過去ログ[5]

過去ログ:
ワード検索: 条件: 表示:


[2938] 郡岳山行 投稿者:カント 投稿日:2017/06/19(Mon) 10:23
多良山系の西の端「郡岳」に総勢20名で行ってきました。
最新版の「九州百名山」に追加された山です。
野岳湖キャンプ場から野岳湖横断〜南登山口〜郡岳〜坊岩〜西登山口〜野岳湖キャンプ場と周回しました。
野岳湖周辺の遊歩道は湖越しに郡岳が見渡せ、快適な散策路でした。
郡岳登山道は大半が木立の中でしたが、本日は快晴の直射日光の強い天気で日向は光の圧力を感じる状況でした。
帰路、平谷温泉で汗を流し、17時過ぎには久留米に戻ってきました。
お世話係りのH本さん、T木さん、お疲れ様でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-687.html

・本日の軌跡
・野岳湖キャンプ場駐車場を出発します。
・湖畔の遊歩道は快適です。
・野岳湖を横切って進みます。
・吊橋越に「郡岳」が見えています。
・しばらく車道を進んで行きます。
・往路は南登山口から入山しました。
・木立の中の登山道です。
・林道を経由し、本格的な登山道に入ります。
[Res: 2938] Re: 郡岳山行 投稿者:カント 投稿日:2017/06/19(Mon) 10:24
・雰囲気の良い登山道です。
・郡岳山頂に到着しました。下界が一望できます。
・山頂写真
・山頂で昼食を取りました。
・山頂より野岳湖キャンプ場が見えています。
・昼食後、山頂を横切り西側に降りていきます。
・急坂を慎重に降りていきます。
・坊岩に立ち寄りました。
・下界が一望できます。
[Res: 2938] Re: 郡岳山行 投稿者:カント 投稿日:2017/06/19(Mon) 10:24
・ゆっくり下って行きます。
・西登山口に降りてきました。
・西登山口
・車道を野岳湖キャンプ場まで戻って行きました。背後に「郡岳」が見えています。

[2933] 平治岳山行【ミヤマキリシマ】 投稿者:カント 投稿日:2017/06/05(Mon) 08:23
九重山系山開きの日、平治岳に行ってきました。参加者は19名でした。
男池登山口より入山し、往路は東尾根を登り、平治岳北峰〜南峰と進んだ後 復路は大戸越よりソババッケ〜男池登山口と戻ってきました。
快晴の天気で木立の中の登山道は日差しを避け快適に歩くことが出来ました。
お目当ての「ミヤマキリシマ」は花蕾混在のいい状態でピンクの絨毯を十分に堪能できました。
山頂付近は多くの登山者で賑わっていましたが、渋滞に巻き込まれることはなく予定通りに周回することが出来ました。
山開きで温泉が混雑することが予想されたため宝泉寺温泉「山の湯」まで足を延ばし入湯し、予定通り17:30分久留米に戻ってきました。
M田リーダーお世話になりました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-686.html

・本日の軌跡
・8時、男池駐車場は満杯です。何とかバスは駐車できました。前方のバスは「久留米山の会」
・8時過ぎ男池園地より入山します。
・男池の森を進んで行きます。
・かくし水で休憩
・多くの登山者で登山道は一杯です。
・混雑を避け、東尾根を登って行きます。
・木漏れ日がいい感じです。
・急登ですが、落ち葉の登山道は歩きやすく、ゆっくり登って行きます。
[Res: 2933] Re: 平治岳山行【ミヤマキリシマ】 投稿者:カント 投稿日:2017/06/05(Mon) 08:24
・途中、北大船山が見えてきました。
・平治岳北峰に登り上がりました。
・展望台に向かいます。ピンクの絨毯です。
・三俣山、中岳、星生山等が見えています。
・多くの登山者で賑わっています。
・坊がつる、三俣山の定番写真
・振り返るとピンクの絨毯です。
・お花畑の中で
・北峰〜南峰鞍部に向かいます。多くの登山者が休憩しています。
[Res: 2933] Re: 平治岳山行【ミヤマキリシマ】 投稿者:カント 投稿日:2017/06/05(Mon) 08:26
・北峰斜面
・鞍部で昼食を取りました。
・昼食後、南峰に立ち寄りました、斜面のミヤマ
・北峰斜面は「坊がつる賛歌」の「山はピンクに・・・」です。
・南峰斜面
・下り専用路を下って行きます。
・花畑の間を
・滑ります。
・オレンジのミヤマキリシマ
[Res: 2933] Re: 平治岳山行【ミヤマキリシマ】 投稿者:カント 投稿日:2017/06/05(Mon) 08:26
・振り返ると斜面はピンクです。
・大戸越に着きました。
・大戸越より南峰斜面を望みます。
・足場の悪い登山道を下って行きました。
・ソババッケ通過
・往路登った東尾根を確認します。
・戻って行きます。
・男池園地に着きました。
・予定通り無事下山

[2931] 岩屋ロックガーデン 投稿者:トトロ 投稿日:2017/06/04(Sun) 23:40
11名で岩屋ロックガーデンに行ってきました。
お天気にも恵まれ山日和となりました。
3.3.3.2のパーティに分かれて登攀
ご参加頂いた皆さんお疲れ様でした\(^o^)/
初めて参加された皆さんも、勇敢にチャレンジ!
されてありました。皆さんの協力で安全に無事登る事が
出来ました。ありがとうございました☆


岩屋ロックガーデンのこの時期は 日焼け 虫よけ対策必要ですね
蚊取り線香持参助かりました。皆さん日焼けは大丈夫でしたか?

1   準備体操して、今からとりつきに向かいます
2〜5 東稜1ピッチめ 右と左のルートに分かれて登攀
6、7 懸垂下降で降りて
8、9 今度は違うルートでTピッチ登攀ですよ〜
[Res: 2931] Re: 岩屋ロックガーデン 投稿者:トトロ 投稿日:2017/06/05(Mon) 00:00
続き
1〜4 2ピッチめのトラバース☆慎重に進みます。
5   3ピッチめ(4ピッチ登って懸垂下降で終了です)
6、7 1グループの皆さん、BGクラックで鐙の練習。
8   参加メンバーの皆さんです。 
9   お疲れ様でした\(^o^)/

[2930] ヒキガエルの宝満山登山 投稿者:ヨッシー 投稿日:2017/05/30(Tue) 11:05
先日某放送局にて宝満山のヒキガエルがニュースで流れていましたが、その前日(24日)と30日と遭遇しました。
24日は本当に足の置き場が無い程の大群がいました。
放送が流れた翌日からは全くいなくなりました。
人が来るのを嫌ったのでしょうか?
今日久しぶりに遭遇しました。
前回の大群とは違って20匹位の群れを三つ程見つけました。
本当に小さいです。
こんな小さいのが1ヶ月かけて山頂付近迄登って行くとの事です。
途中で蛇や鳥の襲撃にあい一握りの数になるそうです。
遭遇した時は踏まないように注意しましょう。
・登山道入口(池の所と林道交差した所の2ヶ所)に看板があります
・看板には1センチ位の小さな大群がとあります
・遭遇したのは池のちょっと少し先の登山道でした(私の人差し指と比較)
・一生懸命登っています

[2925] 鶴見岳登山【ミヤマキリシマ】 投稿者:カント 投稿日:2017/05/22(Mon) 17:14
ミヤマキリシマのシーズンを迎え「鶴見岳」に行ってきました。21名の参加者でした。
今回はロープウエイ駅の横の登山口より入山し、火男火売(ほのおほのめ)神社を経由し正面道を登り上がり、帰りは 馬の瀬〜西の窪〜南平台分岐と周回し往路を戻ってきました。
ミヤマキリシマは開花している株もありましたが、大半が蕾の状態で あと1週間もすれば満開になるのではないかと思われます。
一日中 快晴の天気でしたが大半の登山道が木立の中で 直射日光に曝されることはなく、快適に歩くことが出来ました。M井リーダーお疲れ様でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-681.html

・本日の軌跡
・ロープウエイ駅駐車場で登山準備をします。
・一気登山道に入ります。
・緩やかに登って行きます。
・火男火売(ほのおほのめ)神社の参道に合流しました。
・参道階段を登って行きます。
・新緑の木漏れ日がいい感じです。
・明るい森の快適な登山道です。
・最後の急登
[Res: 2925] Re: 鶴見岳登山【ミヤマキリシマ】 投稿者:カント 投稿日:2017/05/22(Mon) 17:15
・台地に上がるとパラグライダーが飛び立つところでした。
・城島高原に向かって飛び立ちました。
・ロープウエイ駅に登り上がりました。九重の山々が見えています。
・ミヤマキリシマは蕾の多い状態でした。
・開花している株もあります。
・白のミヤマキリシマ。
・鶴見岳山頂写真
・由布岳をバックに記念写真
・木陰で昼食を取ります。爽やかな風が吹いています。
[Res: 2925] Re: 鶴見岳登山【ミヤマキリシマ】 投稿者:カント 投稿日:2017/05/22(Mon) 17:16
・昼食後山頂を越え、縦走路を進んで行きます。
・正面に「鞍ヶ戸」「内山」が見えています。斜面が崩壊しています。
・快適な登山道です。
・ミヤマキリシマは蕾の状態です。
・馬の背より左折します。鞍ヶ戸方向の登山道は閉鎖されています。
・西の窪より周回道に入ります。
・踊石通過
・火男火売神社階段を降りていきます。
・ロープウエイ駅に戻ってきました。

[2921] 野北の岩登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2017/05/20(Sat) 09:14
2017.05.14(日) 糸島半島の海岸沿いにある野北の岩場の岩登りに11名で行ってきました。真っ青な海、真っ青な大空、照りつける太陽そしてさわやかな風を肌で感じながら海岸線の荒波によって形成された砂丘や岩山の絶景に魅了されながら登ったり下ったりのバリエーションに飛んだコースでした。
[Res: 2921] Re: 野北の岩登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2017/05/20(Sat) 09:17
野北岩登り2
[Res: 2921] Re: 野北の岩登り 投稿者:フクちゃん 投稿日:2017/05/20(Sat) 09:23
野北岩登り3
[Res: 2921] Re: 野北の岩登り 投稿者:いちみる 投稿日:2017/05/21(Sun) 22:37
紺碧の海と空、爽やかな海風、そして楽しい懸垂下降。
日常では味わえないような岩あそびを体験できました。
来年も会山行にエントリーして下さい。

[2917] 新人体験登山(発心山) 投稿者:カント 投稿日:2017/05/14(Sun) 19:22
入会希望の方々と発心山に行ってきました。
一日中いい天気で尾根に上がると涼しい風が吹いて爽やかな登山でした。
入会希望の方々(2名)も元気に登られていました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-680.html

・本日の軌跡
・JRを利用し筑後草野駅より出発します。
・耳納連山は黄砂で霞んでいます。
・筑後草野駅を出発
・発心公園で他のメンバーと合流しました。
・登って行きます。
・支尾根に登り上がると爽やかな風が吹いています。
・ツボスミレ
・往路は横岩コースを登りました。
[Res: 2917] Re: 新人体験登山(発心山) 投稿者:カント 投稿日:2017/05/14(Sun) 19:24
・崩壊部分があり慎重に登って行きます。
・最後の急登を進んで行きます。
・耳納スカイラインに登り上がりました。
・発心山直下
・山頂集合写真
・入会希望の方々、中々健脚です。
・木陰で昼食を取りました。
・リーダーよりケーキとコーヒーの差し入れがありました。ご馳走様でした。
・レクチャー
[Res: 2917] Re: 新人体験登山(発心山) 投稿者:カント 投稿日:2017/05/14(Sun) 19:25
・下界は霞んでいます。
・下山
・尾根コースを降ります。
・エゴノキの花の絨毯
・降りてきました。
・野イチゴ
・発心公園に到着
・リーダーより本日の総括
・元気に周回しました。何の問題もありませんでした。
[Res: 2917] Re: 新人体験登山(発心山) 投稿者:トトロ 投稿日:2017/05/14(Sun) 20:22
カントさん早々のアップありがとうございます。
本日、サポートして頂いた会員の皆様ありがとうございました。
体験登山パート2も、和気あいあい心地よい山行でした。
入会希望の2名の方も楽しく登られたようでした。
新しい仲間の輪が広がり(^O^)嬉しいです。

[2912] 二つ岳、五葉岳登山 1 投稿者:ヨッシー 投稿日:2017/05/09(Tue) 19:26
5月8、9日(月、火)にて会山行で二つ岳、五葉岳に登る計画でしたが9日が雨天の為8日のみとし、五葉岳・兜巾岳周遊としました。
8日は競技場を6時55分出発 ⇒大吹登山口へ11時10分到着。各自準備体操をし、11時25分出発 ⇒12時40分頂上到着。昼食・集合写真を撮り兜巾岳へ向けて13時35分出発 ⇒13時55分兜巾岳頂上へ到着 ⇒14時下山開始 ⇒15時20分登山口へ戻ってきました。本日宿泊の英国館へは16時40分到着。
天気が良く、花も色々と咲いていて又、夜は小宴会と楽しい山行となりました。
到着後翌日の登山が出来そうか天候の確認をすると雨の予報は変わらずでした。
夜中の3時過ぎ雨音で目が覚めました。天気予報が当たってしまいました。
朝食時に地元の方から二つ岳は土がふかふかしていて雨が降るとズルズルと滑りやすくて危ないので登らない方が良いとの情報を頂き中止を再度決断となりました。
写真1. 登山口にて
写真2. 登山開始
写真3. ヤマシャクヤクが咲いています
写真4. フカフカの登山道をあるいています
写真5. 二つ岳が遠くに見えています
写真6. 頂上間近でアケボノツツジ(今年は開花が遅いようです。ミツバツツジもつぼみの状態です)
写真7. 頂上の岩場が見えてきました
写真8. O方3は既に頂上
写真9. 頂上に咲いていたミツバツツジ、アケボノツツジも

集合写真は別途URAさんが掲載予定です。
[Res: 2912] Re: 二つ岳、五葉岳登山 2 投稿者:ヨッシー 投稿日:2017/05/09(Tue) 20:42
兜巾岳へ向けて開始です。
一昨年の山行でアケボノツツジのトンネルがあったルートへむけて歩きます。やはりこちらも開花が遅れていてトンネル状態ではありません。
写真1. 五葉岳直下のアケボノツツジ
写真2. アケボノツツジ(以前トンネルができていた辺り)
写真3. 新百姓〜夏木山の稜線・鋸尾根が見えています
写真4. アケボノツツジ(以前トンネルができていた辺り)
写真5. シャクナゲが咲き始めていました
写真6. 稜線上に咲くアケボノツツジ
写真7. シャクナゲとアケボノツツジ
[Res: 2912] Re: 二つ岳、五葉岳登山 3 投稿者:ヨッシー 投稿日:2017/05/09(Tue) 21:00
今回咲いていた花1
[Res: 2912] Re: 二つ岳、五葉岳登山 4 投稿者:ヨッシー 投稿日:2017/05/09(Tue) 21:06
今回咲いていた花2
[Res: 2912] Re: 二つ岳、五葉岳登山 1 投稿者:ura 投稿日:2017/05/10(Wed) 08:30
集合写真です

[2911] 背振山〜蛤岳縦走 投稿者:カント 投稿日:2017/05/08(Mon) 10:28
会山行が満席で参加できず、あまりにいい天気でしたので背振山、蛤岳付近をうろうろしてきました。
犬井谷登山口より入山し、縦走路に合流後 背振山を往復し 裏道で蛤岳に立ち寄った後犬井谷登山口に戻ってきました。
黄砂の影響で景色ははっきり見えませんでしたが 一日中いい天気で爽やかな縦走路でした。
ミツバツツジの花はまだ残っていました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-678.html

[2909] 古祖母山:アケボノツツジ鑑賞 投稿者:新人N 投稿日:2017/05/07(Sun) 23:04
6:00に久留米陸上競技場をマイクロバスで出発し、尾平越トンネル入口(宮崎県・岩戸側)から山頂まで往復しました。参加者は男性12人、女性6人合計18人です。山行計画のサブタイトルはアケボノツツジ鑑賞となっています。

途中天の岩戸神社に立ち寄り小休止、ここまで震災の影響で道が迂回しているところを通るなどまだまだ熊本は復旧途上であることを知りました。

登山口から山頂までの登山道はアケボノツツジやミツバツツジ・シャクナゲを愛でながら歩くことができました。

途中急登部分やハシゴを登るところがありますが、思いの外スムーズに歩くことができ、予定よりも30分ほど早く登頂することができました。

山頂では黄砂の影響で遠くは霞んでいるが、眺望を楽しむことができ、あまりの心地よさに昼寝を試みるメンバーもいました。

帰りは高千穂の湯でゆっくり温まり、疲れた身体を癒して予定よりもおよそ1時間早く久留米に戻り、本日の山行を終了しました。

リーダーのSさん、サブリーダーのIさん、ありがとうございました。

1本日の軌跡と標高
2集合写真です。
3以降 山行の様子です。
[Res: 2909] Re: 古祖母山:アケボノツツジ鑑賞 投稿者:新人N 投稿日:2017/05/07(Sun) 23:07
写真の続きです。

[2907] だき山〜鉾岳縦走2 投稿者:ura 投稿日:2017/05/02(Tue) 21:55
雌鉾の岩頭にて、下は150mスパッと切れ落ちている

圧倒されます

直進すれば鬼の目山
本日は左折して谷に下ります

林道で昼食にしました
シャケと厚焼き玉子が美味しかったです

巨大な蛤岩

坊主頭のような雌鉾の岩峰が見えてきました


梯子とザイルで登ります

記念写真

キャンプ場付近から振り返り見る鉾岳

[2906] だき山〜鉾岳縦走1 投稿者:ura 投稿日:2017/05/02(Tue) 21:47
春の陽気に満開のアケボノ

4時半、宿舎の「つりがね」にて
朝と昼の弁当を作ってもらいました

昨日の釣鐘山も急登でしたが
だき山はもっと長いので気合を入れて出発します

ひたすら上ります
急登ながら景色の変化が楽しめます

岩峰に登り上がる

ヒカゲツツジ

四つんばいで登る

正面に地蔵岳、その奥に鹿納から五葉の岩尾根が見える

集合写真

[2905] 釣鐘山 投稿者:ura 投稿日:2017/05/02(Tue) 21:36
正面に釣鐘山を望む登山口

足下が崩れやすいガレ場を登る

春風が吹き抜ける鹿川峠
北側の尾根を辿れば日隠山へ
本日は南のピークを迂回していったん鞍部に出て釣鐘山に登る

釣鐘山の登山道は急登だ


山頂で集合写真

下山は同じコースを下る

アケボノと鹿納坊主

落石注意

宿泊は鹿川地区交流センター「つりがね」
何度か利用していますが、安くて清潔で食事も美味しくていつも大満足です。

[2901] 皿倉山〜福智山縦走 投稿者:カント 投稿日:2017/04/30(Sun) 14:41
今期、皿倉山から牛斬山までの福智山縦走を計画しています。今回北側の皿倉山〜福智山間を縦走しました。
一日の行程時間が長く 時間を短縮する意味で皿倉平を出発点にしました。
7:44分、皿倉平を出発し、皿倉山を往復した後、市ノ瀬峠〜観音越〜田代分れ〜かえで峠〜尺岳〜山瀬越〜豊前越〜烏落〜福智山と縦走し、16:46分 上野峡に降りてきました。
9時間、20km の行程でした。
ロングトレイルでしたが大半の登山道が木立の中で稜線上は爽やかな風が吹いていた為 快適に歩くことが出来ました。
下山後 上野温泉で入湯し 19:00分久留米に戻ってきました。K村リーダーお疲れ様でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-676.html

・本日の軌跡北側
・本日の軌跡南側
・皿倉平(8合目)まで登り上がりました。
・登山準備をします。
・皿倉山に向かいます。下界が霞んでいます。
・皿倉山山頂
・九州自然歩道起点の碑
・北九州の街が霞んでいます。
・皿倉平に戻り権現山右回りコースを進みます。
[Res: 2901] Re: 皿倉山〜福智山縦走 投稿者:カント 投稿日:2017/04/30(Sun) 14:42
・市ノ瀬峠通過
・快適な縦走路
・木立のトンネルを通過
・観音越で休憩、下を九州縦貫道トンネルが通過しています。
・かえで峠昼食
・新緑がまぶしい! よく見るとニョロニョロが!
・登って行きます。
・尺岳山頂
・出発点の皿倉山が遠くなりました。
[Res: 2901] Re: 皿倉山〜福智山縦走 投稿者:カント 投稿日:2017/04/30(Sun) 14:43
・すみれ
・ミツバツツジ
・烏落通過
・たぬき水で喉を潤します。
・福智山山頂
・遥か向こうに皿倉山が
・下山します。
・上野越に降りていきます。
・上野峡に下山しました。
[Res: 2901] Re: 皿倉山〜福智山縦走 投稿者:ジョー 投稿日:2017/04/30(Sun) 18:41
皿倉山から福智山までの縦走お疲れ様でした。
皆さんの協力、ご指導、サポートのおかげで、全員で完走できて最高でした!!
ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

[2895] 泉水山〜黒岩山縦走 投稿者:カント 投稿日:2017/04/24(Mon) 15:33
長者原より泉水山〜大崩ノ辻〜黒岩山〜牧ノ戸峠と縦走しました。
一日中いい天気で 縦走路はキスミレ、アセビがシーズンを迎えており 快晴の空の下 アセビロードを快適に歩くことが出来ました。
帰路「花山酔」で入湯し 17:30分頃久留米に戻ってきました。
U田リーダーお疲れ様でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-675.html

・本日の軌跡
・7時に久留米を出発し、長者原には8:45分頃着きました。
・快晴の天気です。登山準備をしました。
・9:00分出発
・泉水山に向かいます。
・緩やかに登って行きます。
・キスミレがシーズンを迎えています。
・キスミレ
・爽やかな風が吹いて快適です。
[Res: 2895] Re: 泉水山〜黒岩山縦走 投稿者:カント 投稿日:2017/04/24(Mon) 15:34
・絶景を見渡せます。
・野焼きが行われていました。
・野焼き
・下泉水山に着きました。
・涌蓋山をバックに
・アセビの木のトンネルです。
・アセビの花越しに由布岳が見えています。
・上泉水山山頂
・高い所が好きな人
[Res: 2895] Re: 泉水山〜黒岩山縦走 投稿者:カント 投稿日:2017/04/24(Mon) 15:35
・絶景を見ながらアセビロードを
・大崩の辻に立ち寄ります。
・笹の中を
・岩場を通過
・「大崩ノ辻」が見えてきました。
・大崩ノ辻山頂
・昼食を取りました。
・大崩ノ辻山頂
・九重の山々が見えています。
[Res: 2895] Re: 泉水山〜黒岩山縦走 投稿者:カント 投稿日:2017/04/24(Mon) 15:36
・青空にアセビの花が
・アセビ
・黒岩山に向かいます。
・黒岩山に到着
・絶景をバックに
・黒岩山山頂写真
・ハルリンドウ
・阿蘇涅槃像を見ながら下山
・牧ノ戸峠に到着

[2894] 体験登山(発心山) 投稿者:トトロ 投稿日:2017/04/23(Sun) 21:13
募集説明会にご参加の方5名、会員8名で発心山に登りました。
お天気に恵まれ山登り日和、ほのぼの和気あいあい楽しい時間
過ごす事が出来ました。  ご参加の皆様お疲れ様でした。
サポートして頂いた会員の皆様ありがとうございました。
   新しい仲間の輪が広がって行けたら嬉しいです\(^o^)/

1 JR草野駅よりスタート
2 青い空と新緑とお花の道を進みます。
3 発心公園で皆さん集合☆本日ご参加の皆様です。
4 朝日の木漏れ日さん♪おはようございます。
5 山頂目指して進みます。
6 漱石の碑まで着きました。あとひと登り!
7 KACゆかりの山頂プレート囲んで
   にっこり(*^_^*)集合写真です。
8 筑後平野を眺めて下山です。 
9 今日一日ありがとうございました。

[2893] 岩登り講習会 投稿者:フクちゃん 投稿日:2017/04/18(Tue) 20:51
4月16日(日)岩登り講習会を日向神のキャンプ場付近の岩場で新人2名、初級者中級者8名、スタッフ6名の計16名の参加でした。本日の必須目標は@ロープワークのためのギア知識と正しい使い方Aロープの結び方いろいろとロープの巻き方B岩場での実技(3点支持を基本にしての身のこなし方、ロアーダウンの要領)C懸垂下降(バックアップをとっての下降、無しの下降)D中級者はトップロープの確保の練習等を行いました。今年最初の岩登りで全員真剣に取り組んでいただきました。特に新人の方は前に前に出て少しでも上手くなりたい意欲が表れ登る回数が増す毎に上手くなっていくのが分かりました。また初級中級の方はロープワークのスキルアップに励んでいました。お疲れ様でした。

[2892] 春の野草 投稿者:ura 投稿日:2017/04/17(Mon) 09:45
昨日、背振山系の小爪谷で春の野草たちに出会ってきました。
今回はコンパクトデジカメのマクロ機能でどこまで撮影できるか
限界にチャレンジしてみました。
結果は機能を使いこなせば結構いける事がわかりました。
トリミング無しです。

出会った野草たち
1)チャルメルソウ
2)チャルメルソウ
3)コガネネコノメソウ
4)コガネネコノメソウ
5)イワボタン
6)ヤマルリソウ
7)ヤマルリソウ
8)ハルトラノオ
9)ツクシショウジョウバカマ

 過去ログ:[ 5 Page ] 表示完了 
(過去ログページは作成順に1→2→3とナンバーが増加します)  トップへ戻る