612930
Kurume Alpine Club

初めての方も下の「画像の投稿方法」や「デジカメ画像の縮小方法」を参考にしてどしどし投稿してくださいね(^O^)/

画像の保存方デジカメ画像の縮小についてアクセス不能エラーについて

ヤフー山岳ニュース


[
トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

六ヶ岳 試登  投稿者: カント 投稿日:2018/10/11(Thu) 11:31 No.3234

筑豊の山「六ヶ岳」に行ってきました。
この山は、宗像三女神が舞い降りた伝説の6つのピークを持つ山として有名です。
名の由来は山塊の頂が「朝日(旭)、天冠、羽衣、高祖、崎門、出穂」の六峰から構成されているためです。主峰の「旭の峰」に六ヶ岳の標識があります。
今回はこの6座に加え、「龍ヶ岳南峰」「龍ヶ岳北峰」の8座を周回するルートを歩きました。
200〜300mの低山ですが 足場の悪い急登、急坂の繰り返しはかなり大変でした。
しかし森の中の登山道は落ち葉の道で里山の周回道は静かで快適でした。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-741.html

・軌跡
・旭の峰(六ヶ岳)
・羽衣の峰
・ア門の峰
・天冠の峰
・出穂の峰
・高祖の峰



別府オルレコース 1  投稿者: ヨッシー 投稿日:2018/10/03(Wed) 10:20 No.3232

9月26日(水)に別府市の別府オルレコースを会員18名、テスト山行1名の19名で歩きました。
天気は予報では晴れでしたが歩行中はずっと曇りでした。
歩き始めると秋に入ったかなと思わせる花やキノコを道端に多数見かけました。
驚かされたのは10分程歩くと太陽光発電設備の工事がされていて8月に試登した時より非常に大きくて私が知っている限りで最大規模のものが出来つつありました。
ゴールしてから受付の方に聞くとオルレを歩いた方から口々に苦情が出ていて、市でも問題になっているそうです。本来国定公園内の私有地ですが申請内容とは違う開発が行われたようです。
さて、コースに戻って最初は雑木林の中を歩いて行きます、メタセコイアの並木道を過ぎると突然人工物の太陽光発電設備が目に入ってきました。ここからフェンスに沿ってあるいは資材置き場の中とかを二十分程かけて歩きました。最後は急角度の下り坂が待っていました。テープを見つけながら何とか迷わずに通過。
やっと通常のコースに戻っても芝ら銃器の轍の残った道を歩く事に.......
最初のビューポイントでは城島高原の大観覧車・ジュピターをの背後に由布岳、右手方向に鶴見岳が雲でかすんで見えていました。
歩を進めて行くとキノコ(タマゴダケが多かったです)や花が道端に見えるになりました。
更に歩を進めて行くと曲がり杉・合棚のお地蔵様(江戸時代に祀られたそうです)に出会います。
写真1. 本日の軌跡(歩行距離 約11km、高低差±300m、歩行時間 4時間20分)
写真2. 歩行中(メタセコイヤの手前)
写真3. タマゴダケ(傘が開いています、この後たくさん見かけました。食べれますが傘が開いたものは壊れやすく、若くタマゴの形をしたものを収穫します)
写真4. 少しくすんでいますがカエデの紅葉
写真5. 太陽光発電設備
写真6. 見晴し台(後方には晴れていれば由布岳・鶴見岳)
写真7. キノコについて解説中
写真8. 曲がり杉
写真9. 合棚のお地蔵様





Re: 別府オルレコース 2   ヨッシー - 2018/10/03(Wed) 11:40 No.3233

続きです。
中間地点のコース中1番低い処に流れる由布川源流の川を目指して歩いて行きます。
小さな丸太橋を渡ると左手奥に小さな滝が見えます。川を離れれると川沿いを歩いていると盆地みたいになっていて湿度が高くムッとします。
川を離れると上りが始まります。ほぼ登りきると合棚の公民館へ到着です。
ここで昼食タイム。地区の方が常備されたテーブルやイスが待っていました。
昼食を終え再スタート。ここからは緩やかな上りです。
やがて神楽女湖に到着します。ここは六月になると花ショウブ約三万株が咲く見事な処ですが今は残念ながら親株を見るだけです。
別れを告げるとすぐに志高湖になりました。湖畔を歩くと平日ですが湖畔でキャンプを楽しむ人のテントが数張りありました。ここで記念撮影をし、ゴールしました。
写真1. 丸太橋と奥に小さな滝
写真2. 手前の岩はフクロウ岩(フクロウに見えていますか?)
写真3. 合棚の公民館休憩所
写真4. 猪の大きなヌタ場
写真5. 神楽女湖にて
写真6. イシナシの木に実がなっています(直径5センチ位、食べる事は出来ますが固いそうです)
写真7. 志高湖湖畔にて(後方は由布岳、鶴見岳)
写真8. 歩行中見かけた花々の一部
写真9. 同上



石堂山&市房山  投稿者: ura 投稿日:2018/09/25(Tue) 16:41 No.3229

9月22日から23日にかけて宮崎の石堂山と市房山に登ってきました。
1)登山口で準備中
2)登山道は急登が続きます
3)明日登る市房山ですが、山頂は雲に隠れています。
4)偽ピークをいくつも越えます
5)ようやく本峰か
6)おなじみの標識がありました
7)山頂には先着の親子連れがいました。
集合写真を撮ってもらったのですが、
どういうわけか消えていました
8)下山
9)宿舎の西米良温泉にて





Re: 石堂山&市房山   ura - 2018/09/25(Tue) 16:43 No.3230

9月23日市房山
朝5時に起床して6時出発。3合目登山口からスタートします。
1)市房神社参道の大杉。樹齢1000年以上です。
2)朱塗りの市房神社。4合目になります。
3)登るにつれて天気が良くなってきました。
4)山頂からは絶景が広がります
5)集合写真
6)名所のチョックストーン
7)下山
8)大きいですね
9)元湯で汗を流しました
どちらの山も結構上りごたえがありました。
ご参加の皆様お疲れ様でした。
CLのO方さん、SLのT田さん、お世話になりました。





Re: 石堂山&市房山   ura - 2018/09/25(Tue) 19:47 No.3231

石堂山の集合写真が出てきました。



個人山行 祖母山山小屋泊  投稿者: IRIKO 投稿日:2018/09/18(Tue) 15:23 No.3228

9/15〜16にかけて採銅所駅〜皿倉山までの縦走の予定でしたが、雨天・雷の予報が出ていたため中止となり、個人山行の祖母山山小屋泊に参加しました。黒金尾根コースを登り、山小屋伯、宮原コースを下山しました。
登りは自分が想像していたよりもかなりハードで、周囲を見る余裕もなく本当に祖母山にたどり着くのだろうかと不安でした。しかし、メンバーのKさんとIさんの温かいサポートとフォローのおかげで無事頂上までたどり着くことができました。ありがとうございます。
山小屋では貸切状態でしたが、その後ソロとペアの方も来られ合計8人で楽しい会話で盛り上がりました。またNさんの手料理で、心もお腹も満たされ幸せな時を過ごすことができました。
初の朝焼けもみることができ感動しました。
今回、初めての経験が多く、新たに山の魅力を感じ、今後のめり込んでいきそうな予感が・・・。



筑山協合宿(2018.9.8〜9)  投稿者: カント 投稿日:2018/09/09(Sun) 20:48 No.3226

恒例の筑山協の合宿がありました。
今年の当番は「吉井山の会」でふれあいの家北筑後で行われました。
9/8日の合同合宿の後、9/9日は古処山登山が計画されていましたが両日ともに雨で夜のキャンプファイヤー、翌日の登山は中止になりました。
各山岳会で用意された夕食の後 施設の中で懇親会が行われ大いに賑わいました。

・夕食の準備風景
・夕食(ご馳走様でした。)
・懇親会:ひよっとこ踊り「吉井山の会」





Re: 筑山協合宿(2018.9.8〜9)   カント - 2018/09/09(Sun) 20:49 No.3227

・じゃんけん大会(2戦ともに優勝者はKAC)
・歌



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -