532316
Kurume Alpine Club

初めての方も下の「画像の投稿方法」や「デジカメ画像の縮小方法」を参考にしてどしどし投稿してくださいね(^O^)/

画像の保存方デジカメ画像の縮小についてアクセス不能エラーについて

ヤフー山岳ニュース


[
トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

背振山〜蛤岳縦走  投稿者: カント 投稿日:2017/05/08(Mon) 10:28 No.2911

会山行が満席で参加できず、あまりにいい天気でしたので背振山、蛤岳付近をうろうろしてきました。
犬井谷登山口より入山し、縦走路に合流後 背振山を往復し 裏道で蛤岳に立ち寄った後犬井谷登山口に戻ってきました。
黄砂の影響で景色ははっきり見えませんでしたが 一日中いい天気で爽やかな縦走路でした。
ミツバツツジの花はまだ残っていました。
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/blog-entry-678.html



古祖母山:アケボノツツジ鑑賞  投稿者: 新人N 投稿日:2017/05/07(Sun) 23:04 No.2909

6:00に久留米陸上競技場をマイクロバスで出発し、尾平越トンネル入口(宮崎県・岩戸側)から山頂まで往復しました。参加者は男性12人、女性6人合計18人です。山行計画のサブタイトルはアケボノツツジ鑑賞となっています。

途中天の岩戸神社に立ち寄り小休止、ここまで震災の影響で道が迂回しているところを通るなどまだまだ熊本は復旧途上であることを知りました。

登山口から山頂までの登山道はアケボノツツジやミツバツツジ・シャクナゲを愛でながら歩くことができました。

途中急登部分やハシゴを登るところがありますが、思いの外スムーズに歩くことができ、予定よりも30分ほど早く登頂することができました。

山頂では黄砂の影響で遠くは霞んでいるが、眺望を楽しむことができ、あまりの心地よさに昼寝を試みるメンバーもいました。

帰りは高千穂の湯でゆっくり温まり、疲れた身体を癒して予定よりもおよそ1時間早く久留米に戻り、本日の山行を終了しました。

リーダーのSさん、サブリーダーのIさん、ありがとうございました。

1本日の軌跡と標高
2集合写真です。
3以降 山行の様子です。





Re: 古祖母山:アケボノツツジ鑑...   新人N - 2017/05/07(Sun) 23:07 No.2910

写真の続きです。



だき山〜鉾岳縦走2  投稿者: ura 投稿日:2017/05/02(Tue) 21:55 No.2907

雌鉾の岩頭にて、下は150mスパッと切れ落ちている

圧倒されます

直進すれば鬼の目山
本日は左折して谷に下ります

林道で昼食にしました
シャケと厚焼き玉子が美味しかったです

巨大な蛤岩

坊主頭のような雌鉾の岩峰が見えてきました


梯子とザイルで登ります

記念写真

キャンプ場付近から振り返り見る鉾岳



だき山〜鉾岳縦走1  投稿者: ura 投稿日:2017/05/02(Tue) 21:47 No.2906

春の陽気に満開のアケボノ

4時半、宿舎の「つりがね」にて
朝と昼の弁当を作ってもらいました

昨日の釣鐘山も急登でしたが
だき山はもっと長いので気合を入れて出発します

ひたすら上ります
急登ながら景色の変化が楽しめます

岩峰に登り上がる

ヒカゲツツジ

四つんばいで登る

正面に地蔵岳、その奥に鹿納から五葉の岩尾根が見える

集合写真



釣鐘山  投稿者: ura 投稿日:2017/05/02(Tue) 21:36 No.2905

正面に釣鐘山を望む登山口

足下が崩れやすいガレ場を登る

春風が吹き抜ける鹿川峠
北側の尾根を辿れば日隠山へ
本日は南のピークを迂回していったん鞍部に出て釣鐘山に登る

釣鐘山の登山道は急登だ


山頂で集合写真

下山は同じコースを下る

アケボノと鹿納坊主

落石注意

宿泊は鹿川地区交流センター「つりがね」
何度か利用していますが、安くて清潔で食事も美味しくていつも大満足です。



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -