576853
Kurume Alpine Club

初めての方も下の「画像の投稿方法」や「デジカメ画像の縮小方法」を参考にしてどしどし投稿してくださいね(^O^)/

画像の保存方デジカメ画像の縮小についてアクセス不能エラーについて

ヤフー山岳ニュース


[
トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

矢筈岳・丹助岳・鹿納山 1  投稿者: ヨッシー 投稿日:2018/05/05(Sat) 20:31 No.3137

5月3日( 矢筈岳・丹助岳)、4日(鹿納山)に会員14名で登りました。
3日は午前中は前日の雨の影響が残るのかなと思っていましたが幸いに降る事はありませんでした。代わりに風が両日とも強く吹きました。
初日(3日)
競技場を6時に出発し、矢筈岳登山口へ。先日の祇園・揺岳がアケボノツツジに会えなかったので今回はどうかなと気をもみました。
矢筈岳では東峰・西峰に登りました。下山すると車で次の丹助岳へ向かいました。駐車場には車が三台止まっていました。
小屋にて昼食。済ませた頃にもう1台車が。北九州から男性3名でGWに入ってからはこの小屋をベースに近隣の山に登っているとの事。情報ではアケボノは真っ盛りをすぎそうな状態。不安と期待に包まれながら丹助山頂を目指します。途中急登もありますが無事山頂へ。眺望を楽しんだ後は天狗岩を目指します。ロープのある直登ルートと巻道があります。天狗岩の上で記念撮影後下山。
残念ながらどちらもアケボノツツジはには会えませんでした。
明日に期待。
写真1. 本日の軌跡
写真2. 矢筈岳登山口
写真3. 最初は落葉のある緩い勾配の道を
写真4. 大きな岩が登山道脇に
写真5. 杉伐採の後ノ植林地帯に鹿除けネットが
写真6. 矢筈岳山頂にて
写真7. 鉾岳
写真8. 下山中
写真9. また鹿除けネットが





Re: 矢筈岳・丹助岳・鹿納山 2   ヨッシー - 2018/05/05(Sat) 21:18 No.3138

初日続き
写真1. 丹助小屋にて
写真2. 丹助岳登山口
写真3. 途中の登山道斜面にヤマツツジの落花
写真4. 急斜面のロープ場
写真5. 丹助岳山頂にて
写真6. 頂上から天狗岩遠望
写真7. 天狗岩直下のロープ場
写真8. 天狗岩頂上にて
写真9. 分岐(天狗から登山口へ)





Re: 矢筈岳・丹助岳・鹿納山 3...   ヨッシー - 2018/05/06(Sun) 09:49 No.3139

2日目(4日)
前日はリフレッシュハウス出羽に宿泊。宿に行く途中で缶ビールを仕入れて、宿につくと皆で乾杯、差入れのお酒や個人持参のお酒で小宴。晩ご飯は仕出し弁当でした。食事中にソロの男性客と一緒になり、情報を入手。「29日に登った時が見頃でその後の雨、昨日の風で落下しているのでは」少し不安になります。明日が早いので9時には切り上げ就寝。4時に起床、少し早い朝食を済ませ5時に出発しお化粧山登山口へ。移動中は雲が残っていて少し不安。気温が低く肌寒い出発でした。鹿納山を目指します。上り始めて、石灰岩のがれ場で思いがけずヤマシャクヤクに出会いました。幸先良いスタートです。少し進むと赤っぽい花が見え始めて近づくとミツバツツジでした。
稜線は風が強く寒いです。気温も3℃位しかありません。標高を上げて行くと赤紫の花の中にピンク色の花が見えました。近づくと期待していたアケボノツツジでした。頂上迄はアケボノツツジの群生が、また思いがけずヒカゲツツジ、シャクナゲも見る事が出来ました。
頂上直下の岩場は落石と足元に注意しながら慎重に登りました。頂上は狭いですが晴れ上がった中360度の展望です。記念写真撮影後は慎重に岩場をやり過ごし下山。
期待の花に出会い満足の2日間でした。
高速では大きな渋滞に巻き込まれる事無く無事久留米へ戻ってきました。
リーダーのO方さん、安全運転で車を運転して頂いたH口さんO方さん有り難う御座いました。
写真1. 本日の軌跡
写真2. 最初は林の中を登攀
写真3. 若葉が奇麗、少し行くとシャクナゲが咲いています
写真4. シャクナゲの花
写真5. 落花したミツバツツジ
写真6. 斜面に奇麗なミツバツツジが
写真7. 待望のアケボノツツジ
写真8. 小さな霜柱が
写真9. 三叉路のブナの巨木





Re: 矢筈岳・丹助岳・鹿納山 4   ヨッシー - 2018/05/06(Sun) 10:50 No.3140

2日目(4日)の続き
写真1. ミツバツツジとアケボノツツジ
写真2. 脊梁の山々
写真3. ヒカゲツツジ
写真4. 鹿納ノ野
写真5. アケボノツツジの群生
写真6. 同上
写真7. 鹿納山頂上を望む
写真8. 頂上直下岩場取り付き付近
写真9. 頂上にて





Re: 矢筈岳・丹助岳・鹿納山 5   ヨッシー - 2018/05/06(Sun) 10:53 No.3141

続き
花の写真他(写真8は山桜)



祇園山・揺岳 1  投稿者: ヨッシー 投稿日:2018/05/01(Tue) 20:06 No.3135

4月29日にアケボノツツジ観賞登山を行いました。
天気はよかったのですが、気温が高い日が続いたので花は終わりかけでした。今年は一週間以上早まっているように思えます。
競技場を6時に出発。9時過ぎに登山開始。まずは揺岳に登りました。登山口付近は杉林でしたがすぐに自然林となり、若葉が奇麗でした。登山道両脇に草花はあまりありません。コバノミツバツツジを時折見かけます。頂上手前付近で地面にアケボノツツジの花びらが落ちていました。探すとやっと1、2本のアケボノツツジを見つけました。10時10分頃に頂上に着き、写真を撮り、次の祇園山に期待して早々に下山。
11時20分頃に大石越登山口へ戻り、すぐに次の祇園岳へ登山開始。
見れるといいのですが.....
写真1. 本日の軌跡
写真2. 最初は杉林の中を
写真3. 自然林に。若葉が奇麗です
写真4. 尾根筋を
写真5. 揺岳頂上にて
写真6. 下山開始(コバノミツバツツジが咲いています。急な下りです)
写真7. 大石越へ到着
写真8. 祇園山へ登山開始
写真9. 大きなアカマツが





Re: 祇園山・揺岳 2   ヨッシー - 2018/05/01(Tue) 21:08 No.3136

続きです。
自然林の中を歩いて行きます。こちらはほぼ上り一辺倒です。昼近くなり、気温が上がってきていて時折吹く風が心地良かった。こちらもアケボノツツジは中々見当たりません。12時20分過ぎに頂上へ到着。昼食・花観賞・記念撮影をすませ下山。
花の時期が早く今回は満開のアケボノツツジは見れませんでした。
登山道は急登の所もありましたが落葉で足元が気持ちよく、少し残念ではありましたが楽しい登山が出来ました。
写真1. 自然林の中を
写真2. 同上
写真3. 祇園岳頂上にて
本日出会った花
写真4. アケボノツツジ
写真5. アケボノツツジの花のアップ
写真6. コバノミツバツツジ
写真7. コバノミツバツツジとヒカゲツツジ
写真8. シャクナゲ
写真9. スミレ



船通山・吾妻山登山  投稿者: ヨッシー 投稿日:2018/04/28(Sat) 20:12 No.3128

4月26日奥出雲の船通山に、27日は吾妻山に会員13名で登りました。
両日とも天気が良く、思っていたより気温が高く汗ばみながらの登山でした。
26日は5時に久留米を出発し高速にて九州自動車道⇒中国自動車道⇒一般道にて11時前に船通山の駐車場に到着。
準備をし、林道脇の花を愛でながら40分程歩き亀石コースの登山口へ。
自然林が豊かで特にブナが多く水も豊富なようです。又そのおかげか花も豊富なようです。虫が多いのが気になります。
九号目過ぎでお目当てのカタクリに遭遇。頂上直下の登山道両脇にはカタクリの花が。
頂上に着くとカタクリのお花畑でした。ロープで囲ってはありましたがびっしりと咲いていました。
ここでサプライズが。10年程前に卒業されたA野さんご夫婦とばったり。ご夫婦を交えて記念撮影。
頂上にてカタクリの観賞・撮影・昼食。空には飛行機雲も。
写真1. 本日のコース
写真2. 林道歩き(渓流が流れていて両脇には色々な花が咲いていました)
写真3. 登山口到着
写真4. ブナの自然林の中を登
写真5. 登山道にはスミレとか色々と咲いていました
写真6. 遠くに伯耆大山が見えています
写真7. 登山道脇にカタクリの花が最低鱒
写真8. 頂上で記念撮影
写真9. お目当てのカタクリの花(奥に見えている屋根は雨水利用のトイレ)





Re: 船通山・吾妻山登山 2   ヨッシー - 2018/04/28(Sat) 20:58 No.3129

続きです。
船通山は八岐大蛇(ヤマタノオロチ)伝説の中心地で頂上は天叢雲乃剣(アメノムラクモノツルギ)出顕の中心地で記念碑が建てられていました。
下りは鳥上滝コースをA野さんご夫婦に話を伺いながら下山。
頂上より少し下った所に珍しい白いカタクリの花が一輪咲いていました。
更に下って行くとブナの大きなこぶがありました。
こちらも渓流沿いに降りて行く為、虫がよってきます。
何度も何度も渡渉を繰り返して漸く登山口へ戻りました。
車で本日の宿の吾妻山中腹の国民休暇村吾妻山ロッジへ。
入浴後食堂にてビールでまずは乾杯。夕食を楽しみながら歓談。場所柄かコゴメの天婦羅がおかわり自由でした。後はお決まりの小宴会で本日の締め。

写真1. 頂上のお社
写真2. 天叢雲乃剣出顕の記念碑
写真3. 頂上を見上げると飛行機雲が
写真4. カタクリの花
写真5. 下山中
写真6. 白いカタクリの花
写真7. ブナの大木
写真8. 登山口へ戻ってきました
写真9. 食堂にて





Re: 船通山・吾妻山登山 3   ヨッシー - 2018/04/30(Mon) 08:36 No.3130

2日目です。
6時過ぎに起床。朝食は7時20分(ご好意で早めて頂きました)からなので少し時間があるので裏庭を散策。池の周りには水芭蕉やリュウキンカ等が咲いていました。
そうこうしていると朝食(バイキング)の時間に。朝食を済ませ宿の車で比婆山古道登山口へ送って頂き、各自準備運動をし登山開始。
今日のコースは吾妻山ロッジ⇒比婆山古道登山口⇒(御陵⇒)比婆山⇒出雲烏帽子山⇒吾妻山⇒吾妻山ロッジの周回(ロッジと古道入口迄は車移動)
昨日の船通山同様に比婆山も神話・古事記ゆかりの山です。伊邪那美命(イザナミノミコト)の陵墓と考えられている御陵、火之神を生んだ事にまつわる岩等があります。
さて開始早々は急登の杉林の中をを歩きました。杉林を過ぎると自然林となり、枯れ葉が積もった登山道歩きとなりました。岩がゴロゴロしていますがこの下は岩が折り重なっているようで、その中を水の流れる音がします。やがて史跡が出てき始めて、御陵・頂上です。
写真1. 本日の軌跡
写真2. 宿舎の休暇村吾妻山ロッジ全景
写真3. 玄関に向かう階段途中におかれている石
写真4. 同上(12個程あり、来館者を楽しませる文章が色々書かれています)
写真5. 登山口へ送って頂いたマイクロバス
写真6. 比婆山古道登山口
写真7. 開始早々の急登
写真8. 中腹付近の落葉と苔むした岩
写真9. 命神社紹介





Re: 船通山・吾妻山登山 4   ヨッシー - 2018/04/30(Mon) 14:40 No.3132

2日目続き
命(ミコト)神社、太鼓岩、産子(ウブコ)の岩戸と史跡の側を通り比婆山、出雲烏帽子山と進めて行きます。落葉を踏みしめて行きます。出雲烏帽子山を過ぎると緩やかに開けた左右減の大膳原に出ました。ここから吾妻山に向かって最後の上りです。頂上に着くと船通山、出雲烏帽子山、比婆山が望めます。いっとき眺望を楽しみ吾妻山ロッジへと下って行きました。ロッジで昼食・入浴をすませ一路久留米へと戻りました。
車を出し安全運転に務めて頂いたH口さん、O方さん有り難う御座いました。I田リーダーご苦労様でした。
写真1. 飛び越え岩(やけどを負った伊邪那美命の顔を見てイザナギノミコトが驚いて飛び越えたと言われている)
写真2. 太鼓岩
写真3. 産子(ウブコ)の岩戸
写真4. 落葉に敷き詰められた林の中
写真5. 烏帽子岩
写真6. 吾妻山頂上
写真7. 船通山、出雲烏帽子山、比婆山が見えます
写真8. 頂上にあった子供たちが祈願で書いたと思われる石
写真9. ロッジ・裏庭全景





Re: 船通山・吾妻山登山 5   ヨッシー - 2018/04/30(Mon) 15:38 No.3133

山行で出会った花 1
写真1. ジロボウエンゴサク
写真2. ジゴクノカマノフタ
写真3. キケマン
写真4. スミレサイシン?
写真5. イチリンソウ
写真6. ヨゴレネコノメソウ
写真7. ハナイカダ
写真8. ヒトリシズカ
写真9.  ?





Re: 船通山・吾妻山登山 6   ヨッシー - 2018/04/30(Mon) 16:24 No.3134

出会った花2
写真1. イカリソウ
写真2. ?
写真3. ハシリドコロ
写真4. シハイスミレ
写真5. カタクリ
写真6. 水芭蕉
写真7. リュウキンカ
写真8.  ?
写真9. ショウジョウバカマ



日向神岩登り  投稿者: フクちゃん 投稿日:2018/04/30(Mon) 09:43 No.3131

4月29日に今年最初の岩登りに日向神に言って来ました。リーダーの野上さん含め12名の参加者でした。新人の尾花さんと松下さんの友達はロープワークから入り実技へと進みました。他の皆さんは1p2p3pを登りスキルアップに励みました。天気も良く楽しい岩登りが出来ました。



会山行阿蘇杵島岳、烏帽子岳。  投稿者: ura 投稿日:2018/04/22(Sun) 20:06 No.3126

4月22日会山行阿蘇杵島岳、烏帽子岳。

安定した高気圧で、夏日に近い好天気の中、25名にて阿蘇杵島岳、烏帽子岳に登ってきました。

1)まずは杵島岳へ、山頂まで石段のぼりが続きます。
2)杵島岳山頂にて。烏帽子岳をバックにして。
3)杵島岳の噴火口跡を一周。地震の割れ目が目立ちます。
4)阿蘇中岳噴煙
5)キスミレ
6)杵島岳を下山して烏帽子岳へ。
7)烏帽子岳山頂
8)烏帽子岳産山頂
9)阿蘇の噴煙をバックに。



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -