度良く綺麗です
[Res: 2393] 川上本谷沢登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/08/12(Wed) 22:22
・幾つかの小滝を越えてゆく
・沢の醍醐味、慎重に登る
・キレンゲショウマと沢人
・イワタバコと沢人
・リーダーのPanaさん次のルート確認
・休憩中に集合写真
・崩れている岩場を見て呆然。とりあえず偵察に行く。
・皆んなをその場で停止させ、安全を図って2人で偵察
・リーダーはこれ以上の遡行は無理と判断し集合写真を撮って下山した
[Res: 2393] Re: 川上本谷沢登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/08/12(Wed) 22:24

・赤ちゃんゴルジュを進むトトロさん
・沢下りの特権、ナメ滝は滑り台へ変身。みんな楽しく滑る
・カッパ2号行きま〜す
・花ちゃんラッコ行きま〜す
・0方さん足場を慎重に確認しながら進む
・胸まで浸かる吾輩
・大岩と大岩の間をゆく沢人
・牛嶋さん有難う、冷え冷えスイカで乾杯スイカ
・尾平鉱山跡に到着15:20
[Res: 2393] Re: ニ弾窶堙つ静θ津と槌槌弾窶堙つ湘θ津つ」ニ弾ツ「テ「窶堡槌津「竄ャナ怒ニ弾ツ「テ「窶堡槌津「窶楪「Jニ弾ツ「テ「窶堡槌槌智ナ禿θ津と辰ニ弾ツ「テ「窶堡槌槌段窶徙ニ弾ツ「テ「窶堡槌槌段ツ。ニ弾ニ津と達 投稿者:カント 投稿日:2015/08/15(Sat) 15:50
この沢には「キレンゲショウマ」があると聞いていましたが、タイミングが良くて良かったですね!

[2384] 南アルプス深南部縦走 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/08/08(Sat) 21:21
J崎さんと7月30日〜8月5日にて南アルプス深南部縦走を行いました。参考までに結果を報告します。
概略は下記の通りです。

登頂山名 池口岳(2392m)、加加森山(2418.9m)、光岳(2591.1m)、百俣沢の頭(2418m)、信濃俣(2331.7m)、大根沢山(2239.2m)、三方嶺(2150m)、大無間山(2329.3m)、朝日岳(1826.6m)
7月30日 移動日 博多駅より新幹線にて豊橋で乗換え、JR飯田線平岡駅で下車し、TAXにて池口岳登山口近くの避難小屋へ。
7月31日 池口岳登山口〜池口岳〜鹿ノ平
8月 1日 鹿ノ平〜加加森山〜光岩〜光岳〜光岳小屋・キャンプ場
8月 2日 光岳小屋〜百俣沢の頭〜信濃俣〜大根沢山手前の鞍部
8月 3日 大根沢山手前の鞍部〜三方嶺〜大無間山往復、三方嶺〜三方窪〜鹿ノ土俵
8月 4日 鹿ノ土俵〜朝日岳〜朝日岳登山口〜寸又峡温泉
8月 5日 移動日
各登山日の内容につきましては別途まとまり次第報告します。
添付の写真に着きましてはタブレットからの転送がうまくいかず小さくなっています。
見づらいですがご了承ください。
写真1. 全体図
写真2. JR飯田線 ドアの所の赤・緑のボタンに注目 乗降時に自分で開閉するボタンです
写真3. 池口岳登山口付近の避難小屋(近くに住んであった遠山さんという方が自費で建てられた物です)
写真4. 小屋内部
写真5. 小屋内部
写真6. 小屋前の林道(これ間と小山さんが自費で作られたそうです)
写真7. 甲の部分をくりぬいたサンダル(ザックへの収納性向上と軽量化を図る為、J
崎氏考案)
[Res: 2384] Re: 南アルプス深南部縦走 1日目 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/08/09(Sun) 11:32
縦走1日目
7月31日 天候 晴れ 
本日の結果 池口岳登山口(1,76m)〜池口岳(2,392m)〜鹿ノ平(2,179m)⇔水場
      活動時間12時間、活動距離13.66km、高低差1950m
3時半に起床、4時20分出発。07:10黒薙平、11:00ジャンクション、12:15池口岳頂上13:30鹿の平、水探しを行い16:00に幕営地にもどる。
登攀を進めていくとトレースが薄くなっていき、薮やシダの原っぱにぶつかり道がよく解らなくなる中、ルートファインディングに注意しGPS等で確認しながら歩を進めていく。
テープや標識も一番欲しい所では見つからず、抜けた後で現れる状態が続く。
薮は密集していて枝がすねに当り痛い。ザックの横の荷物や上部が引っかかり抜けるのに苦労する。体力も奪われていく。幕営地に着き、ホッとしてすねを見ると傷が数カ所。
水探しは本当に苦労した。本来は途中で標識があるはずだったが無い。鹿ノ平の前後を何度も探す。見つからないためJ崎さんの提案で予定地付近を再捜索し、無ければ沢を下りる事にした。予定地付近で下の方に赤いテープが見えたので下りていくと水場への道っぽい。水場と思われる所へ着いたが涸れていてダメ。沢を水を求めてどんどん下りる。高度差で百m程下りた地点で漸く見つけた。このときミズノ残量はJ崎さん二口程、私も200mℓ程度だった。本当にほっとし、水に感謝す。思いっきり水を堪能し、幕営地に戻ると16:00で随分と時間を費やしたが価値ある時間だった。
写真1. 本日の軌跡
写真2. 池口岳登山口
写真3. 薮
写真4. 岩場を登るJ崎氏(これから先の岩場でロープがあったのは二カ所のみでした。)
写真5. シダの原っぱ
写真6. 林の中の登山道(珍しく標識があった)
写真7. 池口岳頂上にてJ崎氏
写真8. 頂上付近よりの遠景(今回の縦走では見晴らしが殆どありませんでした)
写真9. 切り株についたキノコの帽子
[Res: 2384] Re: 南アルプス深南部縦走2日目 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/08/09(Sun) 18:31
縦走2日目
8月 1日 天候 晴れ 
本日の結果 鹿ノ平(2,179m)〜加加森山(2,418.9m)〜光岩〜光岳(2,591.1m)〜光小屋・テント場⇔水場
      活動時間6時間30分、活動距離6.54km、高低差429m
4時40分に起床、5時45分出発。07:20加加森山、10:20光岩分岐、11:40光岩、12:15小屋
今日は光岳までなので距離も近く、何よりも昨日水を確保できているので気分よく出発。
ところが途中に落とし穴が。倒木地帯で迂回するはずが、最初はあまり倒木が無い為つっ込んでしまい、気づいた時はまっただ中で進むのに大変な状態に。GPSで位置と最短で抜ける方向を確認し強行突破。加加森山に到着し、ほっとしたら今度は方向を間違え違う方向に下りている事に。10分程で気付き慌ててGPSで位置確認し正しい方向へ。楽な日だと思って気が抜けていたのかとんだ失敗だった。光岩では時間が充分にあるのでのんびりと写真撮影、見晴らしを楽しんだ。テント場につくと時間が早いのか二張り程張られていてこちらも早速場所確保。水汲みに行こうとしたら従来の場所でなく、散歩気分で行ける(行き15分、帰り20分)ところがあるとの情報を得、早速楽な方へ。昨日より水温は高いようだが滔滔と出ているし、楽に汲めた。帰りについででイザルガ岳に上った。テント場では東京から来られた三十代位のご夫婦と話がはずむ。我々の行程に興味を持たれたようだ。食事も一緒にとり、なれそめとか山の話で盛り上がる。驚いたのは奥さん(細身)で何と20kgを担いでの山行とのこと。我々のベース重量は15、16kgで水を持つと4kgのプラスとなり、サッサッとは歩けない。お酒を奨められて頂いたが何とウオッカ(96°)。指の先でなめただけでも喉が焼ける感じがする。水で割ると飲める。会話と一緒にお酒も楽しみながらウオッカが無くなった所でお開きに。翌日の出発の際にわざわざ挨拶に来られ恐縮する。お互いの山行の安全を祈念し分かれた。
写真1. 本日の軌跡
写真2. 加加森山頂上にてJ崎氏
写真3. 光岩にて(私)
写真4. 光岩にてJ崎氏
写真5. 光岩より昨日・今日の縦走路を望む(左奥より池口岳南方、北方、手前が加加森山)
写真6. 光岳頂上にて(私)
写真7. 光岩直下で見つけた花
写真8. 光岳小屋・テント場
写真9.光岳小屋・バイオトイレ
[Res: 2384] Re: 南アルプス深南部縦走3日目 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/08/09(Sun) 21:32
縦走3日目
8月 2日 天候 晴れ 
本日の結果 光小屋・テント場ノ平(2,179m)〜百俣沢の頭(2,418m)〜信濃俣(2,331.7m)〜大根沢山手前鞍部(1,922m)
      活動時間9時間50分、活動距離9.32km、高低差762m
3時30分起床、4時40分出発。09:00信濃俣、14:00大根沢山手前鞍部
今日の予定としては百俣沢の頭から信濃俣を越えて大根沢山の先までと思って行動しましたが大根沢山手前鞍部としました。
出発時に小屋方向を振り返ると朝もやの中にうっすらと富士山が見えていました。朝日に光る光岩も何とか写真におさめたいと思ったのですが、なかなか朝日が当たらずビューポイントを過ぎてしまいました。この後は全く展望のないなか大根沢山手前鞍部迄ひたすら歩き続けました。道は相変わらずの藪漕ぎが続きテープは少なく、特に一番欲しいポイントでは全くない状況で注意しつつ縦走です。新たな障害として笹の原っぱが出てきました。道が隠れてしまい厄介です。水はたっぷりと持っての歩きなので、水の心配はいらないのですがそのかわり重さが肩にずっしりときます。これはこれで体力が奪われます。初日と比べると休憩の間隔が少し短くなってきています。休憩で座るとブヨやアブがどっと押し寄せてきます。食事はいつの間にかあまり入らなくなってきています。アルファー米の食事ですが半分程しか入りません。仕方なく水と一緒に押し込みます。
写真1. 本日の軌跡
写真2. 朝もやの中の富士山
写真3. 光岩(手前右側)と加加森山
写真4. 信濃俣方向
写真5.
[Res: 2384] Re: 南アルプス深南部縦走4日目 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/08/09(Sun) 22:16
縦走4日目
8月 3日 天候 晴れ 
本日の結果 大根沢山手前鞍部(1,922m)〜大根沢山(2,239.2m)〜三方嶺(2,150m)〜大無間山(2,329.3m)往復〜三方窪〜鹿ノ土俵(1,883m)
      活動時間12時間30分、活動距離11.32km、高低差524m
3時40分起床、5時出発。06:45大根沢山、11:30三方嶺、12:52大無間山、14:30三方嶺、17:30鹿の土俵
今日の希望としては鹿ノ土俵先の作業小屋だったが歩が進まず、鹿ノ土俵までとした。
水は途中で補給できた。晴れ続きのせいかチョロチョロとしか出ていなかった。縦走中ずっと冷たいわき水を期待していたのでがっかり。
昨日までと同じく途中の展望は殆どなく(頂上は全く無い)、薮と笹の原っぱをひたすら歩く1日だった。笹の中の道はトレースが消えている事が多く、又早朝はぐっしょり朝露で濡れていて歩きづらい。倒木が隠れていて時に足にぶつかる。気をつけていたにも関わらず残念ながらトラバース後に道を外し時間のロスが出てしまった。深南部の道は難しい。
17時過ぎまで粘ったが希望した作業小屋へは届きそうも無く断念し幕営。水があるのと明日で縦走を終えるので明日に期待して最後のテン泊を楽しむ?。
写真1. 本日の軌跡
写真2. 鹿ノ平方向(数少ないビューポイントにて)
写真3. 三方嶺にて(私)
写真4. 三方嶺にて(J崎氏)
写真5. 大無間山頂上にて(私)
写真6. 大無間山頂上にて(J先氏、お疲れのポーズ)
写真7. 大無間山頂上にて(私、食事しているがなんか元気なさそう)
[Res: 2384] Re: 南アルプス深南部縦走 投稿者:平塚 幹生・なほみ 投稿日:2015/08/09(Sun) 23:12
こんにちは! 光岳小屋で大変参考になるお話を伺ったものです。
無事下山なさったようで、夫婦で楽しく読ませて頂きました。
だいぶ大変だったみたいですね!
また、スピリタス(96度のウォッカ)で乾杯したいです!
追伸 本文中にありました自慢の妻の勇士を添付します。
[Res: 2384] Re: 南アルプス深南部縦走 投稿者:光岳小屋の夫婦 投稿日:2015/08/09(Sun) 23:50
んにちは! 光岳小屋で大変参考になるお話を伺ったものです。
無事下山なさったようで、夫婦で楽しく読ませて頂きました。
だいぶ大変だったみたいですね!
また、スピリタス(96度のウォッカ)で乾杯したいです!
追伸 本文中にありました自慢の妻の勇士を添付します。
[Res: 2384] Re: 南アルプス深南部縦走5日目 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/08/10(Mon) 08:54
縦走5日目8月 3日 天候 晴れ 
本日の結果 鹿ノ土俵(1,883m)〜朝日岳(1,826.6m)〜朝日岳登山口(525m)〜寸又峡温泉(540m)
      活動時間10時間30分、活動距離12.5km、高低差1400m
4時半頃起床。5時30分出発。今日を縦走最終日とした。寸又3山(朝日岳、前黒法師岳、沢口山)は今の疲労具合からみて中止する事に(朝日岳はルート内)。時間的な余裕もあるのでのんびりと起床。食事をとるが相変わらず喉を通りづらい。しかし最終日なので気分が明るい。気持ち良く出発。相変わらずトレースは薄い。テープもまばら。注意して進む。最初は緩やかだったが段々に急傾斜が現れ息があがる。2、3度急登を上り詰め頂上へ。11時26分ついに最後の山の頂上へ感動の一瞬?。残念ながら眺望はなし。記念撮影と食事をとる。今晩の宿を取るためJ崎さんがD社の携帯を使う。アンテナは2〜3本たったそうだ。私のA社をためす。圏外ではないがアンテナマークのみ。いよいよ下山。テープは今までと打って変わってこれでもかという程につけられている。一点破線のルートと実線表示のルートの差なのだろう。ここからがまた意外につらかった。減ったとはいえまだ12、3kのザックを背負いひたすら下りる。頂上付近は緩やかだったが下るにつれ急傾斜が出てくる。つま先が少しいたむ。気温も上がって来て結構むしむしする。3時間がたち漸く登山口へ。途中沢音が聞こえ沢水を飲めるかと期待したが残念ながら沢には近づく事が無かった。でも涼しい沢からの風は届けてくれた。寸又峡温泉へは吊り橋と林道歩きで(何とこれは登山者専用との事が後で解った)。宿へは45分かかり16時の到着となった。温泉峡という事で車も通っていて少しはにぎやかかと思っていたら、限界集落に近い所で全戸数20軒あまりとの事。何はともあれ、宿について早速風呂へ。アルカリ性の泉質で肌がヌルっとする。沢で二度体を拭いたがやっぱり風呂に入るのが一番気持ちよい。汗の臭いも消えた所で夕食。早速ビールと冷酒で乾杯。料理は鴨鍋、鹿刺とごちそうが並ぶが山では食が細かったので余すかと思ったら完食。さぞかし胃袋がびっくりしている事だろう。食事後は部屋で荷物整理。山では気にならなかったが自分がさっぱりとしたら衣類とザックの臭いが気になる。かなり臭い。消臭剤を振りかけて就寝。翌日はバスで1時間近く移動し、大井川鉄道経由にて自宅へと帰りました。大井川鉄道では「機関車トーマス」が運行されていてこれ目当ての家族連れで連日予約が満杯との事でした。18時頃我が家へ帰宅。大けがする事無く無事に帰れてほっとしました。
写真1. 本日の軌跡
写真2. 朝日岳山頂にて(私)
写真3. 朝日岳山頂にて(J崎氏)
写真4. 朝日岳登山口にて(私)
写真5. 朝日岳登山口にて(J崎氏)
写真6. 猿並橋(地元の方が猿が渡っているのを目撃されています)
写真7. 鹿ノ角(朝日岳登山中に拾得)
写真8. 朝日岳他(帰りのバス車中より)
写真9. 機関車トーマス(大井川鉄道にて)
[Res: 2384] Re: 南アルプス深南部縦走 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/08/10(Mon) 09:21
平塚幹生・なほみさんご夫婦へ
光岳では無理矢理天気予報を調べていただいたり、おいしいウオッカをありがとうございました。半分以上私が飲んじゃったような。ご夫婦での山行って良いですね。私は実は南アルプスは今回が初めてで、山の深さと緑の多さには驚きました。眺望が少し残念でしたが、こういう出会いがあれば今度は表の南アルプス縦走も良いのかなと思いました。
ところで写真の掲載方法ですが(苦戦されていると思います)簡単な方法を紹介します。
最初にPC画面に添付予定の写真を貼付けておきます。山岳会のHPを開き掲示板へはいり、「返信する」をクリックしてメッセージ欄下の画像1〜9のところへ写真を近づけると色が変わりますのでそこで離すと添付されます(画像は画面一杯となってしまいますが.....)。
山行までに私のメールアドレスを添付します。yoshinogari_hara@yahoo.co.jp

[2380] 槍が岳 投稿者:本ちゃん 投稿日:2015/08/06(Thu) 07:57
7月28日〜31日までの槍が岳初登頂を参考までに報告します。28日松本浅間温泉に前泊。29日松本駅で関東組と合流。マイカーで沢渡駐車場まで行き、シャトルバスに乗り換える。上高地着9時50分
10時10分出発、合計5名。12時徳沢で昼食。13時40分横尾経由で15時35分槍沢ロッジに到着。泊まる。梓川沿いの歩きやすい山道、水量の多さに驚く。あとで雪解け水とわかる。
30日5時朝食、5時40分出発、天気は曇り、頂上付近は霧雨の予想。川沿いに進む。大雪渓を2度進む。お花畑と梓川の間の山道を登る。10時30分槍が岳山荘に着く。山頂は雲に隠れている。岩登り、はしご登りで冷や冷やしながら11時20分槍山頂に立つ。感無量。あまり山頂は混み合わず20分位狭い山頂に居る。途中雲が晴れて穂高連峰、槍が岳山荘がはっきり見える。12時20分山荘前で昼食(槍沢ロッジのお弁当、ちらし寿司、絶品)またまた雲が切れて青空まで見えて槍山頂を仰ぎみることができた。13時15分下山開始。途中雨が降り出し雨合羽を着る。長い長い下りを下り切り17時40分ロッジに戻る。韓国人の多くの登山者にでくわす。18時半夕食。
31日6時ロッジを出発。7時40分横尾着、10時明神、11時20分河童橋。この日は晴天で穂高連峰、明神岳がくっきり見える。12時25分沢渡行きに乗る。沢渡で車に乗り換え新島々で関東組と別れる。14時40分松本着。名古屋経由で久留米帰着は21時53分でした。槍の山頂が一時的にも晴れたことが最高であった。ロッジは半そで、頂上でも寒さは感じない状況。参考までに。

[2375] 屏山〜古処山山行 投稿者:トトロ 投稿日:2015/08/02(Sun) 22:00
晴れ晴れ☆お天気の中、会員6名と体験登山でご参加の方2名で屏山〜古処山に登ってきました。リーダーのN崎さんお世話になりました。ご参加の皆様お疲れさまでした。体験登山はいかがでしたか?仲間が増えてくれたら嬉しく思います。

キツネノカミソリは少し盛りを過ぎていましたが、観る事ができました(^o^)蝉の声や照りつける太陽に夏の暑さをを感じながらの山行でしたが、発汗での体温調節、こまめな水分補給、M井さん指導のもとのストレッチ!で体調管理しながら無事登る事ができました☆ 暑さの中にも、木陰の沢沿い歩きでは涼しさを感じ、ツゲの原生林の黄緑色が優しく感じ、時折吹きぬける心地よい風や小鳥の柔らかな声で癒された山行でした。登山者も多く本日の屏山、古処山は賑わっていました。

  1 M井さん号令で準備体操 1ポーズ20秒ずつが理想だそうです。
  2 本日体験登山のお二人 宜しくお願いします。
  3 沢沿いを歩きます。
  4 リーダーのN崎さん にこやかに
  5 可愛いキツネノカミソリに出逢いました。
  6 ツゲの原生林を通ります。
  7 ちら ほら ほら 咲いてるキツネノカミソリ(^^♪
  8 屏山山頂から色んな山や景色が観えました。
  9 集合写真 はい チーズ!
[Res: 2375] Re: 屏山〜古処山山行 投稿者:トトロ 投稿日:2015/08/02(Sun) 23:02
  1 ツゲのトンネルくぐります☆ 
  2 古処山山頂 証拠写真とりますよ〜! リーダーの言葉より
  3 木花開耶姫を祀る白山権現社の祠の前で女子会(^O^)
  4 ツゲの樹海泳ぐように〜スイ〜スイ〜
  5 下り続きで足を痛めないようにストレッチ!M井さんの指導で足をほぐします
  6 アキレス健伸ばしましょ 突っ張り稽古ではありません。。 
  7 マイペースで無理なく ゆっくりほぐしましょ
  8 足取り軽くなりましたか〜
  9 石仏さんもにっこりお見送り お疲れ様でした。

[2370] 七重の滝沢登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/07/26(Sun) 22:23
2015.07.26(日) 七重の滝沢登り(北九州)にリーダーのカッパ2号さん含め大所帯の参加者14名(新人4名)で行ってきました。久留米IC〜小倉南IC〜鱒淵ダムで駐車して堰堤を渡り赤い吊り橋を渡って入渓地点へ。一の滝から七ノ滝まで遡行して終了点そこからは登山道を下山して鱒淵ダムの駐車場。帰りは下の道を通り筑豊ハイツで疲れをとり帰路につきました。参加された皆さんお疲れ様でした。沢最高。
・入渓
・最初の滝に0方さん(沢2度目の新人)挑戦
・花ちゃん(ほぼ新人)、K戸さん(昔少し)、T本さん(初めて)
・0方さんに続くT木さん(初めて)を後方で見守るハチマキおじさん
・T田さん胸まで浸かってます
・K戸さんの番ですよ
・続いてT田さん
・初めてのT木さん緊張しながら登る
・0方さんに岳人さんにサポートされて一生懸命登ります
[Res: 2370] Re: 七重の滝沢登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/07/26(Sun) 22:28
・ベテランの岳人さん登ります
・M山さんにつづいてカッパ2号さん登ります
・水量の多い難所の滝を見上げ思案の末巻くことにした
・次の滝はM下さんと0方さんは果敢に挑戦しました。凄い2人。
・遡行風景
・楽しみながらの遡行
・小滝も楽しんで登ります
・新人さんも少しづつ慣れてきたみたいです
・ナメ滝に望む
・T田さんとハチマキおじさんのナメ滝登り
[Res: 2370] Re: 七重の滝沢登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/07/26(Sun) 22:32
・新人のT木さん問題無くクリアしました
・続いて0方さん上手くクリアしました
・花ちゃんもう少し左のコースだよ
・T田さんにつづいて花ちゃん登ります
・0方さんに続きT木さんスイスイ?
・補助的にザイルを出してあげる3人組み(左から0方さん、岳人さん、吾輩)
・溺れてる?遊んでる?どうでもいいか。
・U嶋さんからいただいた美味しい大きなスイカにかぶりつく皆さんです
・参加者の集合写真
[Res: 2370] Re: 七重の滝沢登り 投稿者:かっぱ2号 投稿日:2015/07/27(Mon) 07:37
フクちゃん、早速アップして下さってありがとうございます。
台風が接近している中での山行で心配したのですが、
天気にも恵まれ、楽しく溯行することができました。
新人さんや初参加の方も、ひるむことなく滝を登って行かれていて、たくましく感じました。
サポートして下さったみなさん、ありがとうございました。
いつもの名ばかりリーダーでしたが、晴れ女は健在でした(*^_^*)
U嶋さんのでっかいスイカの差し入れ、沢で冷やして美味しくいただきました。
ごちそう様でした。
[Res: 2370] Re: 七重の滝沢登り 投稿者: 投稿日:2015/07/27(Mon) 21:43
参加された皆さん、お疲れ様でした。
今回も派手に滑って、沢登難しいなぁと自分の未熟さを実感する場面も度々でした(^_^; けれど真夏でも涼しいし、次はもっと上手にのぼりたい!とますますはまりそうです。
参加できて楽しかったです、ありがとうございました(^o^)

[2363] 訃報 投稿者:アルペンかず 投稿日:2015/07/22(Wed) 00:18
登山の投稿でなくてすみません。長い間、山岳会に所属された野口拓造
さんが他界されました。多少、頑固でいてお茶目な野口さんは誰からも
愛される方でありました。自分も登山以外に大変お世話になりました。山を甘く見たらいかんばい!と40数年前は・・・が口癖の明るい氏でした。仕事で遅くに帰宅し遅い時間にお通夜に行ってきました。穏やかな表情のお顔を見て涙が出ました。祭壇の片隅にはKACのヤッケ等が置かれていました。今頃は天国で先に逝かれた奥様と会ってると思います。合唱。
1)黒髪山にて。右端が野口さん 2)前岳にて。中央が野口さん。後ろにクライマーの高木さん。 3)行縢山にて。後列左3人目が野口さん
[Res: 2363] Re: 訃報 投稿者:カント 投稿日:2015/07/22(Wed) 06:04
ご一緒したことはあまりありませんが80年記念山行にも参加いただきました。
[Res: 2363] Re: 訃報 投稿者:アルペンかず 投稿日:2015/07/22(Wed) 16:35
カントさん!有難う御座います!今日は葬儀でギリギリ出棺に
間に合いました。懐かしい元会員さんも来られ久し振りに会い
良かったです。野口さんの「山を甘く見たらいかん!」は生涯
肝に命じます。
[Res: 2363] Re: 訃報 投稿者:いちみる 投稿日:2015/07/22(Wed) 21:12
ご冥福をお祈りいたします。
うさぎとかめのかめさんタイプで、休憩もそこそこに黙々と歩いて、
山頂でみんなを待ってくれている方だったイメージがあります。
重鎮の残してくれたことば「山を甘く見たらいかん」私も肝に銘じて山に向かいます。
[Res: 2363] Re: 訃報 投稿者:アルペンかず 投稿日:2015/07/26(Sun) 16:25
いちみるさん
有難う御座います。マイペースでユーモアに
富んだ氏でした。登山にハプニングが稀に出ますので
毎回、用心して安全登山です。

[2355] 車谷沢のぼり 投稿者:Panaさん 投稿日:2015/07/14(Tue) 08:13
今年初の沢登り、車谷に行ってきました。
A司リーダーから体調不良の連絡があり、急遽リーダーを引き受けました。初めての方2名参加だったので、安全に怪我なくそして、楽しくを一番に16名で水遊びを楽しんできました。
沢登り初回は、反省会もあり盛り上がりました。宴会部長のいちみるさんありがとうございました。
参加のみなさんお疲れ様でした。そしてありがとうございました。


・山のベテラン友ちゃん頑張ってます
・後から続くメンバー
・手足が長いよっしーさんは、お助け紐いりません
・大先輩Mさんに続く女子達
・初参加の花ちゃん楽しんでますね
・N田さん頑張ってました
・ベテランいちみるさんに続く花ちゃん
・上から撮る人、下から撮る人
・やっぱり鉄人ふくちゃん
[Res: 2355] Re: 車谷沢のぼり 投稿者:かっぱ2号 投稿日:2015/07/14(Tue) 21:38
影のリーダーPanaさん、楽しい沢山行、そして早々のアップありがとうございました。
初参加のお二人を含め皆さんが、びみょ〜に難しい小滝に果敢に挑戦されていて、
そのたくましさに驚き、頼もしく思えました。
これからの活躍が楽しみです。
初沢の後は今シーズンの沢の安全を祈願しての結集(飲み会)が慣例となっていますね(*^_^*)
[Res: 2355] Re: 車谷沢のぼり 投稿者: 投稿日:2015/07/15(Wed) 21:19
参加された皆さん、お疲れ様でした。
私泳げないけど大丈夫かなと思っていましたが、沢登り楽しいですね!涼しいし、滝を登ったり、経験したことのない水圧は新鮮でした。リスクも十分認識し、またいろんな所に挑戦したいです。リーダーのPanaさんをはじめ、皆さんご指導ありがとうございました(*^-^*)
[Res: 2355] Re: 車谷沢のぼり 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/07/15(Wed) 22:12
遅くなりました。写真を便乗します。新人さん中心に撮りました。

・駐車場から1分で入渓。今年初めての沢です、皆さん慎重に楽しく登りましょう。
・岩壁を利用しながらルンゼを登る花ちゃん(右から4人目)
・岩壁を利用しながらルンゼを登る0方さん(右から2人目)
・腰まで浸かりナメ滝に進むN山さん
・あっ新人の花ちゃん迂回してるよ〜
・急きょご指名のリーダーPanaさん責任持って指名果たしてます
・おっぴぃさんと花ちゃん泳いで渡る。かっぱ2号さん大喜び
・またまた小滝に挑戦
・お助け紐で登り上がる花ちゃん
[Res: 2355] Re: 車谷沢のぼり 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/07/15(Wed) 22:21
2
・トモさんもお助け紐ちょうだいで登る
・新人花ちゃんガンバです
・トモちゃん登る姿勢決まってます
・新人0方さんそうです足元確実にして登ろう
・トモちゃん小滝に挑戦中
・新人0方さんここは3点支持で登ろう
・トトロさん、K久さん、M山さん続く
・新人花ちゃん手と足のリーチでスイスイ
・新人0方さん足元慎重です(最初は誰も沢靴信用できませんでした)
[Res: 2355] Re: 車谷沢のぼり 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/07/15(Wed) 22:27
3
・新人花ちゃんまたまたリーチを生かしてよいしょとクリアー
・トモちゃん、M山さん雫を浴びながら遡行
・新人0方さん、トトロさんもヘソまで浸かります。K久さんは腰までかなぁ
・ゴーロを慎重に遡行
・新人0さんを励ましながら見守る仲間達
・お助け紐にぶら下がるトモちゃん
・お助け紐いらないょ〜と、手足のリーチ生かしてひょい
・新人0方さん自然シャワーを浴びながらの遡行
・最終点での集合写真 
突然のリーダーのPanaさんお疲れ様でした。すべて予定通りと言うか思ったより人数の多いなか予定より早く進みました。お疲れ様でした。また参加された皆さんお疲れ様でした。恒例の最初の沢の宴も楽しかったです。有難うございました。
[Res: 2355] Re: 車谷沢のぼり 投稿者:おっぴぃ 投稿日:2015/07/16(Thu) 20:36
台風きてたりでドキドキしてたんですけど、ぶしに沢登り出来てよかったです♪

川?滝?水圧が身体全体に浴びることがなんともいえない体感でとても楽しかったです�(*^ー^)(*^ー^)(*^ー^)(*゜▽゜)ノ(*゜▽゜)ノ(*゜(*゜▽゜)ノ


この夏の沢登り満喫できたらなぁ♪とおもいました´ω`)ノ

リーダーのPanaさん、岩山行にご一緒された皆さんお疲れさまでした♪
[Res: 2355] Re: 車谷沢のぼり 投稿者:トトロ 投稿日:2015/07/17(Fri) 01:06
久しぶりの沢登り☆お天気も落ち着き行けてよかったです。
ご参加の皆様お疲れ様でした☆ご一緒頂きありがとうございました。
リーダーのPanaさんお世話になりました。
新しい仲間が増え賑やかで初々しい感じがした遡行でした\(^o^)/

     ”童心に戻ったような気持ちになった”
初めての沢に ポチャン!と足を踏み入れた時に感じた思い出が
懐かしく甦ってきました(^O^)

マイナスイオン浴びてシャワークライミング!
夏ならではの沢登りでリフレッシュできました。

[2350] 会山行、古処山の件 投稿者:ura 投稿日:2015/07/04(Sat) 09:24
8月2日の会山行、古処山は例会で募集が出来ませんでした。
そのため、今回は臨時措置として、電話による受付に変更します。
例会便りに計画及びリーダーの電話番号を掲載していますので
山行希望者は電話で参加申し込みをしてください。
[Res: 2350] Re: 会山行、古処山の件 投稿者:カント 投稿日:2015/07/05(Sun) 06:56
持ち上げておきます。

[2344] 九千部三山周回 投稿者:カント 投稿日:2015/06/28(Sun) 20:22
九千部三山を周回しました。参加者は27名の大人数でした。
筑紫神社より8:35分に入山し、雲野尾峠分岐〜石谷山〜九千部山と登り上がり、九千部山山頂で昼食を取った後(11:35〜12:20)、帰りは四阿屋分岐より城山を経由して14:55分、筑紫神社に戻ってきました。
本日は梅雨の中休みか? 快晴の天気になり、尾根沿いは爽やかな風が吹いて、快適な山行になりました。
H野リーダー、大人数の山行 お疲れ様でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-555.html

・本日の軌跡
・筑紫神社の駐車場に集合しました。
・雲野尾峠方向に登って行きました。
・不安定な橋通過
・落ち葉の登山道は快適です。
・石谷山山頂
・九州自然歩道を九千部山に向かいます。
・九千部山頂写真
・山頂で昼食を取りました。
[Res: 2344] Re: 九千部三山周回 投稿者:カント 投稿日:2015/06/28(Sun) 20:23
・四阿屋分岐より下りていきます。
・城山に立ち寄りました。
・城山山頂
・山頂より下界を眺めています。
・尾根沿いに下って行きました。
・筑紫神社に下山しました。
・ウツボグサ
・オカノトラノオ
・ヤマボウシの実がついています。
[Res: 2344] Re: 九千部三山周回 投稿者: 投稿日:2015/06/29(Mon) 09:42
参加された皆さん、お疲れ様でした。
今回は爽やかな風が吹いて、新緑も鮮やかな山行を存分に楽しむ事ができました。こんな近くにいい山があるんだ!と、またいろんなルートでも登ってみたくなりました。
リーダーのH野さん、お世話になりました(^o^)

[2341] 根子岳 投稿者:Panaさん 投稿日:2015/06/25(Thu) 10:10
6/21(日)個人山行で根子岳縦走に行ってきました。
    (鬼の居ぬ間に楽しんできました)
メンバーは、いちみるさん・新人の花ちゃんの3人です。
ヤカタガウドから7時登り始め西峰周りで縦走開始→熊五郎→見晴新道→16時前無事下山しました。
縦走途中遠くから声をかけられました。凧さん、TDさん達4人でした。
なんと凧さんのブログに私たちの勇姿がUPされていました。
写真は、あまり撮れなかったが色々集めて報告します。


・縦走路にたくさんオオヤマレンゲが咲いていました。
・赤い花がオオヤマレンゲを引き立たせてくれています。
・こんな岩場に美しく格別です… まだまだ蕾もありました。 
・ローソク岩にて懸垂準備
・いちみるさんと2ショット。
・凧さんのブログより〜3人の勇姿
・あそこを登ってきたんだ!!
・無事下山、花ちゃんよく頑張りました。いちみるさんは、流石です。
・根子岳バックに記念撮影。
[Res: 2341] Re: 根子岳 投稿者:いちみる 投稿日:2015/06/25(Thu) 19:55
Panaさん、アップありがとうございます。
根子岳縦走は他の岩場と違って、自分の足で行くしかなく、
花ちゃんは自力でよく頑張りました。
思いがけずオオヤマレンゲを愛でることができたり、
ネット上でやりとりしている方たちと遭遇できたりと、楽しみも倍増でした。
新人のみなさん、活動の幅を広げて楽しんで下さいね。
[Res: 2341] Re: 根子岳 投稿者: 投稿日:2015/06/25(Thu) 20:16
山行のUPありがとうございます(^o^)
憧れの根子岳は怖い!と何回言ったか分からないくらいでしたが、景色も達成感も格別で感激の連続でした。後から写真を見ても、ここを登ったんだと嬉しくなります。
Panaさん、いちみるさん、大変お世話になりました。充実した1日をありがとうございます。お二人との技術、体力の差も実感しましたので、自己研鑽に励みたいと思います(^-^;

[2339] 明星山〜白金山縦走 投稿者:カント 投稿日:2015/06/21(Sun) 20:51
地元の山、明星山〜白金山を縦走してきました。参加者は19名でした。
西鉄久留米駅より西鉄バスで竹の子バス停に移動し、竹の子登山口より「炭焼小屋コース」で明星山に登りました。
明星山より白金山を往復した後、下山は「青峰コース」で青峰登山口に降りてきました。
低山(360m)の縦走路でしたが、往復12ヶ所のアップダウンがあり、かなりハードな山行になりました。
しかし、縦走路は落ち葉の登山道で歩きやすく、木立のトンネルは日陰で快適に歩くことができました。
街の中心部より30分ぐらいの近郊に素晴らしい縦走路があるのが確認できました。
I津リーダー、O方サブリーダー お疲れ様でした。楽しい山行でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-554.html

・本日の軌跡
・西鉄久留米バスセンターに集合しました。
・竹の子バス停より、登山口に向かいます。正面は明星山です。
・往路は「炭焼小屋コース」を登って行きました。
・いい感じの登山道です。
・整備された階段を登って行きます。
・明星山山頂に着きました。
・木立が切り払われ下界を見下ろすことができます。
・山頂で少し休憩しました。
[Res: 2339] Re: 明星山〜白金山縦走 投稿者:カント 投稿日:2015/06/21(Sun) 20:52
・明星山山頂写真
・縦走路を白金山に向かいます。
・白金山山頂写真。
・山頂で昼食を取りました。
・復路は「青峰コース」を降りてきました。
・青峰登山口
・青峰団地よりバスで戻ってきました。
・オカノトラノオ
・タシロラン

[2333] 九千部岳登山 1 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/06/15(Mon) 08:52
6月14日に奥雲仙の九千部岳へ登りました。
トレイルセンターの駐車場は混雑していました。登山も混雑・団体が予想されます。
登山ルートは田代原トレイルセンターから西側の尾根より頂上を目指し、東側に下りていく周回コースです。
計画とは逆コースですが、雨後の滑り易くなった岩場を登りに使用し、安全に配慮しました。
午前中の登りはムシムシしたなか、汗をかきかき慎重に岩場を登っていきました。
林の中は見晴らしが無く、九千部大明神祠近くで見晴らしが良くなり、待望のヤマボウシが見え始めました。
頂上は狭く、混雑していたので記念写真を撮り、食事もとらず早々に退散です。
下山を始めると団体と何度も離合でした。
下りは見晴らしがよく、ヤマボウシがよく見えました。
吹越分岐で食事を済ませ、トレイルセンターへ足下に注意しながら下山しました。
梅雨時で雨が降るかな、と不安でしたが曇ったままで下山でき、ほっとしました。
リーダーM田さん、サブリーダーU田さんおつかれさまでした。
写真1. トレイルセンター
写真2. 登山開始です
写真3. 両側に花が咲いています。ヤマツツジとコガクウツギでしょうか
写真4. 狭い岩場を通り抜けます。お腹をへこませて 通れたかな?
写真5. 岩場の通過です。片手でロープをつかんで慎重に
写真6. 大明神付近での見晴らし
写真7. 集合写真
写真8. 下山開始早々離合中です
写真9. 下りも足下の岩がこけで滑りそう
[Res: 2333] Re: 九千部岳登山 2 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/06/15(Mon) 09:42
出会った花をアップしました。
詳しくありませんので名前が歯抜けです。
何方か詳しい方で訂正等お願いします。
写真1. ヤマボウシ
写真2. ? どうしても思い出せません
写真3. ハコネウツギ?
写真4. ?
写真5. シモツケ
写真6. ヤマツツジ
写真7. ヤマツツジと ?
写真8. 九千部大明神祠内
写真9. 御手水鉢 木の根に穴があいていて手水鉢になっていました!

[2329] 岩登り講習会 投稿者:トトロ 投稿日:2015/06/15(Mon) 00:38
新人さんを対象とした岩登り講習会を実施しましたので報告致します。
ご参加の皆様の熱意が伝わったのでしょう☆週末に向けてお天気も回復の兆しが見られ、本日はクライミングボードと岩登りの両方を体験する事が出来ました\(^o^)/岩登りに必要な3つのお約束 体力! 技術! 経験! ”場数を踏んで身につける事が一番”とF本リーダーが力説☆初めて体験するクライミングに多感にチャレンジされてありました。ご参加の皆様お疲れ様でした。
 
 1 競技場にて挨拶&基礎講習から始めます
 2 岩道具説明☆色々出てきます
 3 岩登りの必需品まずはハーネスつけましょう
 4 次はエイト結び
 5 長さはこのくらいでいいかな〜
 6 大牟田のクライミングボードへ移動 
   まずはストレッチ!身体をほぐして準備OK
 7 エイト結び確認して、スタート!
 8 最初に若手のT本さんから
 9 次にA山さんファイト☆
 
[Res: 2329] Re: 岩登り講習会 投稿者:トトロ 投稿日:2015/06/15(Mon) 00:52
 1 足はここに置いて
 2 O方さん頑張ってます!
 3 T木さんもチャレンジ☆
 4 息の合ったお二人で(^^♪
 5 丁度お昼になりました エネルギ〜補給しましょ
 6 今度は日向神へ移動しま〜す
 7 道端エリアに到着です
 8 F本リーダーの号令!!皆酒豪〜じゃなかった。。集合!
 9 まずはF本さんリードで登攀 パナちゃんビレーで
[Res: 2329] Re: 岩登り講習会 投稿者:トトロ 投稿日:2015/06/15(Mon) 01:15
 1 N田さん集中して登攀中!
 2 花ちゃんスイスイ
 3 ビレーも頑張ってます☆
 4 T本さんクライミング
 5 A司君の安心ビレーでA山さん登攀
 6 ファイト!
 7 続いてO方さん
 8 T木さんチャレンジ☆
 9 登攀したら懸垂下降の練習 M下さん上で待機中です。
  
 
[Res: 2329] Re: 岩登り講習会 投稿者:おっぴぃ 投稿日:2015/06/15(Mon) 07:09
講習会お疲れさまでした。

リーダーのF本さんお疲れさま&お世話かけました。

心配されてた天気も回復に向い、ボードからの道端エリアにての岩登りできてよかったです♪

楽しく参加でき、リフレッシュ♪できました。

参加された皆さんありがとぉござぃました(*^ー^)
[Res: 2329] Re: 岩登り講習会 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/06/15(Mon) 22:07
参加された皆さんお疲れ様でした。また岩登りに行きましょう。集合写真です。
[Res: 2329] Re: 岩登り講習会 投稿者: 投稿日:2015/06/15(Mon) 22:28
参加された皆さん、お疲れ様でした。
ボードに日向神とじっくり練習ができ、経験を重ねるいい機会となりました。まだまだ滑ってばかりですが、楽しさはもうやみつきです。早く一人前?の登山者になれるよう頑張ります!
今回もご指導ありがとうございました(^o^)v

[2326] 山行記録UP 投稿者:大吟醸 投稿日:2015/06/09(Tue) 18:27
HP管理人様

山行記録のUPありがとうございますm(_ _)m
鮮度が命のホームページ、日々の更新大変ですが、今後とまよろしくお願い申し上げます。
[Res: 2326] Re: 山行記録UP 投稿者:ura 投稿日:2015/06/09(Tue) 21:31
大吟醸様

ご配慮ありがとうございます。
言葉が励みになります。
今後ともよろしくお願いします。

[2319] 比叡山岩登り 投稿者:Mamechan 投稿日:2015/06/07(Sun) 21:33
本日比叡山岩登りに参加しましたのでレポートします。
参加者12名、4チームに分かれての登攀。
1班と3班は失われた草付ルートを、2班と4班はTAカンテを登りました。
1.1班 ふくちゃん、N山さん、Pana子さん、準備万端、先頭を登ります。
2.1P登攀中のふくちゃん
3.ビレイするPana子さん、見守るN山さん他
4.ルートを確認中の4班 Aka氏、マコリーダー、ともちゃん
5.1P登攀中Pana子さん
6.2班リード中のPanaさん
7.比叡デビューの花ちゃん
8.2班のトリを行くJ崎さん
9.1P終了点でリラックス中の2班
[Res: 2319] 比叡山岩登り2 投稿者:Mamechan 投稿日:2015/06/07(Sun) 21:44
1.TAC 3ピッチ終了点で4班を待つ2班の皆さん、優しいですね
2.1班登攀中のN山さん 1年ぶり?
3.最終ピッチの登攀撮影中のふくちゃん
4.ルートを登りあがってお寛ぎ中の1班3班の皆さん
5.2班を終始リードしたPanaさん
6.本日のリーダーのマコさん、ともちゃん、Aka氏。奥様には内緒ですが、Aka氏は終始リードして頂きました。お疲れ様でした
7.1峰山頂への縦走路を進む参加者
8.1峰をバックに展望台での集合写真(ふくちゃん抜きで)
9.19時過ぎに陸上競技場に到着。ザイルのメンテナンスをするメンバー
天候にも恵まれ楽しく岩登りを楽しめました。マコリーダー、参加者の皆様、お疲れ様でした。
[Res: 2319] Re: 比叡山岩登り 投稿者:トトロ 投稿日:2015/06/07(Sun) 22:31
お天気も回復し丁度いいお天気に\(^o^)/
皆様の思いが伝わったのでしょう。
ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

本日3名の方が、比叡山岩登りデビューでした。
意欲的にチャレンジしてあり頼もしかったです。
リードして頂いた皆様お疲れ様でした。
安心安全岩登り、おかげで怪我もなく無事登攀出来ました。

ザイル整備では皆さんの温かいご協力に感謝の気持ちで
いっぱいになりました。岩登り道具にもありがとうですね。
[Res: 2319] Re: 比叡山岩登り 投稿者: 投稿日:2015/06/08(Mon) 21:56
参加された皆さん、大変お世話になりました。
今回もなかなか登れなくて、時折高さに恐怖も感じましたが、しっかり支えて頂いている安心感で最後まで登りきることができました。また一息ついて見下ろす新緑と岩山の景色は感動でした。
参加させて頂いて楽しかったです。
ご指導ありがとうございました(^o^)

[2322] 平治岳登山 投稿者:ミッチー 投稿日:2015/06/08(Mon) 12:58
遅くなりましたが、若輩者の私が報告いたします(汗;;
参加者17名 時間はほぼ予定通りでした。
途中アクシデントがありましたが、SLのMさんのザイルのお陰で全員登り切ることが出来ました。そのザイルも残置されましたので後から登って来られてきた方も大変感謝されておられました!
久々に参加して、やっぱり勉強になりました。
肝心のミヤマキリシマは、頂上付近だけでした。大戸越の斜面は1週間前も咲いてなかったそうです。
1.本日のルート
2.吉部駐車場の様子(朝7時)
3.梯子がなくなっていた箇所(試登ではあったそうです)
4.平治岳の北側斜面
5.平治岳北側斜面途中の由布岳
6.7 平治岳の山頂からちょっと降りたところ
8.北大船
9.大戸越
[Res: 2322] Re: 平治岳登山 投稿者:ミッチー 投稿日:2015/06/08(Mon) 13:43
平治岳頂上付近ミヤマキリシマ写真
[Res: 2322] Re: 平治岳登山 投稿者:カント 投稿日:2015/06/08(Mon) 19:54
Nさんのサイト「ようこそ九重連山へ」5/30日の情報で梯子が撤去されているとの事で、不安定な脚立を安定したものに取り換えている最中と思っていましたが、このまま設置されないのかもしれません。
下りはロープがないと大変ですね。

[2315] 伐株山・万年山登山 投稿者:カント 投稿日:2015/06/01(Mon) 21:34
ミヤマキリシマのシーズンに入り、万年山に行ってきました。参加者は16名でした。
今回は伐株山に登った後、万年山に移動する計画でしたが、丁度 万年山の「山開き」と重なってしまい、大変な目に合ってしまいました。
伐株山下山後、万年山山開きで登山口までの道が規制されており、シャトルバスでしか入れなくなっていました。
そこで玖珠町の河原駐車場のシャトルバスの発着所まで戻り、シャトルバスで登山口に向かいましたが、シャトルバスの運行がスムーズでなく、移動時間、バスの待ち時間、シャトルバスの離合待機時間等で2時間近く余分な時間を使ってしまいました。
それでも予定通りのコースを歩き切り、遅れた分、帰りの温泉はパスしました。
本日は2〜3日前までは雨の予報でしたが、奇跡的に天気が回復し、青空の下、トラブルを除くと快適な山行でした。
万年山のミヤマキリシマは盛りを過ぎていましたが、中には丁度見頃の株もあり、見頃を迎えていた山頂付近の「山つつじ」を含め、十分に花を楽しむことができました。
お世話係りのH田さん、T下さん、気苦労の多い一日で お疲れ様でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-551.html

・本日の軌跡
・6時に久留米を出発し、伐株山登山口には 7:15分頃 到着しました
・7:30分、伐株山登山口より入山し、ジグザグに登山道を登って行きました。
・山頂台地に登り上がりました。
・広場を横断します。
・伐株山山頂写真
・「針の耳」に降りていきます。
・岩が滑り慎重に降りていきました。
・針の耳登山口には9時に着きました。
[Res: 2315] Re: 伐株山・万年山登山 投稿者:カント 投稿日:2015/06/01(Mon) 21:35
・伐株山下山後、万年山吉武牧場登山口に移動しました。2時間掛かり11時になりました。
・万年山がくっきり見えています。
・気持ちの良い牧道を進んで行きます・
・南アルクス周遊コースを進んで行きました。
・ミヤマキリシマの群生地に着きました。
・見ごろの株もあります。
・見ごろの株もあります。
・ここで昼食を取りました。
・昼食後、万年山に向かいます。山ツツジが良い頃でした。
[Res: 2315] Re: 伐株山・万年山登山 投稿者:カント 投稿日:2015/06/01(Mon) 21:36
・稜線より下界が見えます。
・万年山山頂です。
・気持ちの良い草原です。
・万年山山頂写真
・降りていきます。下界が見えています。
・午前中登った「伐株山」が見えています。
・牧道に戻ってきました。
・万年山をバックに、リーダーお疲れ様でした。
・14:35分、吉武牧場登山口に戻ってきました。

[2314] 市民ハイキング集合写真 投稿者:マッサン 投稿日:2015/05/28(Thu) 13:01
遅ればせながら市民ハイキングの集合写真をアップします。

[2311] 市民ハイキング 投稿者:K1 投稿日:2015/05/25(Mon) 09:04
5月24日に市民ハイキングを実施致しましたのでご報告致します。当日の天候は予想に反して好天に恵まれ絶好の登山日和となりました。参加者は一般参加者30名、KAC会員13名総勢43名でした。西鉄久留米を7時に出発して途中道の駅湯布院にて休憩後登山口に8時50分に到着しました。体操後出発して好天気の中快調に歩を進め途中林道出会い、南平台分岐、馬の背分岐にて休憩して山頂には11時40分に到着しました。山頂にて昼食休憩を取り下山はロープウエイ駅、火男火売神社経由下山口に15時に到着しました。その後七色の風にて入浴後久留米に18時に到着致しました。ケガも無く安全登山が出来た事に参加された方及びKACスタッフのご協力に感謝致します。尚、下記の写真は私が最後列にいましたので移動中の前方からの写真はありません。又、山頂での集合写真はありません。

@西鉄久留米駅に集合
A道の駅湯布院にて
B猪瀬戸登山口に到着
C登山口付近にて体操をしました
Dミヤマキリシマ1
Eミヤマキリシマ2
F山頂にて昼食
G火男火売(ホノオホノメ)神社
H下山口に到着
[Res: 2311] Re: 市民ハイキング 投稿者:ura 投稿日:2015/05/25(Mon) 11:42
写真を追加します。
1)猪瀬戸登山口にて
2)谷沿いの登山道
3)稜線に登り上がるとパノラマ風景です。
一人で参加した小4の女の子。元気です。
4)ミヤマキリシマと鞍ヶ戸。
5)山頂到着
6)山頂にて
7)山頂にて
8)山頂にて
9)ロープウエー乗り場の広場にて

[2306] 捜索登山  投稿者:カント 投稿日:2015/05/17(Sun) 22:55
佐々木さんが遭難されて1年が過ぎました。
一応の区切りをつけるため総勢37名で脊梁 峰越峠周辺の捜索を行いました。
B班(烏帽子岳往復)の状況報告です。

・A班、B班の捜索軌跡
・6時に久留米を出発し、峰越峠には9:30分過ぎに到着しました。
・B班は5名で烏帽子岳方向に向かいます。
・ブナの新緑が鮮やかでした。
・新緑の縦走路
・岩場を越えます。
・周りの稜線がくっきり見えていました。
・倒木を越えて
・気持ちの良い縦走路
[Res: 2306] Re: 捜索登山  投稿者:カント 投稿日:2015/05/17(Sun) 22:56
・烏帽子岳山頂
・山頂より進んできた稜線が見えています。
・シャクナゲは終盤を迎えていました。
・バイケイソウの間を
・展望岩まで進みました。
・苔むした木
・峰越峠に戻り、佐々木さんを忍びます。
・参加者はバス2台分、37名でした。
[Res: 2306] Re: 捜索登山  投稿者:会長 投稿日:2015/05/18(Mon) 10:48
佐々木さん捜索登山に参加された皆さん、大変ご苦労様でした。
残念ながら、この一年間の捜索、および昨日の最終捜索において、皆様の懸命の捜索にも関わらず、何の手がかりも得られなかったことは、残念の極みです。
しかし 皆さんの懸命なる捜索活動に対して、佐々木さんもきっと喜んでおられると思います。
5月25日の一年を迎えることで、一つの区切りを付けなければならないと思います。
佐々木さん、さようなら・・・・
[Res: 2306] Re: 捜索登山  投稿者:ura 投稿日:2015/05/18(Mon) 14:30
昨日の捜索に参加された皆様、お疲れ様でした。
昨日の分も含めてこの一年間の捜索のルート図を作成していますので
参考にしてください。
中心部をトリミングしていますが、全図は山行報告書にあります。

[2309] 市民ハイク試登 投稿者:K1 投稿日:2015/05/18(Mon) 11:45
市民ハイク試登へ行って来ましたのでご案内します。参加者は12名でした。競技場を7時に出発して登山口には8時40分に到着しました。
車でしたので下山口へ車を回した関係で登山口出発は9時10分過ぎとなりましたが、天気にも恵まれ快適に歩を進める事が出来ました。山頂付近のミヤマキリシマは3〜4分咲きの状態で来週の本番が最高の見頃になると思われます。1時40分に下山して七色の風にて入湯して久留米には5時30分に到着しました。参加された方お疲れさまでした。

1.猪瀬戸登山口
2.何の花でしょう誰か教えて
3.馬の背分岐
4.ミヤマキリシマ1(2〜3分咲き?)
5.ミヤマキリシマ2(満開)
6.山頂集合写真
7.ロープウエイ駅付近のミヤマキリシマ
8.ロープウエイ駅は工事中でした
9.ロープウエイ駅前広場のミヤマキリシマ

[2298] 花立山岩登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/05/11(Mon) 22:31
5月10日(日)日向神ダム上の花立山岩登りに9名(新人3名)で登って来ました。当初、道端エリアで2組に分かれて確保の方法と懸垂下降の練習を実施してその後花立山に向かい3人1組の3組(1組福ちゃん友ちゃん緒っちゃん、2組野んちゃん青ちゃんまりちゃん、3組松ちゃん花ちゃん津留ちゃん)に分かれ登攀しました。天候に恵まれ青い空、白い雲、そして清々しい空気に包まれ、自らの手で少しずつ岩場の難関を克服しながら完登した喜びと感動は一入です。全員楽しく登攀出来ました。リーダーの野んちゃんお疲れ様でした。
1 まずは花立山を背景にしての集合写真から
2 花ちゃんまずは登ってから懸垂下降ですよ
3 友ちゃん真剣に確保(ビレイ)やってます
4 青ちゃんも真剣そのもの(命預かってるからね) 
5 緒っちゃん昔とった杵柄、流石です  
6 花ちゃん懸垂下降練習中
7 ベテランまりちゃんスーイスイ
8 花立山へ移動して1組登ります。トップは福ちゃん
9 続く友ちゃん緒っちゃんガンバ
[Res: 2298] Re: 花立山岩登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/05/11(Mon) 22:46
1 緒っちゃん余裕です
2 野んちゃん105`ウォークで負傷した右足腫れてるけど大丈夫? 
3 笑顔の青ちゃん初めてとは思えないくらい楽しんで登ってます
4 日向神の山々の風景
5 登攀風景
6 野んちゃんザイル引き上げ大変そう
7 青ちゃんとまりちゃん三点支持で頑張ってます
8 青ちゃんもう少しです
9 まりちゃんふぁいとです
[Res: 2298] Re: 花立山岩登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/05/11(Mon) 22:56
1 松ちゃん慎重です
2 トップの松ちゃんもう少しです
3 花ちゃんつづく(三点支持だよ)
4 花ちゃん(手掛かり足掛かり見つけてね) 
5 津留ちゃんいつもながら身軽です
6 最後の踏ん張り
7 山頂で昼食
8 山頂での集合写真 
9 最後に花立山背景に集合写真
[Res: 2298] Re: 花立山岩登り 投稿者:いちみる 投稿日:2015/05/12(Tue) 20:55
早々のアップありがとうございます。
確保や懸垂下降の基礎練習を踏まえ、ゲレンデデビューを果たされた皆さんは、
初とは思えないような軽やかな登りをされていましたね。
頼もしい限りです(*^_^*)
今後の活躍が楽しみです。
リーダーの野んちゃん(!?)楽しかったです、ありがとうございました。
[Res: 2298] Re: 花立山岩登り 投稿者: 投稿日:2015/05/12(Tue) 22:51
参加された皆さん、お世話になりました。
初の岩デビューはあまりの高さに足はすくみ、なかなか進めなくて私には無理なのかなと思いましたが、先輩方のご指導とサポートで何とか登ることができました。登った達成感と景色は最高で、やっぱり楽しかったです!
本当にありがとうございました(*^-^*)

[2302] 時雨岳計画書 投稿者:ura 投稿日:2015/05/12(Tue) 22:12
17日の時雨岳の計画書を例会便りに掲載しています。
ご参加の方は確認、お願いします。

[2294] 体験登山bQ 投稿者:Mamechan 投稿日:2015/05/10(Sun) 18:51
5月10日 本日入会希望者の体験登山に参加させていただきましたので、レポートします。
朝8時過ぎにJR久留米駅を出発、筑後草野駅を8時40分頃に下車し、発心公園まで道路を歩き。9時過ぎから発心公園の登山口より自家用車組と合流し上り始めました。
1.昨日移設したばかりの登山道入り口の道標にて
2.M山会長によるありがたいお話と、真新しい道標を眺めている参加者
3.最初は沢沿いを登ります
4.30分程登ったところで小休止
5.横岩コースの最後の登り
6.ゆっくりしたペースで登ったため、11時40分頃山頂に到着しました。
7.N崎リーダーとO川サブによるケーキとコーヒーの差し入れ。美味しかったです。
8.発心山で一番見晴らしのきく場所で、M山会長による山の説明に耳を傾ける体験登山のメンバー
9.13時50分無事に発心公園に下山しました。入会希望者のA山さん、A木さん、T木さん、サポートの皆さんお疲れ様でした。
[Res: 2294] Re: 体験登山bQ 投稿者:トトロ 投稿日:2015/05/10(Sun) 23:17
Mamechan早々のアップありがとうございます。
本日もお天気に恵まれた体験登山となりました。ご参加の皆様お疲れさまでした。
新緑と心地よい風☆小鳥のさえずりと賑やかな話し声のコラボ!
そんな ほんわかニコニコ(^^♪体験登山いかがでしたか?
元気に意欲的に登られて前向きな気持ち伝わってきましたよ\(^o^)/
仲間の輪が広がるのを楽しみにしています。

サポート隊の皆様、こまやかな気配りや山の話題で
楽しい雰囲気を盛り上げて頂きありがとうございました。

また、前日道標設して下さった皆様、雨の中の大変な作業お疲れ様でした。
真新しいぴっかぴかの道標☆皆さんの頑張りでキラキラ輝いて見えましたよ。
久留米の地元の山で活躍してくれることでしょう。

[2295] 経読岳縦走 投稿者:カント 投稿日:2015/05/10(Sun) 20:51
シャクナゲのシーズンに入り、経読岳に行ってきました。総勢19名でした。
小屋ノ原よりバリエーションルートで稜線に登り上がり、後は九州自然歩道を笈吊峠まで縦走し、相ノ原登山口に降りてきました。
お目当てのシャクナゲは裏年のせいか? 花芽が殆どついてなく、シャクナゲのトンネルの筈が全く期待外れでした。
しかし、快晴の天気で縦走路は新緑のトンネルで光に輝く木立が鮮やかで快適に気持ちよく歩くことができました。
帰りに守実温泉で入湯し(本日は母の日割引で女性は100円でした。)17時前に久留米に戻ってきました。K田リーダー、お世話になりました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-548.html

・本日の軌跡
・小屋ノ原に到着しました。
・林道に入って行きます。
・悪路を進んで行きました。
・古峠上にて縦走路に登り上がりました。
・縦走路を進んで行きます。
・鎖場があります。
・枯沢を何度かわたって行きます。
・新緑が光って鮮やかです。
[Res: 2295] Re: 経読岳縦走 投稿者:カント 投稿日:2015/05/10(Sun) 20:52
・経読岳山頂
・犬ヶ岳の稜線が見えています。
・小屋ヶ岳の横を通って行きます。
・経読林道で昼食を取りました。
・この先の縦走路は整備されています。
・本日一番の美人シャクナゲ
・笈吊峠より犬が岳登山口に降りてきました。
・荒れた林道を進んで行きます。
・相ノ原登山口に到着しました。

[2293] 井原山・雷山山行 投稿者:ちゃるめる 投稿日:2015/05/09(Sat) 22:13
5月8日、古場岳登山口〜井原山〜雷山に行ってきました。

ミツバツツジは終わりかけていましたが、新緑のシャワーと、心地よい風が吹く縦走路にほっこりした山行でした。
ホウチャクソウ、タニギキョウなどの小さな花が見頃をむかえています。

リーダーのMさん、いつものように花のガイドまでありがとうございました。

[2292] 発心山道標設置 投稿者:会長 投稿日:2015/05/09(Sat) 17:49
本日5月9日、発心公園から発心山頂までの、道標設置を行いました。

道標設置ボランティアに賛同の、会員計20名で公園からと、山頂からに分かれ、古い道標を撤去しながら久留米市が用意した新しい道標を32か所に設置しました。

天気の回復が遅れ、雨の中雨具着用で、足元が滑りはしないかと心配でしたが、無事13時に全作業が終了し、一緒に公園で昼食を食べ解散しました。

参加された皆さんのご協力に感謝申し上げます、ご苦労様でした、そして有難うございました。

@ 山頂下の車道に面した駐車場に建てた道標
ABCDE 途中の道標
F 公園から登る途中車道から登山道に入るところの道標 
 (80周年記念に横岩コースに建てた物を、ここに移設)

[2291] 捜索登山 投稿者:会長 投稿日:2015/05/08(Fri) 19:54
5月17日の佐々木さん捜索登山の、班分け表を例会便りの「捜索登山」の右側にある「班分け」をクリックしてもらうと表示しています。

参加される方は参考にして下さい。

[2287] 本匠 投稿者:たーたか 投稿日:2015/05/01(Fri) 23:12
リードクライミングでは珍しい傾斜の強い岩壁を楽しんできました。

[2286] 本匠 投稿者:たーたか 投稿日:2015/05/01(Fri) 22:56
大分県佐伯市本匠の石灰岩を登ってきました。

[2269] 発心山 道標設置 投稿者:会長 投稿日:2015/04/25(Sat) 15:02
連休明けの5月9日(土)に、発心公園から発心山までの登山道に、新しい道標を設置のための、参加ご協力をお願いしていますが、(現在12名程の参加の予定です)あと数名のご協力がほしいところです。宜しくお願い申し上げます。もちろん女性の方でも結構です。

時間と場所については、下記の通りです。
時間 5月9日(土)朝9時出発
集合場所  久留米陸上競技場
参加人員によって、登山口と山頂からの区分けを行いたいと思います。
[Res: 2269] Re: 発心山 道標設置 投稿者:太田 投稿日:2015/04/26(Sun) 12:24
前回、委員会には出席していませんが、参加の予定です。
[Res: 2269] Re: 発心山 道標設置 投稿者:会長 投稿日:2015/04/28(Tue) 17:01

委員会時での参加者の確認把握ができていなかったので、参加できる方の確認を行っています。
会員専用掲示板に名簿を記載していますので、ご確認宜しくお願いします。
また 追加で参加できる方も、ご連絡お願いします。

[2280] 4月26日会山行英彦山 投稿者:ura 投稿日:2015/04/27(Mon) 11:39
会員23人で新緑の英彦山を存分に歩き回りました。
今回は一般登山道から外れた尾根沢を歩きましたので、ヤブ漕ぎ、急登、落石など少々大変でしたが
その分記憶に残るかも知れません。
今回大人数でしたので先日購入したばかりの無線機を2台借りうけました。
長い隊列でしたので安心感がありました。

行動時間
英彦山大権現8:40発〜10:10大岳着〜11:05鬼杉着〜12:15英彦山南岳着12:55発
〜13:30四王寺滝〜13:55四王寺滝入口〜14:35玉屋神社〜15:10英彦山大権現〜17:45久留米着

1)参考図
2)英彦山大権現の駐車場でM井SL指導で念入りに準備体操をします。
ここは標高530mくらいです。
3)林道から崖に取り付きます
4)しばらくは尾根のヤブ漕ぎが続きます
5)周りの開けた露岩に到着します。黒岩山や大岳が見えます。
6)絶壁の露岩からは高度感のある展望が望めます。
7)座り込んでる人も・・
8)こちらは男性陣。狭いので数人づつ谷覗きをしました。
9)岩壁を迂回しています。
[Res: 2280] Re: 4月26日会山行英彦山 投稿者:ura 投稿日:2015/04/27(Mon) 11:41
10)ここからは急登になります。立ち木や岩につかまって登りますが、
枯れ木が多く見極めながら上ります。
11)あとひと踏ん張りで大岳山頂
12)大岳山頂864m。
このルートで登ると低山ながら十分に達成感を味わえるのでは無いでしょうか。
13)大岳山頂直下の展望の良い露岩にて。望遠での撮影です。
14)昨年入会、若手のI上さん。先日の新人募集会では体験談を発表して頂きました。
15)大岳からの下りもこんな難所がありました。
16)通常登山道に戻って鬼杉に向います。
17)鬼杉到着
18)岩峰に登る身軽なO方さん。
[Res: 2280] Re: 4月26日会山行英彦山 投稿者:ura 投稿日:2015/04/27(Mon) 11:44
19)新緑が綺麗な南岳登山道
20)南岳登山道崩壊地
21)南岳登山道んの岩場
22)オオカメノキ(ムシカリ)の白花がよく目に付きました。
23)3時間半かけて英彦山南岳1199m到着です。
24)集合写真を居合わせた単独登山者に撮って貰いました。
25)南岳から四王寺滝に下ります。
26)ミツバツツジがあちらこちらで咲き始めていました。
27)シロモジの黄色も綺麗です。
28)岩場の下り
[Res: 2280] Re: 4月26日会山行英彦山 投稿者:ura 投稿日:2015/04/27(Mon) 11:45
29)四王寺滝到着。冬場の結氷のみならず
新緑との組み合わせもなかなか良いものですね。
30)四王寺滝下部の谷を下ります。浮石が多いのでご用心。
31)振り返れば新緑と空の青がさわやか。
32)玉屋見口から少し入った場所の展望の良い露岩。
三つのピークのうち真ん中が今日登った南岳です。
左手の岩壁が梵字岩です。
33)絶壁に食い込むような感じで造られている玉屋神社。
一帯は小広場になっていて杉の巨木があり荘厳とした霊気に満ちています。
本日の安全登山に感謝して手を合わせました。
34)せせらぎの音や鳥のさえずりを聴きながら玉屋神社参道を下ります。
ご参加の皆様お疲れ様でした。
秋にも英彦山が入っていますのでまた新しいコースを考えてみたいと思います。
[Res: 2280] Re: 4月26日会山行英彦山 投稿者: 投稿日:2015/04/27(Mon) 22:48
参加された皆さんお疲れ様でした。
今回はここ登山道?等の驚きが連続で、展望あり滝ありと楽しみ満載の山行でした。バリエーションルートいいですね!
リーダーのuraさんありがとうございました。秋も是非参加したいです(*^-^*)

[2279] 体験登山 投稿者:トトロ 投稿日:2015/04/26(Sun) 21:52
新人募集で呼び掛けてご賛同頂いた皆様と一緒に体験登山で
発心山に行ってきました。
いいお天気の中(^O^)和気あいあいと山を楽しむ事が出来ました。
ご参加下さった皆様お疲れ様でした。体験登山いかがでしたか?
サポートして頂いた皆様ありがとうございました。

1、JR筑後草野駅着☆今から”発心山”目指します。
2、つつじと新緑の道を通ります。
  Nさんつつじマーチ40キロコースで通ったよと教えてくれました。
3、ここから山道入りますよ〜!
4、説明その1 市の要請を受けて発心山に新しい道標を設置します。
5、説明その2 これは80周年記念で建てた道標です。
6、急登もう少し頑張って!
7、山頂見えてきました\(^o^)/
8、山頂到着☆はいチーズ!お疲れ様でした。
9、青い空、田園風景の筑後平野を眺めてヤッホ〜!!

[2272] 祖母・傾山縦走 1 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/04/25(Sat) 21:01
祖母・傾山の縦走をJ崎さんと21日(移動)より24日にて行いました。
当初の計画は20日よりの出発でしたが、雨の影響をさけるため一日後へずらして実施。
建男神社は三柱(建男霜凝日子神、豊玉姫命、彦五瀬命)を祀ってあり、天候を司られております。
千五百年前に建てられた非常に由緒ある社で現在地へは六百十四年ほど前に遷座されています。
設営の準備をしていたところ、営林署員?さんが巡回で来られたので概略を話して計画書を提出。
19時前に夕食を済ませ、明日に備え早々に就寝。
写真1.  今回のルート図
写真2. 建男神社前
写真3. 神社の成り立ち紹介
写真4. 参道前(わき水が引かれていた)
写真5. 神社前の駐車スペース(車の横にテント設営)
写真6. 参道一の鳥居よりお社方向を望む
[Res: 2272] Re: 祖母・傾山縦走 2 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/04/25(Sat) 21:56
縦走初日(22日)
縦走初日を迎えた。4時50分頃に起床(少し寝坊したか?)。
本日の予定は建男神社横登山口〜前障子岩〜大障子岩〜八丁越〜宮原〜九号目小屋
食事を済ませ、5時40分出発。
30分程歩くと徒渉箇所に。ここで赤テープの位置を勘違いし、時間ロス。
前障子岩付近よりアケボノツツジが咲いていた。
前障子岩に登り、縦走路へは一旦基部に戻り左方向に巻く(気づかずに真直ぐ行こうとして道探しで手間取る)。
大障子岩頂上にて記念撮影し、早々に大障子岩〜八丁越〜宮原〜九号目小屋を目指す。
八丁越を過ぎたところで鹿の瀬通過(片側は切れ落ちているが思ったより幅があり、慎重に進めば特に問題なし)。
16時50分九号目小屋にようやく到着。
小屋は当日は管理人さん不在。ソーラーバネルで発電していて、中は電化されていた。
一階、二階があり、広々としていて、トイレも男女別に設置されている。
中に入ると先客あり。佐賀から来られたとの事。四方山話をしながら一緒に夕食をした。
小屋は冬期期間中で料金が宿泊代二千三百円、トイレ百円/一人
写真1. 登山口側の登山届箱(必ず届けを出しましょう)
写真2. 登山口より生じ岩方向を望む
写真3. J崎さんロープ場をスイスイと進む
写真4. アケボノツツジ越に前障子岩を望む
写真5. 前障子岩をバックにJ崎さん
写真6. 前障子岩より祖母山への縦走路を望む
    手前より大障子岩、祖母山、障子岳、古祖母山等
写真7. 大障子岩にて
写真8. 鹿の瀬の岩場
    片側は切れ落ちているが思ったより広いので慎重に渡れば問題なし
写真9. 九号目小屋の内部(入口より一階内部)

本日の反省
1. 山は早起きが原則
2. 道に迷ったと思ったら、直近の正しい位置に戻りルートを再確認する
[Res: 2272] Re: 祖母・傾山縦走 3 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/04/25(Sat) 23:03
縦走二日目(23日)
前夜はよく冷え込んでいた。歯を磨こうと外に出た瞬間に胴震いして早々に小屋に戻る。
しかし空には星が実に奇麗に出ていた。周りに明かりがないとこんなに星が出ているのかと驚かされる。残念ながらあまりにも寒いので写真撮影は断念した。
本日の予定は祖母山〜天狗岩〜烏帽子岳〜障子岳〜古祖母山〜尾平越〜本谷山〜笠松山〜九折越小屋。今日も長丁場だ。
5時20分に小屋を出発。
小屋前にて朝日を望む(昨日の縦走コースが見える)。
寒いのでダウンを着て登る。
祖母山頂にて記念撮影し、障子岳方向へ向かうが頂上直下の左手へと続く分岐がよく解らず手間取る。
祖母山直下はロープの無い岩場のトラバース(高さ3m位、三点確保が必須)やハシゴがあり慎重におりて行く。
障子岳への縦走路より前・大障子岩、奥に祖母山が遠くに見える。
障子岳から先はスズタケの道となるが、5月3日の山開きを控え刈取りが行われていて歩きやすかった。
古祖母山頂上で記念撮影し、早々に本谷山へと向かう。
古祖母山直下より本谷山へはハシゴが幾つとなく続く。
途中アケボノツツジが咲き誇っていて気分を転換してくれる。
尾平越崎のブナの広場直下に水場があり、ここで一服。
重い腰を上げて歩き出すと本谷山へ向けてダラダラとした登りが延々と続く。
ようやく本谷山頂上に着く。記念写真を撮るが疲れきった顔だ。
もうひと踏ん張りし、笠松山を目指すが何度もピークにだまされながら歩く。
笠松山頂上は縦走路より右に外れている。ここも間違えやすい。
17時半過ぎにやっと九折越小屋に到着。
小屋に入ると一人分のザックがあるが人はいない。水場へ行かれたのかな。
我々も水場に向かっていたら途中であったので挨拶をかわす。
小屋に戻り食事の準備をしていると先客の方が足がツッテ痛そうだったので薬を渡す。
食事をしていると声をかけられ、「コッフェルを忘れたので貸していただけませんか」との事。J崎さんが快く貸す事に。
食事をしていると又声がかかり今度は「箸も忘れてしまったので予備か使いかけで構わない」ので、貸して欲しいとの事。
今度も快く予備を差し上げた。
明日は最終日なので荷物を軽くすべく食料(主に酒)を減らす。
19時半過ぎに就寝。先客は寒いのか、なかなか寝付けないようでクシャミを連発させていた。
J崎さんは酔い?疲れ?ですぐにスヤスヤとうらやましい。
今晩も星空が奇麗で、窓から眺めていたら横に早いスピードで明るい星が流れた。
早さから考えると人工衛星のようだ。カメラを構えていなかったので残念。
写真1. 九号目小屋前にて朝日を望む
写真2. 祖母山頂にて
写真3. 祖母山直下の障子岳方向への分岐
写真4. 障子岳への縦走路より
写真5. 古祖母山頂上にて
写真6. 古祖母山より下りのハシゴ
写真7. 古祖母山より下りのアケボノツツジ
写真8. 本谷山頂上にて
写真9. 九折越小屋に到着

本日の反省
1. 道具は事前にチェックリストで確認をする事。出発前に再確認を行う事
2. 常に道迷いが起きないか十分に注意を払い進む事
3. 道を間違ったと思ったら直近の正しい位置へ戻り、再度確認を行う事
[Res: 2272] Re: 祖母・傾山縦走 4 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/04/26(Sun) 05:45
縦走三日目(24日)
今日が最終日だ。縦走もようやく終わりを迎えた。
本日の予定は一部ルート変更し小屋〜傾山をピストン、小屋〜九折越〜九折登山口〜建男神社を目指す。
5時44分小屋に荷物をデポし登山開始。
荷物が水だけなので体が嘘のように軽くて歩がすすむ。
前傾山迄は林の中を緩く上っていく。落葉でフカフカしていて快適だ。
途中の両側は鹿よけのネットが延々と張られていた。
前傾山の基部から一変し、岩場の急登へと変わる。
7時11分頂上到着。歩いてきた全ルートが一望でき感慨深い。
7時30分360度の展望を存分に楽しみ下山開始。小石を落とさない様に慎重に進む。
8時35分小屋到着。先客は既に出発していた。
9時00分我々も荷物を整理し、建男神社を目指して出発。
九折越からの下山は九折の名前通り数えきれない程折り返しながら、しかも急な坂道をひたすら下りていく。
気がめいってくる。
途中、何組かのパーティーと出会い、最初の林道出会いで林道歩きをすると非常に時間がかかるとの情報を得た。
J崎さんが地図で確認すると確かに大きく迂回しているので、二回目の林道出会いとする。
11時40分二回目の林道出会い。
何度も沢の徒渉、ハシゴ(壊れたのもあった)の下りを繰り返す。2時間40分を要した。
下っていくのもキツかったが、登りの人達は本当に大変だと思う。
昼日中の暑い中、林道歩きがダラダラと続く。
12時40分に建男神社到着。
漸く縦走も無事終了した。
終止リード頂いたJ崎さんお疲れ様でした。
各所へ無事下山の連絡をし、帰路につく。
途中の竹田で入浴し(花水木にて)、疲れも洗い流してサッパリとする。
写真1.  九折小屋前より傾山を望む
写真2. 傾山頂上にてJ崎さん
写真3. 傾山頂上の大岩の上で
写真4. 頂上より奥に九重連峰、手前真ん中付近に建男神社、左手に前障子を望む
写真5. 右より前障子岩、大障子岩、祖母山。奥には阿蘇山が噴火中。
写真6. 右手より大障子岩、祖母山、烏帽子岩、障子岳等
写真7. 最初の林道出会い
写真8. 壊れかけのハシゴ
写真9. 二回目の林道出会い

[2265] 新人募集説明会 投稿者:新人担当委員 投稿日:2015/04/22(Wed) 23:11
本日4月22日、えーるピア久留米にて”新人募集説明会”を実施致しました。プロジェクターを使って会の活動内容の解説やHPの紹介、新人会員さんの体験談、入会についての説明、体験登山のお誘い、の流れで皆様の協力を得て無事終了致しました。7名の方が話を聞きに来て下さいました。新しい仲間が増えてくれたら嬉しいです。

1、久留米山岳会の看板 こちらですよ〜!
2、会長挨拶 長い歴史のある伝統的な会です(^O^)
3、プロジェクターで会の紹介☆Mさんの巧みな話術と
  色んな山のショットに、皆さん熱心に見入ってありましたよ
4、体験談1 山の5つの教え!前向きな思いを熱弁 Nさん
5、体験段2 楽しい嬉しいをアピール\(^o^)/ Nさん 
6、体験談3 色んな山登りにチャレンジ☆意欲満々  Iさん
7、新人育成委員 入会お待ちしてます。体験登山いかがですか?
8、装備モデルのAさん、百聞は一見に如かず!
9、本日はご出席頂きありがとうございました。

[2263] 発心山道標設置 投稿者:yotto 投稿日:2015/04/17(Fri) 15:21
連休明けの5月9日(土)に、発心公園から発心山までの登山道に、新しい道標(久留米市が製作)を設置することになりました。
そこで会員の皆様に、参加ご協力をお願い申し上げます。
詳しくは、会員専用掲示板をご覧ください。

[2260] 福智山 虎尾桜 投稿者:カント 投稿日:2015/04/13(Mon) 06:05
福智山に行ってきました。参加者は18名でした。
上野峡から虎尾桜を経由し、上野越〜鷹取山〜福智山〜荒宿荘〜烏落〜大塔の滝〜福智山ダム〜内ヶ磯と縦走しました。
快晴の天気で空気も冷たくゆったりと快適に歩くことが出来ました。
お目当ての虎尾桜は今年はタイミングが悪く葉桜になっていましたが、その代わり八重桜が満開になっていました。
その他 登山道にはいろんな山野草が咲いており、花を愛でながら楽しく歩くことが出来ました。
また丁度、荒宿荘では山開きの「ぜんざい」の接待が「筑豊山の会」の会員の方より有り、美味しくいただきました。ご馳走様でした。
リーダーのH本さん、手作りケーキの差し入れありがとうございました。お疲れ様でした。楽しい山行でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-542.html

・本日の軌跡
・上野峡より入山します。
・虎尾桜に向かいました。
・残念ながら葉桜です。
・ピーク時はこの様になります。(2011.4.10)
・枝の先が「虎の尾」になっています。
・登って行きます。
・鷹取山の山頂は水仙の花が見ごろでした。
・山頂写真
[Res: 2260] Re: 福智山 虎尾桜 投稿者:カント 投稿日:2015/04/13(Mon) 06:07
・福智山に向かいます。
・エイザンスミレ
・聞いたけど忘れました。
・一人静か
・ショウジョウバカマ(白)
・ショウジョウバカマ(赤)
・もうすぐ福智山山頂です。
・福智山山頂写真
・風か強く早々に下って行きました。
[Res: 2260] Re: 福智山 虎尾桜 投稿者:カント 投稿日:2015/04/13(Mon) 06:09
・福智山の山開きでした。
・ぜんざいの接待がありました。
・大塔の滝に下って行きました。
・何か所か渡渉します。落ちないように!
・福智山ダム周回道路に降りてきました。
・福智山ダム
・ウコンザクラが満開です。
・内ヶ磯に降りてきました。
・八重桜が迎えてくれました。

[2257] 山祭り 投稿者:ura 投稿日:2015/04/06(Mon) 11:46
4月5日(日)、恒例の山祭りが
兜山キャンプ場で開催されました。
昨夜来、降り続いた雨が心配されましたが、
幸いにも朝型にはピッタリやみました。

今年の参加者は60名、K崎リーダーの話では
最近では一番多かったとのこと。

三つの登山口からごみを収集しながら兜山に集合します。

雨を警戒して神事は室内で実施しましたが
やはりちょっと窮屈でした。

F原神職により厳粛に神事が執り行われ
今年の安全登山を祈願しました。
新人紹介の後、直会に入りいつものように
賑やかに親睦の輪を広げました。

1時前に現地解散してそれぞれ帰路に着いた方も
あちこち寄り道組もあったようです。
[Res: 2257] Re: 山祭り 投稿者:おっぴぃ 投稿日:2015/04/06(Mon) 19:47
山祭りおつかれさまでした。また担当の方々お世話かけました。

1年の登山祈願もできてまたいろんな方とのお話も聞けて交流でき良かったです♪

今年度もよろしくおねがいします(*^ー^)

[2251] 花牟礼山〜ながみず山 投稿者:カント 投稿日:2015/03/29(Sun) 21:45
九重山系のはずれ、花牟礼山〜ながみず山に行ってきました。メンバーは14名でした。
花牟礼山登山口より少し登ったところまで車で移動し、花牟礼山〜ながみず山を往復しました。
登り始めは九重の山々の山頂はガスが掛かりよく見えませんでしたが、午後より快晴の天気になり、九重連峰の雄大な景色を望むことが出来ました。
登山道は「プチ藪漕ぎ」の部分もありましたが、概ね踏み跡もしっかり確認でき、快適に歩くことが出来ました。
一つ残念だったのが、3年前には福寿草の群生地で花を愛でることが出来ましたが、福寿草は株ごと全く無くなって消滅していました。多分復活することはないと思われます。
帰路、湯平温泉で入湯し、17時過ぎに久留米に戻ってきました。リーダーのK子さん お疲れ様でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-539.html

・本日の軌跡
・登山道の途中の広場に車を駐車し、登山準備をしました。
・林道を進んで行きます。
・林道終点に着きました。
・ここより登山道が続いています。
・途中、展望台があります。
・尾根に登り上がり進んで行きます。
・花牟礼山山頂
・分岐より「ながみず山」に向かいます。
[Res: 2251] Re: 花牟礼山〜ながみず山 投稿者:カント 投稿日:2015/03/29(Sun) 21:47
・一旦下って行きます。
・笹の登山道進んで行きます。
・竹藪のトンネルを登って行きます。
・尾根に登り上がり「ながみず山」に向かいます。
・「ながみず山」が見えていました。
・木立の登山道になりました。
・なかみず山山頂
・山頂で昼食を取りました。
・昼食後、戻って行きました。九重の絶景を望むことが出来ます。
[Res: 2251] Re: 花牟礼山〜ながみず山 投稿者:カント 投稿日:2015/03/29(Sun) 21:48
・気持ちの良い登山道です。
・冷たい風が吹いていい気持でした。
・由布岳を望むことが出来ます。
・花牟礼山分岐を過ぎ、林道に降りてきました。
・林道を戻って行きます。
・駐車場所に到着しました。
・あぶらちゃん、
・キスミレ
・3年前の福寿草、全く無くなっていました。
[Res: 2251] Re: 花牟礼山〜ながみず山 投稿者:本ちゃん 投稿日:2015/03/30(Mon) 08:18
好天の中、花牟礼山、なかみず山登山できました。
Kリーダーさん、気苦労されていましたがよかったですね。
しかし、あの急登の藪漕ぎは苦労しました。
想像以上で登りも下りも必死でした。
しかし、山頂からの黒岳、九重連山の眺めはすばらしい。
カントさんの写真はいいですね。
ありがとうございました。
[Res: 2251] Re: 花牟礼山〜ながみず山 投稿者:いちみる 投稿日:2015/03/30(Mon) 22:32
お天気にも恵まれ、楽しい山行ができたようで良かったですね。
あの急登の藪漕ぎを頑張ったご褒美に、福寿草が迎えてくれるはずだったのに、それがなくて残念でした。
どうしたのでしょうね・・・?

[2245] 発心山〜高良山縦走 投稿者:カント 投稿日:2015/03/22(Sun) 21:52
本日の山行は久留米〜筑後草野駅間、JRを利用し、発心公園より「漱石の道」を発心山〜高良山と縦走しました。参加者は12名でした。
下界はPM2.5の影響で霞んでいましたが、一日中いい天気で空気も冷たく、絶好の登山日和でした。
発心公園周辺は桜の蕾も膨らんで、ちらほら咲いている木もありました。
登山道はアセビ、椿、等の花も咲いており、いい季節になってきました。
高良山・飛雲台でお世話係りのO川さん、M下さんより桜餅とお茶の接待があり、ゆっくりとした時間を過ごしてきました。
お世話になりました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-538.html

・本日の軌跡
・筑後草野駅までJRを利用しました。
・発心公園に向かいます。
・途中、須佐能袁神社(すさのおじんじゃ)に寄りました。
・桜の花がチラホラ!
・発心公園で登山準備をしました。
・私たちが建てた7合目表示は健在でした。
・急登を登って行きます。
・登り上がりました。
[Res: 2245] Re: 発心山〜高良山縦走 投稿者:カント 投稿日:2015/03/22(Sun) 21:54
・発心山山頂、山頂表示も健在です。
・グライダー山にて、下界は霞んでいます。
・降りていきます。青空です。
・椿の花がいい感じでした。
・耳納スカイラインを進んで行きます。
・耳納平に着きました。
・ここで昼食を取りました。
・気持ちの良い登山道。
・耳納山山頂
[Res: 2245] Re: 発心山〜高良山縦走 投稿者:カント 投稿日:2015/03/22(Sun) 21:55
・桜の蕾が膨らんでいます。
・何の花でしょうか?
・漱石の句碑を確認しながら進んで行きます。
・高良山山頂
・椿のじゅうたん!
・CL、SLより桜餅、お茶の接待がありました。
・美味しくいただきました。ご馳走様でした!
・高良大社でお参り。
・御井寺に降りてきました。
[Res: 2245] Re: 発心山〜高良山縦走 投稿者:トトロ 投稿日:2015/03/22(Sun) 23:53
カントさん早々のアップありがとうございます。
山行では道案内や句碑の説明など色々サポートして頂き
ありがとうございました。

参加された皆様、ご一緒頂きありがとうございました。
パナちゃん手作りの桜餅美味しかったです。
クッキーやミカンキャンデー等の色んな方からの差し入れも頂き
心もお腹もいっぱいになりました。

ちらほらと咲く花、膨らみかけたつぼみ、ウグイスや
小鳥のさえずり、ガッタンゴットン響く電車の音、
漱石の句碑を愛でながら、ほのぼのとした山行となりました。
桜開花の春便りも届けられこれから心地良い季節になりますね。
春が来た♪〜春が来た♪〜\(^o^)/
[Res: 2245] Re: 発心山〜高良山縦走 投稿者:本ちゃん 投稿日:2015/03/23(Mon) 08:07
カントさんトトロさん、ありがとうございました。春かすみと思いきや中国からのPM2.5の異常な数値と知り愕然としました。マスクが必要だったかもしれませんね。
しかし、耳納の縦走路は素晴らしかったと思います。漱石の高良山十句のうちの五つの句碑の記念写真も撮ることができました。句碑の前で桜餅の野点、Mさんのこの発案にあっぱれ。美味しかったですよ。今度は一人でゆっくり漱石の道を歩きます。

[2241] 竜王山縦走 投稿者:カント 投稿日:2015/03/15(Sun) 21:45
山口県「下関〜川棚温泉」の北浦街道沿いに連なる山脈は「北浦スカイライン」と呼ばれています。
昨年(2014.3.23)北側の「石畑峠〜鬼ケ城〜吉見峠」を縦走しました。今年は続きの「吉見峠〜竜王山〜下関」を参加者 18名で縦走しました。
マイクロバスが使用できなかったため、吉見峠〜竜王山南登山口間の「交差縦走」を行いました。北上チームは南登山口より11名で吉見峠に向かいました。
南下チームは7名で車を吉見峠に回送し、吉見峠より南登山口に向かいました。
雌鋤先山を南側に下った所で2チームは出合いました。双方縦走を終了した後、川棚温泉「青竜泉」で合流し、17時過ぎに久留米に戻ってきました。
一日中いい天気で、稜線上は冷たい風が吹いて爽やかな山行でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-536.html

・本日の軌跡
・竜王山南登山口で登山準備をしました。
・南下チームは吉見峠に車を回送し、吉見峠を出発しました。
・急登を登り切り、竜王山山頂で
・鋤先山山頂。下界が良く見えています。
・階段を下って行きます。
・気持ちの良い縦走路です。
・雌鋤先山山頂
・少し下った所で2チームが出合いました。
[Res: 2241] Re: 竜王山縦走 投稿者:カント 投稿日:2015/03/15(Sun) 21:47
・林道に降りてきました。
・南登山口到着
・駐車場に戻ってきました。
・北上チームは林道より縦走路に入って行きます。
・長い階段が続いています。
・鋤先山山頂で昼食を取りました。
・竜王山山頂写真。
・急坂を下り、吉見峠に降りてきました。
・2年間の軌跡

[2226] 伯耆大山雪山登攀(夏山登山道) 投稿者:カント 投稿日:2015/03/09(Mon) 06:30
3月7日、この時期恒例になっている伯耆大山雪山登攀に行ってきました。
毎年バリエーションコースを登っていますが、12年目になる今年はバリエーションの「弥山尾根登攀」に加え、一般道の「夏山登山道」を設定しています。
夏山登山道組は11名のメンバーで「南光河原駐車場」横の登山口より入山し、たっぷりの雪道をゆっくり山頂まで登り上がり、弥山山頂で「弥山尾根」を登攀してきた3名と合流することが出来ました。
山頂小屋でO川リーダーに準備頂いた 暖かい「ぜんざい」をご馳走になり、下山道は6合目小屋付近より雪遊びをしながら元谷〜大神山神社〜大山寺と降りてきました。
その日は 大山寺の定宿「緑荘」で一泊し、帰路、出雲大社に立ち寄り 夕方(17:30分頃)久留米に戻ってきました。
ガスが掛かり景色はよく見えませんでしたが、今年は6合目小屋が完全に埋まっている位の積雪で たっぷり雪遊びをすることが出来ました。
O川リーダー お世話になりました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-535.html

・本日の軌跡
・7日朝、大山寺の駐車場を出発します。
・大山寺橋を通過
・雪壁が出来ています。
・夏山登山口より入山します。
・雪道を登って行きます。
・標識は埋まっています。
・途中でアイゼンを装着しました。
・樹林帯を登って行きます。
[Res: 2226] Re: 伯耆大山雪山登攀(夏山登山道) 投稿者:カント 投稿日:2015/03/09(Mon) 06:31
・少しガスが掛かっています。
・樹林帯を抜け、急登を登って行きます。
・左下には沢を進んでいる人影が見えています。
・時折、下界を見下ろすことが出来ます。
・最後の急登です。
・稜線に登り上がると標識に「エビのしっぽ」がびっしりついています。
・最後の一登り!
・頂上小屋の横を通過します。
・弥山山頂に到着しました。
[Res: 2226] Re: 伯耆大山雪山登攀(夏山登山道) 投稿者:カント 投稿日:2015/03/09(Mon) 06:36
・山頂写真
・「弥山尾根登攀組」が合流し、全員集合。
・山頂小屋でO川リーダーの「ぜんざい」をご馳走になり、下山します。
・「弥山尾根登攀組」の3名、お疲れ様でした。
・6合目小屋付近より元谷に降りていきます。
・初参加の「花ちゃん」楽しんでいます。
・「いちみる」お姐さん、シリセードではしゃいでいます。
・雪山斜面で、O川講師より雪洞をほり、ビバークの要領についての講義がありました。
・大堰堤を通過します。
[Res: 2226] Re: 伯耆大山雪山登攀(夏山登山道) 投稿者:カント 投稿日:2015/03/09(Mon) 06:37
・大神山神社もすごい積雪量です。
・神社で無事下山のお礼!
・階段は埋まっています。
・参道を大山寺に向かいます。
・夜は「緑荘」で4次会までたっぷりの御酒で賑わいました。
・翌朝の弥山山頂。登山者が見えます。
・帰路、出雲大社に寄りました。
・「平成の大遷宮」が行われた本殿
・出雲大社は「縁結び」の神様です。今回参加の5名の女性陣、さて、対象者は?
[Res: 2226] Re: 伯耆大山雪山登攀(夏山登山道) 投稿者: 投稿日:2015/03/09(Mon) 21:18
参加された皆さんお疲れ様でした。
白銀の世界は幻想的で驚きの連続だし、登山の後のお酒も楽しくて参加できてよかったです(^o^)
リーダーのO川さん、お世話になりました!
[Res: 2226] Re: 伯耆大山雪山登攀(夏山登山道) 投稿者:いちみる 投稿日:2015/03/09(Mon) 21:37
今回も楽しい大山山行ありがとうございました。
お天気はいまひとつでしたが、時折見える山々の景色は墨絵のようで感動ものでした。
山頂小屋での温かいぜんざい、定宿でのお酒の数々、リーダーのおもてなしありがとうございました。
まぁ〜よく飲みましたね(*^_^*)
出雲大社も行けて良かったです。
ご利益対象者は花ちゃんと年食ったいちみるでしょうか!?
ふたりでが〜んば(^_^)
リーダー、参加されたみなさん、ありがとうございました。
パナちゃん同様、来年も楽しみにしています。

[2231] 伯耆大山雪山登攀(弥山尾根) 投稿者:カント 投稿日:2015/03/09(Mon) 17:53
今年のバリエーションルートは「弥山尾根」を登攀しました。
7日早朝(4:30分過ぎ)大山寺駐車場〜大神山神社〜元谷小屋〜取付き と進み、弥山尾根に取り付きました。
当初、2名×2組の予定が 3名×1組になった為、計画よりも時間がかかりました。
弥山三角点横に登り上がり、弥山山頂で本隊と合流しました。
山頂小屋で食事を取り、帰りは全員で下山しました。お疲れ様でした。

・早朝暗い中 登山準備をし、出発しました。
・元谷小屋を通過し、取り付きに向かいます。
・弥山尾根に取り付きます。
・斜面登攀
・休憩
・他のパーティーに先を譲ります。
・下界が薄ら見えています。
・弥山山頂に到着
・山頂写真
[Res: 2231] 無題 投稿者:Panaちゃん 投稿日:2015/03/09(Mon) 21:15
初めての大山、本当に楽しかったです!!それに宴会も最高でした(*^_^*)  今から言うのもなんだけど、来年も絶対参加したいです…  リーダー、そして皆さんありがとうございました( ^^)

[2220] 研修会 投稿者:会長 投稿日:2015/02/25(Wed) 22:23
本日2月25日(水)18時30分よりサンライフ久留米にて開催しました研修会の模様を報告します。
第一部は、久留米大学講師の原賢二先生に、登山中に怪我をした時の応急処置としての、テーピング等の仕方について講義していただきました。
第二部は、広報企画のO田委員より、登山計画書の重要性、提出の方法等について講義してもらいました。
第三部は、技術のF本委員より、登山中のアクシデントの対応とビバーグの仕方について講義してもらいました。
みんな何かあった時に、自分の身は自分で守るための役に立つ内容でした。
原先生には大変お忙しい所を、当山岳会のために時間をさいてお出で頂き有難うございました、御礼申し上げます。
担当頂きました委員の皆さんご苦労様でした、参加された皆さんお疲れ様でした。
@ 久留米大学の原先生の講義
A テーピングの実習
B O田委員の講義
C F本委員の講義
D 技術委員の皆さんの実演
[Res: 2220] Re: 研修会 投稿者:あかし 投稿日:2015/02/25(Wed) 23:24
本日は研修会お疲れ様でした

技術の方で紹介しましたツェルトの設営方法、道具についてリンクを貼っておきます
興味がありましたら参照下さい
(類似の商品がたくさんありますのでその一部としてご紹介します)

ツェルトの設営方法(アライテント)
http://www.arai-tent.co.jp/support/support08.html

浄水器(スーパーデリオス)
http://www.delios.net/jp/

エスケイプヴィヴィ
http://www.star-corp.co.jp/product/detail10135.html
[Res: 2220] Re: 研修会 投稿者:あかし 投稿日:2015/02/25(Wed) 23:24
つづき

火打ち石(EXOTAC nanoSTRIKER)
http://www.lotus-corp.jp/exotac/nano_striker.html

アルコールバーナー(トランギア)
http://www.iwatani-primus.co.jp/products/trangia/29.html

[2208] 安蔵寺山 投稿者:大吟醸 投稿日:2015/02/15(Sun) 21:04
2月15日 安蔵寺山スノーハイクに参加させていただきました。男性7名、女性8名で朝5時にOK食堂を出発。ゴギの郷到着が8時30分。それから準備を整え40分程雪の残る林道を歩き。安蔵寺山登山口からは急登の連続でした。
1.残雪のゴギの郷 林道入り口
2.笑顔で林道を歩くメンバー
3.傾斜もゆるく快適な林道歩き
4.9時23分 登山口到着
5.登山口から続く急登と献身的に先頭でラッセルするMさん
6.10時10分 ワカン取り付け
7.ワカンを装着し楽しげなお姉さま方
8.廻り岩をまくメンバー
9.11時5分 非難小屋到着。入り口を整備する岳人さま
[Res: 2208] Re: 安蔵寺山 投稿者:大吟醸 投稿日:2015/02/15(Sun) 21:23
間違えました。
10.非難小屋入り口を整備する岳人さま
11.非難小屋偵察中。吹雪の際は快適に過ごせそうでした。
12.ワカンを装着しての尾根歩き。
13.樹林帯を抜け快適な尾根歩きでポーズを決めるメンバー
14.雪満喫のお姉さま方
15.雪のバームクーヘンを囲んでの一枚
16.いち早くシリセードをきめる岳人さま
17.2番煎じでも楽しいシリセード
18.満面の笑顔のMさん
[Res: 2208] Re: 安蔵寺山 投稿者:大吟醸 投稿日:2015/02/15(Sun) 21:26
2時15分 登山口に到着。無尽蔵のスタミナで終始先頭でラッセルされたパワフルお姉さま方でした。

帰りは、むいかいち温泉”ゆ・ら・ら”で汗を洗い流し、7時30頃に久留米に到着しました。
参加された皆様お疲れ様でした。集合写真と軌跡はカントさんかUraさん、お願いします。
[Res: 2208] Re: 安蔵寺山 投稿者:カント 投稿日:2015/02/15(Sun) 22:52
安蔵寺山スノーハイク
島根県の安蔵寺山(あぞうじさん)に総勢15名でスノーハイクに行ってきました。
8:50分、ゴギの郷登山口より入山し、安蔵寺山をピストンし、14:40分登山口に戻ってきました。
林道より登山道に入ってすぐにスノーシュー、ワカンを装着し登って行きました。
安蔵寺山山頂は標識がかなり埋まっており、1.5m近くの積雪があるものと思われました。
下界は少しモヤが掛かっていましたが、一日中いい天気で快適に歩くことが出来、雪山を堪能できました。帰りに六日市温泉で入湯し、19:30分頃 久留米に戻ってきました。
M下さん、O川さん、お世話になりました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-532.html

本日の軌跡
ゴギの郷より入山します。
林道を登って行きます。
この辺りはそんなに雪は多くありません。
林道登山口より登って行きます。
雪が深くなってきました。
ワカンを装着します。
登って行きます。
避難小屋に着きました。
[Res: 2208] Re: 安蔵寺山 投稿者:カント 投稿日:2015/02/15(Sun) 22:53
入口の雪を取り除いています。お疲れ様です!
急登を登って行きます。
開けた尾根に登り上がりました。
進んで行きます。
下界が見えています。
快適な雪道です。
展望所に向かいます。
展望所に登り上がりました。標識が埋まっています。
安蔵寺山山頂写真
[Res: 2208] Re: 安蔵寺山 投稿者:カント 投稿日:2015/02/15(Sun) 22:55
山頂で昼食を取りました。
下山路は面々、好きなところを降りています。
下界が見えています。
シリセードも体験しました。
下りていきます。
廻り岩通過
林道登山口に降りてきました。
林道を下って行きます。
ゴギの郷に戻ってきました。
[Res: 2208] Re: 安蔵寺山 投稿者:ura 投稿日:2015/02/16(Mon) 12:38
皆さんアップが早いですね!
遅ればせながら写真を追加します。
[Res: 2208] Re: 安蔵寺山 投稿者: 投稿日:2015/02/16(Mon) 21:34
参加された皆さんお疲れ様でした。
歩き慣れなくて何度も転倒してしまいましたが、標識が埋もれるほどの見たこともない積雪、ワカンの使用と初体験が盛り沢山でした。シリセードは童心に戻ったようで楽しかったです!
今回もご指導ありがとうございました。
[Res: 2208] Re: 安蔵寺山 投稿者:トトロ 投稿日:2015/02/16(Mon) 23:39
ぱなちゃんリーダお疲れ様でした。運転手の皆様、長時間の運転ご苦労様でした。
ご参加の皆様、ご一緒させて頂きありがとうございました。

久しぶりに雪の感触を楽しむ事が出来、感動の一日\(^o^)/
雪山に、足跡や尻セード等々色んなトレースが乱舞して賑やかな山行でした♪

[2207] 由布岳 投稿者:yotto 投稿日:2015/02/13(Fri) 21:14
平日会山行 由布岳の報告をします。
T林リーダーの下、11名の参加でマイカー2台、O方さん、Mさんの車で行きました。
本日は朝より快晴で風もなく、良い山日和に恵まれました。
正面登山口より、合野越経由で途中よりアイゼン着用で登りました。
平日なので、登山者も少なくゆっくりと登れました。
今日は天気に恵まれ、眺望も絶好で途中から見る久住の山々は素晴らし眺望でした、終日良い天気でした。
@ 正面登山口より登る
A 高度を上げると、久住の山々がきれいに見える
B 久住の山々と湯布院の町が良く見える
C マタエに着く
DE マタエより東峰に登る
F 東峰での集合写真
G 鶴見岳、別府湾がきれいに見える
H 無事下山し由布岳を見上げる、最後まで良い天気でした
参加された皆さんお疲れ様でした、お世話頂いた方々に感謝申し上げます。

[2202] 鶴見岳(霧氷) 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/02/08(Sun) 23:03
頂上から下山迄の写真をアップします。
霧氷は残念でしたが強風で寒い中、皆さんおつかれさまでした。
CLのS田さん、SLのI上さんありがとうございました。
1.頂上に到着です(空は曇っていて強い風が吹いています)。
2.集合写真を撮りました。寒いので早々に退散です。
3.御岳権現火男火売(ほのおほのめ)神社の頂上社です。
4.寒いのでロープウエー山上駅へ移動します。
5.頂上付近の外気温度は−1℃位ですが風のため体感温度は随分低く感じます。
6.駅舎が見えてきました。
 ここで昼食です。(風が強い為ご好意で使用させて頂きました。感謝、感謝)
7.下山を開始したところ道の横に雪だるまがありました。
8.下山中。
9.御岳権現火男火売(ほのおほのめ)神社へ到着です。駐車場は間近です。
[Res: 2202] Re: 鶴見岳(霧氷) 投稿者:コッコ 投稿日:2015/02/09(Mon) 21:49
リーダーのS田さん、サブリーダーのI上さん、お世話になりました!
今回も、楽しい山行でした!!
雪山2回目で、今回は、少しだけ余裕ができたのか、周りの景色も楽しみながら参加できました。途中で、動物の足跡や、霧氷の赤ちゃんがみれワクワク、太陽が出ると、空中でキラキラ光る雪がとてもきれいでした。また、こんな寒い中でも、芽吹いている木を見つけた時は、春が近付いてきているんだなーと嬉しくなったと同時に元気ももらいました。
追伸 堀田温泉で摘んだクレソンおいしくいただきます。

[2197] 宇土内谷アイス 投稿者:Mamechan 投稿日:2015/02/08(Sun) 21:19
お疲れ様です。
本日宇土内谷のアイスクライミングの模様をレポートします。
朝5時にOK食堂を出発、宇土内谷駐車場到着は8時40分。1時間程林道歩きし、三段の滝へ。私のN上さんは3ピッチ上りあがり、他の皆様は、1ピッチをトップロープにてアイスの練習をしました。
1.駐車場は薄らと雪が積もってました。
2.林道脇のツララ
3.1時間程の林道あるき。いい汗かけました。
4.三段の滝の全景と先行パーティ。
5.三段の滝、初体験のN上さん。初めてとは思えない華麗な登攀。
6.下降中のパナ子さん。なかなかのバランス感覚です。
7.チョイ悪親父ではありません。えらーいリーダーの大ベテラン岳人さん。”身体が重い”と言われてましたが、まだまだバリバリです。
8.アイス初参加の花ちゃん。なかなかの登攀でしたし、下からのショットはウレシイですね〜
9.こちらも初参加のN田さん。服の色と同じで黄色い歓声がいっぱいでした。
[Res: 2197] Re: 宇土内谷アイス 投稿者:Mamechan 投稿日:2015/02/08(Sun) 21:26
1.初参加のAKA氏。念願のアイスはいかがでしたか?いろんなバイルを試せてよかったですね。
2.リーダー抜きの集合写真。皆さん前髪が凍ってませんか?

登攀中はたまに青空が覗く程度で、強風と雪まみれの寒い登攀となりました。氷はスクリューが打ち込める程度は厚く、安定した登攀が楽しめました。参加者の皆様お疲れ様でした。
[Res: 2197] Re: 宇土内谷アイス 投稿者:Mamechan 投稿日:2015/02/08(Sun) 21:33
画像を再送します。
[Res: 2197] Re: 宇土内谷アイス 投稿者:おっぴぃ 投稿日:2015/02/08(Sun) 22:22
M塚さん早々の写メアップありがとうございます(*^ー^)

初アイゼン、バイル等の使い方などいろいろご指導してくださった先輩方ありがとうございました!

リーダーのO川さん、一緒に会山行された皆さまおつかれ様でした(^ー^)

初☆アイスクライミング.。.:*めちゃくちゃ楽しかったです♪

またよろしくおねがいします(*^ー^)
[Res: 2197] Re: 宇土内谷アイス 投稿者: 投稿日:2015/02/09(Mon) 21:43
参加された皆さん、お疲れ様でした。
アイスクライミングは難しそうと思いましたが、先輩方のご指導でなんとか登る事ができました。登っている時の感覚や達成感は何ともいえず、とても楽しかったです!
今回も大変お世話になりまして、ありがとうございました♪

[2200] 鶴見岳(霧氷) 投稿者:ヨッシー 投稿日:2015/02/08(Sun) 22:21
2月8日に会山行で鶴見岳へ登りました。総勢20名です。
7時に久留米を出発し、鶴見岳西登山口より9時少し前より登山開始しました。
天気予報では午前中は曇り、午後は一時晴れの見込みでした。
登山口から頂上付近までの写真をアップします。
1. 西登山口より登山開始です。
2.勾配が少し急ですが、皆元気に登っていきます。
3.一休み(1時間程歩き、初の休憩です)。
4.再び登山開始です。頂上まで40分とありますが........
5.下の方では付着していませんでしたが、八合目付近になり木が雪?で白くなっています。
6.オー寒っ!(強い風が吹いているので皆フードを被っています)
7.木に氷柱が下がっています。
8.一瞬の晴れ間から頂上のテレビ塔が見えました。
9.もう一息です。

[2194] 平成27年度総会 投稿者:Mamechan 投稿日:2015/02/01(Sun) 19:55
会員の皆様、総会お疲れ様でした。
都合により欠席された方のために、総会の模様をご報告します

すべての議案は無事に承認可決しました。ご協力ありがとうございました。
1.会長挨拶
2.総会全景
3.F崎議長選任
4.カントさんによる来期会山行計画の説明
5.M浦副会長による閉会の挨拶
6.総会後の懇親会の模様
7.怪しい余興
8.怪しい余興にときめく先輩!

以上、今期もよろしくお願い申し上げます。
[Res: 2194] 無題 投稿者:Panaちゃん 投稿日:2015/02/02(Mon) 21:05
怪しい余興でごめんなさい!KACの品位を落としてませんか?楽しんでもらえたならうれしいです(*^o^*)
[Res: 2194] Re: 平成27年度総会 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/02/03(Tue) 19:32
総会お疲れ様でした。余興お疲れ様でした。余興を中心にUPします。
1 平成27年度総会は粛々と行われました
2 名誉会員H津先輩の恒例の乾杯の音頭で懇親会が始まりました 
3 和気あいあいと懇親会風景
4 N田先輩によりコアラの岩登り
5 アルパインガールズの結成初披露
6 怪しげな会話
7 アルパインガールズその正体は?
8 最後はこれまた恒例のM井先輩の万歳三唱で〆
9 総会記念写真
楽しい余興有難うございました。またお疲れ様でした

[2189] くじゅうアイゼン訓練 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/01/31(Sat) 11:52
2015.01.25(日)くじゅうアイゼン訓練に参加者7名で行ってきました。計画では阿蘇のカンスノツルでしたが阿蘇山噴火警報のレベル2だったため安全性を考えて予定を変更し久住山西稜登山としましたがこれまた雪不足のため登れず、結局アイゼン付けてのくじゅう連山めぐりとなりました。競技場6時出発〜牧ノ戸8時着し08:30出発〜沓掛山〜久住山〜御池〜中岳〜久住分れ〜沓掛山〜牧ノ戸。今回は雪山登山が初めてで、アイゼン着けての登山も初めての方が2名おられたので星生山ではJ崎教官による雪中での滑落防止訓練を実施しました。各人真剣にまた楽しみながら練習しました。牧ノ戸へ14:30到着し黒川温泉の手彫り洞窟温泉に入り心身ともに癒されて久留米に18:10に到着しました。今回は天候に恵まれ雪の景観を十分に堪能出来ました。
1 牧ノ戸出発前の集合写真
2 雪の中をアイゼン付けて軽快に歩くメンバー達
3 久住山への登り
4 久住山での記念写真
5 御池での集合写真
6 久住山、御池、天狗ヶ城を背に中岳へと登る
7 中岳での記念写真
8 澄まし顔の女性三人
9 久住山、御池、天狗ヶ城の絶景
[Res: 2189] Re: くじゅうアイゼン訓練 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/01/31(Sat) 11:58
第2弾
1 氷結した御池の上を歩く
2 避難小屋を後にして星生山へと向かう
3 くじゅう連山の展望
4 雪がつくる芸術
5 岩場を抜けなかせら進む
6 J崎教官による雪での滑落防止訓練を実施した
7 初めての雪山体験のI村さんの真剣な練習風景
8 あれれ、1人だけシートでシリシェードして遊んでいるベテランのいちみるさん 
9 まりさんも真剣に練習中
[Res: 2189] Re: くじゅうアイゼン訓練 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/01/31(Sat) 12:17
第3弾
1 雪山初めてのI上さんに対しJ崎教官の熱心な指導
2 くじゅう連山を背に星生山へ向かう 
3 星生山での記念写真
4 澄みきった青空の中、星生山からの下山風景
5 牧ノ戸到着の集合写真
6 黒川温泉の洞窟風呂がある新明館温泉へ入る
7 洞窟風呂
8 洞窟風呂あがりの美人三人
9 川には竹灯篭があり夜灯りがともったらきれいだろう
[Res: 2189] Re: くじゅうアイゼン訓練 投稿者: 投稿日:2015/02/01(Sun) 16:47
今回も皆さんご指導ありがとうございました!
滑落防止の訓練等、大変勉強になりました。
雪景色は綺麗だし、雪山最高です(^o^)

[2192] 経ヶ岳周回 投稿者:カント 投稿日:2015/01/31(Sat) 19:53
本日(1/31日)、佐賀県側より経ヶ岳に登ってみました。
平谷〜平谷越〜経ヶ岳〜つげ尾〜釜伏山〜狸だまり〜岩屋越〜平谷と周回しました。
経ヶ岳山頂付近以外は誰にも会わず、静かな山行でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-530.html

・本日の軌跡
・平谷駐車場
・平谷黒木トンネルの横より入山
・経ヶ岳山頂直下の鎖場。凍っています。
・多良岳が見えています。
・霧氷はちょっとだけ
・経ヶ岳山頂
・気持ちの良い縦走路
・平谷黒木トンネルの上を横切ってスタート地点へ

[2177] 英彦山北西尾根 投稿者:カント 投稿日:2015/01/25(Sun) 21:18
英彦山の北西尾根を登ってきました。参加者は20名でした。
雪の登山道を想定していましたが、登山口の野営場付近は全く雪がなく、北西尾根を登り上がる辺りより雪道になりました。
中岳〜南岳〜北岳と周回し、豊前坊に降りてきました。豊前坊へ降りる登山道はまだ多くの雪が残っていました。
九州自然歩道を野営場駐車場まで戻り、帰路 しゃくなげ荘で入湯し、16:30分過ぎ 久留米に戻ってきました。Mさん、N山さん、お世話になりました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-529.html


本日の軌跡
野営場駐車場で登山準備
出発します
北西尾根に取り付きます。
登って行きます。
ブナの木の辺りより雪が出てきました
梯子場を慎重に昇ります。
最後の登り
北西尾根を登り切りました。
[Res: 2177] Re: 英彦山北西尾根 投稿者:カント 投稿日:2015/01/25(Sun) 21:20
・中岳に向かいます。
・下界が見えています。
・中岳広場に着きました。
・SLのN山さん、お疲れ様!
・雪だるまと一緒に
・山頂写真
・中岳の杉の木
・南岳に向かいます
・雪道を登って行きます。
[Res: 2177] Re: 英彦山北西尾根 投稿者:カント 投稿日:2015/01/25(Sun) 21:27
・南岳で昼食
・昼食後、中岳に戻ります。北岳が見えています。
・中岳より北岳に向かいます。
・北岳山頂
・下りていきます。
・下山道は凍結していました。
・豊前坊到着
・九州自然歩道を進んでいます。
・スキー場で
[Res: 2177] Re: 英彦山北西尾根 投稿者:ura 投稿日:2015/01/25(Sun) 22:54
写真のみ追加します。
[Res: 2177] 無題 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/01/26(Mon) 19:33
お疲れ様でした。
[Res: 2177] Re: 英彦山北西尾根 投稿者:カント 投稿日:2015/01/27(Tue) 12:03
「きたしゃめん」を漢字で入力するとセキュリティーエラー?になります。

北と斜面の間にスペースを入れるとOKになります(北 斜面)
[Res: 2177] Re: 英彦山北西尾根 投稿者:コッコ 投稿日:2015/01/28(Wed) 10:44
Mさん、N山さん大変お世話になりました。
今回は、初雪山・アイゼン・ストックと初めてのことが多く不安と恐怖の方が多かったのですが、楽しく参加することができました。
雪ってこんなに白いんだー!道具って飾りじゃない!!
笹茶っておいしい!!!いろんな面で学びの多い山行でした。
また、いろいろ御指導して下さった先輩方、ありがとうございました!!これからもよろしくお願いします。
[Res: 2177] Re: 英彦山北西尾根 投稿者:カント 投稿日:2015/01/28(Wed) 14:11
コッコさん、こんにちは。
雪が少なく残念でしたが、アイゼン山行を楽しまれた様で何よりです。
雪道は凸凹がなくなり、自分の歩幅で歩けるので私は大好きです。
雪山は紫外線の反射が強く目を傷めますのでサングラスを準備された方がいいかもしれません。

[2163] くじゅう耐寒キャンプ速報 投稿者:ura 投稿日:2015/01/18(Sun) 02:21
朝方は小雨の中のスタートでしたが次第に天気が良くなりました。
[Res: 2163] Re: くじゅう耐寒キャンプ速報 投稿者:ura 投稿日:2015/01/20(Tue) 08:56
坊がつるのテン場から速報を発信しましたが、本編を下記にアップしました。

http://www.asophoto.com/yamatop.htm
[Res: 2163] Re: くじゅう耐寒キャンプ速報 投稿者:カント 投稿日:2015/01/20(Tue) 17:54
大船山山頂よりの絶景 動画

少しは雰囲気が伝わるかも!

http://youtu.be/GqN8B9ENLbE
[Res: 2163] Re: くじゅう耐寒キャンプ速報 投稿者:カント 投稿日:2015/01/20(Tue) 20:48
九重キャンプ1日目をアップしています。

http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-527.html
[Res: 2163] Re: くじゅう耐寒キャンプ速報 投稿者:いちみる 投稿日:2015/01/20(Tue) 21:01
カントさん、uraさん、早々のアップありがとうございます。
耐寒訓練初参加は最高の山行でした。
真っ白の雪景色と紺碧の空、
あったか豆乳鍋と底なしに出てくるお酒の数々、
同行者との楽しい語らい、
テント泊は楽しいですね。
心からありがとうございました。
[Res: 2163] Re: くじゅう耐寒キャンプ速報 投稿者:カント 投稿日:2015/01/21(Wed) 06:17

九重キャンプ2日目もアップしました。完了!

http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-528.html
[Res: 2163] Re: くじゅう耐寒キャンプ速報 投稿者:フクちゃん 投稿日:2015/01/26(Mon) 19:48
お礼のことばが大変遅くなりました。
uraさん、カントさん、アップありがとうございます。耐寒訓練の写真がほとんど同じようなので遠慮いたします。冬の雪の景観は最高でした。また豆乳鍋も大変美味しくいただきました。キャンプの鍋はたまりません。それに岳人さんからいただいた日本酒や焼酎の原酒等々美味しくいただきました。皆さん有難うございました。参加者の皆さんお疲れ様でした。
[Res: 2163] Re: くじゅう耐寒キャンプ速報 投稿者:カント 投稿日:2015/01/27(Tue) 12:01
フクちゃん、リーダー代行 お疲れ様でした。
おかげで、めったに見ることのできない、快晴の大船山御池の氷結の景色に出会うことが出来ました。
夜は盛り上がり、少々 飲みすぎました!

[2168] 九重耐寒訓練2日目 投稿者:カント 投稿日:2015/01/19(Mon) 22:05
耐寒訓練2日目は朝食後、テントを撤収し、法華院温泉〜北千里ヶ浜〜久住分れ と進みました。
久住分れで当日山行組と合流し、久住山を往復しました。
その後、2組に分かれ、有志で星生崎 雪山斜面で登攀訓練を行いました。
その後、星生山を経由し、牧ノ戸峠に降りてきました。
一日中いい天気で阿蘇、普賢岳、由布岳等、遠くの山々を見通すことが出来ました。
帰路、黒川温泉で入湯し、18:30分頃 久留米に戻ってきました。

・朝食はラーメンです。
・テントを撤収します。
・三俣山が朝日で輝いています。
・坊がつるを出発します。
・法華院に向かいました。
・法華院温泉到着
・宿泊者が出発しています。多くの登山者で賑わっています。
・北千里ヶ浜に向かいます。
・三俣山南峰に掛かる雲
[Res: 2168] Re: 九重耐寒訓練2日目 投稿者:カント 投稿日:2015/01/19(Mon) 22:06
・北千里ヶ浜に登りあがりました。
・進んで行きます。
・久住分れが見え始めました。
・久住分れに登って行きます。
・登りあがりました。
・阿蘇の涅槃像が見えています。
・バックに三俣山、由布岳が見えています。
・当日山行組と合流し、久住山に登って行きます。
・当日組の皆さん
[Res: 2168] Re: 九重耐寒訓練2日目 投稿者:カント 投稿日:2015/01/19(Mon) 22:08
・途中、バリェーションルートを登ります。
・岩の間を通過
・山頂が見えています。
・登りあがりました。
・バックに、由布岳が見えています。
・九重山頂写真
・阿蘇中岳が噴火しています。
・久住山を降りていきました。
・星生崎斜面の登攀
[Res: 2168] Re: 九重耐寒訓練2日目 投稿者:カント 投稿日:2015/01/19(Mon) 22:09
・雪道を登って行きます。
・西千里ヶ浜に下り、牧ノ戸峠に向かいます。
・樹氷がまだまだ、着いています。
・下っていきます。
・沓掛山手前
・最後の下り
・牧ノ戸峠が見えてきました。
・由布岳がくっきり見えています。
・牧ノ戸峠到着、お疲れ様でした!

[2164] 九重耐寒訓練1日目 投稿者:カント 投稿日:2015/01/19(Mon) 20:29
Uraさんより速報が届いていますが、氷点下のテントの中、夜中の2時過ぎに発信されています。続報です!

毎年恒例の九重耐寒訓練に行ってきました。
1日目は長者原より出発し、雨ケ池経由で坊がつるキャンプ場に入りました。
強風の中 テントを2張 設営し、昼食後 大船山を往復しました。
午後より快晴になり、青空と凍り付いた雪景色を堪能しました。
大船山山頂は吹き飛ばされるくらいの強風が吹いており、回りはガチガチに凍っていました。
凍り付いた御池(おいけ)に降り、普段は行けない池の中心で記念写真を撮りました。
下山後、氷点下の中、テントで「豆乳鍋」を囲み 賑わいました。

・本日の軌跡
・朝は小雪が降っており、東屋で共同装備を振り分け、登山準備をしました。
・小雪の中、駐車場を出発します。
・ビジターセンター前で
・雨ヶ池へ向かいます。
・雪はそんなに多くありません。
・雨ヶ池通過
・アイゼンは履きませんでした。
・坊がつる到着。到着時は曇っていました。
[Res: 2164] Re: 九重耐寒訓練1日目 投稿者:カント 投稿日:2015/01/19(Mon) 20:30
・キャンプ場に向かいます。
・強風の中、テント設営
・何とか完成
・2張目
・青空が出て、三俣山がくっきり見えてきました。
・昼食後、大船山にむかいます。
・アイゼンは履きませんでした。
・樹氷の登山道
・青空と樹氷
[Res: 2164] Re: 九重耐寒訓練1日目 投稿者:カント 投稿日:2015/01/19(Mon) 20:31
・大船山が見えています。
・段原到着
・登って行きます。
・振り返ると北大船山
・大船山到着
・山頂写真
・御池に降りていきます。
・御池も凍っています。
・完全氷結した湖面
[Res: 2164] Re: 九重耐寒訓練1日目 投稿者:カント 投稿日:2015/01/19(Mon) 20:33
・こんなことしてみました。
・池の中心で
・記念写真
・山頂に戻ります。
・下っていきます。北大船山方向
・段原に戻ってきました。
・樹氷の中、下っていきます。
・坊がつるに戻ってきました。
・夜は豆乳鍋で一杯! 皆さん、お酒はしっかり担いできています。次から次と出てきます。

2日目と続く!

[2160] 小岱山 新年登山 投稿者:カント 投稿日:2015/01/11(Sun) 19:53
今年最初の会山行で小岱山に行ってきました。参加者は20名。
玉名市の蛇ヶ谷公園登山口より小岱山(観音岳、筒ヶ岳)を往復しました。
一日中、晴れ・曇り の天気で、登山中は汗をかいていましたが、日が陰ると寒く感じる天気でした。
登山道は「九州自然歩道」で整備されており快適に歩くことが出来ました。
下山後、玉名温泉「つかさの湯」でゆっくり入湯し、16時ごろには久留米に戻ってきました。
H野リーダーお世話になりました。今年も順調に滑り出しました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-526.html

・本日の軌跡
・蛇ヶ谷公園より入山しました。
・公園で準備運動をします。
・8時すぎ、登って行きます。
・笹千里展望台より
・雲海が見えています。
・朝は普賢岳が見えていました。
・二の岳、三の岳が見えています。
・快適な登山道
[Res: 2160] Re: 小岱山 新年登山 投稿者:カント 投稿日:2015/01/11(Sun) 19:54
・急登を登って行きます。
・九州自然歩道は整備されています。
・七峰台よりの絶景
・筒ヶ岳集合写真
・戻って行きます。
・荒尾展望所より
・観音岳集合写真(以前小岱山と表示されていた)
・観音岳で昼食
・13:45分、蛇ヶ谷公園登山口に降りてきました。
[Res: 2160] Re: 小岱山 新年登山 投稿者:おっぴぃ 投稿日:2015/01/11(Sun) 21:54
カントさん早々のアップありがとうございます(*^ー^)

緩やかな山と思ってましたが急な所もありましたがみなさんのアドバイスで階段の登り降りなども学べました♪

新年登山にちなんだお天気よくて楽しい会山行となりました(*゜ー゜)v

ご一緒して頂いたみなさんありがとうございました♪

リーダーのH野さんお世話かけました!

今年もよろしくお願いします(^ー^)

[2158] 発心山 投稿者:ura 投稿日:2015/01/07(Wed) 16:37
好天気に誘われて発心山に登りました。

[2157] 耳納連山縦走 投稿者:カント 投稿日:2015/01/04(Sun) 20:25
皆さん、明けましておめでとうございます。
今年の登り初めは1月3日 耳納連山を縦走してきました。
天気も良く、久留米の町が良く見えていました。高良大社は初詣の人たちで賑わっていました。今年も順調に滑り出しました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-525.html

[2154] 二丈岳忘年登山 投稿者:カント 投稿日:2014/12/21(Sun) 18:32
忘年登山で二丈岳に行ってきました。参加者は27名の大人数でした。
久留米より高速を利用し ゆらりんこ橋より入山し、真名子〜二丈岳〜深江登山口〜筑前深江〜きららの湯 と縦走しました。
歩行距離は9.0kmでゆっくりと歩くことが出来ました。
二丈岳山頂付近は雪が舞い、うっすらと積雪していました。
残念ながら下界を見下ろすことができませんでしたが、思いがけず雪山になり楽しく歩くことができました。
下山後、きららの湯で入湯し、あらかじめ頼んでおいた豪華な昼食(私はビール付!)を頂き、15時前に久留米に戻ってきました。
楽しい忘年登山でした。F上さん、T下さん、お世話になりました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-523.html

・本日の軌跡
・ゆらりんこ橋より入山します。
・この時は海がよく見えています。
・ゆらりんこ橋を渡る。
・登山口より登っていきます。
・賀茂神社に登りあがりました。
・真名子の登山口より再度登っていきます。
・広場に登りあがります。
・うっすらと雪が積もっています。
[Res: 2154] Re: 二丈岳忘年登山 投稿者:カント 投稿日:2014/12/21(Sun) 18:33
・二丈岳山頂はガスに覆われていました。
・かなりの風雪です。
・集合写真
・お世話係りの二人
・元気な二人
・山頂を後にします。
・深江方向に下っていきます。
・山頂を振り返ります。
・急坂を下っていきます。
[Res: 2154] Re: 二丈岳忘年登山 投稿者:カント 投稿日:2014/12/21(Sun) 18:34
・慎重に下ります。
・歩きやすい道になりました。
・植林の間を下っていきます。
・林道に合流しました。深江登山口です。
・少し休憩。行動食を取ります。
・その後、何度か林道を横切ります。
・筑前深江に降りてきました。
・きららの湯まで歩きました。
・入浴後の食事風景。個室です

[2148] 2014-12-14 白髪岳 投稿者:ヨッシー 投稿日:2014/12/15(Mon) 20:50
初投稿します。
個人山行となりましたが、白髪岳へ会員有志で行ってきました。
佐賀県の黒髪山と姉妹山との事で、頂上には有田焼のプレートで山域図が表示されていました。
樹氷がついていて、名前の由来通りの状況で登れて良かったな〜と、思いました。
午後からは晴れ間がのぞき、日当りの良いところでは溶け始めている所もありました。
早い時間での登山ができ、運転して頂いた方々と同行者に感謝感謝です。
1.白髪岳案内図
2.登山口、登山届け箱
3.出発時に空を見上げると青空に霧氷が映えてきれいでした。
4.登山開始です。1〜2cm位の積雪です。
5.ブナの大木に見事な樹氷がついています。
6.三池神社上宮に到着です。お社にも氷がついています。
7.頂上です。
 頂上付近は樹木がなく見晴らしが良いのですが、今日は風が吹いて寒いので
 集合写真を撮って早々に退散です。
8.晴れ間が出て、樹氷が空に映えます。
9.下山路より白髪岳を望む。
[Res: 2148] Re: 2014-12-14 白髪岳 投稿者:ura 投稿日:2014/12/16(Tue) 09:04
ヨッシーさん、初投稿ありがとうございます。
今後ともよろしくです。

集合写真など追加します。
[Res: 2148] 無題 投稿者:ぱなちゃん 投稿日:2014/12/18(Thu) 21:38
白髪岳、本当にきれいでしたね!いつの間にか季節は、しっかり冬になっていました!  今回、無理せず雪景色を楽しみながら登ることが手きて良かったです。ありがとうございました (*^_^*)

[2149] 日向神岩登り1 投稿者:フクちゃん 投稿日:2014/12/15(Mon) 22:40
2014.12.14(日) 忘年日向神岩登りに参加者9名(新人2名)で行って来ました。天気予報では午前中は曇り、午後からは晴れの予報だったので実行。当初は八女津姫の右岩で実施しするつもりでしたが岩が濡れていたため左岩の短いルートで新人2名に対し岩登りの基本姿勢(3点支持)、懸垂下降の基礎等を実施しました。その後花立山の岩登りに向かったのでですがあいにくアラレが降って来たので取り付きまで行かず途中断念し道端エリアで遊ぶいや練習することになり新人さん2人を中心に各ルートを十分に楽しく登る事が出来ました。リーダーのH野さん、参加者の皆さんお疲れ様でした。
1 М下さんと八女津姫の岩状態を偵察試登したがじめじめして濡れていて滑るのでここでの練習を断念し隣の短い岩ルートで新人さんの練習をした。
2 引き続き花立山に登ろうとしたがアラレが振り出し途中撤退。
3 パーキングエリアのメインテラス風景
4 パーキングエリアのメインテラスの岩状態を偵察試登したがアラレで凹に水が溜まり滑るのでここも断念
5 青空を見せた花立山
6 O川さん確保でA司君挑戦中 
7 左から新人のI上さん、N田さん、ベテランの0川さん
8 同じメンバーのアップ
9 0川さんとA司君と花立山
[Res: 2149] Re: 日向神岩登り2 投稿者:フクちゃん 投稿日:2014/12/15(Mon) 22:43
岩登り風景。途中からT田君が合流しました。
1 O川さんと確保のM下さん
2 N田さんとリーダーの確保しているH野さん
3 ヤモリの手を持ついちみるさんスイスイ登る
4 M下さん中央のルートに挑戦中
5 左からM下さん、途中から合流のT田君、N田さん
6 左からO川さん、I上さん、H野さん
7右のルートに挑戦中のいちみるさん
8 T田君、最上まで挑戦中
9 N田さん再度挑戦、T田君到着です
[Res: 2149] Re: 日向神岩登り1 投稿者:おっぴぃ 投稿日:2014/12/16(Tue) 21:22
早々のアップありがとうございました☆
(*>ω<*)ゞ

雲ったり雪降ったり晴れたりと様々なお天気模様でしたが登り方の細かいとこなど教えて頂いてまたまた勉強になりました(*´∀`)ノ ♪

初ビレーもできたのでよかったです
(*´▽`人)♪

リーダーのH野さんお世話かけました。

一緒に岩山行をして頂いたみなさんありがとうございました(。>ω<。)

お疲れ様でした.+*:゜+。.☆

[2141] 比叡山岩登り 投稿者:Mamechan 投稿日:2014/11/19(Wed) 11:19
遅ればせながら16日の比叡山岩登りの画像をUPします。

総勢7名で比叡山岩登りに行ってきました。3チームに分かれての登攀。天気にも恵まれて快適な岩登りができました。いちみるリーダー他、参加者の皆様お疲れ様でした。
Aチーム ニードル左岸稜 F本さん、T田さん
Bチーム 1スラSP N上さん、TMさん
Cチーム 1スラSP 岳人さん、パナソニックさん、いちみるさん

1.1スラSP 2ピッチ目、高度感のあるスラブを登攀中のN上さん。
2.亀の甲スラブの出だし。リードするパナソニックさん。ビレーする岳人さん。
3.最終ピッチを登攀中のパナソニックさん。
4.終了点でのパナソニックさんとほっと一息のN上さん。パナソニックさんは、1ピッチ目以外は、オールリードでした。
5.山頂集合写真。
[Res: 2141] Re: 比叡山岩登り 投稿者:いちみる 投稿日:2014/11/19(Wed) 22:32
Mamechan アップありがとうございます。
各人の力量に合ったクライミングができたのではないかと思います。
いつものことながら、参加されたみなさんのご協力に支えられた
名ばかりのリーダーでした。
[Res: 2141] Re: 比叡山岩登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2014/11/27(Thu) 21:59
遅くなりました。比叡山のニードル岩登りをT田君と一緒に登りました。
1 今回はノーマルルートを登りました
2 ニードルの全景
3 T田君ダブルフレークに挑戦したが?
4 ルートを読むT田君
5 3Pをリードさせてもらい下界を望む
6 T田君こっち向いて
7 T田君、ニードルの頭に到着し跨る
8 ニードルの頭で記念写真
9 ニードルの頭から懸垂下降するT田君
[Res: 2141] Re: 比叡山岩登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2014/11/27(Thu) 22:23
1 ビレイ点到着。T田君ありがとう
2 次の組がニードルの頭に到着したようだ
3 T田君2Pに挑戦
4 次の組が頭に到着したようだ
5 次の組の頭にて
6 ニードルの頭が小さくなってきた
7 ビレイ点到着しそのまま山頂へと登り上がる
8 次の組にいた、いおりのメンバーの山○さん、アドバイスありがとうございました
9 集合写真




[2143] 三郡縦走 投稿者:カント 投稿日:2014/11/24(Mon) 15:13
7名のメンバーで三郡縦走に行ってきました。
今回は筑前山手駅から荒田高原を経由して若杉山に登り、若杉山〜鬼岩谷〜砥石山〜前砥石〜三郡山〜宝満山〜かまど神社と縦走しました。
かまど神社は紅葉シーズン、七五三等で多くの人が参拝に来ており、「まほろば号」はとても乗れる状態にありませんでしたので、ズルせず、太宰府駅まで歩くことにしました。
縦走路の紅葉はやや盛りを過ぎていましたが、かまど神社辺りは紅葉の見ごろを迎えており、素晴らしい紅葉を愛でることができました。
歩行距離は22.0kmに達しましたが、皆さん、素晴らしいスピードで歩きとおしました。
リーダーのHさん、お疲れ様でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-514.html

・本日の軌跡
・筑前山手駅より出発します。
・御田原林道を登っていきます。
・いい感じで紅葉しています。
・千手院で右折します。
・荒田高原に出てきました。
・夫婦杉に向かいます。
・ちょっと休憩
・奥の院、はさみ岩を通過しました。
[Res: 2143] Re: 三郡縦走 投稿者:カント 投稿日:2014/11/24(Mon) 15:14
・黄葉が光っています。
・若杉山山頂
・ショウケ越を通過します。
・ここからの登りはしんどい!
・核心部の登り
・前砥石山で昼食を取りました。
・気持ちの良い縦走路
・三郡山山頂
・宝満山山頂
[Res: 2143] Re: 三郡縦走 投稿者:カント 投稿日:2014/11/24(Mon) 15:15
・高い所が好きな人がいます!
・越えてきた稜線をバックに!
・下りてきました。
・かまど神社の紅葉1
・かまど神社の紅葉2
・かまど神社の紅葉3
・太宰府天満宮に向かいました。
・天満宮の紅葉
・太宰府駅に到着

[2138] 合使山(918m)〜惣見山(904m) 投稿者:ura 投稿日:2014/11/17(Mon) 13:34
11月16日会山行
合使山(918m)〜惣見山(904m)

16名にて秋の山歩きを満喫してきました。
天気は曇り日でしたが登山道沿いの紅葉の木々が大変綺麗でした。
また英彦山、犬ヶ岳、耶馬溪など周囲の山々の眺めも素晴らしく、登山道は岩尾根、やせ尾根、急登、急降下ありで変化にとんだ楽しいコースでした。
運転して頂いたOさん、Hさんお疲れ様でした。

1)コース図
2)登山口から合使山に一気に急登する
3)手足を使って上ります
4)30分ほどで合使山918m到着
5)合使山から鞍部に下る途中のビューポイント
6)鞍部の露岩を渡る
7)鞍部の露岩を渡る
8)赤から黄色のグラデーションが綺麗
9)痩せ尾根
[Res: 2138] Re: 合使山(918m)〜惣見山(904m) 投稿者:ura 投稿日:2014/11/17(Mon) 13:36
10)左の杉植林の山が惣見山
11)根っこにつかまって降りる
12)岩尾根を行く
13)英彦山方面の眺め
14)岩峰を巻く
15)岩尾根を行く
16)岩尾根を行く
17)あたり一面の紅葉。ぱっと景色が明るくなる。
18)惣見山山頂自体は植林地の中で写真だけ撮って引き返して、近くの陽だまりで食事を摂る。
[Res: 2138] Re: 合使山(918m)〜惣見山(904m) 投稿者:ura 投稿日:2014/11/17(Mon) 13:37

19)樹木越の紅葉
20)日差しがあると紅葉が一段と映える
21)岩峰から耶馬溪方面を見る
22)振り返り見る惣見山。山が秋色だ。
23)犬ヶ岳方面を見る
24)英彦山方面を見る
25)合使山へ最後の上り返し
26)合使山から急降下して登山口到着。

[2136] 四王寺山 土塁一周 投稿者:カント 投稿日:2014/11/16(Sun) 10:32
11/15日、四王寺山の土塁を一周してきました。
紅葉はいい時期を迎えていました。
[Res: 2136] Re: 四王寺山 土塁一周 投稿者:カント 投稿日:2014/11/16(Sun) 10:35
快晴の天気でいい山行でした。詳細は下記をご覧ください。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-513.html

[2135] 大崩山系周回 投稿者:ura 投稿日:2014/11/04(Tue) 11:24
三里河原〜七日廻岩〜坊主尾根(メンバー会員6名)

前日祖母山を下山して日之影温泉で入浴後、
延岡で買い物をして、大崩山へ。
宿泊は研修棟。500円で宿泊できる立派な施設です。
天気は予報通り下り坂。景色はあまり見れなかったのですが満足な山行でした。
やはり大崩山は良いなと改めて感じました。

詳細はこちら
http://www.asophoto.com/yamatop.htm

[2134] 英彦山北西尾根 投稿者:カント 投稿日:2014/11/03(Mon) 22:05
英彦山に行ってきました。
紅葉は終盤を迎えていましたが、まだまだ楽しむことができました。
先週の市民ハイクに参加されていた方にお会いしました。

http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-512.html

[2133] 祖母山個人山行 投稿者:ura 投稿日:2014/11/02(Sun) 21:21
祖母山個人山行
10月30日〜31日にかけて祖母山、大崩山を会員6名にて歩いてきました。

1)コース図
2)北谷登山口
3)国見峠
4)祖母山山頂
5)祖母山山頂
6)祖母山山頂にて
7)風穴コースを下る
8)風穴を覗く
9)紅葉

詳細はこちら
http://www.asophoto.com/yamatop.htm

 過去ログ:[ 4 Page ] 表示完了 
(過去ログページは作成順に1→2→3とナンバーが増加します)  トップへ戻る